0_e6

 ブラジルの写真家、セバスチャン・サルガド(70)は、世界各国を駆けまわり、自然、野生生物、民族、移住、領土紛争などを記録し続けてきた。そんな撮影旅行の中、サルガド氏が最も心を痛めるのは、彼が「致命的に近視眼的な行為」と呼ぶ、人類による見境のない地球の略奪だという。

スポンサードリンク

 ドキュメンタリー写真家のサルガド氏は、ルワンダ、グアテマラ、バングラデシュなど世界100か国以上を旅し、飢餓や戦争、貧困、難民など現代世界の最も深い闇を記録してきた。彼が撮る、破壊された辺境の地や、搾取される弱者のコミュニティーのイメージは、深遠なモノクロ写真の世界を確立し、何世代もの写真家たちに影響を与えてきた。

 現在サルガド氏は、8年にわたり、世界中を旅して撮影した写真プロジェクト、「ジェネシス」の写真展を香港にて開催している。

紛争、貧困、飢餓、人類の闇

1_e5

2_e8

3_e7

23_e1

8_e

25_e

21_e1

24_e0

27_e

9_e3

 ブラジル中部の農村部で育ったサルガド氏は、20代の頃、妻のカメラを借りたことがきっかけで写真家の道へと入った。初めてファインダーをのぞいた瞬間、人生が変わったと語るサルガド氏は、その後1970年代前半にプロとなり、以来数多くの賞を受賞している。

 氷河の上を滑るペンギン、砂丘を渡る1匹のヒヒ、クジラの尾からしたたり落ちる水滴。野性をとらえたサルガド氏の鮮烈な写真の数々は、彼が人類に向ける非難と一体にある。氏の言葉によれば、人間は「圧倒的捕食者」であるという。

大自然と野生生物たち

6_e4

10_e4

11_e

17_e3

16_e3

26_e

28_e

30_e

4_e7

 サルガド氏は1990年代後半、ルワンダ大虐殺を取材した時、数えきれないほどの死を目の当たりにし、重い精神的ダメージを受け、活動休止状態に。

 ブルドーザーで捨てられ山積みになっていく死体、その死体が放つ腐臭など、その光景が頭から離れなくなったという。

 立ち直るために、彼は少年期を過ごしたブラジルの農場へ戻る決心をした。子どものときは父親と一緒に農場の高い場所まで歩いて上り、何時間もそこに座りながら空に浮かぶ雲と、雲間で交差する太陽の光を眺めていたというサルガド氏だが、そのような自然がもうなくなってしまっていたことに慄然としたという。湖は干上がり、熱帯雨林の大半は伐採されていたのだ。

 心身ともに回復し始めると、サルガド氏は妻のレイアさんと一緒に、故郷にあった熱帯雨林を取り戻す植林に取り組んだ。250万本以上を植えて、ようやく熱帯雨林が戻ってきたという。ジャガーたちを救うことができ、鳥たちも戻ってきた。今では170種以上が生息しているという。

民族たち

12_e

15_e3

20_e1

29_e

34_e

35_e
via:yahoo


Aula Magna - Sebastiao Salgado

▼あわせて読みたい
強烈なパワーを放つ、過去100年間に撮影された象徴的報道写真


リアルはいつだってセンセーショナル。2014年報道写真コンテスト受賞作品とそのサイドストーリー(一部閲覧注意)


ピューリッツァー賞を受賞した10枚の報道写真とその背後にあるストーリー


悲痛、感動、そして驚き。2013年を象徴する55枚の報道写真(ロイター通信社:閲覧注意)


「2012世界報道写真コンテスト」受賞18作品 鮮明に刻まれた記録が記憶となり未来に引き継がれる時



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 18:39
  • ID:uPl7RmdD0 #

わかっちゃいるけどやめられない、それが人間

2

2. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 18:54
  • ID:T3Xx1xDV0 #

良い写真に注目してもらうには、写真にそれなりの理由付けが必要になる
しかしそれが逆に写真の価値を落とす原因になってるのが残念だ
絵画やカリグラフと違って誰も撮れるからオリジナル要素を付加する必要があるのは分かるけどさ。。。

3

3. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 19:03
  • ID:4.MqEKbG0 #

もう10数年前に、サルガドのエクソダスっていう写真展行ったことあるわ
ものすごい迫力で絶句する

4

4. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 19:04
  • ID:inU4ImgT0 #

サルガドの写真はどれもいい。(ハズレは無いと言っていい。)
個人的には孤児院のポートレートに息を呑んだ。(ここには無い)
割と日本で展覧会をするのでぜひ、生で見に行って欲しい。
ちなみにサムネの写真を撮影時にサルガドは片耳の聴力を失っている。

5

5. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 20:13
  • ID:RYWHnFRu0 #

そのへんの動物も見境なく好き勝手してるよ

6

6. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 20:27
  • ID:xF3a8.hy0 #

日本でも日本オオカミ全滅させたし、どこの国々でも生物の全滅や
民族浄化普通にやってるからな。まだ動物みたいに食べるだけに
襲うほうが理由が尊くてきれいかもしれない

7

7. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 20:42
  • ID:Evb.V13A0 #

写真にはなかなかのパワーがあっていいなあと思う。
主張が言葉で発せられちゃうと、少し微妙だね。
人間が地球環境を出来るだけ損なわずに生きるなら、江戸くらいの日本人みたいな生活にするしかないかなあ…。
そんなこと、自主的にはなかなか難しいと思うけどね。だって、人口を自ら減らすことになるからなあ。
追い詰められて仕方なく、って形ならありえるけど。

8

8. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 21:34
  • ID:go.p.lKV0 #

このコメントを書き込んでるPCにも途上国で安く買われたレアメタルなどの資源が使われている。医療のレベルが上がると人口が増え、その生活を維持するために野生の動植物の生息域は減っていく。
チョコレートを食べながら、そんなことを考えた。

9

9. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 22:37
  • ID:uu0yEGEG0 #

サルガドは昔からリッチトーンのモノクロだったけど、最近の写真はデジカメでHDRしてるのかなぁ。何かちょっとやりすぎな違和感が凄いわ。

10

10. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 23:39
  • ID:0IyO3.5J0 #

まあそれすら自然選択の結果なんだが
ホモ・サピエンス・サピエンスは「生めよ増えよ地に満ちよ」という幻聴を聞きながら
ひたすら生きてきただけ

11

11. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 23:56
  • ID:8x8Vs06b0 #

圧倒的捕食者は、でも色んなウィルスで結構大騒ぎしてるけどね、絶滅淘汰は自然の摂理、人類がその枠から外れてるわけでは別にないし。
まあ、感銘受けて寄付なりボランティアなり頑張れみんな! 俺は知らん。

12

12. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 01:06
  • ID:2uuHMYlS0 #

普通の写真でお願いします

13

13. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 01:42
  • ID:K2KfQxXK0 #

どちらかというと人類という一括りじゃなく、資本主義による影響が大きいと思うけどね。
資本主義って基本的に、圧倒的大多数から資本を吸い取って上位階級へ分配する行いだから。
資本主義が社会の中枢にある限り、どこかでそのしわ寄せが生まれるのは止まらないんじゃないかな。
その代替を提案することができれば誰にとっても幸せなんだろうけど…大勢の思惑が絡むと共産主義みたいになるし、難しいね。

14

14. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 02:43
  • ID:YORUH9Al0 #

ぶっちゃけやってることは動物といっしょなだけだろ
鹿が自分とこのえさ食い尽くして、飢餓状態になるのを愚かっていうか?
自然の摂理だろ

15

15. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 03:56
  • ID:S.IZSZb30 #

問題は、彼が育った農場も開発してつくられたものだって事だ
もちろん、そんなのはただの程度問題だと言えるんだけど、じゃあ先に開発したもん勝ちなのかって話になる
先に開発した者は生活のためだからOK、後の開発は自然破壊だからダメとなると、利権争いが激化してしまう
結局、それがまた戦争や貧困を生んでしまうんだ……

16

16. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 06:38
  • ID:AgHwEqYS0 #

どの写真もド迫力でわかりやすくていいね

17

17. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 08:12
  • ID:QR4.6vbN0 #

みんな、今の自分よりも少しはましになりたい。
もっと向上したいと思う。でも、毎日、同じ反省を繰り返しながら、足踏みをしている。
結局のところ、それが人間というものなんじゃないかと思うんです。
藤子・F・不二雄のこの言葉が頭に浮かんだ。

18

18. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 11:21
  • ID:hT0.QKBp0 #

たかが人間ごときが地球をどうこうできるわけない。
地震、津波、がけ崩れ、噴火、砂嵐、ハリケーン、ウィルス
戦争で自滅するし、地球にとっちゃ本の束の間の皮膚病

19

19. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 12:41
  • ID:zuIqvLyr0 #

※7
江戸時代ですら森林資源は枯渇していた、人間の文明はどうしようもなく資源を消費する
スピードが速すぎる

20

20. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 13:01
  • ID:nOH2M2lT0 #

極端な自己否定も愚かだけど、それが人間と悟りきったような自己肯定もなんだか見苦しい。客観的に駄目なところは見直して、少しでも良くしようと一歩一歩進んでいくという普通のことをすればいいだけでは?

21

21. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 15:53
  • ID:D.el5q8D0 #

森林伐採に関していえば我々も関与しているから誰かを非難できないな、しかし焼畑をやめるように働きかけるだけで貧困からは解放できるかもしれないから我々ももっと声をあげるべきだと思う

22

22. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 15:56
  • ID:pgcQdA4r0 #

なるようにしかならない。

23

23. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 16:37
  • ID:86Nkl5p70 #

※22
でも江戸文化ほど「凄まじい」と表現していいくらいのリサイクル文化は、これまでの地球上に存在しない
というのも事実だよ

24

24. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 16:48
  • ID:0ZSBxju90 #

いや我輩もデジカメ持っとるが この人の作品は次元そのものが違う
これはもはや「神の記憶」と呼ぶに相応しい

25

25. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 16:50
  • ID:0ZSBxju90 #

あーそう言えば 人間が増えたら増えた分だけ動物が減っていくという話もあるな

26

26. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 17:03
  • ID:zuIqvLyr0 #

※26
それは江戸という地域に限った事だしねえ、また江戸は同時代他に類を見ないほどの大消費地であったことも鑑みなければいけないよ

27

27. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 17:31
  • ID:g7kFmL400 #

イグアナの写真はどっかで見たな たぶんここ系のサイトだろう(てかここじゃね?w)
しかし、「写真に撮られたら魂を抜かれる」って言い出しそうなどっかの部族たちをよく写真に撮ったもんだw 

28

28. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 18:09
  • ID:0o3sFmkb0 #

今年こそこう・・・世界規模で人類のみ粛正せんとですね
全地球の全生命体が人類によって滅ぼされてしまうという危機感がヒシヒシとですね
いつまでも貧困を錦の美旗とか盾にして無制限に地球から略奪とかどうなんかなって

29

29. yukawa

  • 2015年01月05日 20:59
  • ID:5DM7AFpF0 #

サルガドは最初写真展を観に行って良かった。でもだんだん写真が神がかりみたいなシーンが増えて好きでなくなった。でも「熱帯雨林を取り戻す植林に取り組んだ。250万本以上を植えて」というのは分かる。生物の多様性や自然保護が大切なのは頭で分かるけれどそれを行動にうつせるか?行動するのがサルガドなんだと改めて認識しました。

30

30. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 21:25
  • ID:rbmqzceu0 #

※17
そうは言っても地球を滅ぼせるくらいの知恵を持ってんのは人間だけだからな
ちったぁ自重しろって話ですたい
※22
でも同じ昔の日本人でも、伐採しまくって丸禿げにしてしまった島と
加減して森林を守った島と分かり易く分岐してるんだよなぁ
それなりの事情がそれぞれの島にあったんだろうけどさ
やろうと思えば出来ると思うんだよねー

31

31. 匿名処理班

  • 2015年01月06日 01:08
  • ID:2CJATCt70 #

記事もよかったしコメ欄までも読み応えがあった。類友じゃないけどここには集まってくるんだね。知識の乏しい自分は、本当に楽しく読ませてもらってる。今年もよろしくね、パルモたん。

32

32. 匿名処理班888888

  • 2015年01月06日 11:35
  • ID:ojUKAX5d0 #

今の,社会では,最高とされている成功が
金銭や所有や支配、権力や,働かなくてもいい環境となっているが
昔の江戸時代頃までは
そこは地獄の一丁目でしかなかった
その上は,釈尊の教えや,托鉢、さらに精神的豊かさと
芸術や魅力を上げるための,弥勒の世界、実相界や光の世界、循環社会
を目指す人達がいたため
多くの芸術が育ち,百姓から武士まで豊かさを分かち合えた。

33

33. 匿名処理班

  • 2015年01月06日 23:45
  • ID:.pPKflOt0 #

「『民族たち』の1枚目がテラグンマーwwww」
って書き込もうと思ったら上では真面目な議論ばかりが交わされていて

34

34. 匿名処理班

  • 2015年01月07日 10:23
  • ID:67Z.S9k40 #

心が動かされる写真ばかり。
興味を持ったし、この人の撮った写真をもっと見てみたいと思った。
ただ、この人の作品に限ったことではないが、紹介される場所によっては、写真の持つ意味合いが変わってしまうことがあるのだなという感想も持った。

35

35. 匿名処理班

  • 2015年01月07日 12:27
  • ID:YWm3zCBz0 #

動物の捕食との大きな違いは流通と貨幣だな。
内陸の人間までも海の魚を食べる。海辺の人は稼ぐために自分達がたべる以上に海のものを採る。
そうやって物を多くとる分、人間は本来の限度を超えて住処を広げ増える。
それも自然の一部、という言い方はその悪影響を無視するために使うならば
ただの開き直りに見える。

36

36. 匿名処理班

  • 2015年01月07日 17:00
  • ID:8np1tk3.0 #

いくらこういう方々が頑張っても、もうこの人類の勢いは止まらないだろうなと思う。
悲しいけど

37

37. 匿名処理班

  • 2015年01月08日 16:37
  • ID:9bdmaI1s0 #

※33
人間がどう頑張っても地球を滅ぼすことはできない
壊滅的な環境にしても微細な生物が必ず生き残って、適応や進化を繰り返して長い長い長い年月をかけて、繁栄と絶滅を繰り返していくだけ
地球をかち割ったりでもしない限り、まず無理

38

38. 匿名処理班

  • 2015年01月09日 10:30
  • ID:dzH0zHeR0 #

まるで自分がその人間の一人じゃないみたいな言い草だなこの人

39

39. 匿名処理班

  • 2015年01月09日 13:11
  • ID:1qi1Vt370 #

サルガドさん、ブラジル休養により精神的な危機を回復出来て本当によかった。
天から才能を与えられた、松明をともす役を与えられた人は長生きしてほしい。

40

40. 匿名処理班

  • 2015年01月09日 15:46
  • ID:McYqWdG70 #

この人に限った事じゃないが、
こういう写真ってなんでどれもこれもモノクロなんだろう
悲惨さが増して見えるとか、ショッキングすぎないみたいな視覚効果か?
そういう効果を計算できる程度の余裕はあるんだなって思ってしまうんだよな

41

41. 匿名処理班

  • 2015年01月10日 12:39
  • ID:drm97R4R0 #

結局、頂点であると思い込んでいる捕食者は誰かの掌の上で踊らされているだけなんだと

42

42. 匿名処理班

  • 2015年01月12日 09:57
  • ID:aoWVBK8i0 #

※22
江戸時代、日本では全国で森林伐採を厳しく制限、管理していたんだが
日本はそもそも気候上放っておくと山も平地も草木でぼうぼうになってしまうから
ある程度人が枝を間引いたりと手入れをしないと植物同士で日光養分水分奪い合って
山が荒れるから林業が発達した
森林以外も、鉄屑紙屑も集めて別な物に作り替え排泄物は肥料にして
再利用が高度に発達していた
城下町に限らず、山奥の農村でもな

43

43. 匿名処理班

  • 2015年01月12日 15:25
  • ID:tOQqFKBj0 #

地球の自浄作用が始まるよいつか

44

44. 匿名処理班

  • 2015年01月12日 16:15
  • ID:nBenCz1k0 #

反人類反社会的な人ってよくネットに現れるけど
どういうことなんだ?
人類存続のため正すべきは正しかつ宇宙進出へと歩んでいくべき

45

45. 匿名処理班

  • 2015年01月12日 19:34
  • ID:TFYviBiB0 #

人類を批判すれば正義、個人を批判すれば悪
自然を讃えれば正義、進歩を讃えれば悪
そんなのただのわがまま
崇高な事を考えてるフリをして悦に浸ってるだけ
その自己中心的自己満足の結果が自然破壊等に繋がってる事に気付いていない

46

46. 匿名処理班

  • 2015年01月13日 06:38
  • ID:zsCISd7S0 #

皆が有る様に有り生きるが為に何かを犠牲にするのも致し方ない事
だから犠牲となる者や成ったものに対する感謝を欠かさずにしようと思う

47

47. 匿名処理班

  • 2015年01月14日 22:38
  • ID:cuqTA.1H0 #

※49
禿山が増えることで弊害が生まれたのと、木材不足が深刻化したから伐採の管理を厳重化しただけ。
間引きが必要なのは人間が林業のために構成した人工林のみ。
自然から見れば人工林は獣も住みにくい、不自然極まりない環境。
結局人間の都合のいいように自然に手を加えてただけ。
再利用が盛んだったのも、資源が困窮していた故では。

48

48. 匿名処理班

  • 2015年01月15日 09:14
  • ID:fbHDH.Jj0 #

真正面から向き合わずに開き直って考える事をやめてしまうのは愚かだと思う

49

49. 匿名処理班

  • 2015年01月25日 12:14
  • ID:GdBbQWEt0 #

魚人みたいなの何だこれは

50

50. 匿名処理班

  • 2015年08月14日 01:19
  • ID:yynaXNGg0 #

結局宇宙規模の災害には抗えないので、いずれ滅ぶ

51

51. 匿名処理班

  • 2015年12月08日 07:59
  • ID:AMoqrRdN0 #

※24
何でプロと素人を比べてるんすかww??

52

52. 匿名処理班

  • 2017年08月28日 17:08
  • ID:J4qTjndu0 #

ワンコが(おそらく大切な)家族の一員として一緒に写っているのになごんだ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク