0_e2

 自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害など、生まれつき脳の発達が通常と違っているために普通に社会生活を送ることに困難な人がいる。

 これらの発達障害は、100人に数人の割合で生じると言われているが、具体的なメカニズムについては未解明の部分が多く、その症状は人によってさまざまだ。

 たしかに発達障害をもった人は生きずらい。普通のことが普通にできないことに自己嫌悪に陥ったり、まわりからも誤解されやすい。だが時として、後世に名を残すような偉業を成し遂げている人も存在する。以下は海外サイトがまとめた、発達障害、もしくは発達障害の可能性がある10人の成功者たちである。古い時代なので当時は判断材料がなかったために、推測の域を出ない人も含まれている。
スポンサードリンク

1. ベートーヴェン
1_e2

この音楽の天才の場合は、あからさまな発達障害の傾向はほとんどないが、音楽づけの日常を離れて、人づきあいをするのは非常に苦手だったと言われている。


2. マイケル・フェルプス
2_e2

 史上最強スイマー。2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピックで、それぞれ8つのメダルを(北京は8個すべて金メダル)獲得した。子供の頃、注意欠陥過活動障害(ADHD)だった。


3. ティム・バートン
3_e3

 この有名な監督が自閉症だったという医療記録はないが、妻で女優のヘレナ・ボナム・カーターが、自閉症の特徴が現われていたことを告白している。


4. 田尻智
00

 世界的に有名なアニメシリーズ、ポケモンの生みの親。国内外のメディアでは、アスペルガー症候群と診断され、他人の言葉の裏にある感情的な意図を読むことができないと報道されているが、本人がそのように語った事実は見つかっていない


5. ニコラ・テスラ
5_e2

 偉大な発明家でエンジニアだが、多くの恐怖症を抱えていて、生涯独身だった。一見、とても親しげなようだが、なにかを答えたりしているときにすごく不機嫌になることがあった。強迫性障害だったと思われているが、彼のふるまいの多くは発達障害のせいかもしれないと言われている。


6. ルイス・キャロル
6_e1

 『不思議の国のアリス』、『鏡の国のアリス』、『ルイス・キャロルの論理ゲーム』の作者。幼少の頃より早熟な読書家で、てんかんに苦しんでいた。発達障害だったという記録はないが、彼の特性は発達障害を示していると言われている。


7. スタンリー・キューブリック
7_e2

 映画『時計じかけのオレンジ』や『2001年宇宙の旅』の監督。完璧主義者で、無愛想だった。


8. ビル・ゲイツ
8_e1

 マイクロソフトの共同創業者。高機能自閉症やアスペルガー症候群の兆候があり、集中すると絶えず体を揺り動かし続けたり、人と目を合わせるのを避け、怒りやすい傾向がある。


9. ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
9_e0

 音楽史上もっとも重要な作曲家のひとり。彼の音楽は研究され、一部、自閉症の音に敏感な人にも、モーツァルトの音楽は苦じゃないことがわかっている。その為、モーツァルト自身もこの病気に苦しんでいたと考えられている。


10. アルベルト・アインシュタイン
10

 相対性理論を唱え、史上もっとも聡明な人物。非常に知能が高いのは、一部の高機能自閉症の人たちに共通の特徴だという。

via:oddities123・原文翻訳:konohazuku

▼あわせて読みたい
自閉症の3歳少女の描く絵に世界が絶賛 (追記:5歳になった今)


自閉症の子どもが見る世界が体感できるインタラクティブゲーム「Auti-SIM」(プレイ動画あり)


自閉症と高い知能の間に遺伝的な関連性が認められる(英・豪研究)


のちのアインシュタインか!?世界が絶賛した、自閉症の11歳少年が記憶だけで描いた世界地図


アスペルガーやADHDなどの発達障害の大学生が増加中


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 20:31
  • ID:nEukbkG.0 #

この人たちを見ると凄く苦労しているのがよくわかる

2

2.

  • 2015年06月27日 20:37
  • ID:ITxr1FVH0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 20:41
  • ID:b7Xeu..L0 #

全員推測。

4

4.

  • 2015年06月27日 20:43
  • ID:YVJn206B0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 20:43
  • ID:WLrUJtDu0 #

偉業は残してるかもしれんが周囲の人の支えあってのものだろうと
職場の勉強は出来るけど発達障害っぽい人を見てると思う

6

6.

  • 2015年06月27日 20:47
  • ID:0.wPl6Rg0 #
7

7.

  • 2015年06月27日 20:48
  • ID:Luq5yhz40 #
8

8. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 20:52
  • ID:KQMM8lqk0 #

こういうリストたまに見るけど、診断が出てる人に限定してくれっていつも思う。

9

9. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 20:52
  • ID:3C9LNAtv0 #

自閉症かどうかは分からないが
全員変わった人物であることは間違いない
変人を除け者にしたりコミュ力の高い人ばかりを会社が選んだら面白いモノは出てこないのかもしれないと思った
めったにいないから天才なんだろうけど
ゲームの会社等は奇人変人の力が必要な気がする

10

10. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 20:53
  • ID:sJZOLtBW0 #

発達障害に知能検査を受けさせると、健常者とは異なり、各能力に大きなバラツキを見せるわけだから、発達障碍者が偉業を残しやすいという見解は当然な話だと思う
たとえば、IQ160ある健常者は、どの能力においてもIQ160相当の知能しかないわけだが、IQ160ある発達障害者は、特定の能力においては、IQ190、200相当の知能をもつわけだからな

11

11. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 20:57
  • ID:oIwP7m..0 #

名を残し偉業を遂げているけれど
その分野のほかは、自分の生命維持さえ捨てそうになってた人もいそう(モーツァルトとか)
周りで支えてる人たちあってこそ、なんだろうねえ

12

12.

  • 2015年06月27日 20:57
  • ID:HjtmDQtTO #
13

13. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 21:15
  • ID:vO5ND81.0 #

ゴッホくらい露骨に変人な場合を除いては昔だったら
「荒っぽい性格」とか「少し抜けた所がある」という
言い方をしてわざわざ病人扱いするようなことはなかった。
病名が出来たからといっていちいち全てを病人扱いしたら
まともな人の方が少なくなっちゃうかも。

14

14. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 21:19
  • ID:dID4LLse0 #

平凡の枠に収まらなかった人が人類史を変える行いをしてる。
平凡な人間を健常者と言い換えるなら、発達障害者は特化した人間ってことなんだろうね。
平均的な人間ではないから劣っているというのは間違い。

15

15. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 21:20
  • ID:1wntnWTa0 #

俺もがんばるど・・・

16

16. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 21:22
  • ID:Chip7tgu0 #

この中以外でも偉業を成し遂げたという人はみんな発達障害っぽいエピソードでいっぱいでしょ…

17

17. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 21:24
  • ID:4jOFyC2E0 #

社会性を削って他の能力を高めてるからな。脳の大きさは有限だししゃーない

※10
というかIQ計測事態が過去の産物でナンセンス。
脳の中身を見て分かるようになればどの分野が得意か、とか具体的にわかってくるだろうなー

※5
そういう人、上手い具合に環境が整えば世の中で天才と言われてたかもしれないがなぁ・・・
社会性削ることが多いからどうも成功しにくいよね

18

18. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 21:32
  • ID:GAZ2iDV.0 #

>自閉症スペクトラム障害をもつ人たちの間で見られる特殊な能力を切り捨てようとしていることがわかる。
すごい妄想w失業は単に仕事の上で使えないからでしょ。
人間一人で生きて行けるわけじゃないんだから、上司や同僚と協調できなければ生活できないのが当り前。
できないなら特殊な職種(芸術系とか)に就けるような努力をすべきでしょう。

19

19. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 21:36
  • ID:FsndRkAR0 #

適当すぎる記事
IT業界ならスティーブジョブズの方が
確実で非常に典型的なアスペルガーですわ

20

20.

  • 2015年06月27日 21:42
  • ID:gqyH3GNE0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 22:01
  • ID:.nJrzIYd0 #

パルモもがんばれ

22

22. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 22:03
  • ID:sJZOLtBW0 #

※17
知能検査は教育現場や医療現場においても価値のある検査として実施させているし、
素人のお前が自分の妄想だけで「IQ計測事態が過去の産物でナンセンス」と決め付ける行為は、かなり”ナンセンス”だぞ
また、知能検査は児童を対象にした検査だと勘違いしているものもいるが、成人用のものも当然存在している
発達障碍者にに知能検査を受けさせると、それぞれの疾患ごとに、特定のパターンの結果を示す

23

23. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 22:05
  • ID:D0bjO0JC0 #

確かトーマス=アルバ=エジソンもADHDだったと記憶してたが載ってないな

24

24. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 22:17
  • ID:jd.BEWgj0 #

支える労力に生み出す成果が釣り合えばいいんだけどね

25

25.

  • 2015年06月27日 22:23
  • ID:amDxbEVG0 #
26

26.

  • 2015年06月27日 22:24
  • ID:qK6DoOhi0 #
27

27. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 22:24
  • ID:xrQ1MRzt0 #

こういう人たちを見ると一般的に言われてる一部の障害ってのは単なる欠陥ではなく何らかの機能特化による結果なんじゃないかと思う
先天的であれ後天的であれ目の見えない人は他の感覚が研ぎ澄まされるって話は有名だし、平凡な人から見れば劣ってる部分であっても生物としては強みであってもおかしくない
障害ではないけど手塚治も極端にプライド高くて才能ある作家を露骨に敵視するって話を知ったときは人としては欠落してるように見えてだからこそ死ぬ瞬間まで最高位の漫画家だったんだろうと思わされたよ
なんにしても平凡じゃないことを恐れる俺にはこういう尖った人間にはなれないんだろうなぁと感慨深くなったりする

28

28. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 22:29
  • ID:.vvkEg8C0 #

※8 古い時代に発達障害の診断ができるわけなかろうが。病気は魔術で直してたりしてたわけだし。今の時代の人の推測にしかすぎんが、そういう見方もあるって話でいいじゃない?

29

29. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 22:37
  • ID:KxnRk0gE0 #

ニコラよりエジソンの方が重症だと思うけどランク外なのね

30

30. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 22:56
  • ID:RD6u0A6M0 #

発達障害の人は天才だという某漫画の言い回しを思い出してちょっと悲しくなった。
そういうふうに決めつけられるとこっちもやりづらいんだけどな。
結果が出せないと余計糾弾される。

31

31. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 22:58
  • ID:zMf.Oe9IO #

部屋散らかしっぱなし
話はじめるとうるさいが普段はぼんやり
子供の頃から大人になっても落ち着きがなく
言うことも日によって変わる
発想は斬新

リンカーンは分かりやすいADHDで好きだわ

32

32. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 22:58
  • ID:sKiL.T5e0 #

自閉症が確定してて有名なのはテンプル・グランディンとかか
映画がすごく面白かった

33

33. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 23:02
  • ID:9OZrjf8k0 #

所詮凡人の自分等は天才を理解出来ないから普通と違うという理由で病気にしたいだけやろ

34

34.

  • 2015年06月27日 23:20
  • ID:VB1dNAcY0 #
35

35.

  • 2015年06月27日 23:29
  • ID:iNUCOE5C0 #
36

36. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 23:34
  • ID:pbyJDSI50 #

キューブリックのぶった切り感

37

37. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 23:37
  • ID:NhWPtlKl0 #

アインシュタイン博士は、文字や物体が左右逆に見えてしまう症状も有ったみたいです。
ベートーベンは川魚が好きだったのですが、彼がよく魚を捕っていた川の上流にある工場(染め物と言われてますが詳細は不明)から流される廃水に含まれる鉛分がその魚に含まれていた様で、晩年は鉛中毒と思われる症状も有った様です。

38

38. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 23:43
  • ID:NhWPtlKl0 #

ニコラ・テスラが人と話す時に不機嫌な顔になったのは理由が有ります。彼は発明に繋がる物や事象全てを計算式にして記憶していたので、それを他人に説明する為に、判りやすい言葉に置換しながら説明しないとならないので、難しそうな顔になってしまうんだ、とインタビューに答えています。

39

39.

  • 2015年06月27日 23:48
  • ID:p8WUj.eQ0 #
40

40. 匿名処理班

  • 2015年06月27日 23:54
  • ID:jSaz3TY80 #

だからといって発達障害=みんな素晴らしい天才とは限らない
そういう目で見られることを苦痛に思う発達障害者もいる

41

41. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 00:01
  • ID:Lt.CvZOE0 #

なんでもかんでも疾患だとか分類づけすんのが流行りなのかな。
多かれ少なかれ皆何かしら癖はあると思うが。
あと後天的にそうなってしまった場合も多々あるんじゃない?

現代があまりにも複雑で細かい処世術、対人関係スキルを必要としているが故に
それに合わないものを「障害」呼ばわりしている面はあるなあ。
現代は変化と多様性に富みすぎているからね。

42

42.

  • 2015年06月28日 00:08
  • ID:Gh5yPWF30 #
43

43.

  • 2015年06月28日 00:12
  • ID:Gh5yPWF30 #
44

44. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 00:20
  • ID:UuTJ3qHJ0 #

現代社会の要求が高すぎて、それからしたら昔の人なんか半分以上はそうだろう。
昔なんかもっと色んな事が適当で真面目だった。単純だったんだよ。
今みたいに知らない人間と沢山交流するようになったのってつい最近の事だしな。
昔は見知らぬ人とは一切話せないような人たちが幾らでもいたらしいよ。

45

45. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 00:28
  • ID:aqQ74Uqc0 #

※13
変つーか、同じ立場だったら確実に病むだろうなぁ。
画家なのに一枚も絵売れなかったら。

46

46.

  • 2015年06月28日 00:35
  • ID:bBpmG9rV0 #
47

47. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 00:37
  • ID:Cn.Gs81n0 #

いや思うんですけど
アスペルガーやADHDだからこそ
偉業を成し得てたんじゃないでしょうか

48

48.

  • 2015年06月28日 00:53
  • ID:.1zLAS5J0 #
49

49. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 01:12
  • ID:qf1C1FcgO #

ベートーベンは肖像画見ただけで偏屈者ってわかるw
同時代の作曲家がみんな綺麗なクルクルパーマなのに、ベートーベンだけボッサボッサ

50

50. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 01:14
  • ID:xGMmp9U50 #

※30
理解してほしい
「赤い花が咲いてるよ」と言われても普通の人のようにただ「赤い花が咲いてるんだ」と脳に信号が入ってこないんだ。見た目はいたって普通、受け応えも普通。
この状態を理解してほしい。結構たいへんだ。
覚醒剤を弱めたような薬を飲むと幾つかのクッションを飛ばしてくれるのでとても楽になる。

51

51. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 01:14
  • ID:o7.Uf3usO #

全方向に、完璧な人間なんて居ない。

何か一つの才能が突出すれば、他の部分が疎かになるのは仕方無い。
それを○○障害と呼ぶのは、違うと思う。

天才とは、集中力をもって一つの事に耽溺し続ける能力のこと。
一つの事以外は、どうでもいいので、注意力散漫になる。

52

52. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 01:14
  • ID:.7xGfztU0 #

実家の2軒となりに住んでた同い年の女の子がかなり変わったやつだった。
今思えば重度の(それもかなりの)ADHAだったのだろうと思う。
クラスは違ったがまわりとまったくなじめず時折異次元名な行動で周りを困らせていたようだった。
中学校に上がるときにさすがに不安に思った母親が病院で検査に連れて行ったところ非常に高いIQであると判明。
ただそんな高いIQとは裏腹にそれを生かすこともなく今は二人の子を持つ専業主婦らしい。
ちゃんと子育てできてるんだろうか。
こういう人達にとってみたら普通生活ってのが逆にハードル高そうだ。

53

53. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 01:31
  • ID:mJCkvQ7I0 #

※32
あの映画最後のシーンで自然と涙が出たぜ・・
女優さんの演技が凄かったね。
名作なので未だ観ていない人は観てくださいよ

54

54. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 01:46
  • ID:ekEVNN8R0 #

まあでもほんの一部の人だからね。
ほんっとにごくごく一部。

55

55.

  • 2015年06月28日 02:08
  • ID:ktwXdo9W0 #
56

56. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 02:18
  • ID:PHQoKCIS0 #

坂本龍馬も海援隊を結成したりしたけど本人には発達障害の特徴が現れてたと周囲の人から言われていたらしいし野口英世も母親や家族の助けがあって医学的発見をできたように天才には発達障害と完全には縁を切れないのかな。

57

57. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 03:14
  • ID:o4sTv93X0 #

病気かどうかはさておき、天才や偉人と呼ばれる人たちには、変な人や風変わりな人が多い気がするね。

58

58.

  • 2015年06月28日 03:15
  • ID:rjHRxCMp0 #
59

59. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 03:22
  • ID:hwLYdPuS0 #

※18
あなたは定型発達症候群の特徴である「自分の経験する世界が唯一のものもしくは唯一正しいものであるとみなす傾向」「さして重要に思えないような他人の差異に対してしばしば非寛容である」が見受けられるようですね

60

60. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 04:44
  • ID:GGlDnK1J0 #

※16
うん、うん、エジソンやニュートンもね。

61

61.

  • 2015年06月28日 05:21
  • ID:ZVU6Kcfq0 #
62

62. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 06:12
  • ID:7gWKr.DV0 #

アスペを理解しない世間が悪いみたいな主張する人がいやだな
自分が他人に迷惑かけたり嫌な思いさせてないかを一番に考えてほしい

63

63. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 07:22
  • ID:Su7Sgq580 #

キューブリック「解せぬ」

64

64. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 07:26
  • ID:pDXSB4jc0 #

無能が天才に都合の良いレッテル貼って貶めてるだけかと。

※3
アインシュタインに関しては完全にレッテル貼りだわ。

65

65. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 07:47
  • ID:WgS7o8k60 #

※52
社会的な仕事をしていないのはもったいないが、
専業主婦で2人子育てをしているなら立派なもんだろ

子供2人をまともに育てていない、
家庭が崩壊しているといった情報を52が得ているならともかくサ

66

66. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 07:50
  • ID:WgS7o8k60 #

※28
じゃあ、ここ数十年くらいでやればいいじゃん
世界的に有名な人ではなくても、
ある程度の実績を残している人を。

それをやらないのはインパクトがないからだろうけど、
「全部推測」じゃあほとんど意味がない。むしろ重荷になったり変な誤解の元になったりするんじゃないか?

67

67. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 08:07
  • ID:Ap3mXuqV0 #

11.パルモ
ADHDだがカラパイアをつくる

68

68.

  • 2015年06月28日 08:51
  • ID:m.q3I6Xw0 #
69

69.

  • 2015年06月28日 09:23
  • ID:FzH6SFRP0 #
70

70. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 09:24
  • ID:GO2iimZ80 #

自分と考えが違う人をすぐにアスペとか差別発言する2ちゃんねるの住民と比べて、本当に発達障害を分かってる人がいて安心した。

71

71. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 09:48
  • ID:6hTw3jfE0 #

うーん、向き不向きが極端に出てる人という解釈になるんだろうな…
向いてる分野で仕事させれば無双状態になるんだろうけど

その特性を早く見いだせる手法があれば、
人間社会ってもうちょっと豊かで面白くなれるのかも

72

72. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 10:28
  • ID:EyN4G9jc0 #

統合失調症でもがんばった人を教えて

73

73. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 10:42
  • ID:S8TBW.GV0 #

こういう話題を見る度に思う。
だったらなぜそういう潜在能力を持った人たちを「活かせる」仕組みを持った会社なり組織なりを作らないのかと思う。
つまりはそんなものは絵空事だからだと思うんだけどねぇ。
個人的にビル・ゲイツは偉人だと思うけど、ゲイツが100人いる会社では働きたくないもの。

74

74. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 11:10
  • ID:Ok0BGTTI0 #

※8
難しいのは文化の影響も受けるってことなんです。
というのも、たとえば米国でウツの診断を受けても、日本では躁の診断を受けたりします。 それくらい心理系の診断はあてにならないとも言えますし、文化の差異によっても変わるということを知っておいてくださいマシ。 たとえば学習障害みたいなのは一見わかりやすいような気がしますが、実は表音文字だけダメで、表意文字はイケるというモノもあったりしますので、一概にこうだ!と言えないのも難しいです。 
ま、「そういう傾向がある/あった」とみていただくのがよろしいかと。

75

75. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 12:05
  • ID:Bvo9MCed0 #

スピルバーグもそうだよ。

76

76. ナパチャット

  • 2015年06月28日 12:15
  • ID:siRhha5P0 #

天才、偉人に障害者だった可能性があるだけで、障害者が天才になるわけじゃない

77

77. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 12:59
  • ID:cBPZ2tTxO #

広範性発達障害って今は呼ぶんだっけ?
自分も診断済み(結構前)当事者だが、天才を気取れるほどの能力はないや。優れてる部分で劣ってる部分カバーするので毎日精一杯。

こうした疑いのある天才話は医療現場でさえよく語られるけど、だからって障害イコール天才じゃない。
優れてる部分があってかつ、日々努力を重ねた人が天才と呼ばれるんであって、IQのデコボコ具合との直接の関係はないと思う。
疑いのある天才を語るより、そういう現実的な話こそ現場ではして欲しいなと感じてる。
勘違いしてしまうと悲劇だから。

78

78. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 13:23
  • ID:TGDFXVkN0 #

※13
ゴッホは人としてのバランスが欠けすぎているような気がするが・・

79

79. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 13:28
  • ID:TGDFXVkN0 #

※51
完全無欠、全知全能の人間なんていない・・・もしそんな人間が居たら会ってみたいな。

80

80.

  • 2015年06月28日 13:28
  • ID:ZVJX7KfB0 #
81

81. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 13:38
  • ID:wrBK42W40 #

本題とは関係ないけど、テスラはいつ見てもイケメンだな

82

82. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 15:36
  • ID:lki.7a640 #

うーん
存命のひとを科学的な根拠なく発達障害推測するのはいかがなものでしょう?

83

83.

  • 2015年06月28日 17:08
  • ID:S8TBW.GV0 #
84

84. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 18:59
  • ID:hwLYdPuS0 #

※73
海外だけどspecialisterneっていう会社がそうだよ
発達障害が一般的に知られてきたのがわりと最近だしこれからもっと増えるんじゃないかな

85

85. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 20:36
  • ID:U7NnX7VR0 #

※72
数学者のジョン・ナッシュ。
ノーベル賞を受賞している。
ラッセル・クロウ主演で映画にもなったよ。

86

86. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 20:46
  • ID:IYNRw4jL0 #

※30 それは漫画として注目されるために奇抜なフレーズを使ったんじゃないかと思う。真に受けないほうがいい。

87

87.

  • 2015年06月28日 21:42
  • ID:TGDFXVkN0 #
88

88. 匿名処理班

  • 2015年06月28日 21:47
  • ID:TGDFXVkN0 #

石川啄木もバランスがかなり欠けていたな・・・・・・
嫁の飯に文句を言ってちゃぶ台返しをしていた、火事になっているのを見て喜んで盆踊りをしていたと聞く

89

89. 匿名処理班

  • 2015年06月29日 00:04
  • ID:9FTzDzRv0 #

芸術的分野は人格・性格がそのまま反映されやすいし、異常であることが
むしろ利点だったりするからなあ。障害があるのに学術的分野やスポーツで
偉業を成し遂げたって話のほうがインパクトあるわ。

90

90. みかん星人

  • 2015年06月29日 00:06
  • ID:dXZYlpxx0 #

やはり狂気みたいなモノがないと頭角も出ないんじゃないな〜
ちなみにティム・バートンの映画で面白いと太鼓判を押せるのは、スリーピー・ホロウ(1999)だけ。

91

91.

  • 2015年06月29日 00:16
  • ID:x9c7PZQi0 #
92

92.

  • 2015年06月29日 00:35
  • ID:x.f.jQ..0 #
93

93. 匿名処理班

  • 2015年06月29日 00:38
  • ID:81l3pjnY0 #

※13
病人扱いされなかったとしても、昔はそれですんでたけど今はただの不良品としてはねられ職にあぶれるだけだからな…

病人扱いで本人の意思や努力ではどうにもならないのだ、とみなしてもらえることでどうにか救われる。

94

94.

  • 2015年06月29日 04:50
  • ID:g5Un5hZj0 #
95

95. 匿名処理班

  • 2015年06月29日 09:22
  • ID:oknNKN050 #

まさに馬鹿と天才は紙一重

96

96. 匿名処理班

  • 2015年06月29日 12:13
  • ID:xuiNp39x0 #

アスペルガーなどの障害は
その一方で類まれなる才能を持ちうるって認識が広まってるって思ってたから
ここでレッテル貼りって言ってるのに違和感を感じた
一般的にはまだまだそういう認識なんだろうか

97

97.

  • 2015年06月29日 12:31
  • ID:QliSoycb0 #
98

98. 匿名処理班

  • 2015年06月29日 17:31
  • ID:GqOzvUtD0 #

周囲に理解があり良好なサポートが可能な場から、ひょっとしたら斬新な才能が世に出るかもしれない。アスペルガーにはそんな可能性が感じられる。埋もれている才能がまだ沢山ありそう。

99

99.

  • 2015年06月29日 21:36
  • ID:oQjOotls0 #
100

100. 匿名処理班

  • 2015年06月29日 23:08
  • ID:3YuFH7Hf0 #

こういう記事の意義は「◯◯だから××」っていう色分けじゃなく、一般的にマイナス要素だと思われていることが見方を変えるとプラス要素になり得るてことなんじゃないだろうか

101

101.

  • 2015年06月29日 23:35
  • ID:JB.NTud30 #
102

102.

  • 2015年06月29日 23:37
  • ID:JB.NTud30 #
103

103. 匿名処理班

  • 2015年06月29日 23:59
  • ID:kZDzDCXQ0 #

常識説にとらわれていると非常識は言語道断で
絶対アリエナイ事だと思いがちだ。これが発達障害から来ているとしたら、そう簡単には片付けられまい。

104

104. 匿名処理班

  • 2015年06月30日 00:20
  • ID:ycQW8w9o0 #

病気とくくれど、単に変わった個性と考えれば良い。それぞれに合った矯正のしかたがあるから、それを実践すればよい。

でも、本当に就職大変そうだよね。うちの会社に来た発達障害と疑われる方も、突出した能力と知識はあって、会議の議題にも上がったけど、人事としては扱いにくそうだから、お祈りしたいって言ってたし。
 逆に、彼らが活躍できる場所っていうのが年々減って言ってるというのも困ったものかもね。

105

105. 匿名処理班

  • 2015年06月30日 00:40
  • ID:7SreasWC0 #

本来、人間は群生の生き物だから、多少ピーキーな人間が一定数混じっている方が群れ全体の生存の確率はあがるはず。むしろ全体が均質な集団の方が環境の変化には弱くて滅びやすい。

逆に発達障害などが問題になるのは、近代、現代だからこそな気もする。社会が緻密にシステム化されればされるほど、平均から離れた性格のインパクトは大きくなると思う。たとえば、家の周辺半径数キロに誰もいなければ、夜中に外で踊りながら絶叫しても何の問題もないが、都会のアパートに住んでいると鼻歌を歌っただけでもおかしな人として見られかねないみたいに。

106

106. 匿名処理班

  • 2015年06月30日 01:09
  • ID:ycQW8w9o0 #

マイケル・フェルプスなんて、ぐう有能なお母さんいたからこそあの成功がある

107

107. 匿名処理班

  • 2015年06月30日 01:39
  • ID:C0V6.urU0 #

選定者の主観が入り過ぎてる。判断の線引きが曖昧やね。

108

108. 匿名処理班

  • 2015年07月01日 10:31
  • ID:qK42woNf0 #

なんかどれもぼんやりとしてるが意図しての人選なのか
明確にこれらの障害を認定された者には成功者が少ないのか

109

109. 匿名処理班

  • 2015年07月01日 13:31
  • ID:gHUg2Thi0 #

我が子も4歳の時に高機能自閉症(今は自閉症スペクトラム)と診断され、子供の興味のあることを伸ばしてやれ的な事を言われたけど、いかんせん少しの事ですぐ怒るので振り回される周りが大変。

今は5歳だけど、つまずくばかりじゃなくて、転んでも前に進んだ偉人のようになって欲しいと思ってる。
それには親も強くなくては…と決断。

理解されても奇抜な行動や言動は治るものではないのでいかに周りに恵まれるか…でもあると思う。

110

110.

  • 2015年07月01日 14:30
  • ID:NLD8wn4U0 #
111

111. 匿名処理班

  • 2015年07月05日 00:06
  • ID:eaDSu2X10 #

他の人と関われなければ偉業なんて成し遂げられない。
それができる人は発達障害じゃないよ(´・ω・)

その症状に苦しんで努力して他人と関わろう、人の中にいよう、とする人も発達障害じゃないと思う。
本物のの発達障害は自分の障害に気づいてない。

112

112. 匿名処理班

  • 2015年07月05日 18:09
  • ID:tj.HUuAl0 #

※72
草間 彌生

113

113. 匿名処理班

  • 2015年07月10日 22:49
  • ID:APvdGuz2O #

スティーブンホーキングも発達障害だよな。

114

114. 匿名処理班

  • 2015年07月27日 19:02
  • ID:1zRy1rh.0 #

日本の政治家は発達障害を取り巻く問題は伝統的な子育てで全て解決できると思い込んでいる。けど、日本の発達障害者に必要なのは早期発見と適切な環境なんだよね。旧体制のものでは逆に症状が悪化して能力が仮にあっても発揮できずにコミュ障や二次障害でボロボロになっていく。アメリカだと早めに見つけて治療しつつそのこの適職を見つけて国家に貢献できるように社会も責任を果たすべく頑張ってる。だからあの国クソみたいな面があるのにチート能力者が多いんだよな・・・。

115

115.

  • 2015年07月28日 03:03
  • ID:e6Zndbh30 #
116

116.

  • 2015年07月29日 11:34
  • ID:AxWHAJlI0 #
117

117. 匿名処理班

  • 2015年08月16日 09:11
  • ID:CJva.pl.0 #

この記事に挙がっている人達の半数以上は発達障害とは全然限りませんね
人付き合いが苦手なのも急に不機嫌になったり怒りやすいのも人と目を合わせるのを避けるのも知能が高いのも
発達障害ではなかったり何の障害が無くてもそういう人は普通にいます
よく発達障害の特徴として挙がっている事も当てはまる人の多くは発達障害その他障害ではなく
多種多様な別の理由で当てはまっています
例えば単に性格的な事や個性や能力という場合もありますし
虐待を受けたりそこまで行かなくてもその人の保護者が子育てを十分にしなかった場合もあります
あるいは怪我や精神的な事以外の病気でという場合もあります
あと特徴に当てはまっていないのに当てはまっていると誤解する人も少なくないですね

118

118. 匿名処理班

  • 2015年08月16日 09:38
  • ID:CJva.pl.0 #

※114
伝統的な子育てが何を指すかでその子育てが良いか悪いかその他色々ありますが置いといて
子育てで云々という場合は発達障害は関係ありませんね
発達障害ではない人を発達障害だと誤解する人がある程度いますが
そういう政治家にも誤解している人がいるかもしれません
あと発達障害の特徴として挙がっている事の内
他者の感情の理解以外の多くは実際は問題はなく
人工的な制度と合わないだけという場合が多いですね
その意味でも他の意味でも今の日本の国公私立の学校いわゆる一条校に行く事を絶対視している制度や学習指導要領に教科科目の選択の自由が無さ過ぎるのが良くありませんね

119

119. 匿名処理班

  • 2015年08月16日 09:58
  • ID:CJva.pl.0 #

発達障害ではなくても発達障害でも今の日本の学校や制度に
合わない人馴染めない人は少なからずいますが
何でもアリではないのは前提として現状よりはもっと多様性を認めた方が良いというのもあります
ちなみに全ての国ではありませんがアメリカやイギリスやフランスやスペイン等
北米や西欧の多くの国では
ホームスクールやフリースクールが積極的に認められたり
日本で言う一条校に相当する学校でも選択の自由が大幅に認められていたり
多様な教育の場や進路があります

120

120.

  • 2015年08月17日 19:54
  • ID:aQwuy.9L0 #
121

121. 匿名処理班

  • 2015年08月23日 10:13
  • ID:5RUN.ja40 #

※74
74さん、すみません、揚げ足取りで無く純粋に興味があるんですが、
表音ダメ・表意OKの方は例えば「三力研究所(さんりきけんきゅうじょ)」
という文字列はちゃんと読めるのでしょうか?「三力」を表意文字と
捉えられず、「読めないな…」となったりするのでしょうか?

122

122.

  • 2015年08月25日 09:05
  • ID:qAypAZGg0 #
123

123. 匿名処理班

  • 2015年08月27日 19:53
  • ID:1qOmF.H90 #

推測じゃ駄目だというけど実際の診断も本人がどんな様子か観察するしかない
他には脳波を見るくらいしかできることは無いんじゃないか
それに当事者はお仲間をけっこう見分けられるものだぞ
俺が思うに水木しげるとJ.J.ルソーとH.P.ラヴクラフトは何かしら持ってそうな気がするんだよなあ

124

124. 匿名処理班

  • 2015年09月18日 15:10
  • ID:EVhxrvvt0 #

アインシュタインってその言葉や人生から見るに全くアスペルガーじゃないと思うんだけど。むしろ人の気持ちには敏感な人物だったと思うよ。
科学に打ち込みすぎて、時に社会性に乏しいように見えただけなんじゃなかろうか。
ジョブズは、思想的な問題を拗らせていたから人に厳しかっただけでアスペルガーという訳ではなかったんじゃないかな。彼もむしろ、人の感情にはものすごい敏感だったと思うよ。

125

125.

  • 2015年10月15日 16:09
  • ID:WjVt2ht.O #
126

126. 匿名処理班

  • 2015年10月19日 00:21
  • ID:IIU3TSst0 #

誤解する人もいるだろうし一応言っておきますと
発達障害でも色々なタイプの人がいますし人の気持ちや感情をよく分かる人
そして人の感情に敏感な人もいますね
あと発達障害ではないけど発達障害の要素として挙げられているのに当てはまる人も
同じく他人の気持ちをよく分かる敏感な人もいます
むしろ人一倍人の気持ちや感情が分かったり色々敏感だからこそ
色々な事を考慮したり思いを巡らせたり
何でもアリではありませんが色々な道もアリと分かったり支持した上での言動をする人もいますが
ある種の人はそういう発達障害ではない人を発達障害と誤解してしまいます

ジョブズが発達障害だったかは分かりませんが
発達障害ではない可能性も大きいですね
個人的には発達障害ではないと思いますが
勿論発達障害であってもなくても人の感情に敏感というのも確かにそうでしょうね

127

127.

  • 2015年10月19日 00:31
  • ID:IIU3TSst0 #
128

128.

  • 2015年10月30日 21:19
  • ID:hJRB5ENt0 #
129

129. 匿名処理班

  • 2015年10月31日 00:10
  • ID:ICmf31a.0 #

※115
だって元々発達障害っていうのがそういう曖昧な概念でしょ
発達障害だから人付き合いが苦手なんじゃなくて、人付き合いが苦手な人に発達障害ってレッテルを貼ってるのが現状なんだから
発達障害じゃないのに人付き合いが苦手な人なんて存在しないんだよ
少なくとも今の日本ではそうだよね、ちょっとでも人付き合いが苦手だったらすかさず発達障害認定されて社会から排除される
発達障害認定は元々そういう非科学的なレッテルだ
今生きている人間にそれをするのはよくて、昔の人にするのはいけないっていうのも変な話

130

130. 匿名処理班

  • 2016年05月22日 00:05
  • ID:9ZtFIEKG0 #

ジャンジャックルソーも、何かしらある気がする。

131

131. 匿名処理班

  • 2016年06月03日 11:29
  • ID:5Fiug6Yd0 #

まあでも、人間皆障害者みたいなもんだよな。怒りっぽい、拘る、僻みやすい、物覚えが悪い、他人のせいにする、自分のために他人が傷付いても平気etc.
健常って言われている人間にだって、これちょっと異常じゃない?みたいな性格の偏りが誰にだってあるもんだし。
自分は健常者ですって顔して発達障害を語る奴に限って、性質の凹凸が激しかったりする。お前発達障害の人とどこが違うんだよみたいな。

132

132. 匿名処理班

  • 2016年06月03日 11:35
  • ID:5Fiug6Yd0 #

※84
日本にもあるよ。kaienとか。最近は地方にもそういうのを謳った団体ができてる。
能力の凹凸は凸凹でもあるから、上手く一人一人の特性に合った仕事が見つかる時代になればいいなあ。

133

133. 匿名処理班

  • 2016年09月12日 10:00
  • ID:wLqH.KFf0 #

シザーハンズを観たアスペルガーの人は、まさに自分のことだと思うそうな
ヘレナ・ボナム・カーターも根拠なく言ったのではない
彼女は仕事で自閉症の子どもたちの母親を演じるにあたり、アスペルガーの人のことも熱心に調べた
すると、彼らの特長の多くがティム・バートンにも当てはまった
また、ティム自身も彼らの映像を見て、「これは僕が子供のころ感じていたことと同じだ」と述べたという

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク