0_e3

 古代エジプトで神とあがめられた「最後の偉大なファラオ(王)」、ラムセス3世は後継者争いのさなか、暗殺者に喉をかき切られて最期を迎えた。今月17日、科学者たちは、3000年前の王家殺人事件の謎を紐解く報告を発表した。
スポンサードリンク

 現代の法医学技術を駆使した研究によって、ラムセス3世は狡猾な妻と野心家の息子が放った刺客、あるいは暗殺団の手にかかり殺された可能性が示唆された。

 ラムセス3世のミイラのCT画像によると、王の気管と主幹動脈は裂けており、傷は左右7センチにわたり、深さは脊椎にまでほぼ達していたことが分かった。またこの傷によって、首の前面部の軟組織は完全に傷んでいた。

ラムセス3世のミイラ CT画像
4_e3

 イタリアにあるボルツァーノ欧州アカデミー内の「ミイラとアイスマン研究所)」の古病理学者、アルバート・ジンク氏は「首にあるこの切り傷によりラムセス3世は殺されたという事実にほぼ疑いはない。傷は非常に深く極めて大きく、骨(脊椎)にまで達している。致命傷だったことは間違いない」と述べている。

ラムセス3世のミイラ
6

 紀元前1188年〜1155年までエジプトを支配したラムセス3世は、古代の書物の中で「偉大なる王」であり、当時の地中海世界で最も価値ある「見返り」だったエジプトを度重なる侵略から守った戦将だと記述されている。

 ラムセス3世は65歳前後で死亡したが、死因は明らかになっていない。ラムセス3世暗殺を共謀した者たちの裁判を記録した「トリノの法のパピルス」という古文書の中にわずかな手がかりがあるだけだ。記録されている4つの裁判にかけられた中には若い妃たちの1人、ティイとその息子ペンタウアー王子も含まれていた。

 喉をかき切られたのは死んでからだった可能性もあるが、古代エジプトのミイラ作成技術にはそうした方法はまったく記録されていないことから、その可能性は非常に少ないと研究チームは述べている。

 また「叫ぶミイラ」として知られるミイラは、ラムセス3世謀殺の後におそらく自殺を強要された息子、ペンタウアー王子である可能性もあるという。

 歴史を見れば、王位継承に横やりを入れようとした者たちの策略は失敗に終わった。王座は、ラムセス3世自らが選んだ息子のラムセス4世に引き継がれた。
▼あわせて読みたい
LIFE誌で特集された世界の驚くべきミイラ23枚の画像


古代エジプトにおけるミイラの製造方法がよくわかる映像


眠らない死者、シチリア島のミイラたち




この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
26517 points
寒冷地仕様だから雪に強し!ロシアの猫、ジンジャーの日常

寒冷地仕様だから雪に強し!ロシアの猫、ジンジャーの日常

2021年1月16日
2位
7240 points
なんじゃこりゃ!はじめての猫用ドアにブチ切れる猫

なんじゃこりゃ!はじめての猫用ドアにブチ切れる猫

2021年1月12日
3位
4083 points
ディズニーのファンタジーかな。同じ柄を持つ大親友トリオ、馬とポニーとダルメシアンの種を超えた絆が美しい(オランダ)

ディズニーのファンタジーかな。同じ柄を持つ大親友トリオ、馬とポニーとダルメシアンの種を超えた絆が美しい(オランダ)

2021年1月11日
9603105315
4位
3304 points
子育て中の母猫の懐に忍び込み、子供のふりをした孤独な子猫、愛と幸せを手に入れる(インドネシア)

子育て中の母猫の懐に忍び込み、子供のふりをした孤独な子猫、愛と幸せを手に入れる(インドネシア)

2021年1月18日
2233048231
5位
2870 points
積載オーバーぱねぇ!67メートルの風力タービンブレードを輸送するトラックが目撃される

積載オーバーぱねぇ!67メートルの風力タービンブレードを輸送するトラックが目撃される

2021年1月17日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2012年12月24日 10:21
  • ID:TT3gmQeU0 #

王子のミイラの表情が無残だなー。自然にこうなったのか意図的にそうしたのか

2

2. 匿名処理班

  • 2012年12月24日 10:42
  • ID:Nel5.W9o0 #

以前から言われて無かったっけ?
ようやく立証出来たよってこと?

3

3. 名無しの権兵衛

  • 2012年12月24日 11:06
  • ID:fL.1.S7z0 #

素晴らしい この記事を 教えてくれた
カラパイアさん ありがとうございました。

4

4. 匿名処理班

  • 2012年12月24日 11:07
  • ID:V5ioaAq.0 #

自殺です

5

5. 匿名処理班

  • 2012年12月24日 13:38
  • ID:wrbWdaF.0 #

アサシンか

6

6. 匿名処理班

  • 2012年12月24日 14:06
  • ID:gige65Wa0 #

王子の亡骸はミイラ製造の下処理段階で意図的に悲壮感漂うポーズにされたと思う。
父殺しの罪であの世に行けるかどうか分からない立場だしね。
ま、一応反省してまっせ!っていうアピールが込められてるんじゃないかな。

7

7. 匿名処理班

  • 2012年12月24日 18:47
  • ID:44bKmsFu0 #

アッラーアクバルなら当然

8

8. 匿名処理班

  • 2012年12月24日 23:50
  • ID:EttBWI.o0 #

歴史全然知らないんだけど
片方の息子は自殺を強要されて、別の息子は新王になったってこと?
母親が違ったのか?

9

9. 匿名処理班

  • 2012年12月25日 00:00
  • ID:4qJDnLO80 #

遂に謎解明ですか…

10

10. 匿名処理班

  • 2012年12月25日 08:22
  • ID:Usv0FJy.0 #

※8
イエス。
ラムセス3世にはやたらとたくさんの妃と、その妃たちが産んだ息子がいた。
で、末席に近いと思われる妃が、近い将来の自分と自分の息子の将来を憂い、また野心から王を殺して自分の息子を王にすることを企んだ。
王は老齢で、別の妃の産んだ息子が王座につけば、悲惨な将来が確実だったから。
かなり高位の神官や将軍も含め大がかりな暗殺計画だったけど、半ばで露顕し全員裁判で死刑判決が下った。
でも結局王はその裁判中に暗殺され(←ここがナゾ、被疑者が全員逮捕・拘留されてるのに暗殺は既遂ということに)、王権は非常に不安定なものになり、ラムセス3世が望んだ息子がラムセス4世として即位はしたもののその後の王朝は相当な混乱に陥ったらしく以降の記録では「短期間に次々王が立位した」以上のことはわかっていない。

11

11. 匿名処理班

  • 2012年12月25日 21:17
  • ID:Jrso361E0 #

科学のチカラってすげー

12

12. 匿名処理班

  • 2012年12月26日 13:41
  • ID:rdAvRSyr0 #

福沢諭吉かと思った

13

13. 匿名処理班

  • 2012年12月26日 18:56
  • ID:3YiGuCYO0 #

最初のミイラ画像が柳沢慎吾にしか見えんw

14

14. 匿名処理班

  • 2012年12月27日 16:52
  • ID:Hz4FMII70 #

皇子のミイラだとすると、恐らく意図的にこういうミイラにしたんだろうね
ラムセス三世が暗殺されたとは知らんかったよ
時代を考えると、あまり出来の良いミイラでなかった裏には、きっと色んないざこざがあったのだろうね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク