no title
 
 世界錯視コンテストにおいて、次々と入賞を果たしている、日本の工学者、東京大学名誉教授、杉原厚吉先生の新たなるイリュージョン映像が公開されていた。

 今回の映像は屋根の上に球を置くとユラユラと揺れている不思議な光景のイリュージョンだ。
スポンサードリンク




 しかけをみるとなるほどだけど、そういう構図を作り上げられることってすごいよね。これまでの杉原作品もあわせて紹介しておくよ。

坂道を球が登る


▼あわせて読みたい
2010年、錯視コンテスト トップ3作品


女性の顔がグロテスクなエイリアンに見えてくる錯視動画


一枚の錯視:頭を振りながら見るとある人物が見えてくる画像





この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年01月19日 20:15
  • ID:iGWppJLg0 #

見上げたもんだよ屋根屋のふんどし。

2

2. 匿名処理班

  • 2013年01月19日 20:25
  • ID:4zlWwCMh0 #

あとは影がなんとかできたらなー・・・

3

3. 匿名処理班

  • 2013年01月19日 21:47
  • ID:1yYBMKy.0 #

教授の前作を知っていたから仕組みについてはタネ明かしの前にピンと来たけど、人間が”見る”という行為は、網膜に飛び込んできた光の情報を脳が解釈して初めて達成されるという話に大いに納得。

4

4. 匿名処理班

  • 2013年01月19日 22:21
  • ID:Y3iV6gi00 #

すごい…1げと

5

5. 匿名処理班

  • 2013年01月20日 14:25
  • ID:.HUlQWlt0 #

こいうの多すぎてもう見ただけで大体タネ分かっちゃうよね

6

6. 匿名処理班

  • 2013年01月21日 15:46
  • ID:csuOs6TN0 #

凹凸が逆になってるんだろうということはあらかじめ想像できるけど、そう思って頑張ってにらんでも錯視から逃れられない

7

7. 匿名処理班

  • 2013年01月21日 16:35
  • ID:iL5ZsNox0 #

脳が錯視の可能性を扱うようになったら、見ている景色は確定しないから動けなくなる。
見知った物体として処理するように、あえてセーブしているんだろうか?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク