0_e

 地球を周回する人工衛星がある日突如消えてしまったら、いったい何が起きるのだろうか?

 人工衛星が突然機能しなくなるという事態は、実はそれほど突飛なものではない。こうしたことが起こりうるシナリオが少なくとも3つは存在する。
スポンサードリンク

人工衛星が消滅する3つのシナリオ

1.戦争による人為的破壊

 まず、戦争によって意図的に破壊される可能性がある。近未来の世界大戦を描いたSF小説『ゴーストフリート(Ghost Fleet)』では、対衛星兵器によって大量の人工衛星が稼働不能となっている。また、科学的問題と公共政策を研究する米バージニア州のシンクタンク、ジョージ・C・マーシャル研究所によれば、地上からの物理的攻撃、通信妨害、高高度気象観測ロケット、高高度核兵器などによって人工衛星を破壊することもできる。

1_e2

2.大規模な太陽嵐

 大規模な太陽嵐によって、機能障害に陥る可能性もある。キャリントン・イベントと呼ばれる1859年の太陽嵐のようなものが起きれば、送電網に過負荷がかかるほか、軌道上の装置が軒並み焼かれてしまうなど、現代社会には大きな被害がもたらされることだろう。これは、特に地球磁場によって守られていない高高度を周回する人工衛星に当てはまる。

2_e1

3.ケスラーシンドローム

 最後にケスラーシンドロームが考えられる。これは2013年の映画『ゼロ・グラビティ』でも描かれている事象だ。同作品では、ロシアのミサイルが機能しなくなった人工衛星を打ち落としたことから危険な連鎖反応が起き、大量の宇宙ゴミの雲が発生している。この雲に巻き込まれれば、人工衛星だろうと宇宙ステーションだろうと、何もかもが破壊される。そして、宇宙への投棄が増加する今、その危険は日に日に高まっている。

 こうした懸念が現実のものである今、その帰結を考えておくことは大切だろう。



人工衛星消滅後に予測される5つの出来事

1. 通信の遮断

3_e1

 ほぼその瞬間に、通信、情報の共有、取引の実行が大幅に制約されたことに気がつくだろう。

 通信衛星がなくなれば、帯域幅もまた消失する。ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのジョナサン・マクドウェル氏によれば、通信衛星の壊滅によって、国際電話やデータ通信の一切がルートの変更を余儀なくされ、地上および海底ラインに多大な負荷がかかる。この過飽和状態によってシステムはキャパ上限まで稼働することになるため、多くの電話回線がパンクする。

4_e

 また、無数のインターネット接続も消失するか、超過密状態となる。携帯電話も同様だ。テレビ放送も衛星を経由して各企業のハブへ繋いでいるため、これもまた突然映らなくなる。テレビやラジオ、ネットなどを人工衛星に依存する僻地では、こうしたサービスは実質的に利用できなくなるだろう。

 この事態は、短期間ではあったが前例がある。1998年のその日、1機の人工衛星が故障し、世界中でポケットベルが使えなくなった。


2. 紙の地図が復活

5_e

 GPSもまた使えなくなる。その登場以来、爆発的に普及したGPSだが、驚くほど多くのシステムがこれに依存している。カーナビなしの運転など考えられないという人は多いだろう。

 飛行機では、最も燃料効率がよく、早いルートを検索するうえでGPSを利用する。GPSと通信衛星がなければ、パイロットは通信だけでなく、航路制御にも支障をきたすだろう。昔ながらのシステムと手順を踏まなければならなくなるのだ。今日の航空線の過密状況を鑑みれば、事故の発生は避けられないはずだ。

 また、物流の要である海路でもGPSは活躍している。サプライチェーン・マネジメントや交通結節点もGPSの賜物だ。

 だが、GPSは単に位置を知らせる以上の働きをしている。つまり、時間を教えてくれるのだ。地上の原子時計も同じ機能を果たすが、人工衛星経由で標準時間を知ることができるGPSが利用される機会はますます増えている。GPSが利用できなくなった数時間の後、精密な同期を必要とする分配ネットワークは”クロックの変動”に直面し、機能不全に陥る。こうした事態の影響は、送電網から金融セクターにまで及ぶだろう。


CLIP - A Day Without Space

 米商務省宇宙商務局(Office of Space Commerce)では、次のように報告している。

オフィスのインターネットが使えなくなれば仕事にならないと考えているのならば、それに加えて携帯電話、テレビ、ラジオ、ATM、クレジットカード、そしておそらくは電気も使えなくなると想定すべきだ。

無線サービス、特にCDMA準拠のものは、ある機器から別の機器へ通信を伝えることができなくなるため、不通となるだろう。また、データが限られた回線に、かつ低下したビットレートで集中するため、コンピューターネットワークの速度が低下するだろう。同様のことが、通信やエンターテイメントの主要ネットワークにおいても当てはまる。今日、それらのすべてがインターネット・プロトコルに準拠しており、デジタル情報が目的地に到達するには超精密なタイミングを必要とするからだ。

 効果的な同期ができなくなれば、取引時間の記録が必要な銀行業務においては特に致命的だ。膨大な資金が流出する可能性から、クレジットカードの支払いと銀行口座はおそらく凍結されるだろう。金融危機の発生は疑いない。


3. 軍事力の喪失

6_e

 突然の人工衛星の機能不全は、軍事にも影響する。

 ジョージ・C・マーシャル研究所はこれについて、諜報、航行、通信、天候予測、戦争にいたる米軍の全軍事領域における「決定的な実現要因」と述べている。すなわち、人工衛星はまさに米軍の要であるのだ。

 軍事専門家のピーター・W・シンガーによれば、天を制するものは地球での戦闘も制するとして、次のように語っている。

今日、1100機もの人工衛星が稼働しており、経済のみならず、軍事においてもその神経網として機能している。通信からGPSや諜報活動まで、あらゆるものがこれに依存している。潜在的な敵国はこれに気がついており、これが最近ロシアや中国が新世代対衛星兵器の試験を開始した一方、アメリカが宇宙軍事システム用に6兆円の予算を確保した理由でもある。

 宇宙へのアクセスが失われた場合に何が起きるのか? ある米軍高官が述べたように、戦闘は”前デジタル時代”へと逆戻りする。ドローンやミサイル、地上部隊さえも計画通りの作戦遂行ができなくなるだろう。21世紀のハイテク戦争に関してなされた想定は、すべて書き換えなければならない。ステルス性の高い新世代戦艦を有しているが、宇宙を失えば海戦は多くの点でゲームのようになる。つまり、両陣営とも敵を発見することすら苦労するようになるのだ。

 さらに兵器管理にも甚大な影響を与えるだろう。宇宙のシステムがあればこそ各国の遵守を確認することができるわけで、それがなければ確認する術はない。人工衛星は、世界および地域的な規模での視野をもたらしてくれる。これを失えば何が起きようと、それを知ることは難しくなる。


4. 天気予報や気候科学の停滞

7_e

人工衛星から得られる大きな恩恵の1つが天気予報だ。雨の予測はもちろんのこと、インド、パキスタン、バングラデシュのような一部の地域では、危険なモンスーンの予測でも大いに依存している。米海洋大気庁の試算では、気象衛星によって3700億円もの人的/物的被害が避けられているそうだ。

 また、科学への影響も無視できない。気候変動についての科学的知見の多くが、人工衛星からもたらされたものである。

 人工衛星が使えなくなって最初の1、2週間はそれほどの違いを感じないかもしれない。だが、10年の単位で見れば、オゾン層や二酸化炭素レベル、極氷の分布などの理解や観測は不可能になってしまうだろう。地上に設置したシステムやバルーンを使ったシステムでも役には立つが、データの多くは突然ムラだらけとなってしまう。

8_e

 地球での出来事を世界的な視点で知るにあたって、人工衛星への依存度は実に大きい。また、太陽嵐の到来など、宇宙の気象を観測できなくなることも指摘しておこう。


5. 復旧までの道のりは長く険しい

9_e

 人工衛星が壊滅すれば、官界と民間総出で復旧に当たるだろう。それまでの時間は被害の状況よって左右される。キャリントン・イベントの場合は、地上の電子システムもズタズタにしてしまうため、特に時間を要するだろう。

 米軍はこの事態をすでに想定しており、地球低軌道に小型人工衛星を駐留させるなど、緊急物資を輸送する方法について検討中だ。キューブサットという重さ数キロの小型人工衛星は、打ち上げが容易で、コストも安いため、効果的な解決方法としてますます重宝がられている。米救急対応宇宙局(Operationally Responsive Space Office)は緊急補充や、戦闘機があらゆる領域の作戦を遂行するうえで必要となる能力の確保について検討している。

 そして、完全な復旧には、静止衛星を軌道に戻すという難関が待っている。新たに人工衛星を建造するには数年を要すだろうし、さらに通常巨大で高価なロケットでそれを宇宙まで打ち上げなければならない。

 ケスラーシンドロームによって人工衛星が一掃された場合は、まったく異なる復旧シナリオが用意される。地球低軌道を漂う宇宙ゴミがなくなるには最低でも11年かかると考えらる。高度500km以下の物体は、やがては地球へ落下するからだ。したがって、十数年の歳月を経て、ようやく復旧作業を本格的に開始できるようになるということだ。

 残念なことに、600km以上を漂う物体は事実上永遠にそこに残ることになり、これに対して打つ手はない。清掃衛星などの技術によって、宇宙ゴミを取り除くことができない限りは、この領域は永遠に失われるだろう。

 だが、ケスラーシンドロームが、地球低軌道と地球静止軌道の両方を襲うことは現実的にはあり得ないことにも留意しておこう。低軌道の物体は静止軌道に達することができないし、その逆もまた同様である。ただし、静止トランスファ軌道の使用済みロケットが両高度付近を通過し、いずれかに影響を与える可能性はある。軌道摂動のため、静止トランスファ軌道の使用済みロケットが、地球静止軌道付近を長く漂うことはない。そのため、地球静止軌道のケスラーシンドロームがそれらの一方によって引き起こされる可能性は非常に低い。

 蛇足であるが、宇宙が永遠に利用できなくなる可能性を考えると、ケスラーシンドロームについてもう少し真剣に考えるべきではないだろうか。

via:io9・原文翻訳:hiroching

 我々人類は人工衛星に依存しすぎてしまったようだ。もし消滅した場合の代償は計り知れないものがある。もしも宇宙人が攻めてきて、手始めに人工衛星を片っ端から壊されたらと思うと、宇宙戦争のやり方も変えなくてはならないようだ。

▼あわせて読みたい
地球の上空を回っている人工衛星をリアルタイムで表示してくれる「Google Earth」を早回しで見ると・・・


人に当たる確率3200分の1、人工衛星の破片が1ヶ月以内に大気圏に突入の恐れ(NASA)


制御不能の人工衛星「UARS」、人知れず太平洋に落下したはずなのだがこんな映像が・・・


宇宙で投網大作戦!!日本の漁網メーカーが宇宙ゴミ除去システムを開発中


宇宙って怖い。これまでで最も危険だった10のスペースワーク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 21:03
  • ID:Xg22DlOD0 #

漫画「ヨルムンガンド」でも衛星ネットワークシステムを破壊するだけで、幾つかの戦争は無くなる、って話が有りましたね。
衛星の働きは現在の生活には欠かせない物となっていますが、実はその恩恵と同等の危険もはらんでいる、という事を改めて感じました。

2

2. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 21:07
  • ID:JVaY.BZa0 #

天気は空の流れや月の陰りでも充分読めるのでいいけど
ネットや軍事喪失は先進国ほど致命的な事故になるし
特にアマゾンやネット通販系は商売お手上げだろうな

3

3. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 21:27
  • ID:1DS0YUvC0 #

たとえ人工衛星が無くなっても、俺が世界を照らしてやるよ

4

4. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 21:37
  • ID:DOpJ.Kmm0 #

慣性航法システムさえ正常に働いてれば衛星無くても紙の地図は要らないんだが

5

5.

  • 2015年06月09日 21:44
  • ID:1AW45AgB0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 21:49
  • ID:cDLS1Gq.0 #

カウボーイビバップの世界では
これのせいで地球に人が住めなくなってた

7

7. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 21:52
  • ID:iYtQt5Rk0 #

というか、GPSって街のインフラにはほぼノータッチなんじゃないの?
スペースデブリに関しては、前々からあぶないって言われてたけどw

8

8. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 22:02
  • ID:AnxGIXOT0 #

自給率の低い日本は非常にヤバい。真剣に考えなきゃまずいっしょ。

9

9. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 22:09
  • ID:R0MEkGeA0 #

※3
また髪の話してる…

ともあれ、ネット使えなくなるのは嫌だし、軍事的な混乱に乗じて紛争勃発とかありそうだけど、そういうのを除けば、日常生活では大して苦労しなさそうだな〜とかおもっちゃったぉ(´,,・ω・,,`)

10

10. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 22:26
  • ID:Ynl5StEn0 #

気象庁が富士山レーダーを廃止したのは気象衛星で代替できるようになったから、だから、
衛星が無くなったら復活させる必要が出てくるってことだわなー
あとKDDIが東大に「山口にある巨大パラボラアンテナあげるから、電波望遠鏡にでも使って!」と32mある通信衛星用アンテナを譲渡したのは、光海底ケーブル網が充実して衛星通信の需要が減ったからでもあるよね

11

11. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 22:42
  • ID:f9Azq2Ul0 #

※3
衛星無くなっても別に朝は来るし太陽も出てるんですがそれは・・・

12

12. ナパチャット

  • 2015年06月09日 22:46
  • ID:Fr9JEc6V0 #

逆に恒星間移動が出来たとして惑星に到達したとして宇宙デブリにぶつかってって可能性もあるよね
他の惑星の状況までわからねえもんな

13

13. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 23:08
  • ID:uFHtDnuK0 #

なあに、衛星なんてなかった時代でも人間は生活していた
その頃に戻るだけだ、日々を生きるだけなら困る事はない

○○がないと〜○○ができないから〜「不便」とか大きな甘え

14

14. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 23:15
  • ID:6Q8vAtIt0 #

清掃人工衛星って可能なの?

15

15. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 23:37
  • ID:ilWlcsb70 #

>6 カウボーイビバップの世界では
これのせいで地球に人が住めなくなってた

確かに、衛星軌道上のゴミは酸化もしないしバクテリアもいないから半永久的に留まり続けるんですよね。しかも壊れるたびに新しいのを打ち上げる。時速何万キロで飛ぶゴミ。回収もむずかしい。

16

16. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 00:08
  • ID:sPFbWtnk0 #

とりあえず天測航法は勉強しておいたほうが良いのかな

17

17. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 00:26
  • ID:ExsxnxGe0 #

※14
宇宙ゴミをレーザーで撃ち落とす研究は進められてる。
破壊するのではなく、うまいこと軌道をずらす方向で。

18

18. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 00:43
  • ID:8MJVeNSj0 #

国家企業は大変だろうけど個人レベルではあんまり問題感じないかなあ
気圧計と方位磁石の付いた腕時計と紙の地図また買って、90年代の生活に戻れば天気も移動も何とかなりそう
固定電話もまだ使ってるしね

19

19. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 01:08
  • ID:Xssmpg1Y0 #

ケスラーシンドロームといえばプラネテス

20

20. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 01:16
  • ID:rs.e9J2q0 #

みんなプラネテス見ようね!

21

21. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 01:20
  • ID:s4yZI3VE0 #

>もしも宇宙人が攻めてきて、手始めに人工衛星を片っ端から壊されたらと思うと
地球に来れるくらいの科学力なら地球に惑星破壊プロトンミサイル打ち込まれて
終わりですわ

22

22. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 02:19
  • ID:qvECmRul0 #

※10
富士山レーダーの、ちょっと笑える話を思い出しました。
建造がやっと完了し、後は使用する電波帯域の使用申請が米軍並びに管轄省庁に受理されるのを待つ段階の時に、「誤って」電源を入れてしまったもんだから、米軍が「何だこの高出力電波は!?」って大騒ぎになり、後々コテンパンに叱られたとか(笑)

23

23. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 02:22
  • ID:qvECmRul0 #

羅針盤と六分儀とスーパーマップルを車に積んでおこうかな?

24

24. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 02:46
  • ID:v5DFoDZV0 #

PHS使ってる人が勝ち組ってこと?

25

25. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 03:24
  • ID:l3hRF1oS0 #

アニメのアルドノアゼロでも敵軍が最初に衛星やらを破壊して通信を遮断してたな

26

26. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 05:36
  • ID:1usDOEHa0 #

物流関係が深刻な事態になるんだけど、それでも日常には大した変化はないと思う?

27

27. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 06:13
  • ID:W7AIBsK10 #

田舎者にはそれ程恩恵が無い
※15 人工衛星は寿命があって20〜40年辺りで重力に引っ張られて地上に落下する

28

28. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 06:51
  • ID:oi4QG0LW0 #

電気が使えなくなるのが一番デカイな
復旧も月単位でかかるだろうし
あと、タンカーもこれないだろうから全ての産業が壊滅するかも

29

29. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 07:20
  • ID:f.Lf1Jsy0 #

>>21
我々の目的は貴様らの奴隷化及び資源の略奪にある。
なんて返答が来そうなんですが…

30

30. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 08:24
  • ID:aQVu3TqB0 #

※13
通信だけではなく、他の様々な面で人工衛星がからんでる。
例えば、『衛星から日々得られる海に関するデータ』だけとってみても
海水温や潮流、天候のデータが得られないだけで漁業と海運物流が大ダメージを受ける。
他の人がコメントしてるように、自給率が低い日本には致命的。

31

31. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 08:33
  • ID:kmghCYue0 #

※17
塊魂みたいにして地上に降ろすのは出来ないのか

32

32. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 08:34
  • ID:farZaVRN0 #

全然大した害がないな

33

33. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 09:54
  • ID:epCWMGLT0 #

※21
実のところ、アジア限定的な被害だけど
高高度核爆発なら北朝鮮でもやれる
日本はヤバイのよ…

34

34. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 09:54
  • ID:JfgjqGYf0 #

こんなような映画(洋画)があった気がするが、なんだっけ?
最後に主人公がスイッチ押して、すべての機能が停止。っていう、映画。

35

35. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 12:18
  • ID:3xm9Q.lV0 #

人工衛星に限らず発明されたものの利便性が高ければ高いほど
時間とともにその発明への依存性も致命的なまで高くなり
それが失われたときの損害はもはや災害レベルに到達すると

人類文明崩壊の原因は自然災害とは限らないね

36

36. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 13:00
  • ID:CZQNDqUt0 #

※13
それを言い出すと、農耕技術がなかった時代から人間は生きているから、農耕技術がなければ生きていけないなんてのは甘えってことになる。だが、農耕なしに現在の人口を支えることはできない。99%以上の人は、食糧不足で死ぬだろう。
それと同じで、存在を前提として成立している技術が失われるというのは、社会の崩壊を意味する。

37

37. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 13:17
  • ID:lvkrIXSS0 #

※33
『エスケープ・フロム・L.A.』かな?『ニューヨーク1997』の続編映画

38

38. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 15:39
  • ID:5n4XCTP.0 #

※4
GPSでの補正が有ってのシステムだから無理でしょうね。出発点の位置すら正確ではないし、長距離になればなるほど誤差が出るから・・

六分儀が復活するのかな?

39

39. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 16:19
  • ID:6r1xHdbK0 #

※19
作品中に宇宙ステーションを破壊しようとしたテロリストがいましたよね。。。

40

40. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 16:22
  • ID:6r1xHdbK0 #

※20
漫画の中でケスラーシンドロームを警告してた学者さんの奥さんが
「デスラーシンドロームってそんなに危ないの?」って言ってたの思い出したw

41

41. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 16:25
  • ID:vsU65.4.0 #

ジパングでも衛星が使えなくなったみらいの目は天測とジャイロコンパス、目視とSPY−1Dしかなくなったな

42

42. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 21:32
  • ID:WaQgYcaM0 #

物流が大変なことになるね
特に海運

昔に戻ればって言うけど古い技術は使える人材がいなくなればロストテクノロジーになるよ
商用車でもオートマが当たり前になったからマニュアル車動かせる人が足りなくなっていってるように
GPSなしで航空機や船舶を動かせる人材は今や希少だから当然流通が停滞してあちこちで物不足から人道危機に発展するのは確実だわ

43

43. 匿名処理班

  • 2015年06月10日 22:31
  • ID:HUqssai.0 #

今や地震も火山もGPSで監視してるもんね
あと意外と知られていないけどGPS衛星からの送受信時の電波の屈折や遅延時間から計算できる大気成分の濃度や分布が天気予報の基礎データとして使われてる

44

44. 匿名処理班

  • 2015年06月11日 02:56
  • ID:LuvVo.Hp0 #

ロシアが作っている人工衛星のコスモスシリーズの中には、散弾が積んだ軍事衛星を迎撃する撃ち捨て型のキラー衛星が存在した。実際に冷戦期にアメリカの軍事衛星を破壊しているよ。詳しくはASAT参照。高榎 堯の著書に詳しい。

45

45. 匿名処理班

  • 2015年06月11日 09:44
  • ID:RpSF7ZKV0 #

そういえばNASAがまだアポロ計画を実施していた頃、地球を取り巻くヴァンアレン帯が月ロケットの航路上にあり、宇宙飛行士や船に深刻な放射線被害を及ぼす可能性がある、としてそれを核連鎖反応により対消滅させようって理由で無人ロケットに核爆弾を搭載し、ヴァンアレン帯で核爆弾を使用したら、余計に深刻になったって話を思い出しました。結局は太陽フレアや黒点が減少する周期に入るまで出発を遅らせ、アポロ計画は実行されましたが、もし核搭載ロケットに途中で何らかの不具合が生じ、制御不能になり旧ソビエト領土内に落下、爆発していたら宇宙開発競争どころか第三次世界大戦になっていたかも。

46

46. 匿名処理班

  • 2015年06月11日 11:53
  • ID:ZBhp4YYh0 #

※3
はい育毛剤

47

47. 匿名処理班

  • 2015年06月15日 17:07
  • ID:.9aaDz7u0 #

※34
ハリーポッターだな

48

48. 匿名処理班

  • 2015年06月16日 18:41
  • ID:0glNuFwI0 #

ケスラーシンドロームの問題はアーマードコアフォーアンサーでも出てきたな

49

49. 匿名処理班

  • 2015年06月20日 23:28
  • ID:mp8LAi0Q0 #

こういう時の為の成層圏プラットフォームだろ
成層圏高高度を飛行する飛行船として稼働するのでケスラーシンドロームとは無縁
しかも空中の一点に留まり続ける事も可能なので人工衛星より融通が利く
カメラやレーダーも搭載すれば気象衛星や地球観測衛星代わりとしても使える
動力は上部に張り付けた太陽電池によって半永久的に賄えるしな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク