0_e16

 UMAだけに、本当にいるのかいないのかは科学的には未確認なのだが、「私は確実に見た!」という目撃談が伝説の生き物とリンクし、謎めいた噂が勝手に一人歩きしていくことがよくある。わたしたちの足元でうねる不気味な深淵の闇の中に潜んでいる(と噂されている)10の未確認生物についてみてみよう。
スポンサードリンク


10.ツチノコ

1_e17

 西日本の山奥にはツチノコという生物がいるという伝説がある。胴回りの太いヘビのような生き物で、大きさはときに1メートル以上になることがあるという。四国や本州の水辺の洞窟に棲んでいると言われ、山間の川などで目撃されるが、姿を見るのはほんの一瞬のことで、彼らはすぐに深みに隠れてしまう。

 その姿形についてはさまざまな報告があるが、大きな板状のうろこがはえ、黒い舌をもっていて、頭の両側に小さな角が生えており、1メートル以上も飛びはねることができるいうのが一般的な特徴だ。またネズミが鳴くようなキーキー声から、人間をまねた声までさまざまな声を出せるという。襲撃者に対して毒を吹きかける牙を持っているとも言われている。兵庫県のある町が捕獲に成功したと発表したが、証拠がないため、伝説のままになっている。


9.チェルフェ

2_e16

 伝説によると、チェルフェはチリの火山に住む炎と岩でできた怪物で、体長3.6メートルほどの大きさのトカゲ型の生き物だという。実在する生物だと信じられていて、海底火山の400℃以上の火口でも平気なゴカイのような生物と同様、火山の高温の中でも生き延びて進化してきたという。

 実際は火山の火口の中ではなく、火山周辺に生息しているという説もある。マプチェ族の神話では、火山の噴火はチェルフェが原因で、生贄を捧げて鎮めるという。


8.グローツラング

The-Grootslang-Secret-Saturdays

 南アフリカの北ケープ地方の不毛な山岳地帯は、リフタスフェルトと呼ばれている。この広大な砂漠のどこかに地元の人が底なしの洞窟と呼んでいる巨大な穴があって、夜になるとこの穴からグローツラングという怪物が現れて、獲物をおびき寄せてひきずりこむという。この怪物はヘビの尾をもつ巨大な象のような姿をしていて、侵入者を食らい、おびただしいダイヤと宝石を厳重に守っているという。

 ピーター・グレイソンという探検家の話が有名だ。1917年、この底なしの洞窟のダイヤに魅せられて、グレイソンは小隊を組んで探検に出かけた。途中、メンバーがライオンに食われたり、毒蛇に噛まれたり、病気になってしまったため、グレイソンはひとりで探検を続けたが、二度と戻ってこなかった。地元ではグローツラングに殺されたと信じられている。最近の目撃情報から、この怪物は巨大なニシキヘビではないといわれているが、1メートルもの謎めいた足跡が見つかったという話もある。それは川辺で消えていたという。


7.ジュバ・フォフィ

4_e13

 巨大クモの伝説は世界中にあるが、アフリカのコンゴに住むといわれているジュバ・フォフィが一番有名だろう。最大のクモとして知られるゴライアススパイダーは、足を広げると35.5センチになるが、このジュバ・フォフィは122センチにもなるという。この地域に昔から住むピグミー族によると、この巨大グモは地上に大きなクモの巣を張り、その真ん中で待ち構えて、鳥やネズミやレイヨウを食べるのだという。またトタテグモのように、地面に穴を掘って罠をしかけるとも言われている。

 この地域だけでなく、東のウガンダや北の中央アフリカでも似たような話はある。アフリカだけでなく、アマゾンのジャングルの洞窟の奥深くにも足を広げると120センチにもなる巨大クモがいるという。


6.レプティリアン

5_e13

 著述家のデイヴィッド・アイクの言葉を信じるならば、レプティリアンは自由に姿を変えられる宇宙からきた人型のトカゲで、世界のリーダーに化けて政治の中枢に入り込んでいるという。ジョージ・ブッシュやバラク・オバマ、ディック・チェイニーもレプティリアンだという。

 彼らは地下に巨大な社会を築いているという。1995年、ミズーリ州の洞窟探検家のグループが地下で彼らに遭遇したと報告した。身長2メートル、褐色のうろこのある肌をしていて、顔や頭は人間のようだが、鼻は扁平で耳や髪の毛はない。1.2〜1.5メートルくらいの太い尾をもっていて、ゴールドのメタリックなパンツと靴をはいていたという。


5.メロンヘッド

6_e11

 北米、特にオハイオ州の田舎では、メロンヘッドという長い頭をもつ小人が森で人を襲うという。彼らは頭の中の体液が膨れ上がって頭蓋が異常に大きくなってしまう水頭症の孤児で、精神病院に入れられていたという。

 彼らは医者を殺して病院から逃げ出し、野生化して、地下の洞窟や森で暮らすようになったという。さまざまな地域で似たような話があるが、たいてい精神病院から始まっている。ぶかっこうに膨れた頭をもつ小さな生き物に襲われたという報告はたくさんある。


4.ミニョーカオン

7_e11

 アマゾンのジャングルに棲むと言われている23メートルにもなる巨大なミミズ。映画『トレマーズ』の怪物のように、地中を穴を掘りながら進んで獲物を襲い、その跡には巨大なトンネルができる。ミニョーカオンのせいで家が破壊され、家畜が消えたという報告がある。

 神秘動物学者のカール・シューカーによると、ミニョーカオンはミミズというより、両生類のアシナシイモリの仲間なのだという(存在していればの話だが)。目撃情報によると、ミニョーカオンは大きな歯をもち、うろこに覆われた黒い肌、頭には二本の触手があるという。


3.オリティアウ

8_e10

 洞窟の悪魔として知られるオリティアウは、西アフリカ、カメルーンの森に棲む、翼を広げると3.5メートルもある巨大コウモリ。体は黒く、血のような赤い翼、5センチもある歯をもっている。

 1932年、生物学者のイヴァン・サンダーソンによって初めてヨーロッパにこの話が伝わった。サンダーソンはもともとウマヅラコウモリの研究をしていたが、これより4倍も大きなコウモリに襲われたという。オリティアウという名前は、悪魔をかたどって彫られる儀式の仮面にちなんでつけられた。オリティアウは洞穴の近くに棲んでいて、夜になると獲物をとりに出てくるという。


2.アフール

9_e6

 インドネシア、ジャワ島の熱帯雨林で何度か目撃されている巨大コウモリ。翼を広げると3メートルもあり、前足の先に大きな爪がついている。1925年、博物学者のアーネスト・バーテルが、滝の後ろから夕暮れの空に飛び立つ巨大コウモリを目撃して、初めてその存在が報告された。アフールと聞こえるいう鳴き声から名づけられた。

 二年後、バーテルは再びこの生き物の声を聞いた。アフールは大きなフクロウではないかと言われていたが、その姿は鳥というよりコウモリに近かったという。ムササビのような空を飛ぶ哺乳類か、インドネシアの森で世界から隔絶されて生き残っていた翼竜の仲間という説もある。

1.タッツェルブルム

10_e9

 ヨーロッパでもっとも有名なUMA。ドラゴンのようなトカゲ型の生き物。背中にはトゲが並んでいて、ネコのような頭をもつ。初めて目撃されたのは1779年。19世紀から20世紀にかけて目撃情報も多くなり、おおむね体長2メートル、剃刀のような鋭い歯、猪首で短い尾をもち、冬の間は山の洞窟で冬眠しているということだ。最近では2009年にスイスとイタリアの国境近くで目撃され、ヴェロキラプトルのように二本足で走っていたという。

via:10 Creepy Cave-Dwelling Cryptids 原文翻訳:konohazuku

▼あわせて読みたい
奈良県竜王山で昨年目撃されたツチノコ映像


生息はほぼ確定とお墨付きを得たUMA「モンゴリアン・デス・ワーム」


存在しないことが確認された10のUMA、未確認生物



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7429 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1417259227
2位
6305 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4739 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9743722637
4位
4349 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
694251524
5位
4211 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8503320239
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年06月30日 20:36
  • ID:azWTNfu30 #

ツチノコはアオジタトカゲ。平べったいから足が見えないとかなんとか。
その名の通り舌が青く、相手に見せて驚かし、その間に逃げるとか。

2

2. 匿名処理班

  • 2013年06月30日 20:39
  • ID:zKUwI2710 #

普通のコウモリが既に不気味だからなあ
二種類もランクインしてるのには納得

3

3. 匿名処理班

  • 2013年06月30日 20:49
  • ID:srTtOL9e0 #

5は水頭症だと確認されているじゃないの…

4

4. 匿名処理班

  • 2013年06月30日 20:56
  • ID:4RGAeBBN0 #

メロンヘッドって放映禁止映画「ノストラダムスの大予言」にでてきた
最終戦争後の人類のなれの果てそっくりじゃねーか?w

5

5. 匿名処理班

  • 2013年06月30日 21:39
  • ID:yMOUcKHT0 #

知らないやつが結構あって面白かった。

6

6. 匿名処理班

  • 2013年06月30日 22:16
  • ID:yb.4GGyO0 #

ツチノコの前に宇宙人みたいな原住民みたいなやつは何だ?

7

7. 匿名処理班

  • 2013年06月30日 22:16
  • ID:5y.0.TlI0 #

メロンヘッド友達に似ててワロタww

8

8. 匿名処理班

  • 2013年06月30日 22:23
  • ID:5AcJ9SyH0 #

メロンヘッドは人間とわかっているならUMAじゃないじゃん(´・ω・`)

9

9. 千件

  • 2013年06月30日 22:27
  • ID:Cck8yIrN0 #

1げと

10

10. 匿名処理班

  • 2013年06月30日 22:39
  • ID:uNeDz0MV0 #

UMAというか、妖怪伝説みたいなのも混じっているな。
チリの奴とか、南アフリカの奴とか。

11

11. 匿名処理班

  • 2013年06月30日 23:05
  • ID:O6jYQAIW0 #

タッツェルブルムを一瞬かわいいと思ったのは俺だけ?

12

12. 匿名処理班

  • 2013年07月01日 02:19
  • ID:2MFETT.60 #

UMAというよりファンタジー世界の怪物だな

13

13. Eniguma

  • 2013年07月01日 07:04
  • ID:dlGMUOZq0 #

どれもこれも懐かしいお友達ばかりですな。
それをご存知でらっしゃるパルモ姉さんに感服です。

14

14. い

  • 2013年07月01日 07:40
  • ID:Cz9hLyTS0 #

馬!

15

15.  

  • 2013年07月01日 10:33
  • ID:Ob6.UaE.0 #

ジュバ・フォイフォイ?(乱視)

16

16. 匿名処理班

  • 2013年07月01日 13:14
  • ID:GgorREWG0 #

4 みて思いましたが、両生類ってウロコないんじゃ?

17

17. 匿名処理班

  • 2013年07月01日 13:36
  • ID:vA8w5YTK0 #

4 メロンの後だから、ミニヨーカンとおもた。

18

18. 匿名処理班

  • 2013年07月01日 14:05
  • ID:589bgR.J0 #

UMA半分妖怪半分って感じだな

19

19. 匿名処理班見習い

  • 2013年07月01日 18:34
  • ID:ywzy3tpj0 #

エルバッキーはきっといる!
俺は・・・信じているぞ!

20

20. 匿名処理班

  • 2013年07月01日 19:20
  • ID:aNf08RIc0 #

4自分はミニオカンかとおもた。

21

21. ウンモ

  • 2013年07月01日 21:44
  • ID:GOFuE12m0 #

このUMA特集は、スゴイですね〜!!
映像もすばらしい!

22

22. 匿名処理班

  • 2013年07月01日 21:59
  • ID:GJbAy5Be0 #

5は宇宙帝王

23

23. 匿名処理班

  • 2013年07月01日 22:58
  • ID:43ieTlEl0 #

ここには載ってないけど、実在の可能性が濃厚なUMAもいるよな。
ある国の洞窟には小人が住んでいる、殺されるから洞窟には行ってはいけない…という伝説が原住民に間に伝わっていたが、それを無視した白人が洞窟へ赴き、帰って来なかったという話があった。後世洞窟を調査したら古い小型の人骨が見つかり、もしかしたらこの小型の人類の生き残りが伝説の小人だったのかもしれない…みたいな

24

24. 匿名処理班

  • 2013年07月01日 23:47
  • ID:.L8zjpgy0 #

6って水を掛けたら増えそうだな

25

25. 匿名処理班

  • 2013年07月02日 01:23
  • ID:fmWSjaMR0 #

オリティアウっているじゃない
バイキングというコンビの片割れに

26

26. 匿名処理班

  • 2013年07月02日 03:54
  • ID:QKPE9EkQ0 #

5のメロンヘッドは都市伝説の部類だろうね
抄訳されて「確認済みの事実」みたいな書き方になってるけど、原文は「たくさんの場所で報告されてるけどどれもストーリーが同じっておかしくね?ww」みたいなトーン

27

27. 匿名処理班

  • 2013年07月02日 11:58
  • ID:PfFQo6AD0 #

昔からアオジタが日本の山の中にいたと・・・

28

28. 匿名処理班

  • 2013年07月02日 13:17
  • ID:EyD.msa90 #

映画「ディセント」に出てくるUMAがいない…

29

29. 匿名処理班

  • 2013年07月02日 16:34
  • ID:CpxKnnbP0 #

9のチェルフェがカッコいいな

30

30. 匿名処理班

  • 2013年07月03日 02:04
  • ID:BqAW9SgT0 #

アフリカパフアダーを見た時、ツチノコその物だった

31

31. 匿名処理班

  • 2013年07月03日 14:24
  • ID:VlE5qCl70 #

タッツェルブルムめっちゃかわいい!
現代に出来上がったのツチノコのイメージは、アオジタトカゲ説がいちばんしっくりくるよね。10の画像もそうだし
一方で和漢三才図会の野槌として伝えられてきたモノは、果たして何だったんだろうか。

32

32. 匿名処理班

  • 2013年07月04日 08:39
  • ID:HiVJBPeE0 #

レプティリアンはどう見てもグレムリンw

33

33. 匿名処理班

  • 2013年07月04日 22:36
  • ID:J9Odop2B0 #

※30禿同
DMのロック・ビーストにも少なからず影響を及ぼしてるのかも知れない。

34

34. 匿名処理班

  • 2013年07月04日 23:28
  • ID:8rh.uZUk0 #

とりあえずみんな名前言いにくいw

35

35. 匿名処理班

  • 2013年07月05日 22:20
  • ID:XMYNUrfj0 #

2がオンバーンな件

36

36. 元ムー特派記者

  • 2013年10月16日 19:39
  • ID:mIY0RqnT0 #

アオジタトカゲやマツカサトカゲなど、見た目はツチノコに似てるけど…明治以前に、しかも日本各地の山中で生き延びた?北海道での目撃例がないのも、ブラキストン線と一致する。

37

37. 匿名処理班

  • 2013年11月21日 04:47
  • ID:X5yK3pDx0 #

大半は嘘っぽいけど 巨大クモとか巨大コウモリとか 前腕に腕のあるトカゲ(ワニの変種)は存在してそうですね、 勿論 野生で遭遇しちゃったら全力で逃げますけど。

38

38. 匿名処理班

  • 2013年11月24日 02:17
  • ID:.C1Crv5Y0 #

腕虫は実在するよ

39

39. 匿名処理班

  • 2013年12月20日 19:53
  • ID:UhB.dpaX0 #

メロンヘッドクソかわww
 

40

40. 匿名処理班

  • 2015年02月15日 12:56
  • ID:sWhZI8pK0 #

「ゴールドのメタリックなパンツと靴をはいていたという」←なんとまぁ…

41

41. 匿名処理班

  • 2015年06月14日 00:18
  • ID:KW6.WsPF0 #

タッツェルブルムって説明読むかぎり
似たようなやつがモンハンにいたよな

42

42. オロチの日記

  • 2015年09月02日 10:53
  • ID:ZGbQMrCJ0 #

ツチノコーーーーーーーーw見たいーーーーーーーーw

43

43. 匿名処理班

  • 2015年09月22日 07:42
  • ID:7aDGJfTs0 #

もし実在したとしてもそういう生き物探さないほうが良い
見つけられたら即乱獲されて絶滅するだけだ

44

44. 匿名処理班

  • 2015年10月21日 19:56
  • ID:7VB1ij520 #

シートンの動物学によると、自然の状態で最低132匹の個体が、存在しなければ、近親相姦が起き、繁殖能力が大幅に減少し個体の独立性を維持出来なくなり、その種は滅亡するとの事です。

45

45. 匿名処理班

  • 2015年11月02日 01:13
  • ID:WFAvN3cq0 #

世界の怪動物ナントカカントカっていう本に出てるのがある!
それによれば、タッツェルブルムって、足が短い前脚の二本のみあるんだってね
体格も、ずんぐりとしているという話らしいよ!

46

46. 匿名処理班

  • 2016年08月14日 14:02
  • ID:ohTAZZNn0 #

ツチノコがデカイトカゲだとしたら、日本ならそれだけで
十分UMA確定だよなw

47

47. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 21:03
  • ID:t2PKEOLF0 #

250匹じゃ無いの?其だけの、数が存在するなら、一般人の目撃情報が存在する筈ですし、動物学の研究対象に、成りうる存在としますし、一般マスメデの取材目的に成り、新種として世界科学アカデミーに発表出来ます。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク