000

 スイスのチューリッヒ工科大学飛行マシンアリーナに設置された二つの足場の間に架けられた橋は、世界初の空飛ぶマシンが自動で作り上げたフルスケールかつ荷重に耐えることのできる橋だ。その巧みな技は、クアッドコプター(飛行ロボット)を使った建設分野における新しい進歩を象徴するものだ。

スポンサードリンク


Building a rope bridge with flying machines

 両端に設置された金属の足場を除けば、橋は「ダイニーマ」という超高分子量ポリエチレンのロープでできている。これは1mあたり7gと軽量でありながらも、直径4mmで1,300kgまで保持できる、空中建築には理想的な低強度重量比を誇る素材だ。全長7.4mの橋には、ノット、リンク、ブレイズといった様々な結び技法が用いられており、ロープの総延長は120mほどだ。

0_e15

 実験が行われた飛行マシンアリーナにはモーションキャプチャーシステムが備わっており、これで小型クアッドコプターの位置と高度が計測される。クアッドコプターとは別の場所に設置されたコンピューターではアルゴリズムが稼働し、電波で命令を送信している。

2_e12

 建設を開始する前、まず足場の位置が計測され、システムに入力される。ロープを留める固定位置を決定すれば、あとは電動式リールを装備したクアッドコプターが張力を調整しながら、橋の基礎部分と支柱部分を自動的に編み込んでいく。

1_e14

 ロープはプラスチック製のガイドチューブを通って、2基のプロペラの間にあるリリースポイントから伸びている。作業中、ロープによってクアッドコプターに掛かる外力とトルクをシステムが推測しており、これを考慮しつつクアッドコプターの動作を適切に保つ。

3_e15

 完成後、研究者自らが橋の上を渡って、耐加重性能を実演した。橋の建設完了後、人が渡り易いようにスタビライダーが取り付けられている。ロープの構造を検出するセンサーがないため、橋の狭い開口部の位置を計測し、システムに入力する必要がある。これがクアッドコプターの軌道に適用され、スタビライザーが編み込まれる。
 
 また同チームは、飛行ロボットで建設可能な構造の種類を特定し、設計するための一連のコンピューターツールも開発した。これらのツールを用いて、設計をシミュレートし、実行可能な手順や構造を建設に先立って評価することができる。

via:robohub・Translated hiroching

▼あわせて読みたい
小型無人機ドローンで人は殺せるのか?鶏肉を使って実験してみた。


ひらめいた!ドローンの天敵はワシ。ならば。。。


人が!人が!!ドローンカメラで上空から風力発電機を撮影していたところ人が昼寝していたでござる(高所恐怖症注意)


米海軍の秘密兵器、マグロ型スパイドローン”サイレント・ニモ”を公開


カンボジアってこんな国。カンボジアの農村部をドローンカメラから空中撮影した映像




この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年10月07日 18:01
  • ID:1Vp5YT3K0 #

そうそうこういうのでいいんだよ。

2

2. 匿名処理班

  • 2015年10月07日 18:38
  • ID:gKR649KI0 #

つまり水害で取り残された人にロープを渡しに行ける
ということか。ヘリも隊員もいけない場所でも
ドローンなら行ける場合もある。操作に失敗して
機体を失っても被害額は従来の方式より遥かに安い。

3

3. 匿名処理班

  • 2015年10月07日 19:46
  • ID:v3Ofi0AF0 #

1本ワイヤーを渡したら、後は蜘蛛型のロボットみたいなやつを使った方が確実で仕事も早いんじゃない?

4

4. 匿名処理班

  • 2015年10月07日 20:03
  • ID:Pi5tO3iD0 #

ニューヨーク東8番街の奇跡

5

5. 匿名処理班

  • 2015年10月08日 01:36
  • ID:zYJNVAdU0 #

これ悪用されそ〜

6

6. 匿名処理班

  • 2015年10月08日 02:59
  • ID:n0T9PeLj0 #

おれはグリム童話の小人と靴屋を数十年ぶりに思い出した。

7

7. 匿名処理班

  • 2015年10月08日 04:58
  • ID:LshjB6Ke0 #

※2
そんな安易なもんでもなさそーだ
この動画は一定の条件下でのアルゴリズムに従って動いて橋を作ってるだけだし、7mちょいの橋を作るのに相当な時間が必要だ。
単にロープを渡すだけだとしても、311の津波の様な濁流では漂流物があるから安全に救助できる方法ではない。
それに台風など強風がある場合には飛ぶ事すら出来ないはず。
でも、山や海での遭難者の捜索で多数飛ばすとか、犯罪者を上空から追跡という事に役に立ちそうだね。
ドローンの進化次第では直接人命救助できるとは思うけど。

8

8. 匿名処理班

  • 2015年10月08日 09:52
  • ID:EGd4ks010 #

※3
既に編みこんでる奴を渡したほうが早い。
この研究は何に使うんだろ。ドローンの体勢維持?それともそのアルゴリズムが何かに応用できるのかな?凡人にはわからないけど絶対に無駄にはならないで欲しい。

9

9. 匿名処理班

  • 2015年10月08日 10:12
  • ID:GM3318930 #

最後に人が渡ったのにビックリ。
まじ使えるよね!

10

10. 匿名処理班

  • 2015年10月08日 10:36
  • ID:A2wTNBRR0 #

※8
安価には人の命も含めてじゃないの?
人間の二次被害を減らせるからでしょ。

11

11. 匿名処理班

  • 2015年10月08日 11:51
  • ID:DEqGuCtM0 #

ドローンが編んだ橋を渡り、
ドローンが編んだスパイダーネットでピンチを脱し、
ドローンが編んだハンモックで眠る。
そんなドローン依存型ヒーローが現れる日も近い。

12

12. 匿名処理班

  • 2015年10月08日 12:16
  • ID:.oYHcuXq0 #

※3
1種類のマシーンで全て出来ることが運用コストが何より低い。
専用のマシーンより専用のアタッチメントを複数使いこなせる1種類のマシーンを
作った方がずっと開発も楽だと思う、人間がそうじゃん?。

13

13. 匿名処理班

  • 2015年10月08日 12:48
  • ID:r9XXxzjb0 #

※9
破損しかかった吊り橋の応急処置に使えるんじゃないだろうか?
わざわざ一本の糸から吊り橋を編み上げるのは、「既に織られた吊り橋」を渡すのでは対処できない状況にもアルゴリズムによって対処する方法に育つ可能性があるからだと思う。
例えば水害時に流されかかっている大型の物体を糸で巻いて何かに固定したり、大量の物資を用意するのが難しい宇宙空間で人工衛星の修理に活用したり。

14

14. 匿名処理班

  • 2015年10月08日 18:47
  • ID:WdAUKZwz0 #

編み込む際の 風の影響とか、どんなだろうか

15

15. 匿名処理班

  • 2015年10月08日 21:11
  • ID:6nwM3ImF0 #

谷間の吊橋渡しが捗るな

16

16. 匿名処理班

  • 2015年10月09日 14:22
  • ID:kPyzD1ol0 #

水ある所は風が起きやすい。谷間であれば更に増すであろう。
コントロールは大変難しいですよ。
屋内デモの通りとはいかないだろうな。
現地でやる時はあちこちに風向風速センサを取り付けてリンク
させなきゃならないだろうね。

17

17. 匿名処理班

  • 2015年10月10日 03:07
  • ID:SgFZaVqt0 #

人が乗れる大きさのドローンが空中に浮いて足場になるとか
はやくできないかな

18

18. 匿名処理班

  • 2015年10月10日 06:10
  • ID:0rEJ.ZO10 #

ルパン「!!」

19

19. 匿名処理班

  • 2015年10月10日 09:08
  • ID:RkRQqasu0 #

一休さん思い出した

20

20. 匿名処理班

  • 2015年10月13日 04:19
  • ID:yrFKDLjf0 #

※11
※8だけども、「安価」じゃなくて「安易」ね
※2の書いている救助方法は現時点では難しいよーという意味で安易ではないと言った。
人命救助に掛かる費用については一言も書いてないよ。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク