0_e60

 ドイツ人医師、ゲオルク・バルティシュ(Georg Bartisch 1535–1607)は世界最初の眼科手術書を作り上げたことで知られている。現代眼科学の父と称えられるバルティシュは、眼の疾患や手術の様子を絵図を使いながら詳細に書き残していったそうだ。当時は魔術が信じられており、中には魔術によって引き起こされる目の病気という項目もあったそうだ。

 とてつもなくシュールで味わい深い。
スポンサードリンク

■1.
1_e71

■2.
2_e68

■3.
3_e60

■4.
4_e58

■5.
10_e36

■6.
11_e23

■7.
12_e21

■8.
5_e49

■9.
6_e42

■10.
7_e44

■11.
8_e42

■12.
9_e41
via:publicdomainreview

 この時代、日本は織田信長がブイブイ言わしていた頃だ。そして西洋では魔女狩りが行われていた時代だ。現代的医学をもってしても、魔術による眼の疾患が信じられていたというのも興味深い。

▼あわせて読みたい
江戸時代の医学がわかる人体解剖図、病医学図


かつて実際に行われていた25の残忍な処刑方法


おどろおどろしい精神病治療器具の歴史を紹介、「グロール精神医学博物館」(米・ミズーリ州)


疑う余地のない医学的な記録がある中で、最も身長の高い人間、優しい巨人と呼ばれた「ロバート・ワドロー」


生まれてきた時代が違っていたらと思うとぞっとする、中世の奇妙な10の医療行為



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 22:36
  • ID:gJaJVYVV0 #

見てるだけで痛い痛い
当時は麻酔なんてなかっただろうになあ

2

2. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 22:39
  • ID:TfX0rHL40 #

理解不能なのが何個かあるんだが

3

3. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 22:53
  • ID:gGxUsca40 #

意味がわからん!

4

4. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 22:57
  • ID:WsSkHXZ40 #

この時代の医術は同時代の魔術や民間療法とどっこいどっこいか
より手を加える分、よりひどい
まともになるのは19世紀後半まで待たなければいけない

5

5.

  • 2015年11月09日 22:57
  • ID:VGd72Ylf0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 22:59
  • ID:eP.Qm.Nt0 #

これのどこが「手術書」なんだろう?!

7

7. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 23:04
  • ID:ShcMF3i80 #

1〜3は何かマスクのようなものを被っているんだろうけど、目にどのような効果があるのかわからんな

8

8. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 23:08
  • ID:H2VX.ReJ0 #

狂気を感じる。。。

9

9. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 23:11
  • ID:c8nzuRYM0 #

目から垂れ下がっているミミズのような物は何なんだ…

10

10. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 23:14
  • ID:p3ulEnnP0 #

素人には前衛芸術にしか見えないんだけど眼科の知識ある人から見たらどれがなんの病気かわかるのか?

11

11. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 23:21
  • ID:pT7Qgua20 #

ベルセルクのゴッドハンドやないか。

12

12. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 23:28
  • ID:K8gKZSmg0 #

目の上のたんこぶってこの時代から実在したのかな?

13

13. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 23:42
  • ID:MXT2uv2Z0 #

痛い痛い・・・

14

14. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 23:42
  • ID:tBlPvH6z0 #

何をしたかったのか
さっぱりわからない…

15

15. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 23:50
  • ID:AU.YVupL0 #

痛い痛い痛い!!!!

16

16. 匿名処理班

  • 2015年11月09日 23:56
  • ID:BglsghG20 #

ジワジワと笑いがこみ上げ…むぷっ

17

17. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 00:00
  • ID:mZY3vuhb0 #

現在に生まれたことに感謝感激や。
昔の人が痛い思いした結果の蓄積があるんや。

18

18. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 00:01
  • ID:HII.VSQH0 #

この時代の人らって失明=死じゃないんかな…

19

19. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 00:32
  • ID:JVNbBYbA0 #

この時代薬草による治療やヒルに血を吸わせる治療など
現代の最先端医療もあった反面、大量の虫を首に
ネックレスのようにくっつけて治す迷信医療もあったので
治療行為というよりは体に忍び込み悪さする悪魔を
退治するための教会教えにも似ている

20

20. XX

  • 2015年11月10日 01:15
  • ID:IDrFLo.E0 #

1,2,3は斜視の患者に対する治療法らしいぉ。

21

21. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 01:20
  • ID:1yL1jumK0 #

これ笑わせにかかってるだろ

22

22. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 02:02
  • ID:uw1eT3VW0 #

ちゃんと治るものもあったのかな?

23

23. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 02:04
  • ID:CDM38P290 #

基本的な医学の知識がふわふわしてるから、治療もなんだかわけのわからんことになってるっぽいな

24

24. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 02:28
  • ID:Orid7kul0 #

治るはずが無い

25

25. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 02:32
  • ID:SieCbIjB0 #

※7斜視の矯正でもしてるんかな?

26

26. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 04:07
  • ID:FnXQBU0Z0 #

治療ではないが、疱瘡にかかって失明した伊達政宗の眼は飛び出て腫れたという。その異様な容姿の為に母親が逃げて弟を溺愛とか。

養育係の片倉小十郎に刀で眼を削ぐように命じたという。

秀吉や家康には、木登りして眼が引っ掛かり美味しそうだから食べたと言ってる。

27

27. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 06:25
  • ID:YuHu6hyx0 #

塗仏かな?

28

28.

  • 2015年11月10日 08:30
  • ID:3URQJsJY0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 08:36
  • ID:yZfEQftP0 #

目も当てられないわ。

30

30. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 08:46
  • ID:y6YW2vSE0 #

目元から飛び出た肉塊と、それに通されたフサフサしたものが、凄く気になってしかたない。

31

31. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 09:11
  • ID:b4Wo8PhF0 #

味のある絵だわ

32

32. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 12:50
  • ID:HBoSQvSw0 #

目玉のおやじもビックリだわね。
サムネからもうイタタ…(汗

33

33. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 12:58
  • ID:YPYR6.Uw0 #

食べたってのは夏侯惇の逸話をつかったみたいだね。

34

34. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 16:25
  • ID:j7qdQuc40 #

しかしこんな状況の患者の絵でも、襟元のヒラヒラは描かねばならんのだろうか

35

35. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 18:27
  • ID:8TTMAp7i0 #

4はいちじくですか?

36

36. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 19:55
  • ID:VZ.FIkL.0 #

最後の受験生はなんだ。

37

37. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 21:02
  • ID:8IPci83v0 #

12が妙に想像しやすくてすげえ痛い

38

38. 匿名処理班

  • 2015年11月10日 21:58
  • ID:gyQAIAh90 #

そんじょそこらの、グロ、ホラー漫画より怖い

39

39. 匿名処理班

  • 2015年11月11日 14:07
  • ID:8KJG08io0 #

もしエビフライが目に刺さってる絵図があっても違和感ないなw

40

40. 匿名処理班

  • 2015年11月11日 17:20
  • ID:SFkeEF290 #

アートじゃないところがまたいい。
アートですと宣言してしまうのと時間が芸術にしてくれるのでは味わいがまた少し違う。

41

41. 匿名処理班

  • 2015年11月12日 01:57
  • ID:Nbe.hzMY0 #

伊達政宗も幼少期に目ん玉飛び出る病気だったんだってなぁ、ちょん切られて今の有名な姿になった訳だが、小刀で切り落とすのは医術じゃねぇわなぁ

42

42. 匿名処理班

  • 2015年11月13日 11:48
  • ID:o1DdD9nU0 #

39 目の玉飛び出る病気じゃなくて天然痘じゃなかったか?それに当時だと投薬治療なんてものも存在しないし悪くなった部分は放置してたら危ないから切り落としてしまうのは最終手段とはいえ理にかなっているだろ。今でも凍傷なんかでもう治療の見込みなければ切断するなんてことはあるわけだしな

43

43. 匿名処理班

  • 2015年11月13日 19:23
  • ID:hQKHaQyH0 #

狙ったホラー絵よりもよっぽど怖いw

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク