0_e1

 今年は生物学者にとってワクワクする一念だったそうだ。ヘビの単為生殖、超珍しいクロアンコウ、ユニコーンの角を持つ鹿など、豊作の1年だったという。ナショナルジオグラフィックで、今年話題となった10の愛すべき奇妙な生態を持つ生き物たちが特集されていたので見ていくことにしよう。

スポンサードリンク

10. 地面の下からメスを誘惑するインドハナガエル

1_e3

 絶滅危惧種に指定されるインドハナガエルはインド西ガーツ山脈の固有種だ。オタマジャクシは100年前から知られていたが、成体が発見されたのは2003年のことである。オスは非常に色鮮やかで、地面の下から叫び声を上げてメスを惹き付けるという変わった求愛行動をとる。


9. 自ら毒を口にし、屈強な体をメスにアピールする鳥

2_e2

 意中の人の心を射止めるためには、あらゆる努力を惜しんではならない。ノガンのオスもそんな健気な生き物である。彼らはあえて毒を持つ甲虫を食べるという求愛行動をするというのだ。ノガンのオスは、有毒のツチハンミョウをメスとは比べ物にならないほどに食べまくり、自分がいかに頑丈であるかをアピールするのだ。


8. まだら模様のロブスター

3_e3

 もし、このロブスターに出会うことができたら、宝くじが当たるより幸運度が高いかもしれない。今年8月、ニューハンプシャー州の漁師が超珍しい”まだら模様”のロブスター(写真)を捕まえた。通常は茶色っぽい緑色をしているロブスターだが、青やツートンカラー、1億分の1の確率で出現するアルビノまで、さまざまな色が存在する。まだら模様のロブスターの場合、見つかる可能性は3千万分の1〜5千万分の1の確率だと推定されている。


7. “寿司”そっくりのアルマジロ

4_e1

 まるでサーモンの握りずしのようなこの生物は、アルゼンチンに生息するヒメアルマジロだ。体長84〜117mmという世界最小のアルマジロで、絹のような白い体毛とピンク色の鱗甲板を持つ。穴掘りが大好きで、その爪は体長の6分の1まで伸びることもある。


6. 都会で暮らすことを覚えたコヨーテ集団

5_e1

 米イリノイ州シカゴのダウンタウンをえらく気に入ったコヨーテの一団がいる。どうやら、都会の喧噪を生き残る術を身につけたようなのだ。

 最新の調査によれば、なんと約2,000匹ものコヨーテが都会の生活に適応しているらしい。中部アメリカの固有種であるコヨーテは非常に順応性が高く、郊外と野生の餌場を利用することで、過去数十年の間にアメリカ国内のほぼ全地域に分布するまでになっている。


5. 踊るカエル

6_e1

 5月、インド西部の森林の中で、小さな身体で”踊る”カエルの新種が14種発見されたと発表された。足を振りながら求愛するオスに因んでダンシング・フロッグと呼ばれるこの種は、この発見によって一気に24種にまで倍増した。


4. 猫みたいにモフモフなので被害者続出、有毒のネコ毛虫

7_e0

 猛毒があり触れば大変なことになるのだが、それでも触らずにはいられないのは、モフモフとした毛並のせいに違いない。この毛虫のお陰で、今年始めにアメリカ東部では病院送りになる人が続出した。アメリカで最も毒性の強いネコ毛毛虫(furry puss caterpillar、写真)は、可愛らしいネコちゃんに因んで名付けられた。見た目はモフモフしていそうだが、身体を覆うかつらのような毛には小さな猛毒の針が隠されている。


3. クロアンコウ

8_e1

 あんぐりと開けられた口には牙のような歯。実にホラーな形相をしているクロアンコウは、深海魚ならではの造形を誇る。実際、11月に研究者がクロアンコウのメス(写真)の撮影に成功したことで、大きな注目を集めることになった。自然環境下の生きたクロアンコウが撮影されたのは今回が初めてのことである。

世界初!?激レアアンコウ ”ブラック・シーデビル”が泳いでいる姿を撮影することに成功(米カリフォルニア州)



2. ユニコーンは実在した?でも鹿だった。

9_e1

 おとぎ話に出てくる伝説の生物、ユニコーンは実在する。だがそれは鹿だった。この写真は8月にハンターがスロベニアのツェリェで撮影したもので、奇形の枝角を有した極めて珍しいノロジカだ。おそらく枝角が生える早い時点で怪我をしたことが原因だと思われる。こうした怪我はよくあることで、変わった形の枝角が生えることがある。それでも、こうした”ユニコーン”のような形は非常に珍しく、鑑定を行った研究者も見たことがなかったそうだ。


1. ぼっちでも増える。生き残れる。ヘビの単為生殖

10_e1

 10月、世界最大のヘビが世界初の単為生殖を行ったと発表された。問題のヘビは米ケンタッキー州ルイスヴィル動物園で飼育されているセルマと名付けられた11歳のアミメニシキヘビ(写真)である。彼女はもう1匹のメスのアミメニシキヘビと一緒に飼われているのだが、2012年6月に6匹のメスの子供を生んでいた。そして、彼女が唯一の親であることがDNAによって確認されたのだ。

via:nationalgeographic・原文翻訳:hiroching

▼あわせて読みたい
新種のイルカが、仲良く並んで浜辺に餌を食べに来るところが激写される(オーストラリア)


平べったいウーパールーパーみたい。新種のサンショウウオが発見される(アメリカ)


かわいい新種案件:しゅんと長い鼻とぽってりな胴体。ハネジネズミの新種が発見される(ナミビア)


人間の顔サイズ、新種の大型タランチュラが発見される(スリランカ)※蜘蛛注意


2013年度、世界で発見された新種生物トップ10




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 12:09
  • ID:bR6kxznt0 #

ヘビ雌は自力で繁殖できるってこと?
なにそれこわい

2

2. 2

  • 2014年12月29日 12:28
  • ID:.A02a3R40 #

ツチハンミョウは強壮剤として使われてたと言うから、なにがしか効能があるのかもよ?
俺毒虫食べちゃうぞアピールあんまりわからなくない?

3

3. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 12:45
  • ID:F6ZxXd6.0 #

2は、マジでユニコーンのモデルなんじゃないかな?
こういう奇形が存在すると言う事は、かつても同じような奇形のシカが存在してた可能性があるし、それを昔の人が見て、ユニコーン伝説が出来たとしても何らおかしくない。
こういう風に、奇形の動物や、当時珍しかった動物、既に絶滅してる動物が、伝説の生物とか妖怪、モンスターとして伝えられてる例って多いんじゃなかろうか。

4

4. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 12:46
  • ID:MNHlbl9.0 #

誰とも混ざらずに産めるってのは生まれてくるのは自分ってことか?
よくわからん

5

5. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 13:02
  • ID:kOQe16fu0 #

Hotdog, jumping frog, Albuquerque 

6

6. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 13:06
  • ID:K4oquHPg0 #

※1
人だって単性生殖できるって聖書に書いてありますし。

7

7. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 13:22
  • ID:XyF0jLUB0 #

アンコウ以外初見
本当に話題になっていたのだろうか

8

8. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 13:26
  • ID:OKiUDYXm0 #

セルフクローンニングの答えは爬虫類に有った、ってなったらレプティリアン肯定派が色めき立ちそうですね(笑)

9

9. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 13:45
  • ID:87iSNSrv0 #

サーモンの握りというよりシャコに見える

10

10. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 13:52
  • ID:NZD613.D0 #

シ カ で し た (嬉野雅道)

11

11. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 13:52
  • ID:zNi9Ka9j0 #

まだらのロブスター観るくらいなら宝くじに当たりたい

12

12. 匿名処理班14

  • 2014年12月29日 14:06
  • ID:X1WnbjPu0 #

異性を引きつけるため、毒もんを食べて強さをアピールとか、
本能的に自分か、、。あでも天然の毒じゃないと、
ただのアホですわ。

13

13. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 14:40
  • ID:LI0BZdo00 #

アルマジロ良い

14

14. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 14:40
  • ID:iHPiygS.0 #

※4
単眼症なんかはモロにサイクロプスの元ネタだろうね。
皮膚が鱗状になる病気はリザードマンというのもあるかも。
北海道の海に潜っているときに2m水ダコクラスに絡まれたら
クラーケンを連想するのも無理はない。

15

15. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 15:11
  • ID:CHG666vT0 #

※11
シデカしたに見えた。

16

16. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 15:19
  • ID:OKiUDYXm0 #

※11
ヒョウだって!!ブンブンの刑に処す(笑)

17

17. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 17:44
  • ID:asVSMtq30 #

2000頭のコヨーテかぁ……人間に対して友好的だと嬉しいな

18

18. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 17:58
  • ID:slkmAZAW0 #

ナショナルジオグラフィックって
魅力的に見せるのが第一になってて演出や誇張が入ってるから
日本のニュートンに比べたら今ひとつ信用できない

19

19. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 20:31
  • ID:vp7nnr2b0 #

単為生殖自体は、爬虫類ならそんな珍しくないよな

20

20. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 23:03
  • ID:n.6VM5FE0 #

※7
あばら骨から創ったのであって、”生殖”ではないけれどなw

21

21. 匿名処理班

  • 2014年12月29日 23:04
  • ID:X7IiMW8z0 #

エメリッヒ版ゴジラもメスで、
独りで卵産んでた。
人間のヒロイン談「つまんない」。

22

22. 匿名処理班

  • 2014年12月30日 08:50
  • ID:ctM5V.KD0 #

※8
世間に受ける「話題」と、ある一定層(専門家・こういったことに興味がある人など)の「話題」は違うからね
残念なことに。世の中の大半の層には有名人のゴシップなんかの方が受けるからしかたないね

23

23. 匿名処理班

  • 2014年12月30日 11:44
  • ID:iaLJDIk60 #

※1
脊椎動物ではヘビやトカゲで何種類も(爬虫類)、そのほかギンブナ(硬骨魚類)やシュモクザメ(軟骨魚類)などでも確認されてます。ただ、哺乳類は父系由来と母系由来の染色体がないと正常に発生しないことが確認されてます。ご安心を。

24

24. 匿名処理班

  • 2014年12月30日 11:54
  • ID:iaLJDIk60 #

※4
ユニコーンはイッカク(クジラの仲間)のオスの牙だけがヨーロッパに渡って、それが元ネタという話もあります。伝説の起源はひとつだけではないのかもしれません。
※22
キリストというか、その母マリアのことでは?

25

25. 匿名処理班

  • 2014年12月30日 13:27
  • ID:zd5uTJSd0 #

子どもの頃、綺麗なねこじゃらしが落ちていたので拾おうとしたら、モゾモゾと動き出したことがあった。ねこじゃらしじゃなくて、ソックリな毛虫だったわけだ。今でも軽くトラウマ……

26

26. 匿名処理班

  • 2014年12月30日 19:14
  • ID:CHTNV5Kt0 #

ウールにつく幼虫のアレかと思ったらアルマジロ!

27

27. るるらら

  • 2015年01月01日 01:39
  • ID:tBjXE3Te0 #

猫毛なんて名付けるから皆さわるのだ…

28

28. 匿名処理班

  • 2015年01月02日 02:32
  • ID:42g26c0b0 #

※26
イッカクの角云々は、順番が逆じゃないですかね
そもそもユニコーンって言うのが聖書の訳語が不適切な所から生まれたもので、その角に解毒効果があるなんてうわさ話が出来てしまったせいで、イッカクの角をユニコーンの物と偽って販売したって話だったのでは

29

29. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 12:09
  • ID:o9qPfHZn0 #

※30
聖書の伝説と本物の牙とが織り成し合ってまた新たなユニコーン像ができたのでは? また、そのほか短角の奇形鹿やら何やらが混ざったりした可能性もあるしね。そういう意味で、起源はひとつではないってことかもよ。

30

30. 匿名処理班

  • 2015年01月04日 12:13
  • ID:o9qPfHZn0 #

※30
ユニコーンは聖書が起源ではないですよ。
旧約聖書以前からあり、アリストテレスもどっかで紹介していたそうですから。

31

31. 匿名処理班

  • 2015年01月05日 14:52
  • ID:fMBKR.V40 #

※4
ちなみに羊の額に角の根を移植して生やした本物(?)は見世物で何匹も作られましたよ
どう見ても一角羊ですが

32

32. 匿名処理班

  • 2015年01月08日 12:07
  • ID:Gwur0WMF0 #

7番はシャコのほうが合ってる。そして透明な爪がめっちゃかわいい!

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク