0_e5

 写真家のニック・ブラントが北タンザニアのナトロン湖を初めて訪れた時、湖岸に並ぶ不気味な動物の彫像に衝撃を受けた。その後彼はさらにショックを受けることになる。なんとそれらはアルカリ性の湖水によって石灰化した本物の動物だったのだ。
スポンサードリンク

 ナトロン湖は火山灰により自然に出来上がった強塩湖で、炭酸ナトリウムや塩化ナトリウムを多く含む。ミネラル成分はエジプト人がミイラの保存に使ったものと同じだ。この湖のアルカリ成分のph値は9から10.5でアンモニアに似ている。そしてその温度は60度に達する時もある。

 この腐食性を帯びた環境に身を投じるとたいていの場合命取りになる。鳥やコウモリがナトロン湖の水に飛び込むやいなや、そのミネラル分は彼らの肉体を石に変え、最期の時を過ごす彼らの姿をそのまま保存してしまう。

ウミワシ
1_e3

コウモリ
2_e4

ツバメ
3_e3

 この湖の環境を生き抜くことができるのは藻類などの無脊椎動物のほか、湖岸付近に生息するいくつかの魚たちに限られる。フラミンゴが巣作りのために天敵のいない塩の島を使うときもあるが、それはリスクの高い賭けなのだ。

ハト
4_e2

フラミンゴ
5_e2

鳴鳥
6_e2

 彼らがどのように絶命したのか、その詳細を知る者は誰一人いないだろう。ただ、この地域に捕食動物はほとんどいないことから、これらの動物たちは自然死した可能性が高い。

 ナトロン湖は塩分濃度は相当のもので、ブラントが持参したコダックのフィルムの箱の印刷が数秒で消えるほどだったという。この湖の成分が生物の石灰化を招き、生前の姿のまま保存されたと推測できる。

 ブラントは湖岸で見つけたその死骸を、かつて彼らが"暮らしていた"場所に運び、生きている時のようなポーズをつくり、彼らに新たなる生命を吹き込んだ。死後の世界を再び生きるように。



via:odditycentral・原文翻訳:R

 ニック・ブラントの最新の写真集、「Across the Ravaged Land」の中には石灰化した動物たちの不思議な写真のほか、東アフリカで撮影した他の写真も収められている。



▼あわせて読みたい
フラミンゴがピンク色になる理由がわかる、アフリカの真っ赤な塩湖「ナトロン湖」


地球にいながらにして他惑星気分を味わえる劇的光景が広がる世界


NASAが新種の生命体を発見したカリフォルニア・モノ湖はこんなにもSFファンタジーだった。「モノ湖画像特集」


天空を映す地球最大の鏡、ボリビア「ウユニ塩原」絶景写真


カラパイア無料メールマガジン購読方法


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 20:35
  • ID:i4OcbFPj0 #

ああなるほど、現地で拾った死骸にポーズは人の手でつけたのね…なんか生きてるまんまの姿勢で固まってるからあせりましたわ。

2

2. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 20:37
  • ID:McI5zGDP0 #

どんな順序で死に至ったのかしら

3

3.

  • 2013年10月14日 20:38
  • ID:HQzgkQyF0 #
4

4.

  • 2013年10月14日 20:38
  • ID:EM7938P.0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 20:44
  • ID:GFHmSZh.0 #

エルスウェア塩結晶共振だね
重工学やってる人は意外と分かるんじゃないかと。

塩分濃度が生体既在値に近い塩水に漬かると
驚くほどの早さで化石化する。(厳密には岩塩)

ダビデ像がこれで石像になったのが一番有名な例だと思うけど、
ウッソ国際工学大学のホーラ博士の著書
「偽りの逸話」で詳しく供述されてるよ。あの高田純次もびっくりしてた

6

6. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 20:44
  • ID:JGzRBOD40 #

完全にファンタジーだこれ
でも白黒じゃなく実際はどんな感じなのか見てみたい

7

7. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 20:48
  • ID:4DhaszQW0 #

ナトロン湖の写真でいつも思うんだが、綺麗な形て石化した写真はモノクロばっかりなんだよな。
何故かカラー写真が見当たらない。
何でだろう?
気になって昼寝が出来ないじゃないか。

8

8. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 20:51
  • ID:T3tZrEKV0 #

コウモリは逆さにしたほうがいいんじゃないのかな

9

9. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 20:58
  • ID:aQ9onZ1v0 #

これすごいな

10

10.

  • 2013年10月14日 21:00
  • ID:jBfcFhRA0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 21:12
  • ID:1lalL3uo0 #

>> 1
まるっきり同じ事書こうとしました。
んで、+1。

12

12.

  • 2013年10月14日 21:19
  • ID:jkYjZxnK0 #
13

13.

  • 2013年10月14日 21:37
  • ID:D4we2pn00 #
14

14. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 21:45
  • ID:EvU7T.SW0 #

メデューサはアフリカにいたんだなぁ

15

15. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 21:58
  • ID:hl8zJDlV0 #

ナトロン湖でググると塩湖なだけあって無茶苦茶赤いな

16

16. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 22:03
  • ID:dDNaE.cr0 #

白黒なのはニック・ブラントの趣味なんだろうけどカラーで見たいよね。

17

17. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 22:08
  • ID:wwTrTk5X0 #

強アルカリの液体を被って、肉の部分だけ溶けて毛が残ったって感じかな。

18

18. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 22:12
  • ID:ZrriVfjT0 #

アルカリで肉は溶けるから死骸はこんな姿で残らないはずだよ
ただのフィクションです

19

19. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 22:23
  • ID:Tn7.A2yi0 #

セピア色にすればベクシンスキーの絵みたいだ

20

20. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 22:29
  • ID:PvdL275K0 #

と言う事は俺らがナトロン湖に入れば
こんな感じになるってことか?(−ω−)

21

21. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 22:34
  • ID:srIGei1i0 #

>5
ウッソ{嘘)にホーラ(法螺)ですか

ところで撮影のためにポーズつけたとあるけど、石化の具合で脆かったりするのかな?
どこまでガチガチに石化してるんだろう、ちょっと気になるな

22

22. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 22:55
  • ID:vsFFH00F0 #

冬虫夏草かと思ったが、別にそんなことはなかったぜ

23

23. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 23:06
  • ID:dpmungoU0 #

誰か鳥肉漬けた動画を撮ってくれないだろうか

24

24. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 23:07
  • ID:fgsuv3Rj0 #

"エルスウェア塩結晶共振"でググってもこの記事しか出てこない…

25

25. 匿名処理班

  • 2013年10月14日 23:42
  • ID:y.8HjBWM0 #

さりげなく何百万年も前の生き物の死体とか転がってそうだな

26

26. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 00:23
  • ID:j80kIvee0 #

ナトロン湖って「ナトリウム」の語源だったりするのかな?
それとも偶然似てるだけかな?

27

27. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 00:34
  • ID:QiakwUlg0 #

ポーズつけてない自然の状態の死骸が見たいんだが

28

28. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 00:38
  • ID:mVeYOet10 #

ダークファンタジーの世界だね

29

29. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 00:47
  • ID:9S69FTTv0 #

銀河鉄道999に出てきそうだ

30

30. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 01:05
  • ID:k.LtQwP30 #

ここまでコカトリス無し

31

31. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 01:39
  • ID:rca2Jtdw0 #

そんなところに魚が住んでいることが驚きだw

32

32. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 03:40
  • ID:j80kIvee0 #

コウモリの写真は逆さに配置して写真をとってから、画像をさらに逆さにしたんじゃないかな。
枝のつかみ方を見ると普通にぶら下がっているように見える。もしかしたら接着剤とか使ってるかもしれないけど

33

33.

  • 2013年10月15日 05:04
  • ID:d0sPq1Zd0 #
34

34. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 07:52
  • ID:gfKFnM8i0 #

ナトロン湖でググったら一件だけカラーで撮られたコウモリの死体の画像が出てきた
その死体は真っ白で、湖の赤と合わされば白黒より幻想的な雰囲気が出そうだと思うんだけどなぁ

35

35. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 08:39
  • ID:r9V.8rfG0 #

コウモリの写真が上下さかさまになってますよ

36

36. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 09:51
  • ID:nKmnv3eM0 #

何だか不自然のような・・・

37

37. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 10:16
  • ID:yZyaJvo70 #

ここで人が泳いだらどうなるの?

38

38. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 11:57
  • ID:iXlnSssM0 #

石化っていうか、単に塩が析出してるだけなんだろうなあ。
フラミンゴ、繁殖期に200万羽以上来るって別のとこに書いてあったわ。
Lake That Turns Animals to Stone? Not Quite | LiveScience:
要は印象的な死骸アート、てことですかな…

39

39. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 12:24
  • ID:e7BRckw40 #

ウルトラQみたい。

40

40. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 12:33
  • ID:NoXQ7bRV0 #

場所を移動しただけで、ポーズは変えてないよ

41

41. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 13:33
  • ID:iXlnSssM0 #

>26
たしかに、「ナトロン」ていう言葉はナトリウムの語源にもなってるエジプト期限の古い言葉らしい。
だから可能性としては、エジプト→ギリシア、ローマ経由でこの湖の古い名前が現代まで残ったということもあり得なくはないようだ。
しかし自分がチョロッとウェブを漁ったくらいでは、ナトロン湖が太古からもともとそういう名前であったのか、近年西洋人によって再発見され、そう名づけられたのかは残念ながら分からなかった。
どうもどの記述も現在の塩湖としての状況ばかりで、歴史に触れたものが見つからんくてね…

42

42. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 13:57
  • ID:iXlnSssM0 #

>24
クッ、ジョークをジョークって説明させんじゃねえよ…

43

43. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 14:36
  • ID:BkbP0d7i0 #

結局は人為的なのね
自然のままでこれだったら本当にファンタジーの世界だよねぇ

44

44. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 14:40
  • ID:iXlnSssM0 #

米38のサイトから
"I took these creatures as I found them on the shoreline, and then placed them in 'living' positions, bringing them back to 'life,' as it were," Brandt wrote, referring to the way he repositioned the animals. "Reanimated, alive again in death."

>40
positionて言葉は、場所もそうだけど姿勢も含むことができるんだわ。だから姿勢は変えてないっていうなら明示的に変えてないっていう記述を引用してちょ。そしてソースが引用されても、それが信用できるかっていう問題がさらにあるけどね。

45

45. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 15:05
  • ID:iXlnSssM0 #

>44 追記
というか、"placed them in 'living' positions, bringing them back to 'life, as it were"で、はっきり生きてたときの姿勢にして置き直したってことだなあ。

46

46. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 18:58
  • ID:COLWyLph0 #

金の針

47

47. 匿名処理班

  • 2013年10月15日 20:47
  • ID:8qrhKs0C0 #

なんかドラクエの石化した村を思い出した

48

48. 匿名処理班

  • 2013年10月16日 11:29
  • ID:gQmwATDf0 #

伝説ってこうやって生まれるのね、きっと。

49

49. 匿名処理班

  • 2013年10月16日 11:36
  • ID:0wOw56eI0 #

>5
くそう。信じそうになったじゃねえかwww

50

50. 匿名処理班

  • 2013年10月17日 00:08
  • ID:5IwUFoRJ0 #

>ブラントは湖岸で見つけたその死骸を、かつて彼らが"暮らしていた"場所に運び、生きている時のようなポーズをつくり、
 
余計なことしやがって

51

51. 匿名処理班

  • 2013年10月17日 15:41
  • ID:MVRZfRIA0 #

そしてカーズは考えるのをやめた

52

52. 匿名処理班

  • 2013年10月18日 00:33
  • ID:YhGv4gzv0 #

保存食としての塩漬けは虫を寄せ付けなかったり腐敗から守ったりするものだもんね。塩漬けとは違うけど条件的には似てるのかな。

53

53. 匿名処理班

  • 2013年10月19日 01:14
  • ID:AQ6rm8Bw0 #

なんだよポーズとらせたのかよw

54

54. 匿名処理班

  • 2013年10月22日 18:04
  • ID:q4jTqtku0 #

湖に飛び込むやいなや石化するというのは言い過ぎ。死体を分解するバクテリアが存在できない環境だから死体が時間をかけて変化すると、ちゃんと書かないと信じやすい人は信じちゃうでしょ!

55

55. 匿名処理班

  • 2013年10月27日 15:41
  • ID:DZ8f.wTc0 #

動物にとって強いアルカリは毒だから飛び込めば即死でもおかしくない。
溶け残ったのが石像になったように見えただけじゃね?

56

56. 匿名処理班

  • 2013年11月09日 21:08
  • ID:q.nrHavh0 #

>>5
くっせぇなこいつ
馬鹿じゃねえの(嘲笑)

57

57.

  • 2013年11月14日 22:08
  • ID:NmOYv6uz0 #
58

58.

  • 2013年11月18日 20:43
  • ID:1.R4W32D0 #
59

59. 匿名処理班

  • 2013年11月25日 21:33
  • ID:ntCfFj4F0 #

カッコいい!!!!

60

60. 匿名処理班

  • 2013年12月12日 22:00
  • ID:r9Lyqax00 #

>藻類などの無脊椎動物

なんか違和感がある
まぁ、藻類っていっても、いろいろな生物を含むからね

61

61. 匿名処理班

  • 2013年12月16日 10:18
  • ID:P6Vl2q0R0 #

ありのままを見たかったな

62

62. 匿名処理班

  • 2013年12月21日 11:28
  • ID:JFpLFMVZ0 #

あー 
なーんだよ〜
てっきりあの木にとまったままあの形になったのかと思ったわぁ
最初湖面に降り立った鳥は一瞬にして固まってしまうなんて馬鹿な・・・ と思ったときめきを返せwww

63

63. 危険がアブない!

  • 2013年12月22日 05:36
  • ID:2fHSPrOn0 #

強アルカリ溶液・強塩基でググれ

『塩酸』や『硫酸』とか犯罪小説とかで有名だけれども。
強塩基とか知らないやつの方が多いよな。

強塩基のヤバイところはその浸透性と中和し難い性質が表情にヤバイ!
タンパク質の対組織を破壊しながら骨まで浸透してしまう…
あとヌルヌル 水で洗ってもなかなかヌルヌル(アルカリ分)が取れない。

64

64. 匿名処理班

  • 2014年02月21日 19:41
  • ID:tBrMBlQV0 #

何か 残酷・・・・・・
でも可哀想でならない

65

65.

  • 2015年04月07日 18:10
  • ID:g7DYWgBI0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク