0_e18

 米マサチューセッツ州、ボストンにあるニューイングランド水族館で、絶滅危惧種、キタオットセイの赤ちゃんが8月6日に誕生したそうだ。その愛くるしい姿が公開されていた。


スポンサードリンク


 生まれたばかりのキタオットセイの赤ちゃん。名前はまだない。
000

 赤ちゃんは健康状態、発育状況などを十分にチェックした後に2週間後くらいに一般公開される予定だそうだ。



 母親のウルスラさんは、愛情深く赤ちゃんオットセイをお世話している。ウルスラさんが子どもを産むのは今回が2回目。
12_e7

 感慨深げな父親のアイザックさん。
13_e6
via:laughingsquid

 キタオットセイは北太平洋、オホーツク海、ベーリング海などに生息している。オスの方がメスよりも大きく、体長はオスが250cm 、 メス130cmくらい、体重はオス280kg、メス65kg。

 その他、キタオットセイの写真
1_e20

3_e20

4_e20

5_e18

7_e13

8_e14

9_e12

 キタオットセイは上質な毛皮を持っており、昔から高値取引されていた。19世紀後半には、狩猟の場が陸上から洋上へと広がり、キタオットセイは激減してしまう。1892年に国際的に商業目的の捕獲が制限、1910年に海上捕獲やメスの捕獲が禁止、1985年に商業目的の捕獲が禁止されていったんはその数が回復していった。

 ところが、またしても数が減へってしまう。原因として疑われているのは、人間がキタオットセイの餌となる魚の取り過ぎや、混獲などだ。現在もなお、その数を減らし続けているという。

▼あわせて読みたい
青い目に赤茶色の毛、「うちの子じゃない」と母親に捨てられたオットセイの赤ちゃん


「アァアア!」吹き出しをつけたい寒い地域に住むユーモラスな動物たちの画像


なんという罪作り、アザラシの赤ちゃんが反則レベルの破壊力


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2013年08月12日 11:39
  • ID:.9OEx8fB0 #

鳴き声ェ…

2

2. 匿名処理班

  • 2013年08月12日 12:54
  • ID:orRqMSu90 #

0:40にチラリと見えるベロがたまらん

3

3.

  • 2013年08月12日 13:00
  • ID:AjkPQQYT0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2013年08月12日 13:33
  • ID:cR0BdTCK0 #

かわいい(確信)

5

5. 匿名処理班

  • 2013年08月12日 13:46
  • ID:5.OYu50f0 #

微妙

6

6. あ

  • 2013年08月12日 16:49
  • ID:oZCczQ4V0 #

これ、痰が絡んだおっさん

7

7. 匿名処理班

  • 2013年08月12日 17:14
  • ID:p99rEM.h0 #

本当に生まれたばっかの動物って大抵はブチャイクだね
もうちょっと大きくなったくらいが一番カワイイ
何か内容が例えるなら「どんな食い物でも出来立てなら何があろうと一番美味い」
て言われてるような感覚に陥るわ

8

8. 空缶

  • 2013年08月12日 22:49
  • ID:i2SJpAqP0 #

アイザックさんがちょっとトラッシュ気味でワロタ

9

9. GoN

  • 2013年08月12日 23:37
  • ID:KM3sv6Wg0 #

困ったな。オットセイとアザラシとアシカとの区別をつけるために
どれがおっさんに似てるんだったか調べたら、全部おっさんだった。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク