0_e

 時代は12世紀頃、イングランド、サフォーク州ウールピットの村に、どこからともなく男女の子供が現われた。しかし、彼らは普通の孤児とは違っていた。ふたりはまったく未知の言語を話し、奇妙な服を着ていて、生の豆しか口にしない。そして緑色の肌をしていた。

スポンサードリンク

 このグリーンチルドレンは、危険なオオカミをおびき寄せて捕える罠の穴から現れた。収穫をしていた人がふたりを見つけて村へ連れ帰り、サー・リチャード・ド・カルンが住む場所を提供した。いつしか、緑色だった肌の色も薄れ、食べ物もいろいろ食べられるようになったが、男の子のほうはだんだん塞ぎ込むようになり、具合が悪くなって死んでしまった。

 女の子は英語を覚え、自分は兄と一緒に地下世界にある聖マーティンという国からやってきたと説明した。そこはなにもかもがグリーンで、常にぼんやりとたそがれているのだという。

2_e6

 この話にはいくつかバージョンがある。

 まずは、兄妹が父親の家畜の番をしていたとき大きな音が聞こえ、気がつくとオオカミの穴の底にいたというもの。もうひとつは、兄妹が群れを追って洞窟に入り込み道に迷ってしまった。鐘の音のするほうをたどって洞窟から出ると、そこは聖マーティンではなく、ウールピットだったというもの。

 歴史家たちは、このウールピットの物語について、年代記作者で聖職者のコゲシャルのラルフが書いたものと、ニューバーグのウィリアムの記録を照らし合わせている。どちらもグリーンチルドレンの事件が起こったときに直接現場にいたわけではなく、また聞きで聞いているので、細かい個所は違うが大筋は同じだ。ラルフはコゲシャルの6代目修道院長だったので、近所に住んでいたし、サー・リチャード・ド・カルン本人から繰り返し話を聞いていた。

 彼は1189年頃、Chronicon Anglicanumの中でこの話を書いた。僧侶で歴史家であるニューバーグのウィリアムもやはり、『英国事件史』(Historia rerum Anglicarum)の中でこの子供たちの話を書いたが、やがて実質的に削除されてしまった。ウィリアムのバージョンは1220年頃に出版され、多くの信頼できる情報源から出典されているという。

5_e2

 この出来事は単なる伝説なのか、それとも実際に起こったことをつなぎ合わせてできた話なのだろうか?この話が実際に起こった出来事をベースにしているのなら、緑色の肌について可能性のある説がいくつかある。

 まず、子供たちは砒素中毒だったのではないかという説。そこから、ふたりの世話をしていたノーフォーク州のある伯爵が、サフォークとの州境近くの森の中にふたりを置き去りにして殺してしまおうとしたのだという話が発展した。もうひとつは、ふたりは鉄分の欠乏が原因で顔色が緑色になる萎黄(いおう)病ではないかという説もある。

 そのほかにも、兄妹は1173年のフォーンハムの戦いで殺されたフランドル移民の子供だという説もある。フォーンハム・セント・マーティンは、ウールピットと川を隔てた近くの村で、たびたび大きな音で鐘を鳴らしていたベリー・セント・エドムンズの村から数マイルの場所にある。孤児になった子供たちが飢えに苦しみ、ふらふらと彷徨っているうちに、鐘の音に導かれるようにして、フォートハム・セント・マーティンからウールピットに迷い込んでしまった可能性はあった。
3_e5

 子供たちがどこからやって来たとしても、最終的には女の子はイングランド社会に溶け込んだ。彼女は洗礼を受け、ヘンリー2世の特使と思われるキングスリンの男性と結婚したと言われている。しかし、彼女はルーズで身持ちが悪い女になったという、まったく正反対の話もある。彼女はアグネス・バリーという名前をつけてもらったというが、グリーンチルドレン話の内容と同様、はっきりした根拠はない。

via:mentalfloss・原文翻訳:konohazuku


▼あわせて読みたい
日本は2か所がランクイン。世界10の都市伝説がつきまとう恐怖の場所


アメリカの都市伝説「目が真っ黒な子どもたち(ブラック・アイ・キッズ)」)


海外に伝播していった日本10の都市伝説


世間を騒がせたUMA・都市伝説に関する7つのデマ



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 21:05
  • ID:cB2.OQ9q0 #

ピッコロかな?

2

2. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 21:13
  • ID:sUTN006n0 #

タマネギ333号が逃がしたのか?

3

3. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 21:34
  • ID:UuqAtOTg0 #

ナメック星人だったんだろ

4

4. 空缶

  • 2015年04月21日 21:36
  • ID:iHyGFNcy0 #

「おむすびころりん」が怖くて仕方ない空缶には
夜には読みたくなかった話ではあるw
ハーメルンの笛吹男とかこの話とかゾクゾクする。
歴史の薄明の中にちらっと現れ消えていった謎の存在。

5

5. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 21:49
  • ID:cb79WUGz0 #

パタリロにそんなお話があったね
植物から進化した人間だったっけ

6

6. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 21:53
  • ID:53wh5Y1K0 #

「いおう病」ってのがどのくらい見た目緑になるんかと検索してみたが、イチゴやらキャベツやらしか出てこんかった。

7

7. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 21:53
  • ID:dF0polY.0 #

イインダヨ!

8

8. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 21:58
  • ID:AiHVL9Yp0 #

こういう話は大好き

9

9. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 22:03
  • ID:TaQMKjnL0 #

緑色の人間て、マーベルコミックの影響じゃない?

10

10. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 22:34
  • ID:tR6LAmun0 #

全身が青くなった人もいるし、緑がいてもおかしくないね

11

11. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 22:39
  • ID:JLY611mv0 #

物語の思想的背景として、聖マルティヌスの日には収穫祭があること(農夫も収穫しているときに子供たちを見つけた)、植物的表象としての緑の肌、生の豆しか食べないことやオオカミ罠から見つかったことと聖マルティヌスが家畜の守護聖人であることの関係性を併せて考えるべきだと思う。

12

12. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 22:48
  • ID:6MX.OSXb0 #

※1・※3
付近に宇宙船があったに違いない。

13

13. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 23:16
  • ID:7DyzvEW10 #

森の民はいるね、
歴史には描かれないね、
ちょっと怖いね、

14

14. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 02:19
  • ID:fuQqeh4w0 #

※6
「砒素中毒 萎黄病 人間」で検索しても出なかったよ

15

15. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 02:21
  • ID:4KNMuEu10 #

ガトランティス人。

16

16. 宇宙の人

  • 2015年04月22日 02:30
  • ID:ognxtJc10 #

生の豆→仙豆
緑の体→ナメック星人
ってことは…

17

17. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 05:22
  • ID:MG7oh92n0 #

その後の職業はみどりのおばさんかな?

18

18. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 06:13
  • ID:NVRyclCM0 #

白色彗星帝国

19

19. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 06:43
  • ID:SAsb9Rkt0 #

セント・マーティンって国?が、実際には近所の村だったとすれば、やはり現実世界の孤児なのかな。豆しか食べないとか、言葉が話せないのは謎の少年、カスパー・ハウザーみたいに虐待されて隔離されてたのかもしれない。

20

20. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 09:19
  • ID:VQOpu8Cd0 #

何となく日本の山男とかを連想したけど多分違うよな

21

21. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 10:43
  • ID:vLX2I1Di0 #

※14
自分も画像は見つからなかったけど、
検索するなら「萎黄病 鉄」か「砒素中毒 皮膚」だろう

22

22. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 13:52
  • ID:.WzpGoOw0 #

*11 の素晴らしい見解で、私の中で解決した。

23

23. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 14:35
  • ID:3c2GUNJP0 #

間違いない、カタッツの子だ・・・

24

24. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 15:25
  • ID:fzaqSMXw0 #

真っ先にパタリロ思い出したのが自分だけじゃなくてすごい嬉しい

25

25. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 15:28
  • ID:fuQqeh4w0 #

色々検索しても中毒で緑の皮膚になってる画像って出ないもんだなー

26

26. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 16:10
  • ID:aoBUkZNn0 #

パッと思いついたのがグリーンジャイアントとハルクだった。流石に子供じゃねえな

27

27. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 16:19
  • ID:3FnJ.m740 #

五色人の青人だってゆってた

28

28. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 16:50
  • ID:IYT8Wjse0 #

グリーン姉さ…いやなんでもない、忘れてくれ
俺は何も言っていない、君は何も聞いていない
いいね?
だって緑色って言ったらさあ…

29

29. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 19:51
  • ID:XBvlSWG.0 #

リトルグレイの元ネタなんじゃないかと。
こちらは灰色だが。

30

30. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 20:28
  • ID:JFJ1rkE30 #

ウド鈴木の歌でグリーンマンってあったよね

31

31. 匿名処理班

  • 2015年04月22日 21:46
  • ID:rbQw7AgU0 #

諸星大二郎の短編にあった気がする
湖の双子だったか

32

32. 匿名処理班

  • 2015年04月23日 02:19
  • ID:fsmPdgUT0 #

このサイトのこの手の記事でひさしぶりにぞっとした

33

33. 匿名処理班

  • 2015年04月23日 13:30
  • ID:eeOhS.DZ0 #

単純に昔話としてみても興味深い
「緑色の世界」はよくある異界的発想にも見えるが、楽園的でも地獄的でもない、等身大に近い世界観を持ってるのは珍しいかもしれない

34

34. 匿名処理班

  • 2015年04月23日 16:10
  • ID:.pzsosy00 #

カスパー・ハウザーもそうだけどこういう謎の子供の話好きだわ、怖いけど
逆に聖マーティンに行ってみたいな

35

35. 匿名処理班

  • 2015年04月23日 18:10
  • ID:hX.9c9VL0 #

ナマケモノみたいに苔でも生えてたんじゃね?

36

36. 匿名処理班

  • 2015年04月25日 16:09
  • ID:dw9jiAbR0 #

※4
話自体も面白いけど、元ネタとなった事件とか病とか、
何かがあったんだろうなって考えると面白いよね。
何かの比喩かも、と考えると怖かったりしてな。
女の子が残ったってことは、子孫もいる可能性あるのだしね。

37

37. 匿名処理班

  • 2015年04月25日 16:32
  • ID:dw9jiAbR0 #

※9
ハルクさんは確か「他のキャラに使わない色、インクの色、背景でない色」で緑になったらしいね。
むかし色盲(色弱?)から回復した同級生が、ハルクを見て感動してた。
なんでかこの記事読んで、それ思い出したわ。

38

38. 匿名処理班

  • 2015年05月05日 23:59
  • ID:GPXqFH2P0 #

知らない言語をしゃべる、肌の色の違う人なら、日本の鬼や天狗、河童なんかもグリーンチルドレンみたいなものなのかもな。。
特に、河童そっくりじゃないか。

39

39. 匿名処理班

  • 2015年06月01日 19:16
  • ID:eG68onu10 #

飛鳥説では五色人のうちの青人(緑色)で、地球内部の亜空間内惑星アルザル(シャンバラ)から出てきた迷子だとか

40

40. 匿名処理班

  • 2015年07月24日 02:00
  • ID:U7iK8C4Y0 #

そういえばアーサー王伝説でも、緑の騎士の話があるよね。剣も鎧も体も馬も全部緑色の騎士らしい。

41

41. 匿名処理班

  • 2015年07月29日 14:30
  • ID:xXAN2J2y0 #

こう言うのを見たとき気になるのは
言葉の解釈についてだ
例えばグリーンデイと言ったら英語で青春の事だが直訳すれば緑の日だ
そのほかでももっと入り組んだ経緯でその時代・地域でしか通じない言葉なんてのはいくらでもある
本当はもっと別のことを言っていたんじゃ無かろうか

42

42. 匿名処理班

  • 2017年03月01日 09:03
  • ID:gyWJ8t.20 #

実話らしいよ
グレイは宇宙人じゃないし、日本では昔ながらのアレの生物の事だからいるよ

43

43. 匿名処理班

  • 2018年03月21日 03:32
  • ID:2CpjdSJ40 #

俺はアラフィフのジジイですけど、40年?くらい前、
日本の子供向けの雑誌でこの話紹介されてた記憶がある
。小学館おそるべし…

44

44. 匿名処理班

  • 2018年03月23日 07:32
  • ID:qIf6zxBR0 #

地底人説

45

45. 匿名処理班

  • 2018年05月23日 07:50
  • ID:tT1g5CEd0 #

研究者たちが現実世界として考えるのが不思議。
それこそ、地底人くらいしか考えられないよ。
子供だけじゃなくて【全てが緑色の世界で、常に黄昏時の世界】
なんて、地球のどこにもないからね。
研究者は、そこを気にしなかったんだろうか…。

46

46. 匿名処理班

  • 2018年06月08日 05:57
  • ID:yEcnGmtD0 #

弟「ポッポルンガ ポルポルンガ」
姉「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ」

村人「」

47

47. 匿名処理班

  • 2018年08月04日 21:14
  • ID:YSFZusB20 #

※43
私はアラカンのおっさんですが、この話を知ったのは中学生時分に買った学研のムックシリーズでコリンウィルソン原作の「神秘と怪奇」でですかね。それには宇宙服の様なコスチュームを着た二人の子供が描かれています。
AAのキャーの様な格好で抱き合ったイラストですね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク