0_e17

 赤ちゃんがかわいいのはやはり本能的に「守ってあげたい」という何かを働かせるためなのだろうか?哺乳類の中ではドロっとした感じのものもあるが、卵から生まれたての赤ちゃんの場合には、格別にかわいく感じてしまうことがある。

人間が哺乳類である為か、卵つきの赤ちゃんは小さくてきゅるんとしてて、とにかくかわいいのだ。例え成長して、獰猛になったとしても、生まれたばかりなら守ってあげたくなる、そんな25の動物たちを見ていくことにしよう。
スポンサードリンク

25. キタオオヒルヤモリ

1_e22

 このヤモリはマダガスカルの熱帯・亜熱帯林に生息している。11月から5月の繁殖期にかけて6対の卵を産むのである。28℃の温度で赤ちゃんはおよそ60から65日後に孵化する。生まれたときは体長7センチ、1年ほどで繁殖可能となる。


24. ハゴロモガラス

2_e21

 ハゴロモガラスは北アメリカ・中央アメリカに生息するスズメ目の鳥である。メスは一度に3個か4個、まれに5個の卵を産み、巣は水面から数センチ。卵を温めるのはメスだけで、11から12日以内に孵化する。ハゴロモガラスは孵化してすぐのときは目が見えず羽毛もない。


23. オオカミウナギ

3_e20

 北太平洋原産で、日本海からカリフォルニア南部にまで生息するオオカミウナギは、オオカミウオという魚の近縁種でもある肉食魚である。稚魚のかわいい見た目とは裏腹に、成体は強いアゴを持っており2メートルを超えることもある。しかしオオカミウナギは好奇心旺盛で人懐っこい魚で、凶暴になることはめったにない。


22. フトアゴヒゲトカゲ

000

 アゴヒゲトカゲ属のトカゲは、オーストラリアの乾燥した半砂漠地帯や開けた森林地帯に生息している。成長するとオスは60センチ、メスは50センチほどになる。メスはだいたい10から35個の卵を産み、穏やかで人懐っこい性格からペットとして飼われたりもする。

猫好きトカゲ好きには一挙両得映像「トカゲをぬいぐるみのようにかわいがる猫」



21. ロブスター

5_e17

 硬い外骨格を持った海洋甲殻生物であるロブスターは60年も生きることがあり、そうなるととんでもないサイズになるという。今までに捕獲された最大のロブスターは20キログラム以上だそうだ。メスは卵管から産卵するとき、保存されていた精子で受精を行う。その後卵はメスの脚にくっつき、孵化の準備ができるまでくっついたままだ。

 

20. コモドオオトカゲ

6_e13

 インドネシアの島々に生息するコモドオオトカゲは、トカゲ亜目の現生種では最大で、体長3メートルにまで成長する個体もいる。メスは卵を丘の横に掘った穴や使われていない巣に産む。卵は平均20個ほどであり、孵化までには7,8か月かかる。

世界最大にして生ける化石、「コモドオオトカゲ」に衝撃の新事実、やはり猛毒を持っていた!!



19. ガラパゴスゾウガメ

7_e12

 ガラパゴスゾウガメは亀の現生種の中でも最大で、体重は250kgにもなる。野生でも100年以上の寿命を持ち、脊椎動物の中では最長寿である。メスは一度に16個ほどの固い殻を持った卵を、深さ30センチほどの円筒状の穴に産むのだそう。赤ちゃん亀は4から8か月後に卵からかえり、体重はおよそ50グラムほどだ。

日本の江戸時代から今日まで生きている長生きカメのジョナサンは今年で182歳



18. フンボルトペンギン

8_e10

 フンボルトペンギンは南アメリカに生息する中型のペンギンである。メスは海沿いに作った巣に1個から3個の卵を産み、ひな鳥がかえるまでオスと代わる代わる40日ほど卵を温め続ける。


17. キングコブラ

9_e10

 インドから東南アジアの森林にかけて生息するキングコブラは世界最長の毒ヘビで、その体長は5.7メートルにも達する。キングコブラは蛇の中でも少々変わっていて、メスは子どもに対しとても献身的で注意深いそうだ。一度に20から40個ほどの卵を土の中に産み、その土でそのまま卵を保温する。60から90日後に、45から55センチほどの赤ちゃんコブラが卵からかえるのだ。


16. ダチョウ

10_e12

 アフリカ原産のダチョウは飛べない鳥で、その長い首と足、そして時速70キロものスピードで走るのが特徴だろう。共同の巣に卵を産むのだが、自分の卵と他の卵はちゃんと区別がつくようだ。孵化には35から45日ほどかかる。


15. フィジーアマガエル

11_e10

 正式にはプラティマンティス・ヴィティエンシス(Platymantis vitiensis)として知られるフィジーアマガエルは、フィジーに固有である2種のカエルのうちの1種である。このカエルは雨の多い熱帯平地林に生息する普通種であり、メスはあらかじめ用意しておいた巣におよそ60個もの卵を産む。さらに、このカエルはオタマジャクシになることがなく、卵から直接カエルの形で孵化するのだという。


14. ナイルワニ

12_e0

 フリカ由来のナイルワニは現存する爬虫類の中で、イリエワニに次いで2番目に大きな種で体長4.1メートルから5メートルであるが、これまでの標本では体長6.1メートル、体重907キログラムというものも記録されている。これほど巨大なワニなのだが、生まれた時には30センチくらいしかない。産卵は一度に25個から80個ほど。


13. ハリモグラ

13_e8

 ハリモグラは現存する中でたった4種しかいない、卵を産む哺乳類である。ハリモグラはオーストラリアやニューギニアの固有種で、2000から5000万年前に進化したそうだ。メスは交尾の22日後に柔らかい殻に包まれた卵を一つだけ産み、カンガルーのようにお腹の袋に卵を入れるのだ。10日後に孵化してくる赤ちゃんハリモグラは母親の乳腺から分泌されるミルクを吸い、トゲが生えはじめるまで45から55日ほど袋の中で生活するそうだ。


12. フラミンゴ

14_e7

 現在、湿地など水辺の地表を歩き回って餌を探す鳥には6種類が知られている。フラミンゴは非常に社会的な動物で、生活しているコロニーの個体数は数千にも及ぶ。巣の場所と卵を守るときは攻撃的であり、ひなが生まれるとオスとメスの両方がその面倒を見るのである。


11. ヘルマンリクガメ

15_e7

 ヘルマンリクガメは小型から中型の、南ヨーロッパ原産の亀である。5月から7月にかけ、メスは地中に掘ったフラスコ状の穴に2個から12個の卵を産む。ピンクがかった白い卵はおよそ90日間温められ、その他の爬虫類と同じように温める温度によって孵化する赤ちゃんの性別が決まる。


10. イヌワシ

16_e7

 このモフモフの化身のようなイヌワシは、世界中のワシの中でも生息地が最も広い。卵は1個から4個で、平均2個。孵化するまでには41日から45日間かかる。孵化が始まる15時間ほど前には卵の中からひなの声が聞こえるのだとか。


9. カメレオン

17_e7

 およそ160種のカメレオンが知られており、色や模様はさまざま。両目を独立に動かせることと、自分の色を変えられることで有名である。種によってまちまちだが、カメレオンの卵は一般的に4から12か月で孵化する。捕獲するのが難しいパーソン・カメレオンという種は、孵化するのに24か月も必要だと言われている。


8. タラバガニ

18_e7

 シベリア・アラスカに挟まれたベーリング海原産のタラバガニは、食材として引っ張りだこの存在。赤ちゃんタラバガニはごく小さいのだが、成長すると足を広げた状態で1.8メートル、甲羅だけでも28センチにもなるという。この名前は、生きた状態ではなく調理されたときの色にちなんだもの。


7. アリゲーター

19_e

 原生するアリゲーターはアメリカ産と中国産の2種しかいない。子どもの性別は巣の温度によって決まり、卵を温め始めてから7から12日ほどで性別が決定する。温度が30℃より低かったらメスになり、34℃以上だと完全にオスのみとなるそうだ。


6. 白鳥

20_e7

 白鳥は水鳥の中で最も大きい種の一つである。この鳥は普通、一羽だけのパートナーと生涯をともにするのだが、特に巣作りの失敗によりたまに「離婚」も起きていたりする。卵は3個から8個ほど。


5. カモノハシ

21_e6

 オーストラリア東部固有種であるカモノハシは水辺に穴を掘りそこに産卵する。普通とは異なる産卵形態、カモのようなくちばし、ビーバーのような尻尾、カワウソのような足をした哺乳類の標本は発見当初欧米人を困惑させ、よくできた作り物だと考える者もいたほどだ。

あらやだちょっとかわいいじゃないか。人懐っこい手乗りカモノハシ。



4. シシバナヘビ"スノー"

22_e4

 このシシバナヘビの特徴は、上を向いた鼻に、変異した色と模様である。シシバナヘビの最大種では体長1.8メートルにもなる。生命の危険を感じたときに擬死行動と呼ばれる、いわゆる死んだふりをする種もいるのだという。


3. タコ

23_e4

 タコは無脊椎動物の中でもっとも賢いと言われている。発見されている300種のすべては有毒だが、ヒョウモンダコという種だけが噛まれると危険なのだそう。メスはのタコは受精後、何十万という卵を産む。


2. カモ

24_e3

 カモは水鳥であり、真水でも海水でも活動できる。ほとんどのカモは一夫一妻で、年一回の産卵のために良い繁殖地を探す渡り鳥である。母カモはとても面倒見がいいのだが、もし子どもが遺伝の問題などにより飛べなかったりすると置いていかれることもあるのだとか。


1. アカウミガメ

25_e1

 アカウミガメは世界中に分布している。成体の体長はだいたい90センチほどだが、2メートル80センチという巨大な標本も発見されている。メスは砂浜に掘った穴に平均112個もの卵を産むのだそうだ。

via:list25・原文翻訳:such

▼あわせて読みたい
思わず二度見したくなる!?独特の雰囲気を持った25枚の動物たちの写真


意外と知られていない10の有毒生物


うずらの卵を自宅で孵化させてみた


おなかの中で卵が孵化してそのまま子どもが生まれてくる、巨大アナコンダの出産シーン


大きくなれよ!魅惑のタガメボールから続々と孵化していくタガメたちの映像(閲覧注意)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 14:23
  • ID:x3s.971C0 #

毒持ってるの知ってると小さくても油断できんな・・・
でも可愛いからな・・・少しくらいなら・・・

2

2. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 14:27
  • ID:FPUASSx.0 #

キングコブラが生まれた時からキングコブラで
当たり前だけどびっくりした

3

3. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 14:34
  • ID:eo3igcuM0 #

キングコブラかわいい
カメかわいい

4

4. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 14:35
  • ID:Y5BeKZjg0 #

カモノハシのたるみ具合が超かわいいww

5

5.

  • 2014年11月17日 14:38
  • ID:8PEJRcaO0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 14:48
  • ID:Gdsb1ZbW0 #

イヌワシかわいい
モフモフしたい

7

7. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 14:56
  • ID:pK1RRceS0 #

ちっちゃいコブラ可愛すぎ

8

8. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 15:01
  • ID:qrgg.VKp0 #

カモノハシの子供はあれだな
鳥じゃないけどヒナって呼びたくなるな

9

9. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 15:12
  • ID:yo4jf8HG0 #

ワニの画像ボケてで「おれ長男かよ!」ってなってたなw

10

10. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 15:50
  • ID:BeEnRvgn0 #

・・・可愛いか?
グロいと思うのは、私だけか???

11

11. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 16:17
  • ID:CNPNggta0 #

イヌワシベィビーの毛玉具合がかわいいいい

12

12. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 16:19
  • ID:UpM7.e640 #

子タコのイカっぽさ

13

13. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 16:23
  • ID:52vm4.4p0 #

カモノハシがさわり心地よさそうww

14

14. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 16:27
  • ID:840kW2T80 #

タラバガニの幼生どっかで見たことあるなと思ったら、この前ちりめんじゃこに入ってたやつだ。こいつか!w

2はカモ雛じゃない気がする。
カモ雛だったらくちばしが水草食べる用にひらべったいしゃもじ型かなー。

15

15. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 16:36
  • ID:g75EVMy90 #

なんかめでたい気分になった

16

16. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 16:44
  • ID:DoKql75I0 #

天国ですか ここは・・・

17

17. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 16:49
  • ID:9AdwiSK70 #

ホビロン!

18

18. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 17:02
  • ID:1gwy9CWM0 #

キングコブラちゃんかわいすぎ
オオカミウナギちゃんもかわいい
目がまんまるやね

19

19. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 17:18
  • ID:CSMFfN3c0 #

生まれたてのタコはイカと区別つかんw

20

20. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 17:32
  • ID:h7jXkjnf0 #

親に給餌してもらうタイプは未熟だが
孵化直後に自ら餌を探して食べるタイプは成熟しているんだな

21

21. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 18:22
  • ID:WbbZll0A0 #

赤ちゃんコブラ可愛すぎ…

22

22. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 18:27
  • ID:ou25drMh0 #

タラバ蟹の名前の由来は確か、鱈が獲れる漁場(鱈場)に近いから、だった気がする。
カモノハシの赤ちゃんを手で持ってるけど、カモノハシは確か足に毒爪があった気が…

23

23. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 19:00
  • ID:wqi8LCZR0 #

ちょっと19!
頂甲板がある! 指が四本! 黒くない!
ヨツユビ(ホルスフィールド)リクガメですね〜

24

24. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 19:04
  • ID:Oiz0Rxb70 #

タコは生まれたときからうまそうだね。

25

25. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 19:13
  • ID:H5JYgM2C0 #

カメレオンも最初からカメレオンすぎる。

26

26. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 19:23
  • ID:uXd7Lvgn0 #

キングコブラとナイルワニの体長はコレでいいのだろうか?mmに直せば小さすぎるが卵のサイズ的にcmでも疑問が・・・。

27

27. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 19:24
  • ID:Rk3M3sf.0 #

イヌワシの激かわっぷり

28

28. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 19:34
  • ID:Hea47McR0 #

みんな可愛いな!!!!
すくすく育てよ!

赤ちゃんが可愛いのは、親の庇護を得るために、
可愛いと思ってもらえるような容姿をしていると聞いたことがあるが、
子育て期間がないはずの亀の赤ちゃんも
こんなにきゃわわ(○´3`)なのはなんでなの?

29

29. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 19:36
  • ID:bJEt6l9J0 #

>45から55センチほどの赤ちゃんコブラ
コブラは俺が想像していたよりも大きいようだ

30

30. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 19:40
  • ID:7jSoAwk40 #

キングコブラのきょとんとした顔かわいい。
どんな生き物も、赤ちゃんのときは無防備だね。

31

31. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 19:55
  • ID:KEt5apIH0 #

キングコブラとかワニとかのミニチュア版wかわいすぎだなあ。てのひらにのっけてみたいよ。

32

32. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 21:31
  • ID:F3FVJJlU0 #

だいたい、卵から孵りたてのは変なとこあいてる穴が目だってたりして可愛くないでー?

33

33.

  • 2014年11月17日 23:13
  • ID:wXnz5ndQ0 #
34

34. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 23:50
  • ID:ECe.qtf.0 #

カモのひなは、カモじゃなくてニワトリに近い鳥のひなと思える…
どの鳥の卵だったのかな〜?

35

35. 匿名処理班

  • 2014年11月17日 23:59
  • ID:95UKyrVv0 #

ヒナ率の低さよ おうふ

36

36. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 00:32
  • ID:hqz.n.6R0 #

1.8mになるオオブタバナヘビは英名がシシバナと同じホッグノーズなだけで所謂シシバナとは属も生息地もまったく違うっていうね…

37

37. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 00:47
  • ID:09dp1R6S0 #

※28
逆に、子育てする習性を持っている動物は、脊椎動物の幼生を見ると可愛いと感じる、みたいな感じなのかも。
親にかわいがってもらうために子が可愛く進化したんじゃなくて、子を可愛がるために親が子に共通する特徴を見るとキュンとくるように進化したんだろう。

38

38. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 01:31
  • ID:fY1UlEAX0 #

ロブスター美味しそうって思っちゃった…罪悪感。

39

39. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 01:58
  • ID:JG4MsfqB0 #

海産系おいしそう
ごめん
ほんとごめん

40

40. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 02:24
  • ID:8NRRz5E30 #

ダメだ…いくら赤ちゃんでもかわいくない…

41

41. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 05:49
  • ID:jmFdsXFQ0 #


ロブスターは、何処がどうなっているのか?

42

42. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 06:01
  • ID:nm6I9SUj0 #

体重が20キロほどだった小学生のころ、ダチョウの卵の上に乗ったことがある
割れないでしょ?すごい!みたいな動物園のふれあいコーナーのイベントだった
マジでヒナすごい

43

43. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 08:43
  • ID:m7EuKf4k0 #

なんか間違っちゃった感じだよな…(汗)

いや、鳥は可愛いけどさ、けど・・
爬虫類や魚類は、もふもふ画像の中に2〜3点くらいで良くないか?

44

44. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 13:12
  • ID:ZT.4LZyt0 #

※17
俺もホビロンを思い出した。
残念だよ…

45

45. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 14:10
  • ID:OJ27qjd60 #

アリゲーターはまだ幼さが感じられる顔だけど
ナイルワニは産まれた瞬間からお母さんにソックリw

46

46. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 15:35
  • ID:.Hbz.vKL0 #

カモノハシ、シワッシワッのプニップニッだな

47

47. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 16:00
  • ID:Zyo1s3en0 #

※4
わかる、あとなんかムチッとしてるかんじもいい。かわいい

48

48. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 16:14
  • ID:A2DvXfbc0 #

2番のカモがくちばしの形を見るとカモじゃないんじゃないかという気がするのだが

49

49. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 18:27
  • ID:hBGHmFD.0 #

キモ可愛いのもふくめてみんな可愛いよ。大好き。

50

50. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 20:27
  • ID:H.FElqC90 #

※42
逆に殻の裏からの衝撃には結構弱い構造だよ

51

51. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 22:19
  • ID:SOAeDCWT0 #

カモノハシとハリモグラは生まれた直後、ほとんど変わりがなくってどっちがどうかわからない。本当にそっくり。
あと、※48のいうとおり、2はクチバシの形状から見て、カモじゃないと思う。

52

52. 匿名処理班

  • 2014年11月18日 22:23
  • ID:jFNGKfkW0 #

亀がもれなく可愛い

53

53. 匿名処理班

  • 2014年11月19日 00:44
  • ID:6.Ts7X7w0 #

メスってすごいなあ。本人は成人して老化が始まったりしてんのに、身体の中からは真新しい瑞々しいエネルギーに充ちた命が生まれてくる。

54

54. 匿名処理班

  • 2014年11月19日 07:11
  • ID:cAhYxY.j0 #

ワニの画像でジュラシックパークでヴェロキラプトルの卵が孵るシーン思い出した

55

55. 匿名処理班

  • 2014年11月19日 10:00
  • ID:stZXzN3i0 #

どうもありげーたー。

56

56. 匿名処理班

  • 2014年11月19日 15:41
  • ID:vSV3e.Fz0 #

ガラパゴスゾウガメの写真じゃない

57

57. 匿名処理班

  • 2014年11月20日 18:11
  • ID:94C35QRX0 #

キングコブラの赤ちゃんはあんなに小さくても毒持ってるのかな?

58

58. 匿名処理班

  • 2014年11月23日 23:18
  • ID:vPE5HZoS0 #

亀かわいいw

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク