1_e25

 この言葉はドイツの詩人、ノヴァーリス(1772年 - 1801年)の『花粉』という断片集に収められたものだ。無限で謎めいていて、神秘的なもの。宇宙はまさしく、我々の心の中とリンクしているようだ。

ぼくらは万有のうちへと旅する夢を見る。
ところで万有とはぼくらのうちにあるのではないだろうか。


 そしてまた、ものごとの、何が正しくて、何が正しくないかなんてまったくもって曖昧で、誰かの決めた大きさの不安定なボールの中で、上になったり下になったりしながら、絶えず揺れ動く液体のようなものなんじゃないかと思うんだ。正解なんて誰かが決めたこと。正しい答えなんてでやしない。
スポンサードリンク

2_e22

3_e22

1_e25
via:butdoesitfloat

▼あわせて読みたい
「心の傷を治すのは時間ではなく睡眠」 レム睡眠中夢を見ることで心を癒す効果が検証される(米研究)


心の病を持った少女の目を通してみる幻想的な世界を描いたショートフィルム「カルデラ」


人間の心に潜む「善と悪」:普通の人が どうやって怪物や英雄に変貌するか(日本語字幕付)



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 06:57
  • ID:vwJgKxI40 #

なんか美味しそう

2

2. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 09:39
  • ID:xaU.V.B00 #

チョコ?

3

3. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 09:47
  • ID:asrDVq2X0 #

カ○オ君が出て来そう

4

4. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 10:12
  • ID:5u516q.a0 #

当然のことではないでしょうか。 認識は脳によってされているのだから、内なるトコロですよね

5

5. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 12:04
  • ID:kx.YGQ5D0 #

正解はない
でもそれに応答することはできる

6

6. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 12:15
  • ID:ckaTHRM50 #

全てを知っていると奢り、他者に向かって「そんな事も知らねえの」「知ってた」等とドヤ顔する愚者が実に多い。どれだけ威張りくさって自分を大きく見せようとしても、3万年後の人類から見れば、現在の我々は石器を使い始めた原始人と同じレベル。最新の宇宙ロケットなど丸木舟に見えるだろう。物事は全て相対的である。物事の本質を理解している人は、威張るのではなく、常に知ろうとする。この違いが愚者と賢者の違いである。

7

7. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 12:44
  • ID:GPS6gtcn0 #

一粒の砂の中に世界を見
一輪の花に天国を見るには
君の手のひらで無限を握り
一瞬のうちに永遠をつかめ
   ---ウィリアム・ブレイク

8

8. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 13:10
  • ID:cp5JBIh20 #

哲学家のいうことはよくわからん

9

9. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 14:22
  • ID:T4wuVVVb0 #

サ○エさんが出て来そう

10

10. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 17:06
  • ID:tuBntzrv0 #

何の記事かよくわかりません

11

11. GoN

  • 2013年09月17日 18:07
  • ID:FwX8RowL0 #

表になったり、くるっと裏返しになったり。
自分に重心を置いたり、関連性に重きを置いたり。
ひとつにポイントを絞ったり、ぼかして全体を眺めたり。
答えを求めたり、手放して別なものが来るのを待ったり。
ところで、ぼくらとはあなたのうちにあるのではないだろうか。

12

12. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 21:55
  • ID:8setVNo70 #

実在主義の立場からいわせてもらうと、人間(に限らず、生物全般)
の複雑性は、環境との相互作用によって作り出されていることが、
明らかになってきつつある。
そもそも脳が世界を認識しているという思い込み(バイアス)は、
実は大きな矛盾を抱えている。
だって、脳が世界を認識しているのなら、世界を認識している脳は、
一体何によって認識されているのだろうか?
これを説明するには、脳の中に、脳を認識するホムンクルスという
存在を考えなければならない。そしてそのホムンクルスの中には、
さらにホムンクルスを認識するホムンクルスがいることになり、
永遠にこれが繰り返されてしまう。
実はこの思考は、心理学者が言うところの、「神秘主義的思考」
というやつになってしまう。
(人間の創造主が神なら、神を作り出した創造主がいて、その
創造主にはそれを作り出した創造主がry)
まずは実在があって、その「実在と相互作用」する機構があれば、
生き物は成立する。そのもっとも複雑な系が、人間という生き物
だというのが、もっとも妥当な考え方だと思うんだけれど・・・

13

13. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 21:56
  • ID:VxrBV8V.0 #

仏教もキリスト教も哲学も
あらゆる質問への帰結は常にこの答えだよね

14

14. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 22:43
  • ID:.eNRJdY60 #

谷川俊太郎さんの詩みたいだな。
あの人の視点も、ミクロでありマクロだ

15

15. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 23:28
  • ID:Y9tmM3Fq0 #

そっち系が無いのがカラパイアの良いところなんだけどなー

16

16. 匿名処理班

  • 2013年09月17日 23:54
  • ID:wjdg9AUi0 #

これを長州力が語ると
「まぁ、おれらは万有のアレへとアレする夢を見わけだ。
 ところで、万有とはおれらのアレにあるんじゃないのか、なぁ金沢?」

17

17. 匿名処理班

  • 2013年09月18日 02:31
  • ID:vDxqzXLx0 #

このぽっかりした感じ好き。
考えてると戻ってこれなくなる気がする。

18

18. 匿名処理班

  • 2013年09月24日 03:50
  • ID:bbPlOUhr0 #

地球の中心に行ったら上下ってどうなるんだろう

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク