9_e25

 10月29日はアメリカではナショナルキャットデー、猫の日である。このため米サイトではこぞって猫の話題を取り上げていた。その中で元大統領であるクリントンが飼っていた黒白柄の猫「ソックス」の画像が公開されていたので、そのストーリーと共にみていくことにしよう。

スポンサードリンク

 ソックスは、元々は野良猫だった。元大統領がアーカンソー州知事だった時代、娘のチェルシーさんが家に迎え入れたものだ。1993年、クリントンが大統領となった時、一緒にホワイトハウス入りし、ファーストレディーならぬファーストキャットとなった。

 白い靴下を履いているように見えることから「ソックス」と名付けられた。
1_e43

 ソックスはホワイトハウスの敷地内を自由気ままに行動し、その姿がメディアを沸かせた。

パパラッチにかこまれるソックス
5_e30

移動はシークレットサービス付の車で
6_e29

ソックスはアメリカではクリスマスプレゼントを入れるものとされている。なのでソックスは一年中がお祭り気分だ。
7_e28

イースターエッグの日
肉球プリントの卵をたくさん集めるソックス
8_e28

お散歩は元大統領の肩の上
10_e27

元大統領の話を誰よりもよく聞いていた、はず・・・
11_e22

記者会見会場をまず視察するソックス
12_e18

執務室の癒しキャラであった
13_e15

クリントンの浮気スキャンダルの中、夫婦の仲を唯一取り持つことができたと言われたり言われなかったりしたソックス
14_e14

 ソックスがファーストキャットになってから4年後、犬のバディーがファーストドッグとしてホワイトハウス入りした。この時からクリントン一家のペット戦争が始まったといわれている。そう、ソックスとバディーは相性が悪く、なかなか仲良しになれなかったのだ。

 どうしてもなじめなかったソックスとバディー
2_e43

 ぴったりとくっついて写っている写真はなさそうだ
3_e40

 一定の距離感を保っているソックスとバディー
4_e35

 ソックスとバディーはともに人気者である。クリントン元大統領は、両者の「和解」の道を模索したが、そのかいなく2匹は別々の道を歩むこととなった。ソックスは、2001年、クリントンが大統領職を退任する1月20日前日の19日夜、ワシントン郊外の元大統領秘書のカリーさん家に引き取られたという。

 一方犬のバディは、クリントン一家とともにニューヨークの新居に移っていったそうだ。

 大統領席に座るソックス
15_e11

 ソックスは1989年生まれ。口やあごの部分に発症したがんの治療を数か月にわたり受けていたが回復の見込みがなく、2009年2月20日午前、安楽死の処分を受けたと米バージニア州の動物病院当局者が発表した。享年19〜20歳。

 ソックスはファンクラブもあり、動物愛護関連の行事も積極的にこなしていた。全米が元ファーストキャットの死を悼んだという。

 在りし日のソックスとクリントン元大統領


▼あわせて読みたい
私の彼氏は野獣なの。黒猫と黒クマのラブラブカップル(ベルリン動物園)


「喧嘩イクナイ!」猫の喧嘩を徹底的に止めに入る仲裁犬グループ


猫「押すなよ?絶対押すなよ?」、犬「ポンッ」



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
4504 points
孤児になった子熊たちが大量のりんごを目の前に、猫のゴロゴロのような音をだす

孤児になった子熊たちが大量のりんごを目の前に、猫のゴロゴロのような音をだす

2020年10月21日
3364133233
2位
4375 points
野良犬のピットブル、迷子の子供を発見し自らボディーガード役となり親と再会するまで守り抜く(アメリカ)

野良犬のピットブル、迷子の子供を発見し自らボディーガード役となり親と再会するまで守り抜く(アメリカ)

2020年10月22日
894249235
3位
3940 points
ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

2020年10月19日
4位
3548 points
雪積る日、猫をくわえ自分の犬小屋に運び寒さから守ろうとした犬

雪積る日、猫をくわえ自分の犬小屋に運び寒さから守ろうとした犬

2020年10月26日
2283272246
5位
2659 points
1年間冷凍保存していたトウモロコシの発酵麺を食べた家族、食中毒で9人死亡(中国)

1年間冷凍保存していたトウモロコシの発酵麺を食べた家族、食中毒で9人死亡(中国)

2020年10月24日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 01:05
  • ID:0anpkWLs0 #

フォーマルなスーツも
おめしになっていらっしゃる…

2

2. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 01:27
  • ID:wSfnsLgN0 #

タキシードキャットって言葉もあるくらいだからねぇ。

3

3. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 02:01
  • ID:p1pKVlOM0 #

パパラッチすら手玉に取るとは…真のセレブか

4

4. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 02:17
  • ID:hN02sthS0 #

えぇ?元々一緒に連れてきた猫は他人にやって出てく時は犬の方をとったの?
しっくり来ねえ…猫記事だけに

5

5. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 02:35
  • ID:bWLvHSm.0 #

20年なら十分に長生きしたんだな、カリーさんにもなついていたのだろう。

6

6. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 03:34
  • ID:UcgQQtBH0 #

新しい女に夢中になって糟糠の妻を捨てたみたいな感じだな…
なんか後味悪い

7

7. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 04:27
  • ID:fouQkUgp0 #

ペット安楽死の文化がどうしても受け入れられない

8

8. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 05:23
  • ID:07Q.tiTp0 #

えっ!?ソックスのほうを捨てたの?
なんかちょっと…

9

9. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 06:29
  • ID:AjQEXH6a0 #

ソックスは桜玉吉の漫画「しあわせのかたち」で知った。
20年か〜長生きしたね〜

10

10. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 07:27
  • ID:07PzzDem0 #

猫にもはりつくパパラッチか、仕事なんだろうけど…

11

11. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 07:42
  • ID:j1x2u06F0 #

捨てられた云々は人間目線だ。もしかしたら
「クリントン家は犬くせーんだよ!」と
ソックスがカリーさんに懐いたのかもしれない。

12

12. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 07:50
  • ID:uoFTJb4C0 #

やっぱクリントンはksだわ
犬を選びやがるとは

13

13. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 07:56
  • ID:l3pGHCG30 #

なんかね、どうせならソックスも一生大統領の家族にしてほしかった
何で手放したんだろう
白黒のにゃんこソックス20年長生きだったね

14

14. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 07:57
  • ID:ChV.Y.NC0 #

実はこの猫が大統領の正体なんだよ
猫がアメリカを操ってたんだよ

15

15. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 08:46
  • ID:HVkDMfkr0 #

ソックススキャンダル

16

16. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 10:54
  • ID:dDaUwY6V0 #

wikiを見たらフルネームがちゃんとSocks Clintonになってるね。
ちなみにソックスとカリーさんの写真がある。

17

17. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 12:09
  • ID:G49QfzIv0 #

どうやら当時ソックス君と仲の良かった秘書の方が引き取ったみたい。
クリントン元大統領より秘書の方が仲が良かったのかな…と願う

18

18. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 12:57
  • ID:3LxBBaq.0 #

捨てたって言い方はどうかと・・・
でも確かに理由はちょっと気になる。カリーさんによくなついてたとかじゃないのかな。

19

19. 匿名処理班

  • 2013年11月01日 14:05
  • ID:sKYLpjd.0 #

ペットの安楽死は回復の見込みなくて痛みがあって苦しい事が分かってる場合には優しい事だと思う。苦しいのにズルズル生かされてるよりは眠るようにの方がいいな。
そしてファーストキャットの医者とかやっぱり冷や冷やものなのかな

20

20. 匿名処理班

  • 2013年11月02日 00:18
  • ID:Gt7olxMT0 #

20才とは長生きしたんだね。
うちの猫もこのくらい長生きしてくれるといいな。

21

21. 匿名処理班

  • 2013年11月02日 02:26
  • ID:iIHcdoIL0 #

※19
勝手な妄想を優しさと押し付けるのはエゴだろう
君は知っているかい
この世で自殺なんてする生き物は人間だけなんだよ

22

22. 匿名処理班

  • 2013年11月02日 12:23
  • ID:3z.8IVs30 #

そうは言うが、そういう君の意見も妄想なんじゃないか?
癌の末期はかなり苦しいと思うよ。 
俺は嫌だけど、なんなら一度体験してみてくれ。
ソックスは娘の猫だったから、娘が大学だのなんだので連れて行けなかったのかもね。
父ちゃんが何故バディを飼い始めたかっつーと、トップであるが故のぼっちで
鬱っぽくなった時に ワシントンで本当の友達欲しいなら犬を飼いなさい、
とアドバイスを受けたから。 それから鬱っぽい状況から脱出したと言われてる。
父ちゃん的には娘の猫より親近感あったんだろう。

23

23. 匿名処理班

  • 2013年11月02日 13:30
  • ID:M3Gf0o9L0 #

※21
レミング「あ?」

24

24. 匿名処理班

  • 2013年11月02日 16:58
  • ID:M3Gf0o9L0 #

子供達が大統領眼中無でソックスに
群がってるのにワロタww猫かわいいもんねw

25

25. 匿名処理班

  • 2013年11月02日 22:09
  • ID:Lf2ZWCDU0 #

秘書さんが好きニャだったのかな
安楽死についてはどちらを選ぼうと結局人間のエゴでしかないとおもうからなぁ
19〜20歳ってことみたいだしただでさえ体も弱ってくるのに
癌でもっとしんどくなってたなら無駄に苦しませるよりはいいのかもしれない
でもきっと私は自分のとこのネコにできるかどうかはわからない
自分の都合でだけ延命治療してくるしませてしまうかもしれない
ただただ自分が寂しいからというエゴのために・・・・

26

26. 匿名処理班

  • 2014年08月05日 00:20
  • ID:u1tot91I0 #

※24
レミングの自殺はでたらめだけどな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク