0_e7

 世界にはまだまだ心の優しい人がたくさんいる!それを証明してくれたのが、この兵士と犬のストーリだ。

 この兵士の名はヘンリー・アルバラドという。どこにでもいる若いアメリカ人男性で、米陸軍の特技兵である。米軍兵士となってから、ヘンリーは3回外地へ派遣されたが、毎回無事に任務を終え故郷に戻ることができた。

 大切な人たちが待つ故郷に帰るのは嬉しいはずのことだ。だがヘンリーの場合ちょっと事情が異なった。彼が派遣で故郷を離れる度、彼の大切な人が亡くなっていったからだ。1回目の派遣の時に祖母が亡くなり、2回目の派遣の時に祖父が亡くなった。そして3回目の派遣の時、義理の祖母が亡くなった。ヘンリーは故郷に戻るたびにいつも大切な人の死と向かい合わなければいけなかった。

 だが、そんなヘンリーの帰りをいつも待ちわび、無償の愛で包んでくれたものがいる。愛犬のデューキーである。デューキーがいたからここまで頑張ることができたのだ。

スポンサードリンク


Saving A Soldier's Dog - Please Share

 ヘンリーに4度目の出向命令が下された。今度の任務地はアラスカである。今回は愛犬デューキーも連れて行く事ができる。しかし、出向の4日前、自宅のロサンジェルスで出向準備をしていたヘンリーに悲劇が襲う。なんとデューキーが車にはねられ重傷を負ったというのだ。

 ヘンリーは、何十万円とかかる治療費を工面することができなかった。出向は目前に迫っている。怪我をしているデューキーは飛行機に乗ることなどできない。かといって、愛犬の治療のため自宅に残るなどという理由で軍の命令に背くこともできない。

 ヘンリーは身を削る思いで、今まで自分を支えてくれた愛犬を置いていくしかなかった。これまで大切な人を失った時に自分を励ましてくれたデューキー。今度の派遣では、そのデューキーを失うこととなるのか。。。

 だが世の中そう捨てたものではなかった。

 この事実を知った心優しい人たちは、また2人が一緒に暮らせるようにと手助けをしてくれた。動物保護施設「アニマル・プロテクトレーツ」は、ロサンジェルスにある動物保護団体「レスキュー・フローム・ザ・ハート」に助けを求めた。そして、デューキーを救うため募金を始めたところ、一晩で世界各国から何千人という人々が手術費用のために献金をしてくれた。

 デューキーは必要な手術を受けることができ、6週間のリハビリ後、無事に飛行機に乗りヘンリ=の待つアラスカに到着することができたのだ。

1

2

3

4

5

 ヘンリーは胸がいっぱいになった。この感謝の気持ちを一生忘れないという。デューキーの手術費用に貢献してくれた全ての人へ心からのありがとうを告げ、デューキーと共にアラスカの勤務地へと戻っていった。

動画翻訳:melondeau

▼あわせて読みたい
うれしいよお、うれしいよお。帰還した兵士と犬の感動の再会


戦死したシールズ隊員の葬儀にて、棺の前に横たわり最後まで離れようとしなかった軍犬


アフガニスタンで兵士を慕う野良犬たち、危険を冒しても行動を共にする


戦地に赴任中、ガールフレンドに最愛の犬を売りとばされてしまった米軍兵士、努力の甲斐かいあって愛犬が戻ってきた!


過酷な戦場で兵士たちの心の支えとなったのは、野良の子犬たちだった。アフガニスタン兵士と子犬たちのもう一つの物語




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年07月09日 15:04
  • ID:TAob4dME0 #

世の中捨てたもんじゃないね

2

2. 匿名処理班

  • 2015年07月09日 15:22
  • ID:R8herPBn0 #

俺はネコ飼いだが、こういうの見ると
イヌ飼いがうらやましくなっちまうぜよ。

3

3. 匿名処理班

  • 2015年07月09日 15:24
  • ID:kXADCEq70 #

良い話だけど4回も出向するくらい兵役に就いてるのに
数十万の治療費が払えないというのが理解できない

4

4. 匿名処理班

  • 2015年07月09日 17:19
  • ID:9wk8is5p0 #

動物と暮らすにはある程度の経済力も必要
あと親とか嫁とか身近な人は協力してくれなかったのかな?

5

5. 匿名処理班

  • 2015年07月09日 17:56
  • ID:zAL6QYIm0 #

彼が逝くはずだったのを肉親達が代わってくれてきた様な不幸続き。
でも、犬は元気になった。二人でアラスカから無事帰ってこれるといいね。

6

6. 匿名処理班

  • 2015年07月09日 18:42
  • ID:dq3toB7N0 #

※5
軍には貧困層が入るらしいから多少はね

7

7. 匿名処理班

  • 2015年07月09日 19:03
  • ID:369uLVB.0 #

動物を飼おうって人がもしもの時の備えをしてないって無責任だよなー。
失業中だとかいうなら仕方ないけど。

8

8. 匿名処理班

  • 2015年07月09日 19:51
  • ID:S4rPAp1U0 #

※5
金があったら戦争なんて行かんで普通に平和に暮らすやろJK

9

9. 匿名処理班

  • 2015年07月09日 20:07
  • ID:rZk39EsF0 #

※5
この記事の話だけじゃなんとも言えないと思うなあ。人にはいろんな事情があったりするし。祖父母が病院の医療費を肩代わりして大変だったとか、なんか借金あったとかさ。犬だって見捨てることができずに飼い始めたのかもしれない。決めつけはしたくないね。
なんにせよ飼い主と離れずに済んで良かった。回復してもハチ公みたいに待ち続けるなんてことになったら切なすぎる。

10

10. 匿名処理班

  • 2015年07月09日 23:06
  • ID:AYNEnwDb0 #

跳ねた車の持ち主から賠償してもらえばいいのでは?

11

11. 匿名処理班

  • 2015年07月09日 23:25
  • ID:TMazOfDD0 #

奨学金の償還として兵役とか、普通にあるからね

12

12. 匿名処理班

  • 2015年07月10日 01:42
  • ID:c6cvTd730 #

※5
アメリカは保険社会。
保険に加入していないと骨折の為に自分が経営するスーパーを売りに出さねばならないケースもあるそうです。
もう1つ、人間は悲しいと思うのは、これだけ犬を愛するのに、兵士にならねばならない点。人は生きるのに他者の命を頂かねば生きていけないのと同じ矛盾。
色々考えさせられます。
彼が犬と幸せに生きる事だけ出来る世界があれば、とは思う。

13

13. 匿名処理班

  • 2015年07月10日 09:31
  • ID:GRf91vA20 #

美談なように思えますが犬の手術に何十万(何百万?)かかるアメリカの医療制度が
おかしいのを、アメリカ人はわかってないのかね。

14

14. 匿名処理班

  • 2015年07月10日 11:34
  • ID:BgwUCV5x0 #

もう日常的なレベルで「車にはねられる」って事象が起こりうる状況ってどうにかならないものかね。

15

15. 匿名処理班

  • 2015年07月10日 13:20
  • ID:SBFokN5G0 #

助けてくれた保護団体はこのブログでも時々出てくるHope For Pawsのおっちゃんとたまに一緒にレスキューしてるアニー・ハートさんとその旦那さんが作った団体みたいだね。

16

16. 匿名処理班

  • 2015年07月10日 16:54
  • ID:f.LKiiok0 #

会った事も無い人間を助けるために金を出せる人間もいるというのに
一方では老人を騙して金をむしり取る人間もいるんだよなぁ・・・

17

17. 匿名処理班

  • 2015年07月25日 21:14
  • ID:fX9FoS.K0 #

今の時代、助けを求めれば助けてくれる人が大勢いる
問題はその助けを求めることができる強さを持ってるかどうかだな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク