0_e42

 毎年英国グリニッジ王立博物館が主催する天文写真フォトコンテスト。今年も素晴らしい作品が集まったようだ。受賞者の写し出した遥か彼方の世界を堪能してみよう。

スポンサードリンク

太陽部門

第2位:太陽のそれぞれの暗斑は地球と同じ大きさ(アラン・フリードマン)
1_e45

最優秀賞:太陽のコロナ(マン=トゥ・ヒュイ)
2_e43



深宇宙部門

佳作:大熊座のM81とM82銀河団(イヴァン・エーデ)
3_e44


佳作:地球から800万光年のところにある彫刻室座の棒渦状星雲NGC253
(マイケル・シドニ)
4_e42

 1999年、宇宙望遠鏡チャンドラのX線が、NGC253の中心付近で異常にX線が集中している場所があるのをとらえた。これら4つの箇所は太陽より何万倍も大きく、銀河の中心から3000光年離れている。このブラックホールは、重力によって銀河の中心に吸収され、いずれはひとつの超特大質量のブラックホールになるという。

佳作:球形のオメガ星団(イグナチオ・ディアス・ボビーロ)
5_e34

 オメガ星団は地球から18300光年離れている

第2位:へびつかい座の連星であるロウ星の色のついた星雲
(トム・オドノギュー)
6_e32

 夜空でもっとも明るい星のひとつ、巨大な赤いアンタレス(さそり座)が、黄色と赤の雲を照らしている。ロウ星は右側の青い星雲の中心にある。アンタレスのすぐ下遠くに、丸いM4星団が見える。

最優秀賞:星雲(アダム・ブロック)
7_e30

 こうした銀河の様子は、人間の言葉で永遠とか不変を思わせるが、これの星たちはいずれ宇宙を通り過ぎていく。数千年、星雲の星が硬放射線を放出し続けた結果、銀河の姿形は前とは見分けがつかないほど変わってしまうのだ。


若い天体観測者部門

佳作:月(ヤコブ・マーキオ)
8_e25


第2位:さよなら、太陽。こんにちは、月(アリアナ・バーナル)
9_e23


最優秀賞:天の川(ヤコブ・マーキオ)
10_e25

 地球、太陽系、肉眼で見える星々のひしめきあう銀河。棒渦状星雲を参照。銀河の直径は約3万パーセク(およそ10万光年)、厚みは1000光年。銀河の中には少なく見積もって、約2000億もの星が存在する。


人と宇宙部門

第2位:人と天の川(ベン・カナーレ)
11_e20

最優秀賞:現れる月を背にしたシルエット(マーク・ギー)
12_e18



最優秀新人部門

最優秀賞:太陽を横切る金星(サム・コーンウェル)
13_e17



ロボット望遠鏡部門

最優秀賞:オリオン大星雲の中のトラベジウムの散開星団
(ラズロ・フランシクス)
14_e16



地球と宇宙部門

佳作:ペルセウス座流星群(デイヴィッド・キングハム)
15_e14

 年に一度8月に現れるペルセウス座流星群。ペルセウス流星群の母天体であるスイフト・タットル彗星からの塵粒子が、地球への通り道を作る。砂粒ほどの小さな塵粒子が地球の大気圏に侵入すると燃え上がり、雨のように降り注ぐ星のシャワーになるのだ。

佳作:月の後光(ダニ・キャシート)
16_e13

 四重になっているスペイン上空の月の後光。大気中に落ちてきた氷の結晶が巨大なレンズになって、太陽や月のまわりに虹や虹色の後光をつくる。写真の上部のひときわ明るい天体は月。月光が六角形の氷晶に屈折して、月の周囲に後光をつくっている。

第2位:ノルウェー、オーロラグリーン(フレドリック・ブロムス)
17_e12


最優秀賞:星へ導く光(マーク・ギー)
18_e11
via:photovide・原文翻訳:konohazuku

▼あわせて読みたい
2012年 天文写真コンテスト優秀作品(グリニッジ天文台)


天文家が撮影した夜空に浮かぶスペースシップ


空が赤く染まる日、赤いオーロラがオーストラリアで観測される(動画)


南極の夜を照らす緑色のカーテン、「オーロラ・オーストラリス(南極光)」の幻想的な美しさ



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年10月08日 20:36
  • ID:b16M0qbk0 #

素晴らしい

2

2. 匿名処理班

  • 2013年10月08日 20:59
  • ID:R9hF.mst0 #

無限の彼方にさぁ行くぞー

3

3. 匿名処理班

  • 2013年10月08日 21:19
  • ID:cxLUqgl10 #

この世には悲しいことがたくさんあるのに、どうしてこんなに美しいの(´;ω;`)

4

4. 匿名処理班

  • 2013年10月08日 21:50
  • ID:YYfU7hAM0 #

宇宙って体内とあまり変わらないっていうけど
たしかに似てるなぁ〜

5

5. 匿名処理班

  • 2013年10月08日 21:57
  • ID:eYxCDoez0 #

天体写真は月ぐらいがいいな。何千光年とか言われると気が遠くなってなんか怖い

6

6. 匿名処理班

  • 2013年10月08日 22:21
  • ID:fMkCfa.u0 #

きれいだなぁ〜

7

7. 匿名処理班

  • 2013年10月08日 22:23
  • ID:q4HSEFxu0 #

一度で良いから肉眼で見てみたい…

8

8. 匿名処理班

  • 2013年10月08日 23:19
  • ID:7vAnTchf0 #

銀河って肉眼で見ても色付きなんだっけ?
遠すぎる銀河の場合は着色で再現するんだっけ?
分かんなくなっちった

9

9. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 00:00
  • ID:tzfeNyWL0 #

およぼ・・・
やっぱパルモかわええ

10

10. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 00:17
  • ID:YxqOPHO20 #

よくバカデカイ月が写ってる写真あるけど
あれどうやって撮ってるん?

11

11. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 00:41
  • ID:1vuSmfDx0 #

どっかの銀河の地球と同条件の星にいってみたい

12

12. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 00:52
  • ID:4RVPB7VR0 #

宇宙に思いを馳せていると悩みとか全部どうでもよくなるね。生きてるのすらバカバカしくなってくるよ

13

13. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 01:21
  • ID:CDLkXCw70 #

デッカイ画像が欲しいな。
壁紙にしたいなー。

14

14. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 02:09
  • ID:ankWTFwd0 #

あーもー宇宙ってなんなんだ〜 

15

15. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 08:28
  • ID:5GoHTBQ70 #

数百光年
見えてるのに届かないもどかしさはいつか解消されるのだろうか

16

16. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 12:20
  • ID:2cUbOXSL0 #

人、うたた情けありて
たそがれに還る

17

17. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 12:24
  • ID:y8Z.VbIn0 #

時は未来。所は宇宙。
光すら歪む果てしなき宇宙へ
愛機コメットを駆るこの男

18

18. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 12:38
  • ID:LcBm8Jq30 #

なんか最優秀より二位のほうが好きだなあ。

19

19. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 19:21
  • ID:i8zvY.qg0 #

彫刻室座なんてあるんだねw

20

20. 匿名処理班

  • 2013年10月09日 21:45
  • ID:cFmKKO3T0 #

こんなに綺麗な風景が、私の知らない場所で、私の知らない時に……
おおロマンチック

21

21. 匿名処理班

  • 2013年10月10日 00:02
  • ID:E5Y.V9JU0 #

宇宙 それは最後のフロンティア

22

22. 匿名処理班

  • 2013年10月10日 13:46
  • ID:ZG.qgmE.0 #

でかい月は望遠使って遠くから拡大して撮るんじゃなかったか?

23

23. 匿名処理班

  • 2013年11月03日 18:12
  • ID:CqFwCTBV0 #

ω星団じゃなくて、大マゼラン雲。

24

24. 匿名処理班

  • 2013年11月06日 00:53
  • ID:u1BLXf.30 #

こういうのを見てると、幼い頃に見ていた何かを思い出しそうになる
それが一体何だったのかと記憶を手繰り寄せて行くと辿り着いたのがドラえもんだった件w

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク