0_e3

 失われたものを求め、あるいは新たなる発見を求め、探究者たちはその大いなる好奇心で、遺跡調査をしたり、動物の生態を知る為、様々な場所にロマンを求め探索に出かける。そこで彼らは、思いもしなかった、世にも恐ろしいものに出くわすことがある。だが幸いなことに、彼らのほとんどは勇気があり、冒険に飢えている者たちだ。そこで逃げ出さずその恐怖の謎に迫っていく。ナショジオ海外版にて、探究者らが遭遇したぞっとする発見が8つほど紹介されていた。
スポンサードリンク
ソース:Scary Explorer Finds 
原文翻訳:konohazuku
 

1.グルーミング爪

 
1_e2 
 
 2012年秋、サイモン・ビーダーは、噂はよく聞くのに、めったに姿を現さない、アフリカ・タンザニアにいる夜行性の小型のサル、ガラゴを捜す探検に乗り出した。この写真のように、ガラゴは特徴的なくぼんだ爪をもち、足にはグルーミング爪があって、その謎めいた姿に、科学者たちはいまだに彼らがどの種なのか特定できないでいる。サイモンは、彼らの体の構造や遺伝学や習性のデータを集めて、それぞれの群れの分類学的な位置を定めたいと思っているそうだ。 
 
 

2.毛布をまとったミイラ

 
2_e2 
 
 インカの支配が始まる前の約800年間、ペルー北部の奥深い森林では、好戦的なチャチャポヤンの文化が広まっていた。彼らは先祖をミイラにして絶壁の墓に埋葬したが、現代の考古学者たちはその墓からこの謎多き戦士たちについての重要な手がかりを発見した。写真家で作家のゴードン・ウィルトシーは、墓が盗掘されるのを心配している。 
 
 

3.奇妙な治療法

 
3_e3 
 
 動物学者のルーシー・クックは、南アフリカ・ヨハネスバーグの市場で、このヒヒの頭蓋骨と遺骸の一部を見つけた。その市場では伝統的な治療法ムティも行っていて、これを施すと、残された体の一部を所有している人間に、その動物の特徴が乗り移ると信じられている。 
 
 

4.眠り姫のミイラ

 
4_e1 
 
ロザリア・ロンバルドは、シチリアの女の子。1920年に肺炎でわずか二歳で亡くなった。だが、イタリア・パレルモのカプチン教会のカタコンベにあるガラスの棺の中の姿は、ただ眠っているようにしか見えない。人類学者のダリオ・ピオンビーノ・マスカーリが遺体を調べ、アルフレッド・サァフィアが防腐処置に使った秘密の化学成分を発見した。 
 
 

5.印を残す暗殺者

 
5_e1 
 
昆虫の習性には、巧妙だが時にぞっとするようなものがある。昆虫学者のディノ・マーティンスは、ウガンダのエンテベで、アリの死骸に覆われた吸血虫サシガメの幼虫を見つけた。彼らはアリを殺して体液を吸い尽くし、その死骸を背中にくっつけて偽装しているのだという。 
 
 

6.夜の闘い

 
6_e1 
 
 ライオンなど肉食獣のドキュメンタリーフィルム製作者であるデレクとベヴァリー・ジュベールは、彼らの夜行の行動をカメラでとらえようと追っている。ふたりは30年近くもの間、この驚くべき肉食獣の2000以上の殺戮を見てきた。ベヴァリーが撮ったこの写真は、オスライオンの攻撃をかわそうとしているメスの闘いをとらえたもの。 
 
 

7.利にかなった托卵?

 
7_e1 
 
托卵(卵の世話を他の個体に托する動物の習性)は種にとって本当に役立つのか? 2011年、マーク・ハーバーら研究者がその答えを見つけた。テンニンチョウ(ハタオリドリの一種)が、カエデチョウの巣に卵を産みつけ、新しい住まいに定着する影響で、宿主の能力が実際に向上することがわかったのだ。 
 
 

8.過去からの叫び

 
9_e1 
 
 この砕けた頭蓋骨は、ヴァージニア州ウォルステンホルム・タウンの入植者のものだと言われている。ここは17世紀のイギリス人入植者にとって最悪の場所だった。1622年のポウハタンインディアンの奇襲、または暴動によって皆殺しにされた町だからだ。考古学者のアイヴァー・ノエル・ヒュームは、1970年代に大規模な調査をし、初期の棺の構造や、兵士が使っていた甲冑などについて、多くの知識を得た。 
 
 
▼あわせて読みたい 
ほぼ完璧な状態で保存されていた200年前のイタリアのミイラ 
 
 
カワスズメの口の中に寄生してその稚魚を食い尽くし成長するカッコウナマズの稚魚 
 
 
恐るべし「サシガメ」の軍事戦略 
 
 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2012年11月07日 20:51
  • ID:XLgUeFKH0 #

4番目の写真が、印象に残るな・・・・(´・ω・`)

2

2. 匿名処理班

  • 2012年11月07日 21:06
  • ID:NjsnxaKE0 #

はじめまして。
突然ですが、この記事は、いつもに比べて手を抜き過ぎだと思います。
楽しみにしているので頑張って下さい。

3

3. 匿名処理班

  • 2012年11月07日 21:23
  • ID:I2RgybJn0 #

ヒナの口グロすぎだろw

4

4. 匿名処理班

  • 2012年11月07日 21:33
  • ID:gPBRie2e0 #

これ、恐怖を覚えるようなものは無いなぁ
俺とナショジオの製作者とでは恐怖のツボが違うようだ

5

5. 匿名処理班

  • 2012年11月07日 21:39
  • ID:vggobb6j0 #

どの辺が恐怖?

6

6. 匿名処理班

  • 2012年11月07日 21:48
  • ID:aCoApQxs0 #

タイトルの手が人間かと思って何事かとドキドキしてしまった、
ガラゴは原始的な猿だと思ったけど意外と人間ぽいんだね

7

7. 匿名処理班

  • 2012年11月07日 22:02
  • ID:BLQpbD650 #

みょんみょん!

8

8. 匿名処理班

  • 2012年11月07日 22:14
  • ID:8AkaCEf70 #

SAN値が削られるものを期待したけどそうでもなかった

9

9. 匿名処理班

  • 2012年11月07日 22:27
  • ID:QhtwTPcX0 #

6の写真はオスライオンの攻撃をかわすメスというより、嫁さんに怒鳴られて、這いつくばって謝ろうしているおやじライオンに見えるのだが

10

10. 匿名処理班

  • 2012年11月07日 22:55
  • ID:FgpgDfR.0 #

>>2に一票

11

11. 匿名処理班

  • 2012年11月08日 00:47
  • ID:P8LsTfFo0 #

托卵のヒナのくちばしの模様が、托卵された鳥のヒナの顔に擬態した模様で笑った。

12

12. 匿名処理班

  • 2012年11月08日 00:49
  • ID:P8LsTfFo0 #

>2
1つの項目の文章の説明が少ないと言いたいんでしょうが、ソースがこの量なんだから仕方ないじゃない(笑

13

13. 匿名処理班

  • 2012年11月08日 01:32
  • ID:HBhxhdnm0 #

原文ソース見てみろ、ほぼ忠実に翻訳してある。細かく知りたいのならカラパイアの関連記事に載ってるやつもあるよ。

14

14. 匿名処理班

  • 2012年11月08日 02:27
  • ID:pKmsKvwd0 #

グルーミング爪ってのがよく分からんけど、俺の爪も写真みたいな波打ったようなデコボコの爪なんだけど・・・

15

15. 匿名処理班

  • 2012年11月08日 06:26
  • ID:W25ufMvo0 #

俺だめだ、結構苦手だった。
グロとか度胸試しのようなものは平気なんだけど、意味のあるものは怖い。
ミイラ系が無理だわ。

16

16. 匿名処理班

  • 2012年11月08日 07:59
  • ID:ESrk.1F10 #

日本にいる小指の爪をのばした生き物は
何に分類したらいいのかな

17

17. 匿名処理班

  • 2012年11月08日 08:21
  • ID:QsPMnZpL0 #

こんなにも心躍る出来事で溢れている世の中って素晴らしいな。

18

18. 匿名処理班

  • 2012年11月08日 11:53
  • ID:HISztFMD0 #

この中だと個人的にサシガメが一番ゾッとする

19

19. 匿名処理班

  • 2012年11月08日 12:51
  • ID:CSw8xcrg0 #

>※2
ただで読んでるのにけっこう上から目線なんだな。
お前も頑張れよ。

20

20. 名無し

  • 2012年11月08日 13:26
  • ID:bvEh8nRx0 #

すげー微妙な感じにまとめたな。

21

21. 匿名処理班

  • 2012年11月08日 17:03
  • ID:miCXHJ570 #

2、3、4.馴染みのない異文化というだけのこと、これを恐怖というのは狭量すぎる
1、5、6、7.珍しい動物の習性にはむしろ興味が出る、見た目などを人間の感覚で恐怖と言ってもしょうがない あとガラゴかわいい
8.第三者視点から見ると全く恐怖ではない むしろイギリス人入植者のほうが、ネイティブアメリカンからしたら恐怖の権化だったんじゃないだろうか

22

22. 匿名処理班

  • 2012年11月08日 18:28
  • ID:PNf9B6HE0 #

>17世紀のイギリス人入植者にとって最悪の場所だった。
自分らが勝手に入植して、やりたい放題、暴虐の限りを尽くしたのに、
最悪も何もないもんだ・・・。

23

23. 匿名処理班

  • 2012年11月09日 02:39
  • ID:eXlNeA410 #

ミイラ寒そうw

24

24. 匿名処理班

  • 2012年11月09日 07:07
  • ID:kt3F0F0A0 #

死体には恐怖は感じないかなw
記事の内容は、不意に見つけたらぎょっとするっていう感じ

25

25. ぁ

  • 2012年11月09日 07:40
  • ID:CpiZtFHV0 #

みんながしっくり来ないのは、scaryの訳のせいじゃないか?
″気味の悪い″とすればしっくりたくと思うけど。

26

26. 匿名処理班

  • 2012年11月09日 11:07
  • ID:bt4Y.svc0 #

ガラゴは鞄売っているあの?

27

27. 匿名処理班

  • 2012年11月09日 16:14
  • ID:lroLDywM0 #

>ここは17世紀のイギリス人入植者にとって最悪の場所だった。
これは一方的な評価なんだよな
本来は入植者を語る侵略者が何を言うかと叩かれるべき事案だと考えられる
歴史は勝者が作るとはいえ、訂正できるところはすべきかと思う

28

28. 匿名処理班

  • 2012年11月09日 22:27
  • ID:JjCT6zDz0 #

どうぶつ奇想天外でガラゴ見たけど結構かわいかった

29

29. 匿名処理班

  • 2012年11月10日 13:46
  • ID:H2n6pW350 #

ひなの写真は正直言ってモザイクをかけてほしいレベルだった。

30

30. 匿名処理班

  • 2012年11月10日 17:36
  • ID:PQxBFpq30 #

4は蝋で出来たお面じゃなかったっけ?
結構普通の番組で、さらっと解説してた気がする。
俺も幼い頃はこういったオカルト系はが大好きで、
色々調べたり、勉強するようになり、理系へ進むきっかけとなった。。
で、俺が学習したのは、オカルト系の記事は、ちょっと調べると
しょーも無いオチが見つかったり、科学で証明されている事を
あやふやにしている記事にしているという事実。

31

31. 匿名処理班

  • 2012年11月10日 18:53
  • ID:WJeJry5A0 #

雌ライオンの攻撃をかわしている雄ライオンに見えるのだが真相は一体

32

32. 匿名処理班

  • 2012年11月14日 18:47
  • ID:EvXw5kKf0 #

8が芸術的視点から良いなと思った

33

33. 匿名処理班

  • 2013年02月15日 11:17
  • ID:NTPFbYDl0 #

1の写真、爪がきれいに短いのが不思議。
爪きりとか使ってるの?w

34

34. 匿名処理班

  • 2013年06月15日 22:03
  • ID:eLLrhWM.0 #

ロザリアちゃん天使

35

35. 匿名処理班

  • 2014年04月28日 01:34
  • ID:98tliJ7T0 #

なんだか説明がイマイチでどこら辺が恐怖なのかわからないよ。

36

36. 匿名処理班

  • 2015年04月29日 08:46
  • ID:IWxFxvVd0 #

そんなに不気味ではなかったかな…。
最後の話も、殺された人には気の毒だと
思うけど、何かやらかしたからじゃ
なかろうかと思ってしまう。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク