0_e34

 ノルウェー、南アフリカ、イギリス、ドイツの地学研究者グループが、インド洋のモーリシャス島の下に大陸プレートが潜んでいる痕跡を発見したとする研究論文が、4日の英科学誌ネイチャージオサイエンスに掲載された。
スポンサードリンク


 モーリシア(Mauritia)と名付けられたこのスラブ(大陸プレート)は、マダガスカルがインドから分かれた6100万〜8300万年前ごろに形成されたとみられる。やがて分裂し、分厚い溶岩の堆積物の中に消えていったと考えられるという。

8_e

 研究チームは、モーリシャスの砂浜の砂を分析し、6億6000万〜20億年前のジルコンが含まれていることを突き止めた。ジルコンは900万年前の火山岩から形成された砂の中に埋もれていたそうだ。

3_e

 「ジルコンは、モーリシャス島の下に大陸プレートが存在していることを示唆している。近年の火山活動によってその破片が地表に出てきたのだ」と研究チームは説明。またインド洋の海底には、超大陸パンゲアが現在の大陸に分かれる過程で存在したものの、やがて海に沈んだ大地の形跡が多く眠っているかもしれないと述べた。

1_e

 パンゲアはおよそ2億年前に分かれ始め、南のゴンドワナ大陸と北のローラシア大陸に分裂した。さらにゴンドワナは、8000万〜1億3000万年前にマダガスカルとオーストラリア、南極、インドに分かれた。

2_e38

 今回の研究は、マダガスカルとインドが分かれた際に、モーリシアも分離したことを示唆している。

via:examinerAFP

▼あわせて読みたい
二つの「沈没した島」発見 超大陸「ゴンドワナ」の一部の可能性(インド洋)


オーパーツ伝説、インド・スリランカを結ぶ伝説の陸橋「アダムの橋(Adam’s Bridge)」


北極付近に巨大な超大陸「アメイジア」が誕生する(米研究・動画)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年02月26日 09:35
  • ID:8YP0.Tt60 #

このモーリシアの位置って、シヴァ隕石が落ちた近くじゃないか?
粉砕されて海底に沈んだと考えると面白い。

2

2. 匿名処理班

  • 2013年02月26日 12:06
  • ID:xQwaOhtD0 #

中国「インドは我が領土」

3

3. 匿名処理班

  • 2013年02月26日 18:59
  • ID:mrVxCJ.50 #

あれだな、寿命が1億年あったらプレートの心配しながら引っ越し先考えなけりゃならないな。

4

4. 匿名処理班

  • 2013年02月26日 19:17
  • ID:D0QEA3Vt0 #

レムリアはあったんだ・・・

5

5. 空缶

  • 2013年02月26日 20:33
  • ID:oN8x55SF0 #

地層とかってレベルじゃなく、プレート自体が埋没してるってのが
スケール大き過ぎて恐面白いな。

6

6. 匿名処理班

  • 2013年02月26日 20:46
  • ID:Lx8C9ilz0 #

アトランティスorムー

which's your want?

7

7. 匿名処理班

  • 2013年02月26日 22:19
  • ID:.Jloo4rR0 #

モーリシャスに行ったことあるけど、6億6000万〜20億年前の砂を俺は踏んだり掴んだのか
なんだか嬉しくなってきた

8

8. 匿名処理班

  • 2013年02月27日 00:35
  • ID:K48u.2i40 #

こういう記事を見るとゾクゾクワクワクする人は少なくないはずだ・・・!

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク