0_e3

 生と死を分けるものはなんなのだろう?同じシチュエーションでありながらも助かるものと助からないものもいる。その鍵を握るのは運だけでなく、本人が生きることを諦めない命に対する執着心も関係しているのではないだろうか?

 ここに上げる25人は、想像を絶する困難に巻き込まれながらも、奇跡的に生をつなぎとめることができた生存者たちである。

スポンサードリンク

25.ジュリアン・カプケット

1_e4

 1971年、ペルーの熱帯雨林上空で落雷を受けて空中分解し、墜落したペルー航空508便の唯一の生存者は当時17歳の少女だった。彼女はシートに着席したまま落下したが、アマゾンの密林の樹木がクッションとなって目の負傷と鎖骨を折るだけで助かった。近くを流れる小川を辿って9日間歩き続けたのち、きこりに救助された。


24.ナンド・パラードと乗組員

2_e4

 1972年、ウルグアイのラグビー・チームが乗った飛行機がアンデス山中で墜落し、生き残った者は生存のために死者の肉を食べざるを得なかった。生存者の一人、ナンド・パラードは、自分達を氷河に閉じ込めている5000m超の山を越えることを考えつき、皆で10日間歩き続けてついに救助された。

生き延びる為、人は苦渋の選択をした。アンデス山脈飛行機遭難事故の奇跡の生還者




23.スティーブン・キャラハン

3_e3

 金糸雀諸島からカリブ海に向けて小さなヨットで航海に出た後、スティーブンの船は大西洋の真ん中で沈んでしまい、救命いかだに乗って76日間漂流した。偶然、バハマの島に辿りついて救出された。


22.ジョン・コルター

4_e3

 アメリカのワナ猟師で、1808年に凶暴な部族として知られるブラックフット・インディアンに捕獲された。裸にさせられて「逃げろ」と言われた時、自分が「人間狩り」の獲物にされていることを明確に悟った。彼はうまく逃げ、追跡者を数名殺して、300km以上離れたフォート・レイモンドまで無事にたどり着いた。


21.アーネスト・シャクルトンの探検隊

5_e2

 アーネスト・シャクルトン卿が南極を歩いて横断しようとした時、彼の船は流氷に閉じ込められ、助けを求めることもできずに22か月も漂流した。最初の年は船の中に居たが、流氷が船を破壊したので、彼らは流氷の上に上がった。そしてついにアーネストは救命筏に乗って、1200km以上離れた、捕鯨基地のある南ジョージア諸島に向かうことにしたのだ。

南極大陸の初横断を目指し失敗した、帝国南極横断探検隊の記録写真



それでも人は前に進む、新たなる希望を目指して。およそ100年前に撮影された南極大陸探検カラー写真



20.アーロン・ラルストン

6_e1

 アーロンの話は2003年に出版されている。壁と岩の間に右手を挟まれて、生き延びるためにその右手を切り落とさなければいけなかったいう話だ。ユタ州でハイキングをしていた時、岩が動いて、壁との間に右腕が挟まれてしまったのだ。



19.ピエール・ビュー

7_e1

 1766年 ピエール・ビューは嵐によってフロリダの海岸に座礁したフランスの商船に乗っていた。フロリダの湖沼の中で必死になって食糧と住処を探した。彼は自分の奴隷が飢えないようにと奴隷を殺したりもした。しかしついに彼は助かった。


18.デビー・キリー

8_e1

 1982年、デボラと他の4人はヨットでアメリカ・メイン州からフロリダに向った。途中高波に遭って船が壊れてしまい、救命筏に乗ってサメがうようよいる海を漂流することになった。一人は泳いで行ってしまい、二度と帰ってこなかった。もう1人は筏の真下に居たサメに食われてしまった。デボラともう1人だけが助かった。


17.グレムリンの搭乗員

9_e1

 1945年5月13日。グレムリン・スペシャルというニックネームがついた米軍の飛行機がオランダ領ニューギニアに墜落した。搭乗員のうち3名だけが生き残ったが、墜落箇所は人食い人種で有名な部族の住む山だった。だが彼らにとってラッキーだったのは、その部族は敵を討ち取って食べることはあっても、敵以外は食べないということであった。おかげで3人とも生還できた。


16.捕鯨船「エセックス」の乗組員

10_e2

 マッコウクジラに衝突され、沈められたエセックス号の21人の乗組員は救命ボートで漂流した。生きるために死んだ仲間の死体を食べ、自分の尿を飲みながら、あまり資源のない無人島に漂着した。彼らはそこでバラバラになり、何人かは海に戻った。結果的に8人だけが生き残った。


15.ジャン・バールズレッド

11_e1

 1943年3月、ジャンと国外居住者の奇襲部隊は英国から、ナチス占領下のノルウェイに到着した。彼らの目的は、レジスタンスを助けることであった。任務は失敗に終わり、ジャンは追われ、銃創を負いながらほとんど何も着る服もない状態でノルウェーのツンドラへ逃げた。偶然、北極圏にあるフレンドリーな村にたどり着き、そこから英国に無事に戻れた。


14.アビー・サンダーランド

12_e1

 世界一周の最年少記録に挑戦する航海の最中に、インド洋のど真ん中、陸地から3000km以上離れた場所で、40フィート級の彼女の艇のマストが折れた。緊急信号を発信したあと2日後に漁師に助けられた。


13.ヒュー・グラス

13_e1

 ミズーリに熊罠猟に行った時、クマに襲われ酷い怪我をおったヒュー。猟のリーダーは仲間数名に、ヒューが死ぬまで付き添い、死んだあと埋めるようにと言い残し去って行った。しかし彼らはヒューが死ぬまで待たず、ヒューが死んだということにしてその場を立ち去ってしまった。ヒューは意識を取り戻した後、ミズーリ川まで這って行き、筏に乗ってフォート・ノックスに向かった。途中で原住民たちが、ヒューの化膿した傷の上に熊の皮膚を縫い付けて助けてくれた。


12.ベック・ウェザース

14_e1

 エベレスト登山史上最悪の結果になったある秋のエベレスト登山を書きつづった「空へ!」には、ベック・ウェザースがデス・ゾーン(エベレストの肩:サウスコルに当たる標高7900m以上の場所を差す。1泊以上すると危険と言われる)で、意識を失っていたのにもかかわらず生還したことが続かれている。18時間を氷点下で過ごしたあと、意識が回復し、必死にサウスコルのキャンプに戻った。顔と手は酷い凍傷にやられ、両手を凍傷により失っている。



11.アメリカの開拓者チーム

15_e1

 アメリカ開拓者であったドナーのチームは、カリフォルニアに向かって進んでいたが不幸が重なり、1846年の冬をシエラネバダの山の中で過ごさざるを得なかった。87名中、生き残ったのは48名で、中には生き延びるために人肉を食べたメンバーも居た。


10.デビッド・スティーブス中尉

16_e1

 飛行機を操縦し、カリフォルニアからアラバマまで飛んだはずのスティブス中尉は目的地に到着しなかった。捜索が開始されたが何も見つからず、彼は死亡宣告を出された。2週間後、シエラネバダの山から歩いて降りてきた。飛行機に何かがぶつかり、脱出したそうだ。


9.気球の事故

17_e1

 1920年のフウ、アメリカ海軍中尉達が乗った気球がカナダの原生林の上に墜落した。ハドソン湾の交流所に着くまで1週間歩き続けた。


8.ヨッシー・ギンズバーグ

18_e1

 1982年、ヨッシーと3人の友人はボリビアのアマゾンで迷子になった。4人は2人ずつに別れたが、2人は二度と会うことはなかった。ヨッシーと友人は筏を作り、川を下ったが、瀬の早いところでバラバラになってしまった。友人は助けられ、ヨッシーはそれよりさらに19日後に川から水を引こうとしているところを発見された。


7.小野田寛郎

19_e1

 第二次大戦を戦った旧日本軍の情報将校。終戦後も任務解除の命令が届かず、戦争がずっと続いていると信じルバング島の密林にこもって戦闘を続け、終戦後29年目にしてフィリピン・ルバング島から帰還を果たす。今年1月16日、肺炎により亡くなった。91歳だった。


6.ジェームズ・ライリー艦長

20_e1

 1815年、アメリカのジェームズ・ライリー艦長とその乗組員は北アフリカの海岸で座礁した。彼らは捕えられ、奴隷として売られ、サハラ砂漠を横断するという狂気の沙汰になるところであった。偶然、英国人の商人と会い、同情した彼によって釈放された。


5.ルイス&クラークの遠征

21_e1

 トマス・ジェファーソンによって西に派遣されたが、遠征隊は盗賊に遭い、傷を負い、何度か餓死しにかけた。通訳サカジャウィーの出身村の原住民の親切な手助けがなければ、間違いなく死んでただろう。


4.ロバートソン家族

22_e1

 ガラパゴス諸島から300km以上離れた場所で、シャチの群れがロバートソン一家の船にぶつかり、破壊した。両親、3人の子供、そして友人1名はそれから36日の間漂流し、日本のトロール船に助けられた。


3.ジョン・マケイン

23_e0

 ベトナム戦争中に乗っていた飛行機が壊れ、ジョン・マケイン中尉は敵に捕えらた。解放されるまでの5年近くの間、繰り返し拷問にあった。彼は早めに解放するという敵の申し出をきっぱり断わり、彼のあとに来た捕虜全員が解放されるまでは自分は解放には応じないと断言した豪傑である。


2.スティーブ・フォセット

24_e0

 気球による単独世界一周を3分の2まで達成していたスティーブは、紅海上で嵐に遭い、上昇することでやり過ごそうとしたが失敗。高度約9000m雹が気球に当たって気球が裂け、彼の乗っていた客室部分は海に向かって落下した。奇跡的に彼は命をとりとめ、10時間後に救出された。


1.スラヴォミール・ラウィッツ

25_e0

 シベリアの強制労働収容所に25年閉じ込められることになっていたポーランド人将校は、他の6人とともにヤクーツクのキャンプを脱走し、シベリアの凍ったツンドラを6400kmを歩いてゴビ砂漠に到達し、チベットを通り、ヒマラヤを超えてついに英国領インドに到達した。

via:list25・原文翻訳:LK

▼あわせて読みたい
奇跡の生還:すべての乗客が生存していた9の飛行機墜落事故


かつての鳴神島、日本軍が攻略したアラスカ「キスカ島」の今と昔


奇跡の全員生還。米国の小型飛行機の空中衝突事故、乗客は全員ベテランのスカイダイバーだった(アメリカ)


まさかのコールドスリープ?雪中の車に2ヶ月間閉じ込められた男性が「冬眠」状態で生存していた(スウェーデン)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 20:59
  • ID:ECKoeQpU0 #

小野田寛郎は日本人の鏡やで、帰国後の日本のマスコミの対応があまりにも酷くてメキシコで農場やってたんだよな

2

2. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 21:04
  • ID:UdCmuRNR0 #

小野田さんの生還は当時幼心にもびっくらした。戦い続けてた事がすごい。
横井さんはここには載ってないのね。
25のジュリアン・カプケット(ユリアナ・ケプケ)の生還を元に映画『奇跡の詩』がつくられてる。
皮下のウジを取り出すシーンがえぐい。

3

3. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 21:30
  • ID:uLiiisj70 #

小野田さんってスパイ養成の陸軍中野学校出身だろ。サバイバル訓練は徹底的に行われてたから奇跡というより必然に近い気がする。サバイバル状況でも適切な知識さえあれば人間29年生きられるっていう証明だよね

4

4. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 21:35
  • ID:CufG7LIN0 #

おい、アーネスト・シャクルトン卿が彷徨ったのは、北極じゃなくて南極だぞ。

5

5. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 21:48
  • ID:5q1pR0pd0 #

14のアビー・サンダーランドだけやたらショボイな
マストが折れて2日後普通に助かったとか

6

6. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 22:33
  • ID:O9q.u9Ww0 #

マケインってそういえばそんな逸話あったんだっけか
ああいう戦争のエグい所を体験してる当人が政治では保守派ってのが良い

7

7. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 22:37
  • ID:f7Nrwo1p0 #

過酷な自然環境を相手にサバイバルできる能力がある人が
必ずしも複雑な現代社会をサバイバルできるとは限らないと思う。
小野田さんとか、ジャングルではうまく生き延びれたけど
もし戦後の日本社会で暮らしてたら、法的に危ないことをしたかも知れない人物だと思う。

8

8. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 23:08
  • ID:wRnzn37q0 #

25のは何かで再現ドラマを見たな
確か父親からサバイバル技術を教えられてたとか…
墜落当時は他にも数人生存者が居たけど、怪我で動けなかったり
動き回るよりはその場で助けを待つといって動かなかったりで、
捜索隊が来たときには、もう全員…

9

9. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 23:19
  • ID:rSCEuva50 #

八甲田雪中行軍遭難事件
が挙げられてないなぁ
200人以上が行って助かったのが10人くらいだったんだよね

10

10. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 23:21
  • ID:OCIKNVXX0 #

24は『生きてこそ』って映画にもなってたね。
後21は『エンデュアランス号漂流』って本で読んだことあった。

11

11. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 23:26
  • ID:pgBxdtsr0 #

こういった記事を見ると寒気がする
自分がこんな状況におちいったら真っ先に命をおとすか、
むしろ絶望して自殺しそう
サメが泳ぐ海を漂うなんて…深い海恐怖症としては地獄だ

12

12. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 23:34
  • ID:YKLK6jza0 #

小野田さんも凄いけど、最後の6400km歩くって…

13

13. 匿名処理班

  • 2014年04月26日 23:51
  • ID:U8NkmcoS0 #

1位のラウィッツは、「脱出記」という本になっているので、リンクを貼ったらどうでしょう。

14

14. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 00:01
  • ID:3b.A9X4c0 #

最後の1がぶっ飛んでスゴイ。地図で見れば解るけど、大陸縦断レベル。

15

15. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 00:25
  • ID:Kz5XMKRO0 #

ラグビーチームの話だったけな。うろ覚えなんだが、救助を待つ間仕方なしに人肉食ってしのいだ人らが救助隊に発見された後、救出されるまでの繋ぎとしてレーションを渡されたが、それは食べずにあえて人肉を食べてたって聞いたな。
カニバリズムに何らかの魅力があるのか、はたまた渡されたレーションがクソまずだったのか。
関係ないけど自衛隊とアメ海兵隊のレーションは結構美味しかった。

16

16. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 00:58
  • ID:e23QUR1J0 #

俺はこの人らみたいに出来ないだろうから
運悪く生き残ってたら自分の運命を呪うだろうなww

17

17. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 01:02
  • ID:G.p6GRcS0 #

罠師すげーな、その状況でパニックにならずにで追跡者を返り討ちにして脱出てランボーかよ
ナイフで腕切った人のはベアグリルスの本で読んだわ、こういうの見るとサバイバルの知識ってあってもいいと思う

18

18. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 01:19
  • ID:kpcqupSz0 #

2010に起きたチリ鉱山生き埋め事故、コピアポ鉱山落盤事故もでしょう。64日間を33人全員がサバイバルできたという奇跡。

19

19. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 01:29
  • ID:u1yU.NwB0 #

小野田さんは取り上げられているけど、横井庄一さんは取り上げられないのね・・・。

20

20. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 02:17
  • ID:KekyS5tb0 #

18と8はディスカバリーチャンネルで映像化されてるのを見た。

21

21. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 02:31
  • ID:cyzgDpOb0 #

やっぱ助けを待つより自分から動くほうがいいのか

22

22. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 03:28
  • ID:Xu5.qWgj0 #

>飛行機に何かがぶつかり、脱出したそうだ。
何と衝突したんだろうか…

23

23. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 03:39
  • ID:P25TXm380 #

20は映画にもなってるね。
低予算の閉じ込められ映画。

24

24. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 03:45
  • ID:vymdjetR0 #

6400kmってまじなのか

25

25. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 04:00
  • ID:bZ3W7ZxX0 #

うーん、生への執着や本人のサバイバル能力も関係あるけど、やっぱり運の影響が一番大きいと思われ
確率論最大の難題、この運の謎を誰か早く解明しなはれ
運を数学的に算出できるようになると、STAPなんかよりはるかに強力に世界に社会大変動と再編成の超パラダイムシフトをひき起こせて、ものすごく楽しいと思うんで数学強い若者はがんばって

26

26. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 06:40
  • ID:8.zl0.fL0 #

横井さんがいない。

27

27. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 07:54
  • ID:LZVpitOb0 #

マケインて捕虜になる前にも空母フォレスタルの甲板上で味方機の誤射した
ロケット弾を自機に食らって大火災発生した中で生還してんのよね…

28

28. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 12:20
  • ID:h4zzRFi.0 #

最後厳しいwwwwww
ツンドラ→砂漠→チベットを6400kmとかww

29

29. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 13:25
  • ID:SjX6eRqq0 #

アメリカの事例をいくつか読んで気付いたけど
最大の生還者はアメリカの商船に乗せられた奴隷やインディアンじゃん

30

30. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 14:30
  • ID:krs0Her.0 #

こういう話で外せないのが山野井さん。雪崩にあったり、熊に襲われたり

31

31. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 14:54
  • ID:Kslma4Hz0 #

25はアンビリバボーであってたような
森で迷ったらまず川を探せとか、食べられそうでも知らない木の実とかは食うな、とか教えられてたんだっけな
それでも凄いわ

32

32. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 15:03
  • ID:CfKFagvp0 #

1のシベリアの収容所から脱出して6400km歩いたポーランド兵の話は最近映画にもなってたな

33

33. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 16:50
  • ID:Tr3BIIKr0 #

ゴビ砂漠を歩くとか信じられねぇw
行ったことあるけど人間の住む環境じゃ無かったぞ

34

34. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 16:56
  • ID:Veor0Rmi0 #

壮絶すぎて言葉が出ない。
書籍に興味がわいた。探してみよう。

35

35. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 18:07
  • ID:GefqIjK40 #

映画シャクルトンを見た時は良く全員生還したと驚いた。

36

36. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 20:26
  • ID:.XgYPU050 #

※1
小野田さんが移住したのはメキシコではなくブラジルです。

37

37. 匿名処理班

  • 2014年04月27日 23:08
  • ID:Mu5hDeCB0 #

>ピエール・ビュー
>彼は自分の奴隷が飢えないようにと奴隷を殺したりもした。
ファッ!?

38

38. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 01:21
  • ID:6s8zp2l.0 #

横井さん

39

39. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 01:52
  • ID:ISahlJF60 #

11はもうちょっと詳しいのをどこかで読んだような、ここじゃなかったのかな。
すげー悲惨だった。
巡洋艦インディアナポリスの沈没から漂流、救出なんかもすごいね

40

40. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 02:54
  • ID:S9j9s9ff0 #

ジョンコルターと小野田さんすき

41

41. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 05:41
  • ID:43IPacw30 #

八甲田雪中行軍遭難事件あげる人いるけどあれはむしろここの人達と違って最善の決断したんじゃなくてダメな例じゃね?
途中で中止出来たのにズルズルと装備も準備出来たのに適切じゃなかったし…救えた命だよ

42

42. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 08:09
  • ID:lZ7oqR5o0 #

1のラウィツは、BBCが検証番組を作ったところ、どうやら疑わしいということみたい。
ラウィツなる人物は、ソ連に釈放された記録があって、自分の事だと名乗り出た人物は証言に疑わしい点がいくつもあるとか。
「我が足を信じて」のヨーゼフ・ファレル(シベリアから中央アジア経由でイランに脱出)は、シャクルトンなんかと共にナショジオの冒険本に取り上げられてるけど、ラウィツは出てないね。

43

43. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 13:35
  • ID:.ehiMtsR0 #

小野田さん亡くなっちゃったなあ・・・。
芯があって本当に尊敬できる人だった。

44

44. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 13:44
  • ID:UCKmdVqN0 #

罠師のヤツとか、インディアンネガキャンの一部にしか見えんな
なにせ白人によるインディアン狩りのほうが多いわけだからして

45

45. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 14:08
  • ID:gC5VC79V0 #

なぁ、こんなにしてまで生き延びても、生還から90-100年過ぎると皆死んでるんだぜ…。生命って儚いよなぁ。生き延びる価値あんのかなぁ…

46

46. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 16:25
  • ID:XfWmme8.0 #

素材はいいんだが説明文が直訳なのかな?分かりづらいし情報足りなすぎる

47

47. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 17:21
  • ID:v1b4UO.E0 #

横井庄一さんの事も忘れないであげてください。

48

48. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 17:57
  • ID:L.7QtrCu0 #

※51
命の最後や人生を終えた後に何か価値のあるご褒美でもあると思ってない?
生物は生きている時間が全てで、価値は生きている人間達のものだよ。

49

49. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 18:33
  • ID:nFxaMAAL0 #

家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ

50

50. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 19:15
  • ID:byfSrmtd0 #

熊の皮膚を縫い付けて・・・
熊の皮膚を縫い付けて・・・?!
見捨てた仲間とその人は再会したんだろうか?!

51

51. 匿名処理班

  • 2014年04月29日 21:25
  • ID:28ld5RkD0 #

※8
おまえ、小野田さんの何を見て知ってそんなことを言ってんだ!?
youtube などで見たらわかるが、とても紳士な方で実直な人だぞ。
まあ、実直な人でないとお国のために潜伏し続けんわな。
想像だけで、小野田さんについて語るお前は、マスゴミ以下だな!!

52

52. 匿名処理班

  • 2014年04月29日 23:44
  • ID:K57VRDMp0 #

もっと生き延びたやつがいて知られず消えていった逸話も多いんだろうな

53

53. 匿名処理班

  • 2014年05月01日 13:17
  • ID:NLvA8jDr0 #

ロビンソン・クルーソーのモデルになった
アレキサンダー・セルカークの話も面白いよ

54

54. 匿名処理班

  • 2014年05月02日 17:28
  • ID:tW9HjBgN0 #

ブラックフット・インディアンとかいうThe 土人のお手本

55

55. 匿名処理班

  • 2014年05月16日 01:25
  • ID:igMQloP40 #

インディアンから見たらよほどアメリカ人の方が凶暴だろうな

56

56. 匿名処理班

  • 2014年05月19日 17:43
  • ID:YHSBjL5d0 #

無人島から脱出するゲームにも戦争がまだ続いてると思って戦ってる日本人の描写あったな

57

57. 匿名処理班

  • 2014年05月27日 09:04
  • ID:oLEtFWiL0 #

本で読んだせいかもしれないけど
25が一番すごい気がする
少女で単独でアマゾンのジャングルだぜ?

58

58. 匿名処理班

  • 2014年06月25日 05:55
  • ID:6wX.oI6n0 #

ジョン万次郎は絶対挙がってると思ったけど無かった…

59

59. 匿名処理班

  • 2014年07月30日 19:35
  • ID:3vttCuAh0 #

※17
普通に考えたら何かの手違いで救助に来なかったり来れなかったりした場合のこと考えて傷みやすい方を先に食べるのは当たり前のことだと思うが。
ゲームじゃあるまいし救助隊がきましたクリアですとはならないんだから。
天候が悪化して飛行機が飛ばせない状態が何日か続いたら?迎えに来るはずの飛行機が来るまでに落ちてそれがわかって再び飛行機を飛ばしなおすのに何日もかかったら?自分たちの飛行機が間違いなく堕ちているのに考えすぎだなんて言えないだろ。周りから見たら救助隊がきたんだからもう大丈夫だろって思うだろうけれど病院につき自分たちの日常の世界に戻ってきたという実感が湧かない限り彼らは非常事態(パニック)のままだと思う

60

60. 匿名処理班

  • 2014年08月15日 02:46
  • ID:h6Z7BpuA0 #

一次大戦中に無人島に着陸した飛行士が飛行機分解してラジオ作ってかなり長い間サバイヴしたっていう話をきいたことが・・・

61

61. 匿名処理班

  • 2014年08月15日 23:20
  • ID:g0MIAqqm0 #

17何となくユーモラスだ
11のドナー隊はwikiがあるね、リンクしてほしい
後半ほとんどリンクがなくて
ぐぐっても詳しく解らないのが残念

62

62. 匿名処理班

  • 2015年02月01日 11:15
  • ID:NFBLxWG90 #

マケインは確か、「のんきにそのまま帰ったりしたら親父に殺られる」ってぐらいお父さんが怖かったって話を聞いたことがあるw

63

63. 匿名処理班

  • 2016年10月18日 01:02
  • ID:upMTqm4l0 #

小野田寛郎は当時第8師団参謀であって、師団長からは部下と共に戦い玉砕は絶対にするなと言われてたんだよね。
29年間全く情報から遮断されていたわけではなく捜索隊が残していった新聞や雑誌を見たりラジオを聞いたりして、終戦は偽りであると思ったり、本当はベトナム戦争へ発つアメリカ機を日本に追い詰められているアメリカ軍だと勘違いしてしまうのだけれど。
ただ終戦後の29年間にわたり彼が自身が殺傷したと証言しているフィリピン警察軍、現地住民、アメリカ軍のうちアメリカ軍にはその記録は残されていず、実際には彼が殺傷した人たちの大半は現地の非武装の住民であったんだよね。彼が食料としていたヤシの実はともかく農耕牛は住民達の大切な財産であったし。
彼の存在は地元住民にとっては山賊のようなものだったろうね。

64

64. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 22:24
  • ID:cQP.A9dO0 #

レッドウィング作戦とブラボートゥーゼロは入りませんか?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク