0_e5

 人類の長い歴史の中には壮大でディープな謎に包まれた部分があり、人はそこに魅力を感じる。知られざる過去の中には、我々の祖先である古代人が「現在では失われてしまった知識」を有している可能性だってある。

 今日の技術革新により、これまで存在さえ不明確だった数々の古代都市が近代的な考古学的調査で明らかになりつつある。ここでは、人々を魅了する5つの失われた都市を見ていくことにしよう。

スポンサードリンク

1.トロイ

1_e9

 その伝説の都市とその莫大な富に関する噂は、多くの研究者達を数百年間も魅了し続けた。伝説によると、トロイの都市はギリシャ軍に陥落されて焼け落ちたというが、その位置については多数の学説が唱えられていたが、19世紀、トルコのアナトリアにあったという説が有力とされている。アナトリアのイリオス付近の丘の上で、考古学者が高さ6mの壁を発掘したのだ。

 また、"この場所には9つの都市があり、その一つがトロイ市だった"という説を唱える者もいる。


2.ソドムとゴモラ

2_e9

 旧約聖書に登場し、アラビア半島からシリアへの貿易ルート上に存在したというこの2つの都市は、住民の罪深い行いのために硫黄と炎により破壊されたと伝えられていた。

 その後の発掘調査でその両都市は実際に存在し、凄惨な最期を遂げていたことが判明した。これらの都市は死海の南岸付近にあったと推測されている。そこはヨルダン川河口にあたり、かつてはパレスチナ南部で最も美しいといわれた絵画のような場所だったという。



3.シャンバラ

3_e7

 シャンバラは、チベットの領土内に存在する謎めいた国として今でも人々を驚愕させる。この国への関心が一気に高まったのは2004年の出来事がきっかけだった。この伝説にまつわる初調査が開始されたことで、長年にわたり概念的なものに過ぎないと考えられてきた謎の国が現実に存在するという証拠が発見された。



4.エル・ドラード

4_e

 いたるところに黄金や宝石があふれているという伝説の国。この国を発見しようという試みは250年近くも続いた。その取り組みが最も真剣に行われたのは17世紀の初めで、ウォルター・ローリーによるものだった。

 彼が試みた伝説の国エル・ドラードの調査で得られた結果は、民俗学および地理学的にも非常に価値があった。この伝説は、ある先住民族の風習を基にしたものだと考えられている。それはいわゆる即位の儀式のために一族の長が金色の塗料を体に塗り、式の終わりの水浴びの時には黄金の品々を湖に投げ込む、というものだった。



5.アトランティス

5_e4

 アトランティスはその存在にまつわる卓越したストーリーや伝説により、最も知名度が高い"失われた都市"の一つだ。その古代の強大な海洋国家は、"ヘラクレスの柱"(ジブラルタル海峡の両岸にある二つの山)の向こうに位置したという。

 ポセイドンの子孫である住民たちは最初は豊かに暮らしていたが、強力な帝国を築いたことによりアテネに攻め込んだ。アテネの神々は攻撃を仕掛けた罰として地震を起こし、アトランティスは海に飲み込まれて一昼夜のうちに消えてしまった。

 数年前、「アトランティスがキプロスとシリアの間にあった。」という説が唱えられ、海洋地図をもとに地中海東部の海底を調査したところ、プラトンの文献にあった物理的な記述に一致する部分が50ヶ所以上も見つかった。その後、音波探査機器が描いた海底にはアトランティスに存在した人工的用水路のようなものが複数現れたという。

via:5 of the legendary lost cities・原文翻訳:R

 これらの都市は本当に存在したのか。専門家は今もなお、その発見に取り組み続ける。"ないモノをないと証明することは難しい"とは、よく言われる言葉だが、これらの古代都市は"存在しなかった"とまでは言い切れないものである。一度「失われた都市」の魅力に取り憑かれてしまったら専門家らは、「ない」という答えがでるまでは、永遠に探し続けることだろう。それが彼らのこの世に生まれた存在意義であるかのように。

▼あわせて読みたい
これが伝説のアトランティス大陸?カリブの海底に沈む古代都市が撮影、公開される


今でも多くの謎を残す失われた神秘の都市「ケニア・エンゲディ遺跡」


失われた世界34の都市


2100年、消滅するであろう世界7つの都市とその理由




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年11月23日 20:51
  • ID:H4Swk1lX0 #

シャンバラの2004年の出来事ってのが何か気になるな。

2

2.

  • 2013年11月23日 21:19
  • ID:TgO..5nf0 #
3

3.

  • 2013年11月23日 21:27
  • ID:Hryj4bBH0 #
4

4.

  • 2013年11月23日 21:28
  • ID:iQ0ItOKM0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2013年11月23日 22:33
  • ID:2.FGoP2U0 #

謎の地っていいよね、ジパングとか蓬莱とか

実在した都市だとザナドゥがいい感じ
響きがかっこいいし、今はもう草原になっているってのも無常感があっていい

6

6.

  • 2013年11月23日 22:38
  • ID:ZauxoN8U0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2013年11月23日 22:52
  • ID:CevDO3oF0 #

スターゲートアトランティス面白かったよねw

8

8. 空缶

  • 2013年11月23日 23:36
  • ID:szbocoh70 #

シャンバラは物理的領土と目される一方
万物の根源が展開してこの世界となった過程の中での、
比較的根源に近い状態を保持・保存している
「叡知の図書館」的な何かだという神秘学的な見解もある。
その場合、根源に対しはるかに劣化バージョンである現生からは
シャンバラは隠されて見えない事になるらしい。

9

9. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 00:04
  • ID:qGPWX8o10 #

バビロンはないのか

10

10. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 00:58
  • ID:L3An0piCO #

俺の厨二心を揺さぶる記事だ
ムー大陸はないだろうけどアトランティスは何かしらあると思うな

11

11. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 01:27
  • ID:JzRmaK.W0 #

シャンバラ…スワスチカでも開いたかね

12

12. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 01:53
  • ID:EM1jjsZV0 #

やはりムー大陸はだめだったか

13

13. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 02:13
  • ID:cX34Yk3I0 #

アトランティスの場所って実在したとしても本当にわからないんだね
「ヘラクレスの柱の向こう側にあった」のに「キプロスとシリアの間にあった」
向こう側って、大西洋側じゃなくて地中海側かよっていう。しかも地中海の奥の奥

14

14. みあきち

  • 2013年11月24日 03:02
  • ID:DqBN8cv10 #

ソドム・ゴモラの町は悪徳ゆえの滅亡したんじゃなく、先に「滅亡したから」「悪徳の町」だと後付けで伝承ができたんだろうな

15

15. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 03:06
  • ID:Hngy54Qs0 #

ムー

16

16. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 03:38
  • ID:vh5T.fN20 #

実は俺、手と足に水かきが付いてるんだ

17

17. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 05:16
  • ID:iM.fbhxa0 #

東地中海のアレクサンドリア近海に沈んでる古代遺跡群なんかも失われた都市の一部やろね

18

18. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 07:15
  • ID:78.rsAav0 #

アレクサンドリア図書館が残っていたらこれらの記録もあったかもね

19

19. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 09:59
  • ID:D7cLKZUiO #

日本が昔金の国と言われたのと一緒で現実は凄い都市でも無いのかもね

20

20. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 11:37
  • ID:v4gWQcoP0 #

ルルイエがないとか…

21

21. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 11:39
  • ID:BvTjWDJW0 #

インドラの矢で消滅したソドムとゴモラはインドのマーハーバーラタって言う叙述詩に出てくるって事は、当時のかなり広い地域にわたって知られていたことなのだろうか?

22

22. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 15:22
  • ID:8injAh170 #

ヒトラーはシャンバラをチベットにある地底王国だと考えていたようだね。

それはそうと大事なのが抜けていますよ。「邪馬台国」がないとか。

23

23. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 16:50
  • ID:GSQa3v7X0 #

>>21
いや、出てこない。
ムスカのセリフのこと言ってるんだろうけど、正確なセリフは「旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした"天の火"だよ。ラーマヤーナでは"インドラの矢"とも伝えられているがね」だ。
ラーマヤーナにもソドムとゴモラの話が出てくる、と言っているわけではない。それぞれに「神の火焔」の話がある、と言っているだけ。
ラーマヤーナでインドラの矢が滅ぼしたのはアスラの軍勢。

24

24. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 17:22
  • ID:9sA6w8q00 #

黄金の国ジパングの伝承は
実際に金鉱脈があったからだろう。江戸時代の小判のほとんどは金だし

25

25. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 17:44
  • ID:O4H.qztC0 #

南極大陸や北極圏の超古代文明は?

26

26. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 20:31
  • ID:SrzwGUFz0 #

>それが彼らのこの世に生まれた存在意義であるかのように。
良いナレーションだパルモ。

27

27. 通りすがり

  • 2013年11月24日 21:42
  • ID:s.oo1OUs0 #

>>24.
>江戸時代の小判のほとんどは金

いや、世界中の金貨はほとんど金のような……

28

28. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 21:43
  • ID:.jTjb9Xg0 #

ロマンだよね
アトランティスとか、現実にないことはほぼ判明しているものでも夢が膨らむ
いいなー

29

29. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 22:02
  • ID:bKZnLdSW0 #

ソドムとゴモラについては
直径1.25キロほどの小惑星が爆発してその破片が地中海一帯に落ちたんだという説もある

30

30. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 22:02
  • ID:m9yb8ZU00 #

x51.orgの本思い出した

31

31. 匿名処理班

  • 2013年11月25日 09:13
  • ID:zYQJBcRl0 #

ラピュタは?

32

32. 匿名処理班

  • 2013年11月25日 12:14
  • ID:oDiKcw8e0 #

※20
そりゃあそうだよ
クトゥルフが創作の枠から出るのは難しい

33

33. 匿名処理班

  • 2013年11月25日 15:02
  • ID:nyvGcPZn0 #

>>27
笑ったw
多分>>24さんは「日本の小判大判は当時実際に市場に流通していた世界の貨幣(金貨)の中でもダントツに金の含有量が多かった」と言いたかったのでは

34

34. 匿名処理班

  • 2013年11月25日 16:53
  • ID:T1K4VtqK0 #

>>33
んなこたあねえけどな、慶長小判などは金の含有量が高いけど時代を降ると含有量は減っていく。

35

35. 匿名処理班

  • 2013年11月25日 16:57
  • ID:zRMS4Xd70 #

>>20
あってたまるかw

36

36. 匿名処理班

  • 2013年11月25日 18:40
  • ID:j10OzEZZ0 #

数千年後には東京が古代都市として扱われるかもね。東京以外の各国の主要都市もそうなるかも。

37

37. 匿名処理班

  • 2013年11月27日 17:57
  • ID:Jw8li6V70 #

中途半端な知識でテキトーなコメントするとよい子の皆さまの修正が怒涛の様ね。
総攻撃に見えなくもないけど・・・。

38

38.

  • 2013年11月27日 23:14
  • ID:DbD1TAcn0 #
39

39. 匿名処理班

  • 2013年12月01日 01:08
  • ID:14MuSwAJ0 #

楼蘭は…
記録残ってるからこのなかには入れないか><

40

40. 匿名処理班

  • 2013年12月04日 00:08
  • ID:JYLj9c8n0 #

ソドムとゴモラって本当にあったんだ!
聖書の中だけのフィクションだと思ってた

41

41. 匿名処理班

  • 2013年12月17日 02:27
  • ID:zJSlDde.0 #

あと沖縄の遺跡の様な跡もじゃないかな?
ありえなくもないと思うが。

42

42. 匿名処理班

  • 2014年05月24日 22:47
  • ID:Ex9mJ.sK0 #

新人類誕生から20万年。
数万年前に古代文明がいくつも存在していたっておかしくはない。

43

43.

  • 2016年01月31日 13:41
  • ID:LXpT83Pi0 #
44

44. 匿名処理班

  • 2017年01月04日 23:39
  • ID:OEz3XOna0 #

日本に金がたくさんあったって話は、当時の国内では金より銀のが貴重だって思うような割合で鉱脈があったからだ、みたいに中学で習ったな…
海外との貿易やらなんやらで流出して、さらに鉱脈をとり尽くしたとも。それまでは金なんていくらでもあるって勢いだったから、海外では考えられないくらい気前よく銀やらと交換してたんだって… 今でもこの内容で教えてるんかな? 歴史って数年目をはなすと教科書かわってて自信なくなるのね…

45

45. 匿名処理班

  • 2017年05月19日 23:14
  • ID:CrcprOG70 #

世界の東の果てにあり
太陽の実がなる神木が立つ伝説の国、扶桑国は日本

46

46. 匿名処理班

  • 2017年05月19日 23:59
  • ID:iAUGVjiK0 #

トロイが未発見のように書かれているのは

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク