0_e2_e

 サグラダ・ファミリアを手掛けた建築家として知られるアントニ・ガウディ(1852年 - 1926年)は、カタルーニャモダニズムの先駆者であり、その作品群は、1984年ユネスコの世界遺産に登録されているほどの人物である。

 そんな彼だが、かなりせつない晩年を送っていたそうだ。親しい友人や親戚に先立たれ、外見を気にせず仕事に没頭するがあまり浮浪者に間違えられ、路面電車にひかれるも搬送が後回しになってしまい、手の施しようがなくあの世へと旅立っていったのだ。

スポンサードリンク

 ガウディは、高く天までそびえたつ大胆で鮮やかなデザインの建築で有名になり、一目置かれ、裕福になった。1883年、ガウディはバルセロナに、ローマカトリックの巨大な聖堂サグラダ・ファミリアを建築し始めた。ガウディといえばサグラダ・ファミリアというくらいの彼の傑作だ。

 ガウディは、この教会を"神の建築"と名づけ、その建設を神の栄光を称えるための仕事と公言した。彼は生涯未婚で、子どももいなかったが、その代わり、建築の仕事とカトリック信仰に揺るぎない姿勢で身を捧げた。

1_e62_e

 年をとるにつれ、ますます信心深くなり、熱心にミサに出席して毎日祈りを捧げた。極端な断食を行い、肉類やアルコールは避け、ランチにはミルクに浸したレタスしか食べなかった。

 1910年代始めに、近しい友人、親戚、共同制作者、パトロンたちが亡くなると、ますます仕事にのめりこむようになった。サグラダ・ファミリアの仕事場に寝泊まりし、1914年にはほかの仕事は皆、断ってしまい、取材も一切受けつけなくなった。身のまわりを清潔にしなくなり、髭も剃らなければ、服もボロばかりで、ますますみすぼらしくなっていった。

2_e58_e

 1926年6月7日、いつもの告解に歩いて向かう途中で、ガウディはグラン・ビア・デ・レス・コルツ・カタラネス沿いの路面電車に轢かれた。73歳で、髪もボサボサのひどい風貌、さらに身分証明書を持っていなかったこともあって、浮浪者とだと思われ、病院への搬送が後回しにされてしまった。

 事故の報を受けて近くに住む医者がかけつけたときには、手の施しようがなかったという。やっと、病院に運ばれても、貧者とみなされて、最低限の治療しかしてもらえなかった。

4_e51

 翌日になってやっと、サグラダ・ファミリアの司祭が、この浮浪者のような負傷者が有名な建築家であることに気づいたが、時すでに遅しだった。二日後の1926年6月10日、ガウディは息をひきとった。バルセロナ市民はガウディの死を悼み、その神がかった業績を褒めたたえた。葬列は市内をねり進むほどの壮大なものになり、遺体は、結局未完で終わった巨大なサグラダ・ファミリアの地下に安置された。

 現在も、この聖域を完成させるための建築工事は続いている。完成は偉大な建築家の没後100年記念に当たる2026年に間に合わせる予定だ。

5_e49
via:mentalfloss・translated konohazuku / edited by parumo

▼あわせて読みたい
ついに最終段階に突入。世紀の建造物、サグラダファミリアの近影写真


数奇な運命をたどった9人の著名人の遺体の一部


死後晒しにあう。歴史的著名人17人のデスマスク


男性が苦しみながら倒れている!浮浪者風と紳士風で人々の反応は変わるのか?フランスで行われた社会実験


ヒトラー、ラスプーチンなど、世界的有名人が最後に食べた食事のメニュー




この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 20:48
  • ID:9FuZvEl60 #

美談に見えてひどい話だ・・・
彼の死を教訓に貧民にも医療を施すようになったとかならいいけど
結局貧民放置は変わらないのね・・・

2

2. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 20:48
  • ID:WbfRuPgk0 #

やっぱりどんな仕事しようと見た目は大事なんだよ

3

3. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 20:49
  • ID:f7ZyeGjY0 #

ミルクとレタスは別々に食えや

4

4. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 20:57
  • ID:ULRAh0D20 #

>ランチにはミルクに浸したレタスしか食べなかった。
レタスだけ食べるにしても、もっとマシな食べ方あっただろ

5

5. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:00
  • ID:7S0GlQHn0 #

浮浪者なら後回しにして、最低限の治療しかしないのにガウディと解るや死を悼み悲しむ

6

6. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:13
  • ID:z8Ckv49S0 #

信心深く生きてても神は金が無くては助けてはくれません
ホントあほらし

7

7. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:19
  • ID:BipLxNkM0 #

以前に海外で高価な服装と貧しい服装を着た人が
町中で突然倒れてみて、助けられるかどうかの実験あったよね
スーツ着た人はすぐ周りの人が駆け寄って来たけど
貧しそうな服の人はずっと放置だった
まぁ海外だと物乞いが故意にやってる場合もあるらしいから
っていう理由もあったそうだけど

8

8. ナパチャット

  • 2016年02月27日 21:19
  • ID:.QCU71yK0 #

人は見た目で80割決まるって言うしね

9

9. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:20
  • ID:s1KVDP0C0 #

孫にアイスクリームを買ってあげて、アイスを片手に道を渡ろうとしたはねられた
と聞いたんだが、違うんだ。

10

10. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:20
  • ID:ASe3T9GW0 #

罪滅ぼし(のつもり)&体裁繕い&掌返しな葬送に、皮肉たっぷりな笑みが止まらなかった。

11

11. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:22
  • ID:UrDOoBrQ0 #

※5
水分&ほぼ水分の組合せでしかないじゃねーか...
煮込んでホワイトシチューにするってんなら分からんでも無いけど
しかし、かつての世界帝国だったスペインが衰退するのも分かるわ
当時から既に国家的偉人だった彼を救う事も出来んとは...

12

12. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:31
  • ID:jBiWmi4k0 #

※7
そもそも神とはそういうものじゃない

13

13. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:34
  • ID:iqTMI.Eh0 #

人間なんてそんなものね

14

14. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:34
  • ID:WJO79QDK0 #

救貧院という今のブラック企業がホワイトに見える
ほどの最悪な施しがあったほどのひどさ
もしこれが日本なら助かった可能性高い

15

15. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:39
  • ID:1IwHm1cW0 #

正直な話
周りで仕事一緒にしてた人は
迷惑だったと思う
必要最低限の身だしなみはしないと
周りの人の事考えてよって感じ
不快な思いをさせないのはマナーだろ
金は相当あったはず
当時なら浮浪者から変な病気が移るとか
思うところもあったでしょうね
他者が冷たいとは違うと思う
当時の平均寿命から考えれば必然
偉大な建築家なのは分かるけどね
ちょっとな〜て感じ

16

16. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:46
  • ID:s1KVDP0C0 #

とりあえずサントリーローヤルのCMでも見ながら一杯やってくれ。

17

17. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:51
  • ID:Hxl1Tug30 #

神様なんていない。はっきりわかんだね。

18

18. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 21:54
  • ID:7ZNgArYF0 #

どんなときにも最低限の金か身分わかるものは持ってろってありがたいお話だな

19

19. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 22:15
  • ID:.WtgL6..0 #

建築家ルイス・カーンも
ペンシルバニア駅のトイレで心臓発作で亡くなり
身元不明遺体として数日間浮浪者と一緒にモルグに安置されていた
幼い頃に負った火傷で顔面ケロイドだったけど
20世紀の建築界を代表する天才の一人です

20

20. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 22:27
  • ID:Lps6vbHR0 #

偉大な建築家なのに最後はあまりに寂しい・・・

21

21. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 22:46
  • ID:y3z2FZ1i0 #

いくら神に祈りを捧げても、結局最後は人と人なんだよな。
まったく神も仏もありゃしないよ。

22

22. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 23:00
  • ID:T2DWUcfp0 #

浮浪者と間違えられた有名人一覧を作ると面白いかも
キアヌ・リーブとか蛭子さんとか

23

23. 匿名処理班

  • 2016年02月27日 23:27
  • ID:1arTKlpg0 #

カムイ外伝の白土三平氏はよく浮浪者に間違われるって聞きます
写真を拝見すると髪も髭も延び放題
服はボロボロ
これは不審尋問を受けても仕方ないレベル
けしからんのは最近の若い警官は白土三平の名前を知らんのが多いから身分を証明するのが大変とか

24

24. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 01:05
  • ID:1nhbX1OF0 #

こういう芸術家的な人って統合失調症の素養があるから、
その症状だったのかな

25

25. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 01:11
  • ID:QDMUAN3H0 #

見た目が大事ってことね。
別に過剰にオシャレにしろとは言わんけども、最低限の身なりは心がけないと。
特に髪と、男ならひげね。清潔は大事。

26

26. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 01:53
  • ID:gCYMZLrp0 #

金の亡者みたいな生活をしようと思えばできたと思うんだけど、そうはしなかった人なんだね。自分の仕事以外の事は、正直面倒だったのかも知れない。何かに一途な人は、得てして周りからは理解してもらえない事が多い。でもこの人は、建築家として周りから偉大な人だと生前から認められていた訳だから、最後の部分を除いては幸せな一生だったんじゃないかな?

27

27. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 02:01
  • ID:efGMTZVX0 #

信仰性祈祷症?

28

28. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 02:29
  • ID:nBparDTH0 #

運も寿命の一部と考えれば、悔いが残らぬように何かに没頭し続けるのが最優先で
間違ってはなかったと思う。治療早くても助かった保証ないし。

29

29. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 02:51
  • ID:xLiDeKHj0 #

偉人って大変だね
後世のこんなとこで無意味にくっちゃべってる暇人にまで
バカにされたり憐れまれたりしちゃうんだから

30

30. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 03:34
  • ID:jpcufSDO0 #

これだけ偉大で信仰心に篤い人がこんな仕打ちで亡くなるって神様も意地悪だなあ

31

31. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 03:39
  • ID:YhrjIKcw0 #

ルパン三世でサグラダファミリアをテーマにしたのがあったな。面白いから一回見てみて。

32

32. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 04:06
  • ID:oJAc05PC0 #

神も仏もあったもんじゃないな

33

33. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 05:54
  • ID:i2Quzg900 #

「信じる者は救われる」と言うけど、スペインに当時のいたってはそれはなかったということだな。

34

34. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 06:20
  • ID:MJ5Uo3OL0 #

即死じゃないのがつらいよなあ。
死にかたでいちばんつらいのはパゾリーニのだと思ってたが、ガウディもなかなか……

35

35. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 09:00
  • ID:nKyH7oNT0 #

生活に困窮してるわけでないなら、神前では身なりを整えないと。神様に失礼だよ。
私が神なら「お前くさいし汚ねぇから明日から仕事くんな」ってパワハラ発動します。信心深いならなおさら神に対して礼を失しないようにせねば、という間違ったアガペーのケーススタディでした。

36

36. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 16:11
  • ID:2HimTFvi0 #

高校の時分、歴史か何かの時間に興味のあるものを題材にレポートを作成する時間があった。
サグラダファミリアが好きだったから、
ガウディの建築物とガウディ自身の事を調べてて、
電車に轢かれて亡くなったって云うのは判ってたんだけど、
こんな背景があったとは知らなかった。
細かく書いてくれて勉強になります。

37

37. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 16:45
  • ID:4uQn1xti0 #

現代だってあることだ。
ホームレスの小父さんが体調悪そうに倒れていたけどみなみてみぬふりして放置してたもの。
あれが普通の小父さんならだれかがすぐに救急車呼ぶでしょ。
(私はとりあえず救急車呼んだけど その後どうなったのかは知らない)

38

38. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 21:09
  • ID:chqAPDJp0 #

高齢ながら仕事に打ち込む元気があったのは粗食で健康だったからだろうな

39

39. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 21:31
  • ID:6utYeNeI0 #

小学生のころワクワクしながらこの教会とガウディの番組を見て、「完成にはあと200年かかります」とナレーションで言ってたからそうか、私は完成品は見られないのか。としょんぼりしてたけど、何年か前に「2026年にできます☆」って聞いてうおおい!できるんかい!返せ私のしょんぼり!絶対見に行くからな!と思ったよね

40

40. 匿名処理班

  • 2016年02月28日 22:13
  • ID:J..2jTE70 #

経験がある奴もいると思うが
本当に自分のやってる仕事に自信があると
自分の身なりとかどうでも良くなってくるからな
注意する家族がいなかったガウディなら尚の事である

41

41. 匿名処理班

  • 2016年02月29日 03:39
  • ID:sppEHfwM0 #

その身なり、
悔いあらためよ!

42

42. 匿名処理班

  • 2016年02月29日 05:37
  • ID:by.tP1IC0 #

神を愛した天才にとっては世間が酷く扱おうが手厚く葬ろうがさして問題ではなかったろうと思う
神もそんな彼を傍に置きたくてあちら側に呼んだのだろう

43

43. 匿名処理班

  • 2016年02月29日 08:15
  • ID:IW8W..Dj0 #

※2
ひどい話ね…
90年前の世界に何を求めるんだ。
日本なら大正〜昭和にかけての頃だぞ。

44

44. 匿名処理班

  • 2016年02月29日 09:16
  • ID:5XBeZKsg0 #

結局 神とかは人の妄想でしかねぇよな。

45

45. 匿名処理班

  • 2016年02月29日 14:19
  • ID:h8S3JxxR0 #

偉大過ぎたが為に、此岸において置くのは勿体無いと思われたのかもね
もしアチラ側があるのだとすれば、歴代の芸術家と競ってとんでもない物を造ってそうな

46

46. 匿名処理班

  • 2016年02月29日 14:22
  • ID:F9rR1zAu0 #

※46
同感。
ガウディと俺なんかくらべようもないけれど、すごくわかる。どうでもよかったんだろうなとおもう。そんなひまねぇよって感じで。
実際制作に打ち込んでいたら、寝る時間とか飯に費やす時間すらもったいないとよくおもう。
神とは、いま自分が集中しきっているもの、いま自分が打ち込んでいるものの中にこそみえる。
つまり本人にとっては、まさにその「神」と対話をしている真っ最中なのであり、世間の目だとか社会通念とかはホントに邪魔でしかない。
いま自分がまさに神と対話しているのに、他に大事なことは何もないのに、なぜ外から「神はこう仰られている」などと言う言葉や人間の都合だとかに、耳を貸さなきゃならんのだ?

47

47. 匿名処理班

  • 2016年02月29日 21:54
  • ID:7ae3Pdph0 #

こうやって常に人は試されてるんだな
普段から人を見た目で判断してる連中には耳の痛い話だろう
襤褸をまとった乞食と思って虐げていたら実はすごい高僧だったとかな
昔から戒めとしてある話に似ているな

48

48. 匿名処理班

  • 2016年02月29日 21:57
  • ID:m52rB0Dw0 #

※46 ※52
同感、そして多分ではあるが昔の日本人はそれを知っていたように思う。
ただ個人的にいつも自分の才能のなさに落ち込んでしまう。そこに行くとガウディ−なんかは才能があるから羨ましいよ。好きでも才能がないと本当につらいからな...

49

49. 匿名処理班

  • 2016年02月29日 22:06
  • ID:m52rB0Dw0 #

※52
ありがとう。あんたらの言葉に救われたよ。才能ないけどもう少し頑張ってみようってな。

50

50. 匿名処理班

  • 2016年02月29日 23:04
  • ID:m52rB0Dw0 #

昔は、「ただより高いものはない」という言葉は高価なものは「値」がない、例えば空気や水はタダではあるがそれがなければ生きれないという意味であった。それらは神が作ったものではあるが、たぶん職人もそんな気質があって「赤貧洗うがごとし」という状態だったんだと思う。
しかし今は、値段がつけられるものゆえに質が下がったのかもしれない。それが証拠にこのことわざの意味は、「タダのものは結局高くつく」という皮肉な意味にとられるようになってしまった。

51

51. 匿名処理班

  • 2016年02月29日 23:34
  • ID:ki724oJn0 #

ガウディは最初自分が生きているうちにサグラダファミリアを完成させるるもりだったんだよね
自分の財産をなげうったのも 生きているうちに少しでも完成に近づけるため

52

52. 匿名処理班

  • 2016年03月01日 00:29
  • ID:lGVQIkoI0 #

子供の頃、桜田ファミリアだと思ってたな。桜田一家を格好良く言ってるもんだと・・・

53

53. 匿名処理班

  • 2016年03月01日 22:27
  • ID:6m6Qrxee0 #

※15
日本もそんな甘くないよ。保険書無し、独り身はたらい回しされる可能性が。

54

54. 匿名処理班

  • 2016年03月02日 00:22
  • ID:0z.z2pIa0 #

主よ、なぜ彼を見捨てたのですか

55

55. 匿名処理班

  • 2016年03月08日 17:46
  • ID:a98UHwAq0 #

※49
そんなこと言っていると日本の100年後は悪いほうに逆戻りしそうだけどな

56

56. 匿名処理班

  • 2016年03月10日 04:48
  • ID:Vk.See840 #

※7
信仰はビジネスと違って、ギブ&テイクじゃ無いと思うよ?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク