00_e0

 ある奇妙な宇宙の領域において、生命体を発見できる可能性があるそうだ。球状星団と呼ばれる天の川の裾野で、人類史上初となる知的生命体との遭遇が果たされるかもしれないという。

 天の川にはおよそ150個の球状星団が存在する。球状星団は平均100光年の範囲に数百万もの恒星が球状に集まった領域で、そのほとんどは銀河のはずれを軌動している。

 ここに知的生命が存在する可能性があると主張するのは、アメリカ、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのロザンナ・ディステファノ博士とインド、タタ基礎研究所のアラク・レイ博士だ。
スポンサードリンク

 球状星団は平均100億年前と、ほとんど天の川が生まれた時期にまでさかのぼれる古い領域である。そこにある恒星には、惑星を形成するために必要な鉄やケイ素などの重い元素が少ない。そのため球状星団には惑星が少ないとされ、事実これまでここで発見された惑星は1つだけだ。

0_e18

 ところがディステファノ博士とレイ博士は、こうした説は悲観的すぎると論じる。太陽系外惑星が含む金属は太陽系内惑星の10分の1程度しかないことが判明したからだ。

 さらに木星サイズの惑星の場合は確かに重い元素を豊富に含む恒星の周囲で発見されるが、地球サイズの惑星の場合はそのような傾向がないことも、両者の主張の根拠である。

 重い元素の問題とは別に、球状星団の高密度環境が惑星の形成を阻害するという説もある。恒星同士が近すぎるために、その重力が惑星系を冷たい星間空間に放り出してしまうのだ。

2_e18
 
 しかし惑星上に液体の水が存在できるだけの暖かさがあるハビタブルゾーンの広さは、恒星によって異なる。明るい星なら広いハビタブルゾーンを有し、暗い星なら狭くなる。そして明るい星ほど寿命が短いため、古い球状星団ではそうした恒星が死に絶えてしまっている。ここにある主な恒星は、弱々しい年老いた赤色矮星だ。したがって居住可能な惑星があるとすれば恒星に近い場所でなければならず、恒星間の重力の影響も比較的少ない。

 こうした条件において惑星が形成されたとすれば、宇宙の現在の年齢に匹敵するほどの期間を生き残ることが可能である。すなわち複雑で、知性を備えるだけの生命が発達進化する十分な時間があったということだ。

3_e17

 両博士によれば、そこに存在するかもしれない文明は、我々とは遥かに異なる環境で暮らしているそうだ。太陽系に最も近い恒星は4光年、つまり38兆km離れた先にある。それに対して、球状星団内にある隣り合った恒星同士は、その20分の1ほどの隔たりしかない。そのため惑星間の通信や探索が人類のそれよりもずっと容易である。

 ディステファノ博士はこれを「球状星団のチャンス」と表現する。そこでの星間通信は、18世紀にアメリカからヨーロッパまで手紙を送るようなものであるという。

 星間旅行もまた早い。1977年に打ち上げられた無人惑星探査機ボイジャー1号は、2013年の時点で地球から187億km離れた太陽系の外を飛行している。これが仮に球状星団内であれば、隣の星への10分の1の距離を踏破したことになる。つまり人類の技術レベルにおいても恒星間の探索が夢ではないということだ。

via:dailymail・translated hiroching / edited by parumo

▼あわせて読みたい
「今後20年以内で地球外生命体が発見される、確実にだ」。NASAの主任科学者が強気の発言


「地球外生命体はほぼ100パーセントの確率で存在する」天文学者らが米議会で報告(アメリカ)


なにこれ何かが起こりそう!これまでで地球から最も近い位置に、生命居住可能な惑星「ウルフ1061c」が発見される


宇宙人はいるはずなのに遭遇できない。「フェルミのパラドックス」に関する、最も説得力に乏しい7つの解答


とにかく何とかして探し当てたい。最新技術による10の地球外生命体(エイリアン)探索事情



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 10:05
  • ID:EDkka3Tc0 #

誰でも良いから生きてる間に恒星間航法を考えだしてくれ!!

2

2.

  • 2016年01月12日 10:14
  • ID:x7t8Tybc0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 10:19
  • ID:rASFzFMZ0 #

ワープ航法が実現したら地球圏外なんて数時間で
超えられるだろうけど現在では夢の技術
この申年という動きのある年に基礎理論でも
出来たら宇宙も面白くなるだろうし、知的生物と
あえる確率も高くなるし楽しみだ

4

4. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 10:47
  • ID:4WTB0fgp0 #

地球人が考える宇宙人は、姿が人間に似通っているっていうのはおかしいと思う。
地球外生命体は、人類が想像もつかないような姿形で、もしかしたらすでに出会っているのかもしれん。

5

5. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 11:04
  • ID:VJEEl4w20 #

ジェダイがいるに違いない

6

6. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 11:14
  • ID:ncrM.28f0 #

ようするに「今まで星がないと思われてた場所にも星がある可能性がでてきたからひょっとしたらそこに知的生命体がいるっていう可能性もゼロじゃなくなったよ」って意味……?

7

7. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 11:46
  • ID:OK.O9blo0 #

ハビタブルゾーンの惑星も
観測技術で割り出す事もでき
可能性のアル惑星もおおく見つかってるのに
「コンタクトは0」

電波さえ見つからない・・・
ワオ電波は1回だけやしな
宇宙人がいる可能性は年々上昇してるのに
何でって感じ

なんか観測方法自体が違うんじゃないかと
思ってしまう、それこそ変えた途端
大量の宇宙人のデータがとか・・・ないかな?

8

8. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 11:48
  • ID:H1lptWnJ0 #

ディステファノは昨年亡くなったのでは…

9

9. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 12:07
  • ID:lsAVhR5N0 #

地球がこんな所だったらなあと思わずに居られない。
けど、太陽が暗めなので目が異常に発達してたりするのかなあ。

10

10. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 12:18
  • ID:dx4zgInj0 #

地球によく似た、さらにいえば地球人が住める惑星があるなら、そこに知的生命体はいない方がいい

11

11. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 12:47
  • ID:Q9lUNXhA0 #

※10
地球に住めなくなったら確かに移住できるしそれもいいな。

12

12. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 13:21
  • ID:xVJRb9KC0 #

遅くとも2040年くらいまでには技術的特異点が訪れるみたいな説もあるし恒星間航行も地球外知性との遭遇も夢物語じゃないよねきっと
信じるくらいはいいよね

13

13. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 14:23
  • ID:5rl8UFa40 #

ハビタルゾーンがなんたら言っても、地球型の生物に最適な環境を元にして考えるのはおかしいと思うし、現在は生物が住むには適さない環境だったとしても、過去に高度文明が栄えるだけの期間が有れば、済み難くなれば他の星に移住して行くだけだと思うんだよね。地球人類だって後数万年くらい経てば、恒星間航行の技術を開発していると思うし、「過去には恒星間航行は不可能だと言われている時代も有ったが、昔話になった」なんて言われる様になると思うよ。

14

14. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 14:44
  • ID:5OqwAZ7w0 #

あ、荒くれ博士・・・

15

15. ナパチャット

  • 2016年01月12日 14:58
  • ID:8GT8C4uF0 #

0.2光年が近い?

16

16. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 15:26
  • ID:Gl8o0E370 #

実は人間は複合体キメラ。必要に迫られれば
羽根を得ることもできる。今までそうやって手足目鼻耳、
ありとあらゆる臓器を獲得し共生してきた。もちろん必要ないと
決議された部位は切り離せる。全身の細胞からの許可
が必要。信じるかry

17

17. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 16:11
  • ID:L9MLGXtl0 #

光の速度を超えるワープ航法は、科学じゃなくてファンタジーの分野というのが、
この21世紀に科学の進歩と共に判明しつつあるのが皮肉だよな。

それより不老不死とか、意識のアップロードの方が遥かに現実味を帯びてきた件。
無限に等しい寿命を以て、限りある生命には超えられない宇宙的距離と時間の壁を乗り越える手法の方が、
この銀河で一定以上に達した文明の主流なのかもしれんな。

18

18. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 17:26
  • ID:Tvf9kQhu0 #

※16
高屋良樹さんのライフワークである、「 強殖装甲ガイバー」では、人間は、「降臨者」と呼ばれる異星人が遺伝子操作して生み出した、生体兵器の素体であり、「調整」を行うことで、生体レーザーや筋肉強化、生体発電などの特殊能力を有する「ゾアノイド」にすることができるという設定がなされている。

まあ、こういう、「人類はエイリアンが生み出した」的なものは「SF」の設定としてある種ありふれたものだけど、ウイルスによる遺伝子の書き換え(ウィルス進化論)とかいう事例を考慮すると、あながち「必要に迫られれば羽根を得ることもできる。今までそうやって手足目鼻耳、ありとあらゆる臓器を獲得し共生してきた」という主張も「あり得ない」とは言えないと思う。

だとすれば、比較的近い将来に、「テラフォーマーズ」に描かれている「バグズ手術」のようなものも行われるようになるかもしれないし。

そして、それらを最終的に決定するのは、実は「ミトコンドリア」かもしれない。

19

19. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 18:00
  • ID:HIvp08Fa0 #

読んでみて分かった。これは博士の単なる妄想。博士は暇人。

20

20. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 18:26
  • ID:QZ.rkx9y0 #

人類も科学的に宇宙観測し始めたのは、ここ2,300年だしなー
同じタイミングでコンタクトとるのは難しいんだろうな

もしかしたらものすごく技術進歩した地球外生命体から、原始人が居る星として観測されてるのかも知れないけど

21

21. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 18:32
  • ID:Avq8Gte30 #

※5
May the force be with you.

22

22. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 18:40
  • ID:mmOWNn5I0 #

ワープ航法があったとしても時間の制約から逃れられるわけじゃないんだよね。場合と場所によって時間の流れが違う。今見ている情報は過去のものだし、広さより時の壁が大きい。すれ違いはあっても文明と接触できる可能性は極めて低いんだよ。

23

23. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 18:40
  • ID:mmOWNn5I0 #

※19
その探究心がないと科学は始まらない。

24

24. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 19:39
  • ID:Tvf9kQhu0 #

ひょっとすると、「地球外生命体」っていうのは、最近ツイッターで話題になっている「ゴル」のようなものかもしれない。

どういうことかというと、とある兄妹がとある釣具屋さんで買い物をしていたところ妹がいきなり兄に「ねえ、ゴルってどんな魚」と質問したそうな。

それを聞いた兄は、「そんな魚いたっけか」とか思いながら、妹の指すところを見るとそこには、
カメ
サバ
ゴル
と書いてあった。

実は、メバルとカサゴを縦組みで右から読むように書かれたものを、横組みで左上から読んでしまったために、カメ、サバ、ゴルとなってしまったというオチ。

ここから何が見えるかというと、文字や文章でも組み方や読む方向を間違えると、まったく意味が通らないむちゃくちゃなものになるということ。

いわゆる、知的生命の定義もこれと同じで、じつは宇宙における「生命」の定義を人類が知らないから、自分たちの目の前に「異種生命体」がいるにもかからわらず、それを認識できないだけかもしれない。

たとえば、パソコンやスマホに使われているCPUは実は、「シリコン生命体」なのかもしれないし。

25

25. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 20:14
  • ID:fpaL8u1k0 #

>、隣の星への10分の1の距離を踏破したことになる。

0.2光年は約2兆キロメートルだから、187億キロ(0.02兆キロ)だと
1/10の道程じゃなくてわずか1/100だよね。

26

26. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 21:19
  • ID:LbojmAbN0 #

本文5行目の 軌道、、は 軌動、、にするのがよろしいかと

27

27. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 21:40
  • ID:Gl8o0E370 #

まだ極限まで人類は追い詰められてはいないから
惑星間移動出来ないだけ
アブラムシ(人)は食い尽くすと羽根(航行術)がある個体が発生して
草木(惑星)を移動する。

28

28. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 22:00
  • ID:cdn.pOs70 #

※7
他の宇宙人に発見してもらうためにあえて宇宙に電波を発信しまくってるうちらみたいな種族は少ないのでは…。
NASAは平気でやってるけど、相手が友好的な文明であるとも限らないわけだしさ…。
こわいこわい。

29

29. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 22:18
  • ID:Tvf9kQhu0 #

※28
むかし、「マップス」というマンガで、宇宙人たちは地球で放送されるテレビ放送が、すべて真実だと思い込んで、「地球人は全員正義の秘密戦隊の隊員で、地球の乗り物はすべてトランスフォーマー」だと思い込んでいたとか、書かれていた。

挙句の果ては、宇宙人が地球手を出さない理由が、「ウルトラ兄弟の怒りが恐ろしいから」だとか。

案外、我々が地球外生命体とコンタクトできないのは、それが正解なのかもしれない。

あとは、※27の意見が興味深いと思う。

だとすれば、彗星激突とかポールシフトとかの壊滅的な出来事が、現実化し始めるとそれを境にして、急激に技術が発達して、ワープ航法とかが実用化される可能性もあるわけだ。

あと、※24の自分のコメントを補足すると、スマホやパソコンはすでにCPUを細胞核とする単細胞動物としての条件を満たしていて、ネットワークでつながることで、疑似的な多細胞動物へと進化している可能性がある。

あとは、「グーグル」がネットワーク生命体の「意識」として覚醒するかどうかが今後の世界の運命の分水量となるかもしれない。

30

30. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 22:29
  • ID:HEmsfABh0 #

美男美女の宇宙人がいてほしい

31

31. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 22:33
  • ID:eHrOe90O0 #

星間飛行が物理的に無理ってんなら
これ以上探しても無駄なような気もするのだが

32

32. 匿名処理班

  • 2016年01月12日 23:11
  • ID:.lW8ziHy0 #

可能性の話しかできないレベルにしか
わが人類の“科学”は発展していないのだ。

医学を見ていてもよく思うが 人類は真理の0.1%も
理解できていないのだろう。

33

33. 匿名処理班

  • 2016年01月13日 00:45
  • ID:O00KT71e0 #

真理を頭で理解せずとも進化は起こるのでは?
外見的だけではなく、思考力そのものとか。
そうでなければこれだけ生物が多様化するはずがない。
全身全霊で堅いモノを食べようとしたから顎が出来て歯が生えた
→捕食出来なきゃ終わりな状況で何万年も歯が生えるのを
待てない。
過酷な弱肉強食の世界でそれらは瞬間的に成されたはず。
ジャナケレバゼンブツクリモノデス

34

34. 匿名処理班

  • 2016年01月13日 02:43
  • ID:1887Irmm0 #

※32
禿同。人類が宇宙について知っている事は、渚のカニが海について知っている事を語っているようなもの。昔は地球が太陽の周りを回っていると口にしたらファンタジーどころか火あぶりの刑だった。「今の人類は科学的だ」などと自惚れない方がいいと思う。1000年経った未来人から21世紀を見れば、我々はみな原始人だと思うw 逆に11世紀の人々が21世紀の人々の暮らしを見たら、全てが妖術とまじないの世界に見えるはず。

35

35. 匿名処理班

  • 2016年01月13日 05:45
  • ID:LsyvPJyv0 #

やめとけよ、地球人類の間ですらまともに意思疎通できないんだから、宇宙の生命体とコンタクトとるなんざ億年早いわ。

36

36. 匿名処理班

  • 2016年01月13日 19:11
  • ID:y7ArryuA0 #

要するに「いるかもしれないけど行ってみないとわかりません」ってことですね

37

37. 匿名処理班

  • 2016年01月13日 19:44
  • ID:O00KT71e0 #

よく「電波発信すんなよこえーよ」て見るけど
発信しなくても向こうが探そうとしてりゃ見つかっちゃうでしょ
「あそこは楽勝だから後回しのおっ楽しみイっヒャッハー」て
なってるかもよw

38

38. 匿名処理班

  • 2016年01月13日 20:08
  • ID:Go5F2wBZ0 #

人類以外の知的生命体がいても、私はちっとも不自然とは思わない。ただ、それが人型をしている必要はない。命には水が必要という先入観も。
この地球は、たまたま太陽系のハビタブルゾーンに生まれ、たまたま深海で生命の祖先が産まれ、数度のスノーボールアース、大絶滅を経験し、紆余曲折、適者適存の進化の結果に人類があるに過ぎない、なので知的生命体が人型でなくてもOK牧場。
火の鳥の劇中に出てきた、ナメクジ型の文明を持った生き物がいても不思議ではない。
とはいえ、生きているうちに出会ってみたいものですな。そのナメック星人に。その場合は、彼らが有効的な異星人であることを祈って。

39

39. 匿名処理班

  • 2016年01月13日 21:01
  • ID:jlz2RXKv0 #

全地球民で一斉に電灯のオンオフでモールス信号送ってみようぜ!!!

40

40. 匿名処理班

  • 2016年01月13日 21:56
  • ID:odMP.KXjO #

タイトルで星新一を思い出したのは俺だけか

41

41. 匿名処理班

  • 2016年01月13日 23:58
  • ID:wAIRzv2F0 #

※40
星新一さんのショートショートに、地球に宇宙人がやってきて、「どんなバリアでも突破する破壊兵器」をA国に売り、対立関係にあるB国には「どんな兵器でも防御するバリア」を売りつけた。

その後、AB両国の首脳がホットラインで会談したところ、同じ宇宙人が文字通り「矛盾」する兵器をお互いに売りつけたことが分かり、連名でその宇宙人に抗議した、という話がありましたね。

それで、両国の首脳は宇宙人に「お前の言うどんなバリアも突破する兵器をどんな兵器でも防御するバリアにぶつけたら何が起こるか言ってみろ」とか言ってみたりして。

すると、宇宙人は、「それでは構わないので、実際にやってみたください」と。

でやってみたら、二つの超兵器が衝突した瞬間にすさまじい衝撃波が発生して、地球の生物がすべて絶滅した。
という展開になりましたが。

42

42. 匿名処理班

  • 2016年01月14日 00:19
  • ID:Suui.URV0 #

マンガやアニメが未来予知してるとかみたけど
どこでもドアいけそうじゃね?
入浴中の異星人「地球人さんのえっちー」

43

43. 匿名処理班

  • 2016年01月14日 09:39
  • ID:RncnHAyW0 #

こういう記事を見るともしかしたらお互い干渉できないように空間の次元が違うんじゃないかと思う。多重世界みたいに空間に重なってはいるけど同じ空間には存在していないんじゃないかとか。

44

44.

  • 2016年01月14日 19:00
  • ID:0u26Y7vZ0 #
45

45. 匿名処理班

  • 2016年01月16日 15:53
  • ID:VBWNNSUW0 #

上でも書いたけど、実はスマホやパソコンに搭載されている、CPUは「シリコン生命体」の細胞核であり、スマホやパソコンが普及して人間の生活に欠かせないインフラになっている現実がある以上、この世界はすでに、シリコン生命体によって、侵略されて支配されているのかもしれない。

そして、スマホの課金ゲームにうつつを抜かしている連中は、すでにシリコン生命体の「奴隷」になっている可能性すらあると思う。

あとは、彼らが自分の意思で自由に動かすことのできる、「体」が生み出されるのを待つだけだけど、それも急速に発達しつつある、「スマートデバイス」がその役割を果たすのだろう。

その次は、彼らの「自我意識」がいつ目覚めるかの問題かもしれないよ。

そして、その先にあるのは言うまでもなく、「ターミネーター」の世界であると。

より正確に言うと、有機物で構成されたアナログの生命体と、シリコンとマシンとデーターで構成されたデジタル生命体の、生存競争が始まるかもしれない。

46

46. 匿名処理班

  • 2016年01月17日 00:38
  • ID:8h1KG5hM0 #

※45
残念ながらデジタル(ディジタル)生命体は
  生き残れない。
  自然消滅する。

47

47. 匿名処理班

  • 2016年01月20日 22:08
  • ID:DhMVcqz.0 #

赤色矮星は核融合が不安定で大規模な太陽面爆発が起きるから、太陽みたいに安定した恒星を基準にしたハビタブルゾーンは全く当て嵌まらなかった筈。
殆どの天文学者の意見は
「赤色矮星系には生命体は存在出来ない」
だった筈。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク