0_e15

 統合失調症は、単一の疾患ではなく、8つの異なる遺伝子疾患の集合体だとする研究結果が、9月15日付けで精神医学雑誌『American Journal of Psychiatry』に発表された。

 妄想や幻覚、幻聴、まとまりのない思考や言動などを症状とし、100人に1人弱の割合でかかるとされる統合失調症だが、未だに原因もはっきりとわかっていない。遺伝的な素因の影響が約3分の2、環境の影響が約3分の1だと言われている。


スポンサードリンク

  遺伝的な素因といっても、原因となる遺伝子の特定ができていないのが現状だが、米セントルイスのワシントン大学医学部のロバート・クロニンジャー博士率いる研究チームは今回、4,200人の統合失調症患者と、3,800人の病歴のない被験者のDNAを分析。

 これまでの研究のように個々の遺伝子ではなく、ほぼ同一の遺伝子が隣接して形成する「遺伝子クラスター」単位で調べた結果、統合失調症とは、それぞれ特有の症状(たとえば1つが「まとまりのない言動」、別の1つが「妄想」など)を持つ8種類の遺伝子疾患の集合体であることがわかったという。

1_e3

 クロニンジャー博士はプレスリリースのなかで、「遺伝子はそれ単独ではなく、オーケストラのように協調して作用します。したがって、そのオーケストラがどのように作用しているのかを理解するためには、オーケストラのメンバーを知るのはもちろん、メンバー同士の相互作用についても把握する必要があります」とコメント。今後、統合失調症の正確な診断と効果的な治療のためには、遺伝子の相互作用の研究が肝要だと話した。

 なお、この研究結果に対して、スウェーデンのカロリンスカ研究所のパトリック・ウィルソン博士ほか10名の研究者が、検証が不十分で不適切であるとしてブログ「Genomes Unzipped」で反論しており、今後論争が拡大しそうだ。論争を通して、統合失調症の原因と治療法の解明に近づくことを期待したい。

via:newsweekio9・原文翻訳:mallika

▼あわせて読みたい
ある統合失調症患者の1日の記録


統合失調症などの病を持つ人の体験がかるたになった「幻聴妄想かるた」


うつ病と統合失調症の判別方法が開発される。脳の画像データで(日本研究)


「スーパーマリオ64」をプレイすることで脳の特定領域が拡大、統合失調症やアルツハイマーの治療に役立つ可能性(ドイツ研究)


心の病を持った少女の目を通してみる幻想的な世界を描いたショートフィルム「カルデラ」





この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 09:27
  • ID:8TryA0s80 #

うつ病とどう違うの?

2

2. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 09:55
  • ID:tCMPbM6R0 #

うつ病は世界が灰色に塗りつぶされる。統合失調症は世界が壊れてゆく。

3

3. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 09:58
  • ID:u4yprawy0 #

遺伝はあると思いますね。親族に3人居ます。その3人は性格もよく似ています。

4

4. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 10:06
  • ID:RiXOhVnZ0 #

あんまり突き詰めると優生学に行き着きそうで怖い
いやこの報告から新しい治療法が発見されるのかもしれないけどさ

5

5. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 10:31
  • ID:RwIe4s4E0 #

遺伝的要因もあるのだろうけれど、
それだけが原因と決めつけるのもどうかと。
そもそも統合失調「症」であって統合失調「病」ではないから、
一つの「病気」としてくくるべきではないのでは?

6

6. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 11:08
  • ID:8TryA0s80 #

妄想や幻覚、幻聴、まとまりのない思考。。。。私も当てはまるんだけど。

7

7. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 11:25
  • ID:TrDdAXtq0 #

いろいろな精神病が次々に遺伝子のせいだと判明してきたな

8

8. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 11:27
  • ID:0dLj5KBg0 #

近い親戚に統失がいる。この病気は遺伝するって聞いてたので、子供の頃からガクブルだった。小学生の頃に流行った「黄色い救急車がお前のこと迎えに来たよー」は、オイラにとっては冗談ではなくて、リアルな恐怖だった(そういう病院は救急車では迎えに来ないことは知っていたが)。
親戚は良くなることはなく、入院したまま、ちょっとした事件?事故?を起こして病院でタヒんだ。
オイラは、今、うつ病だ。違う病気だが、社会に適応できない点では、まあ、似たようなもんだ。結果的には、同じことだ。

9

9. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 12:18
  • ID:XypmbuXu0 #

原因がわかれば、治療法にもつながる。

10

10. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 12:45
  • ID:diXwn1jP0 #

現実は言葉(音声&視覚)と行動という、たった2つの単純な要素で成立してるのに、自分自身頭の中で余計な会話をし過ぎて有りもしない音が聞こえたり、有りもし無い物が見えたりするだけじゃないの?
それを遺伝子のせいにすれば荷が軽くなるのかも知れないけどね。
ウチにも統合失調の身内が居たけど(病院で亡くなった)その人一人だけ。
百人に一人の確率で因子は持ってても、発症するかどうかは本人次第。
自分以外の要素が原因だとして、他に責任転嫁しようとする思考そのものが統合失調症最大の問題だと思うけどね。

11

11. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 12:50
  • ID:E5SMJ9Ev0 #

黒忍者博士?
患者が苦しみから解放されるならなんでもいいけど。

12

12. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 12:51
  • ID:CHE6OSyo0 #

でも仲の良い友達や恋人、配偶者が精神疾患だと50%の確率で自分も精神疾患になるとかの研究結果もあったような
というか精神疾患ってストレスが原因のことが多いんだよな?
確かそのストレスの受けやすさは遺伝するから当たり前の結果じゃないのか?
日本人はストレスをかなり受けやすい人種

13

13. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 13:41
  • ID:ielpK8q30 #

統合失調症自体存在するのかどうか「分類が怪しすぎる」と指摘する精神医学研究者もいる。つまり未だ病気の本質を見据える事が出来ていないフワフワした状態。名前だけが先行して世の中に間違ったイメージが広まっているのが現状。不勉強な心理カウンセラーが横行しているのも原因の一つ。なので、現状は海の物とも山の物ともつかない対象だと思っていた方がいい。

14

14. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 13:49
  • ID:g3GhVryF0 #

人間の原始生活の中で統合失調症の注意力過多の部分が危険察知生存確率に有利に働き
ある種の適応機制として発生したものではないかとゆう説もあります。
「統合失調症と宗教」松田真理子

15

15. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 14:02
  • ID:IshI.mOH0 #

何でもかんでも『遺伝s…』の表現が付くと、サベツガー!ジンケンガー!ユウセイシュギガー!と叫ぶ集団に、研究の行足を引っ張られない事を願うね。
…日本じゃァ、到底無理な研究だな。今の時代とても必要なのに…ハイリスクな人達を的確に診断して予防策を打つ事が出来れば、どれだけの本人/家族の人生が救われるか判らんのに。
防げる不幸を防がせず足を引っ張る連中は、一体ナンなのだい?
『苦しむのが私等だけじゃ嫌だ!オマエ達も苦しめ!』が、本音だろ?

16

16. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 14:16
  • ID:mahA1H1N0 #

遺伝子って後天的に変化したりしないの?

17

17. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 14:24
  • ID:PM.kD8do0 #

※5
冒頭に
>遺伝的な素因の影響が約3分の2、環境の影響が約3分の1だと言われている。
という注意書きがあるよ。
文脈的に一般論として言ってるだけで、今回の研究のことを言ってないけど。

18

18. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 14:25
  • ID:fo0o4NAl0 #

性格だって、容姿だって、遺伝だ。
だけど、性格や容姿は人生に大きく影響するよね。
ひっくるめて自分だよ。
ということを踏まえた上で、原因の研究はたくさんやってほしい。仮説いっぱい出していっぱい検証すればいいよ。それで苦しむ人が一人でも減るような有効な治療法につながることを祈ります。

19

19. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 14:31
  • ID:PM.kD8do0 #

※15
その受け止め方だと不勉強からの誤解が生じていくのではと考えます。
分類として疑問があるが、現象として確かにあるものですから。

20

20. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 14:47
  • ID:fv7SkR0F0 #

まぁ生物の進化は遺伝子のバグを正していく過程と言えなくもないけどね。

21

21. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 15:36
  • ID:s5nDg.pu0 #

発見した医師の名前があからさまにニンジャなのだ

22

22. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 16:01
  • ID:MUqGtSW.0 #

まあ、解明されるといいね。
心(脳)の病気は本人にとっても家族にとっても
苦労の割りに報いがなく不幸だ。

23

23. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 17:22
  • ID:s7GcbA.60 #

癌疾患にかかりやすいとか脳卒中になりやすいなどの遺伝と一緒な気はするよ
あとは環境とストレスだな

24

24. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 17:44
  • ID:x3M7hq620 #

遺伝的にそういうタイプの人が不可避的に生まれてくるなら、
それは病というより何らかの必要性を帯びているのかもしれないな。
ヒトの生物種としての特化能力は頭脳だから、
何かイレギュラーな発想を生み出す個体が自然に生まれてくるとか。
もし統合失調症の遺伝因子を根絶してしまったら、
ヒトが生物種として弱体化してしまう可能性もあるぞ。

25

25. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 19:08
  • ID:oL1IzQZ00 #

米24
糖尿病も氷河期を乗り切るのに凍傷を起こりさせにくくするために生まれた能力とゆうか
やっぱり糖尿病では死ぬんだけど繁殖可能年齢まではそれで生きれるとゆう機能があったみたい
不可避的に発生し生存に貢献してきたが 時と共に断捨離出来ず現代社会ではマイナスに働いている そんなイメージがある

26

26. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 19:18
  • ID:9j0fXBMo0 #

※18
日本にも遺伝的要因を突き止めるためにアクティブに研究しているグループがいるよ(藤田保健衛生大の岩田先生とか)。ただ、最近の数千人規模の遺伝子解析の結果分かったのは、統合失調症と健常者でいくつかの遺伝子型にたしかに存在するけど、リスクファクターはオッズ比で1.2倍程度。だから、環境要因の方がはるかに大きいってのが今のところの結論。

27

27. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 19:45
  • ID:vwuTRX970 #

ICDなりDSMなりにきちんと載らんことにはどうしようもなくね?

28

28. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 20:46
  • ID:2R.Ttw0n0 #

統合失調症は"統合"失調症だぞ?
何種類かの精神病的失調症を一つの病気としてまとめてるから"統合"失調症なんだよ。

29

29. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 20:54
  • ID:ZQCb28nc0 #

※15
うつ病ならともかく、統合失調症にカウンセラーの出る幕ってあるんだろうか…
ものの考え方を正すとかいう問題じゃないし…。
考えや捉え方が偏ってるというより認知機能が障害される感じだろ

30

30. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 22:11
  • ID:FEyyjphE0 #

※21
>性格だって、容姿だって、遺伝だ。
100%遺伝子のせいではないよ・・・・・・。
「遺伝子信者」ってホントにいるんですね。

31

31. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 22:14
  • ID:FEyyjphE0 #

※32
>糖尿病も氷河期を乗り切るのに
>凍傷を起こりさせにくくするために生まれた能力
違ういますよ。
仮に糖尿病患者が凍傷で死ぬ確率が低いのだとしても、
寒さに対抗するため糖尿病が出現したわけではない。
たまたま、結果的にそうなっただけのこと。

32

32. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 23:00
  • ID:aGQ5zyTz0 #

後天性で遺伝子疾患になったということは
IPS細胞で元に戻るってことじゃね?
希望の光が見えて良かったな

33

33. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 23:15
  • ID:myRXbmag0 #

ザイーガ カラパアイのコメントもかなり近い性格の人が集まってると思う 物好きよねぇ
コメントのほとんどに否定的な感情を持ったときない

34

34. 匿名処理班

  • 2014年10月18日 06:03
  • ID:Ip.j8.UJ0 #

友人が長年これを患ってたけど、一昨年亡くなった。野垂れ死にだった。難しいし悲惨な病気だよ。

35

35. 匿名処理班

  • 2014年10月18日 07:13
  • ID:QtDc6L2t0 #

糖尿病云々のものです.
結果そうなったで全然構わないと思います。能力だと誤解生むかも
糖尿病の出現に関してはよくわからんのですが 小氷河期に遭遇した人類が多尿で水分を減らし体内でインスリンをつくるのをやめ糖の温存をはかった人々がいた。そして平常時に無用の遺伝子を受け継いでしまった?説です。

36

36. 匿名処理班

  • 2014年10月18日 08:12
  • ID:ZffjKcG.0 #

今回の研究で指摘されたものが全て正しいかどうかはわからないが、統合失調症が遺伝子の影響を受ける疾患であることは以前から予想されているし、同時にそれが全ての原因ではないことも確かだ。
だから遺伝子上の問題があれば、必ずこの病気になるとか、親子で確実に遺伝するというような性質のものではない。つまり統合失調症を教義の遺伝病みたいに捉えることは間違っている。※4や、※18のように、この研究から優生学の問題を想像するのは明らかに誤りだ。高血圧みたいに、遺伝子の影響もあるし、生まれた後の生活も関係あるよね、という病気だよ。

37

37. 匿名処理班

  • 2014年10月18日 12:03
  • ID:GPIK6CIF0 #

※35
失調症を統合した病名ではなくて
まとまり(統合)がゆらぐ・なくなる(失調) では

38

38. 匿名処理班

  • 2014年10月18日 19:05
  • ID:FQZkcCVW0 #

統合失調症は簡単にいえばコントロールの効いてない霊能力
コントロール出来てる人間が聖者や預言者

39

39. 匿名処理班

  • 2014年10月19日 05:58
  • ID:KnAGQsLy0 #

逆に考えるんだ
いつかは遺伝子治療で改善する日が来ると

40

40. 匿名処理班

  • 2014年10月20日 15:48
  • ID:9FD1.mgi0 #

典型的というか明らかに中核群みたいな人たちと、同じような症状はあるんだけど明らかに雰囲気が違う人たちがいると思うなあ。細かく遺伝子を調べていったら、どこかに大きな違いがあるのかもしれんね。

41

41. 匿名処理班

  • 2014年10月21日 12:12
  • ID:ptDkh3ze0 #

※35
ぜんぜん違う

42

42. 匿名処理班

  • 2014年11月20日 18:45
  • ID:z3aFZliq0 #

だからナンダヨ

43

43. 匿名処理班

  • 2015年07月02日 09:43
  • ID:HL5qcN6X0 #

8つの要因は置いといて
親が統合失調で物心ついたときから看病し、親戚中にお前がしっかりしろって言われておかしくなりそうな自分がいるよ。
>遺伝的な素因の影響が約3分の2、環境の影響が約3分の1だと言われている。
この二つが切り離せる環境の人は少ないだろうからねずみ算的に増えるんだろうなと思ったり

44

44. 匿名処理班

  • 2019年03月29日 13:56
  • ID:yKiUo5Ab0 #

知能とか性格も複数の遺伝要素で成り立ってると思ってた
あってるかどうかはともかく、ここらへんは結構誰でも瞬間的に想起してたことだろう
たとえば外見でもかならずしも美男美女の子供がそうでないってので明白すぎる
いろんな要素がバランスよく成立してうまくいってるわけだ
ちなみに統合失調症の統合はここでいう複数要素と関係ないよ
おおざっぱに、我々の思考は安定していろんな要素から無意識的にまとめ上げて結論をだすがそれがまとまらない=失調ということ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク