1_e4

 1902年後半、熱心なハンターでもあったアメリカのセオドア・ルーズベルト大統領の行為がトップニュースになった。動物はひと思いに喉を掻き切って絶命させ、早く苦しみを終わらせてやるべきだと言って、捕えたクマを射殺するのを拒んだのだ。

 おそらくこれがきっかけになたのだろう。クマ狩りについての世間の態度が変わり1948年、アメリカでは動物を一部保護するという法案が議会を通ったのだ。しかし、このような法律ができても、1957年にアラスカのコディアックで撮られた上記の写真のようなハンターを思い留まらせることはできなかった。

 猛獣であり頂点捕食者であるクマを狩ることはハンターにとって一種のステイタスであり、世界各国で行われており、仕留めた獲物と共に記念写真を撮るのが通例のようだった。これらのビンテージ写真は当時のクマ狩りの様子がうかがえるものである。

スポンサードリンク

1.マタギの佐藤良蔵が1966年12月に仕留めたクマ。
2_e4

 マタギは、東北地方・北海道で古い方法を用いて集団で狩猟を行う者を指す。獲物は主に熊の他に、アオシシカモシカ、ニホンザル、ウサギなども獲物とした。古くは山立(やまだち)と呼ばれており、特に秋田県の阿仁マタギが有名である。


2.海軍と共に倒れているクマのそばで銃を抱えて笑顔を見せる面々
3_e3

 この海軍は実際は特殊宣伝ユニットのメンバー。1943年9月、ロシア北部の海域で撮影された。


3.首で吊るされた2頭のクマをうっとりと見つめる少年
4_e3

 アメリカ、ミシガン州レイクシティで、首で吊るされた2頭のクマをうっとりと見つめる少年。信じられないことに、後ろの建物は町の商工会議所であり人通りの多い町中で撮影されたようだ。


4. 仕留めたツキノワグマと記念撮影
5_e2

1910年5月12日、モンタナ州サルテーゼの鉱山町で、H・ワレス・イングリッシュが、ジム・オブリーンとふたりの仲間、2匹の犬、そして彼が仕留めた115キロのツキノワグマの写真を撮った。このクマはロロ国有林の近くで撃ち殺されたようだ。


5. 射殺されたホッキョクグマ
6_e3

 ドイツの連邦公文書の一部から。この写真は第二次大戦のドイツのUボートのクルーが潜水艦の上で、射殺されたらしいホッキョクグマを前にポーズを撮っている。(と、原文にはあるが、写真は2番のものと同じ場所、ほぼ同じメンバーが写っているようだ。当時としては貴重な瞬間だったのだろうか。真相は不明。)


6. 生け捕りしたクマと記念写真
7_e2

 スウェーデンのストックホルムにあるノルディック・ミュージアム所蔵の20世紀初頭の写真。キャプションには、「瀕死と思われるこのクマは単に傷を負っているだけ」とある。クマはスウェデンのダーラナ県で撃たれた。


7. クマの頭部を背負うハンター
8_e1

 アラスカ、コディアックで撮られたこの写真には少しカラーがついている。ハンターは200ポンドのヒグマの頭を背中にくくりつけている。見たところ、クマを殺すのに使ったライフルはルガーNO.1だ。


8. 死んだクマのそばに立つ無表情のハンター
9_e3

 20世紀初頭のアラスカでのシーン。死んだクマのそばに立つ無表情のハンター。この写真は、米国議会図書館のフランク&フランシス・カーペンター・コレクションからのもの。


9. アザラシを狩るつもりがホッキョクグマを2頭も
10_e1

 1882年、2頭のホッキョクグマの遺骸の前でポーズをとる、ノルウェーのアクセル・クレフティング船長とフリチョフ・ナンセン。アザラシ狩り旅行の思いがけない獲物だろう。


10. ルーマニアのハンティングマスター
11_e1

 20世紀前後の写真。仕留めたヨーロッパヒグマの上に無頓着にまたがるオーガスト・フォン・シュピース大佐。彼はかつてルーマニアの王立ハンティングマスターだった。ルーマニア、シビウの町にあるハンティングミュージアムにはその名がつけられ、大佐の名は現在でも不滅だ。


11. クマから剥いだ皮の前で記念写真
12_e1

 "エンスウィラー&デュポン・ビル"というキャプションのついた写真のこのふたりのハンターたちは、間違いなく自分たちの収穫にご満悦だ。1906年、アラスカ中央鉄道のスノーリバー近くで展示されていた、子グマを含む大人のクマ数頭の皮。


12. 絶命したクマを肩にかつぐハンター
13_e0

 絶命したクマを肩にかつぐハンター。持っている銃で殺したと思われる。撮影は1909年とされていて、アール・D・エーキン・カンパニーのクレジットがある。


13. ホッキョクグマとエスキモーの射手
14_e

 1924年、仕留めたホッキョクグマのそばに立つエスキモーの射手。撮影はフランク・E・クラインシュミット。クマの巨体が弓矢で射抜かれているのがわかる。エスキモーの生活を追っていたクラインシュミットのコレクションからの写真。


14. 仕留めたグリズリーとジョージ・アームストロング・カスター将軍
15_e0

 クマ狩りに魅了された歴史的人物は、テディ・ルーズベルトだけではなかったようだ。1874年、ウィリアム・イリングワースは、仕留めたばかりのグリズリーと一緒のジョージ・アームストロング・カスター将軍の写真を撮った。カスターはネイティブアメリカンの斥候ブラディ・ナイフとウィリアム・ラドロー大佐の助けをかりて、クマを殺
した。


15. ビッグフットのねつ造写真に使われたクマ
16_e0

 写真の端に、アラスカ、シーワード、チャールズ・エミスウィラーと書いてあるのがわかる。仕留めたグリズリーの前でポーズをとっている。ちなみに、2006年にこの写真が死んだビッグフットの根拠としてネットの捏造サイトで使われた。

16. 逆さ吊りにされたクマとハンターたち
17_e0

 1893年、写真家ジョージ・ベーカーによって撮られたもの。男たちがクマをポールに吊り上げている。


17. 子グマの皮を剥ぐルーズベルト大統領の主治医
18_e

 この写真は、セオドア・ルーズベルト大統領の主治医でハンティング仲間だったドクター・アレクサンダー・ランバートが、1905年、仕留めた子グマの皮を鋭いナイフで剥いでいるところ。


18. ナイフと銃で仕留められたクマ
19_e

 ホレス・ケパートは、1916年の自著『Our Southern Highlanders』の中で、このアメリカクロクマの運命について語っている。クマは犬に追いかけられて、ドクター・ジョーンズによってナイフと銃で仕留められたという。ハンターたちは、クマを縛り上げて、サンプルをとるためにキャンプに運んだ。


19. 吊るされたクマとハンター
20_e

 アリゾナ州ホワイトマウンテン・アパッチ保護区で、仕留められ吊るされたクマと共に写真におさまる若い男性。1939年頃のもの。このクマは家畜の囲いの中に迷い込んできた。

via:scribol.・原文翻訳:konohazuku


▼あわせて読みたい1800年代に使用されたとされるロシアの対クマ用防護服が、ピンヘッドを軽く超えるレベル


クマにボクシングで戦いを挑んだ一人の男の記録写真(1949年)


クマを愛し、クマに襲われこの世を去ったグリズリーマン(ティモシー・トレッドウェル)が撮影したクマの映像


彼らは確実に生きていた。悲劇にあう直前に撮影された最後の写真


愛情と相性が生んだ奇跡の関係、クマと人間の奇跡の友情物語





この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 16:35
  • ID:SbCv7xIt0 #

食っちまったのか?

2

2. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 16:46
  • ID:.gXowOF60 #

吊られたクマー!

3

3. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 17:02
  • ID:AiG7UBID0 #

チャーチル氏ならスウォードで狩猟したろうな。

4

4. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 17:03
  • ID:bf9QY61B0 #

一回クマとかイノシシとか食べてみたいな

5

5. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 17:10
  • ID:3HQFTItz0 #

2の写真と5の写真が同じ場所?

6

6. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 17:10
  • ID:67sprDTI0 #

一方的に撃ち殺せる武器使って「勝った!俺すげえ!」はちょっとな

7

7. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 17:14
  • ID:erDswcOa0 #

ナイフで喉を掻き切るでもいいけど、眉間を撃ち抜くじゃあかんのか?

8

8. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 17:55
  • ID:.34EP0dB0 #

※4
クマーもイノシシも年齢が関係するのでうまいと
言われてる店でも外れあるのでご用心
イノシシしか食べたこと無いが味はしっかりしていて
ぜひお勧めするよ
後クマーや鹿場合、よく言えば野性の味なので豚や牛という
家畜味に慣れた人には厳しいみたい。反面、体がほくほく
するので冬の鍋には最適な食べ物だと書いてあった

9

9. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 18:05
  • ID:858i0gSY0 #

2と5は同一だろ?ロシアっぽく見える。
※4
通販してるとこあるから探すといい。
熊はちょいと値が張るが猪はお手頃価格、
癖もなく肥え太らされた豚よりあっさりめで美味いぞ。

10

10. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 18:07
  • ID:Mpkj20xm0 #

※7
頭蓋骨って物凄く分厚くて堅いから、あんまり確実な方法じゃないんじゃないかな。
十分な威力の銃を使えばトドメはさせるだろうけど、損壊もひどくなるから心理的抵抗もありそう。
それに頭部自体も剥製やら何やらと商品価値が有るだろうし。

11

11. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 18:08
  • ID:VPbPSQlo0 #

まあそういう時代よね。

12

12. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 18:12
  • ID:89.TyTXF0 #

弓でシロクマ仕留めるのはすごい!

13

13. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 18:20
  • ID:0mqQbIAv0 #

※6
毎回この手のコメントは凄く笑える。

14

14. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 18:35
  • ID:Z33we1hG0 #

弓でクマを倒せるのか

15

15. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 18:44
  • ID:phc75Wac0 #

弓で熊と戦えとか勘弁

16

16. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 19:07
  • ID:pQjrcKBA0 #

戦闘海軍には詳しくないが、2も5もドイツ第三帝国のUボートで間違いないかと思う。
独破戦線のヴィトゲンシュタイン氏が、同じ画像揚げてた。

17

17. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 19:12
  • ID:m7p9d8bE0 #

北極圏じゃ弓に使える木材を手に入れるのは難しそうだし
エスキモーの弓は全部骨で作られているのかな
威力は高そうだけど弓を引くのは大変そうだ

18

18. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 19:20
  • ID:9xlwfc0H0 #

タイトルだけ見て鷹村が頭過ぎったのは内緒
一瞬ですよ一瞬

19

19. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 20:08
  • ID:zW3yTHRv0 #

見てると何とも言えない気分になる。
そういう時代だったんだろうけど。
しかし弓でホッキョクグマ仕留めるってすごいな。

20

20. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 20:16
  • ID:hqcFyVfK0 #

又鬼は猟に出ていない仲間の分まで獲物をきっちり分配する
殺すだけよりは良いと思う。

21

21. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 20:38
  • ID:cfrKDnC60 #

熊には近づきたくないw
カナダで見たことあるけど、銃持ってても勝てる気がしないw

22

22. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 20:39
  • ID:0.H2vYtb0 #

※6
銃を持ってようやく互角なんだけどな…

23

23. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 20:47
  • ID:q0u2A5dy0 #

※15
スポーツハンティング文化のある欧米じゃ割りと普通だぞ
まぁ弓といってもコンパウンドボウやクロスボウだけどな
他には槍なんかで狩ってる人もいたり

24

24. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 21:25
  • ID:qK8Pj7k00 #

ホッキョクグマの肝臓は食うなよ
絶対だぞ!

25

25. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 21:27
  • ID:0tTZo6d20 #

しょおーっく!
くましょっく!
がうがう!!

26

26. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 21:56
  • ID:kHXSdnyR0 #

獲物を食料にする狩人を否定はできない
ステイタスとして飾るだけのハンターは死ぬべき

27

27. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 22:12
  • ID:8t5GS15V0 #

シーシェパードがタイムマシンを開発するのも時間の問題やな

28

28. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 23:00
  • ID:Qni.JY1B0 #

首をお返しするゥ!

29

29. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 23:11
  • ID:pQjrcKBA0 #

確かにホッキョクグマの肝臓は、食べちゃダメだよ。
致死量のビタミンAが含まれてる。

30

30. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 23:45
  • ID:j9fZfZb90 #

天狼抜刀牙がないぞ

31

31. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 00:17
  • ID:YGAMqMW10 #

テディは結局子熊を殺してたんかい!
てっきり、小熊を助けたからテディベアの逸話になったのかと思ってたわ。

32

32. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 00:41
  • ID:DhpF3MpZ0 #

ヒンナヒンナ

33

33. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 00:55
  • ID:Xgzy9XkW0 #

俺だったら銃一丁くらいじゃ熊に負けるだろうな

34

34. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 02:25
  • ID:DbkRZBtd0 #

11の写真、子熊もいるのが悲しい

35

35. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 02:54
  • ID:Y.wBQrWE0 #

熊もイノシシも狼も例え銃持ってても逃げるわ

36

36. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 03:18
  • ID:NJeFOXBb0 #

シーシェパードが集まったところに熊を解き放ちたい
自然に還れるんだ、本望だろう?

37

37. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 07:30
  • ID:U8Y1qqR00 #

小熊ばっかり狩ってる場合はクソがって思うけど
でかい場合は命懸けだろうからな・・
ロシアだかどっかの動画であったけど
一発外したり効果ない所に当たった場合
下手すりゃ次の瞬間は目の前に居てやられる側になるからな

38

38. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 09:45
  • ID:yX4ho.dO0 #

※41
基本的にスポーツ・ハンティングは富裕層の娯楽だから、たとえ初弾で致命傷を与えられなくても、周りに付いてくる従者たちが致命傷にならない程度に蜂の巣にして、最後の一撃は主人が楽しめるようにするから、実際安全。
白人が当時としては最新のライフルでクマを撃ってドヤ顔しているのを見ると、鯖裂き包丁一振りでヒグマを仕留めたり、警察隊や陸軍さえ翻弄した「袈裟懸け」を独力で追い詰め、型落ちのロシア製ベルダンライフル タイプ競皀妊1870で討ち果たした山本兵吉が、いかに化け物じみていたかがよく分かる。

39

39. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 10:05
  • ID:NkQh1yKk0 #

クマは世界中にいた肉食獣だったんだよ
しかし見て判るように見栄のために
多くの地域で絶滅させられた
銃がその傾向を加速させ
西ヨーロッパに居た大型の熊類は
完全に絶滅

40

40. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 10:25
  • ID:ADaenK9P0 #

日本の獣害の三毛別の羆を載せて欲しかったな、山本平吉が仕留めた写真みた時はでけえと思った

41

41. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 11:40
  • ID:2eRpj0cU0 #

弓矢でシロクマ屠るとか、エスキモーやべーー!!

42

42. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 12:01
  • ID:bwIpbnn10 #

殺す必要
食べる必要
遊びの必要
訳ワカンね

43

43. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 12:55
  • ID:ND9IMKWW0 #

当時のショットガンやライフルなんて今の狩猟用弾丸と比べたら全然だろうから凄いな
30口径でも頭に数発要るって言われてるくらいなのに、弓で仕留めるとかw

44

44. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 12:57
  • ID:ao.UPn.K0 #

素手で熊と戦った鷹村さんはやっぱ凄いねぇ

45

45. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 13:23
  • ID:ZY1MARkp0 #

三毛別羆事件を思い出してガクブル...

46

46. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 14:29
  • ID:K14LLtH30 #

※42
前装銃で熊狩ったり3歳で撃退したデイヴィッド・クロケットの方が全然凄いねw
北米開拓史なんかは熊との戦いの歴史でもあるわけで、それこそ前装銃の時代から山本兵吉クラスのマタギなんてごろごろいたんだなぁこれが
てか山本兵吉の最後の一撃も、目標が手負いだった事を無視しちゃいかんよ

47

47. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 16:41
  • ID:IBD49Zbh0 #

殺すなとは言わんけど、殺した相手にケツ乗っけてドヤ顔は見てて気分のいいもんじゃないな

48

48. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 19:07
  • ID:kOr7bLC30 #

矢すげぇ!
銃でドヤ顔? 当たり前だよなぁ

49

49. 匿名処理班(※42)

  • 2015年07月25日 20:16
  • ID:yX4ho.dO0 #

※44
あの写真は詳細不明だったはず。
検証していた人の記事もあって、「コラ臭い」という結論だった。
(参考:「三毛別羆事件の羆とされている写真について」|第六の絶滅:ttp://foxnumber6.hatenablog.com/entry/2015/01/06/165044)
※50
山本平吉の技量が神格化されつつあるのは否定しないけど、引き合いにクロケットを出してきて、草生やされても……。
クロケット:アメリカの辺境開拓者,政治家。生前からクマ殺しに成功した男といわれたり,インディアンと戦った勇敢な戦士とされたりした伝説的な人物であったが,死後には勇壮な冒険談やほら話を通してアメリカ民話の神話的な人物となった。(引用:『ブリタニカ国際大百科事典』)
「勇壮な冒険談やほら話」。

50

50. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 22:17
  • ID:MBZQkVq.0 #

13 評価したい

51

51. 匿名処理班

  • 2015年07月26日 00:08
  • ID:79aL0MfG0 #

絶滅するまで殺しておいて笑顔ってなあ…。獲物に敬意を払わない形の猟、見世物のように吊り下げていたりするのを見ると、無性につらい。人間って一番品性がない。

52

52. 匿名処理班

  • 2015年07月26日 00:09
  • ID:xf5iCGqU0 #

18番はこの後丸焼きにされそう

53

53. 匿名処理班

  • 2015年07月26日 07:51
  • ID:gOLYqlDi0 #

※34
ルーズベルトは有権者へのアピールのために積極的にクマを含めて狩りを趣味にしたんだよな。(たくましい男)アピールで。
その結果米国製のクマのぬいぐるみの名前が”テディ・ベア”になったと。

54

54. 匿名処理班

  • 2015年07月26日 09:24
  • ID:N16jH0kt0 #

※25
でもクロスボウて外したりしたら次撃つのに時間かかるから怖いな
かといって弓も森の中だとショートボウくらいしか使えないだろうし
それでイノシシ程度なら兎も角7の写真の位巨大なヒグマとかになると今度は当たっても急所に当たらないときかなそう

55

55. 匿名処理班

  • 2015年07月26日 10:02
  • ID:Jd2F3W5g0 #

※52
必要もない殺生で憂さ晴らしをする行為で、
なぜドヤ顔が当たり前なのか

56

56. 匿名処理班

  • 2015年07月26日 20:34
  • ID:nVjmnb4X0 #

今は山間の村に出没した熊を猟友会が撃っても
ギャーギャーと抗議殺到するらしいからな

57

57. 匿名処理班

  • 2015年07月27日 12:37
  • ID:X50ERzBA0 #

マタギってすごいんだぞー
獲物の肉は仕留めた人が多くもらえるのではなく全員で平等に分ける。
チームワークが命なので不平等感が出ると最悪生死に関わるからだそうだ。
この平等分配は南米のヤノマミ族も同じことをしているとか。
山に入る時、獲物を仕留めた時は必ず山の神に祈りを捧げる。ただのハンターじゃないんだよ。

58

58. 匿名処理班

  • 2015年07月27日 16:58
  • ID:SGJfkMV40 #

どれもみんな小銃をもってるな。
兵器をつかってようやく互角ってことか。
銃が開発されるまで野生動物はかなりの脅威だったんだろうな。

59

59. 匿名処理班

  • 2015年07月28日 07:31
  • ID:pO9SN2OM0 #

弓矢であのシロクマを射殺してしまうエスキモーがすげえ
ボウガンですら無い手動の弓矢ですげえ

60

60. 匿名処理班

  • 2015年07月28日 09:46
  • ID:WQHnIlA70 #

サムネのクマの頭でかすぎワロタ
こりゃ人間なんて一撃ですわ
昔のアメリカでは、クマは牧場の家畜を襲う害獣とされたことがあったんじゃなかったっけ?
あっちにはグリズリーいるからね
小説「子鹿物語」で駆除されたスルーフット(人間がつけた名前)は
アメリカクロクマだったかな

61

61. 匿名処理班

  • 2015年08月14日 13:04
  • ID:l3kYfUlO0 #

熊に殺される人間より熊を殺すほうが多いだろ。
武器もって複数で不意打ちしかけるんだもん。

62

62. 匿名処理班

  • 2017年12月02日 13:20
  • ID:mr.7shMS0 #

いつか熊狩りで一頭でも多く熊を狩るんだ
人間と熊は生態系の問題で相容れないからね
熊はやっぱり人間の敵だよ

63

63.

  • 2019年01月16日 14:29
  • ID:6As2V0ou0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク