top1_e

 第一次世界大戦後、ドイツ各地では巨大なテディベアが出没していたという。ボタンの目をつけ、歯を剥き出しにした笑顔のテディベアは、子どもや貴婦人、あらゆる世代の人々の人気者であった。ナチスドイツの軍人と握手し、若者たちを慰めた。

 このテディベアの着ぐるみは数十年にわたり活動していたようで、道行く人や旅行者と一緒にポーズを取って撮影された写真が数多く残されている。

スポンサードリンク

 これらの写真は、アートコレクターのジャン=マリー・ドナによって収拾された。ベルリンの通りをぶらつく巨大なモフモフのクリーチャーに夢中になった彼は、1920年から1970年代にかけドイツ各地を巡り、いくばくかのチップのため、カメラに向かって通行人や観光客とポーズを取っていたテディベアの写真の収集に全力で取り組み、200枚以上入手した。

1.
2_e

2.
3_e

3.
4_e

4.
5_e

5.
6_e

 テディベアは、一緒に写真を取りたがる子供たちや大人たちのリクエストには必ず応じた。時には少年に背中を引っ張られたり、お洒落な貴婦人とキスをすることもあった。

 テディベアの色は茶色っぽい時もあれば白い時もあった。通りをぶらつき記念撮影に応じるクマの姿はおよそ5年間にわたって目撃された。

 モッフモフのテディベアは、抱きつこうとして胸に飛び込んでくる子をその胸に抱き、遠慮がちに近寄るシャイな子の頭を撫で、彼のもとにやってくるすべての子どもたちをやさしく受け入れた。その様子はまるでサンタクロースのようだったという。

6.
7_e

7.
8_e

8.
9_e

9.
10_e

10.
11_e

 そんな彼の噂を聞きつけたドイツ軍は、彼を一時的にナチスに拘束した。テディベアはドイツ国防軍のメンバーと握手を交わし、小さな鉤十字を身につけた少年たちのアイドルとなったのだ。

12_e


13_e


14_e

 これらの写真は着ぐるみとそれを喜ぶ人々の微笑ましい光景だったのかもしれないが、だが、そこに見え隠れするのは、古写真に積もった埃にも似た、戦争の残滓への良心の呵責や悲しみである。

 この喜びと恐怖の葛藤がテディベアを忘れがたくさせるのだろう。人々はこの奇妙なテディベアを愛おしく思い、励まされると同時に、彼はいまでもどこかに閉じ込められたままなのではないかという妄想に陥ってしまうのだ。

15_e
All images c Teddybar, 200 p.,19.5×22 cm, a series from the Jean-Marie Donat Collection, Innocences Publishing

via:WHEN GIANT TEDDY BEARS ROAMED THE STREETS OF NAZI GERMANY・translated byいぶりがっこ / edited by D

 ▼あわせて読みたい
巨大なテディベアが山を越え海を越え、ひたすら歩くすごくかわいいショートフィルム「not over」


ホッキョクグマの着ぐるみで抗議していたグリーンピースの男、逮捕される(アメリカ)


江戸後期から明治時代にかけての日本の古写真の出所が明らかに


牧歌的?絵画的?奇妙だけど興味深い西洋シュールな古写真(1920〜1940年代)


牧歌的?絵画的?奇妙だけど興味深い西洋シュールな古写真(1920〜1940年代)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
2882 points
DNAを改変し、カエルの突然変異体を自宅で作れるDIYキットが販売されている件(アメリカ)

DNAを改変し、カエルの突然変異体を自宅で作れるDIYキットが販売されている件(アメリカ)

2018年9月20日
2位
1721 points
なんと!発電する腸内細菌が発見され、発電に使用される遺伝子が特定される(米研究)

なんと!発電する腸内細菌が発見され、発電に使用される遺伝子が特定される(米研究)

2018年9月17日
3位
1513 points
植物も痛みを感じている?傷つけられた植物が痛みのシグナルを発し、全身に伝える仕組みを解明(日・米研究)

植物も痛みを感じている?傷つけられた植物が痛みのシグナルを発し、全身に伝える仕組みを解明(日・米研究)

2018年9月22日
4位
1445 points
あまりにもポジティブにハリケーンを迎え入れすぎ。パンイチで星条旗を持ちヘドバンする男性が現れる(アメリカ)

あまりにもポジティブにハリケーンを迎え入れすぎ。パンイチで星条旗を持ちヘドバンする男性が現れる(アメリカ)

2018年9月17日
5位
1176 points
カナダでマーガリンやパン、ドーナツに使用されていた人工トランス脂肪酸の使用が禁止に。

カナダでマーガリンやパン、ドーナツに使用されていた人工トランス脂肪酸の使用が禁止に。

2018年9月20日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 20:56
  • ID:yHm0.lxu0 #

なんで口にリアルさを求めたんだろう・・・

2

2. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 21:00
  • ID:nf7QihUi0 #

大戦期から戦後まで、かなり長く活動してるようで、中の人は交代してるんだろう。
日本でこれやったら、あっという間に職質されるだろうな。
秋葉原のウルトラセブンのようにw

3

3. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 21:10
  • ID:.7v1HSqf0 #

今で言うゆるキャラみたいなものなのかな
白黒写真だからなのか時代背景がそう思わせるのか
単純なかわいらしさやほほえましさとは少し違う、不思議な気持ちになる写真だ。

4

4. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 21:32
  • ID:dOgyN.yT0 #

表情が結構とリアルで、少し怖いけれど
時代背景が暗い時だったので、人々も心の癒しが必要だったのだろう

5

5. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 21:42
  • ID:7FQOZTWO0 #

く くまモン!?

6

6. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 21:55
  • ID:.wfvMne.0 #

なんだか切なく思ってしまうのは私の感覚どっか違うからかしら

7

7. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 21:56
  • ID:jZ6dYu140 #

チューバッカやん!

8

8. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 22:01
  • ID:L6V7.ja80 #

思ったのと違った

9

9. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 22:02
  • ID:xhWlyjYj0 #

なんか物悲しいよな…。
最初はちょっとだけハッピーな着ぐるみの物乞いだったのに、人気のせいで広告塔になって消えたのか。中の人はどうなったんだろう。途中から軍人になったかなぁ。
地元では都市伝説化してそう。

10

10. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 22:04
  • ID:VLmWJaGO0 #

むしろナチスドイツが台頭してからは「明るい時代」だったんだよなあ…
それくらいWW1でドイツが英仏にされたことはひどかった

11

11. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 22:11
  • ID:Ap58qd130 #

和傘が気になる

12

12. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 22:13
  • ID:bC.ZqmeV0 #

ローマイヤ先輩みたい……

13

13. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 22:19
  • ID:SBcUA0mt0 #

今は、着ぐるみ着てるとどうしても不審者や不審物持ち込みの問題があるんで
あまり風当たりが良くないらしいね。
愛媛FCの非公式マスコットと化したカエルさんも、国内外のスタジアムでたまに入場禁止になったりしてる。
数年前にウサギの着ぐるみで日本一周してる人いたけど元気にしてるのかなあ
あれも職質食らいまくってたような

14

14. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 22:19
  • ID:HttN7QEh0 #

あの時代の悲壮感があるね

15

15. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 22:32
  • ID:3oS0svzC0 #

なんかウーさんっぽい

16

16. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 22:45
  • ID:30TL4f8S0 #

Tedみたいなクマを想像したらリアルだった

17

17. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 22:48
  • ID:ybLRVDG70 #

島本和彦のあまり知られていない佳作「愛しのテディーベア」(単行本「BATTLE FIELD」収録)を思い出した。
パクリ批判とかではない、念のため(ストーリーは全然違うし)。ただ、でかいクマのぬいぐるみとナチス将校が並んでる絵面がね。
もしかしたら、島本和彦もこれらの写真の一枚を見たことがあったのかなあ。
第二次世界大戦を舞台にした連作で、島本(「逆境ナイン」描いた人だ)を勢いとツッコミどころだけの漫画家だと思っている人に、ぜひ読んでほしい漫画だよ。

18

18. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 22:53
  • ID:FpZ...sU0 #

※8
時代の空気ってのも写真には写っているのかもしれませんね

19

19. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 23:25
  • ID:Ra.q3Tv.0 #

牙が、牙が余計です…

20

20. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 23:28
  • ID:AxFGz2Wl0 #

この後第二次大戦が起きるんだよな・・・
写ってる人、特に子供たちも戦場や戦禍に巻き込まれてで散ったりしたのかな
と想像するとなんか切なくなるな

21

21. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 23:55
  • ID:IywtpH5Y0 #

ロシア人だ!ロシア人が居るぞー!

22

22. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 23:55
  • ID:bsG2WzAC0 #

3はヘーア(陸軍)の軍曹だと思うよ。階級章、制帽の顎紐が黒革、ベルトのバックルが陸軍制式、マンテル(コート)の襟からチラ見えしてるのはドッペルリッツェン(今でもドイツ軍将兵の襟に輝いている)。

23

23. 匿名処理班

  • 2016年02月18日 00:24
  • ID:i9L3S3G00 #

この時代だからもちろん本物のクマの毛皮使ってるんだろうな。
昔の人の紹介っていつもお堅い情報ばかりだから、こういう人間らしさに触れるとより身近に思えてくるよ。

24

24. 匿名処理班

  • 2016年02月18日 02:30
  • ID:O6SjnKhp0 #

※19
面白そうな作品集のご紹介に深謝。
島本氏はそれほど好きではない(失礼)けど、興味持ったのでDLしてみます。

25

25. 匿名処理班

  • 2016年02月18日 11:00
  • ID:vHbcUTvF0 #

こりゃMAN WITH A MISSIONの先祖ですわ
立派に使命を全うしていたんだな

26

26. 匿名処理班

  • 2016年02月18日 11:26
  • ID:XzmBNmrj0 #

うん、怖い

27

27. 匿名処理班

  • 2016年02月18日 18:57
  • ID:1gtgqCLk0 #

こえええええw

28

28. 匿名処理班

  • 2016年02月18日 18:58
  • ID:1gtgqCLk0 #

うん、全部こわい

29

29. 匿名処理班

  • 2016年02月18日 21:31
  • ID:6bV7QC2S0 #

当時のふなっしーみたいなもん?

30

30. 匿名処理班

  • 2016年02月19日 00:42
  • ID:pX.C0.rd0 #

良い…すごく良い…
妄想が掻き立てられる

31

31. 匿名処理班

  • 2016年02月21日 15:22
  • ID:ULWxvZqb0 #

※8
この後に第二次大戦が起こり彼が守りたかったものがどうなったか考えるとね

32

32. 匿名処理班

  • 2016年02月24日 00:14
  • ID:M.wbchyU0 #

※7
というより、メロン熊。。。

33

33. 匿名処理班

  • 2018年03月23日 07:48
  • ID:dt6yUGSR0 #

9は米軍兵士達がアイクジャケットを着ているから第二次大戦後の写真だと思う。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク