no title

 ニューヨーク在住のアーティスト、ヴィンセント・カスティグリア(30)は、自らの血液を塗料とし、印象的なねじれた構図の絵画を描き出すアーティストだ。芸術家の作品は自らの血や汗や涙の結晶であると言うが、まさしく彼の作品は血、そのものである。
スポンサードリンク
ソース:New York artist Paints with His Own Blood
 
 血液に含まれる鉄分が酸化することで、不気味な赤味を帯び、作品によりいっそうの独特なムードが加わる。自らの血液を使い作品を作り出してから10年、約5.6リットルの血液を使用したそうで、実際に「何かを生み出すときには何かを犠牲にしなければならない」というのが彼の持論である。 
 
1_e14 
 
2_e13 
 
3_e14 
 
4_e12 
 
5_e11 
 
 大きな絵を作るときには採血の関係上数か月を要するという。彼の絵が、950ドル(7万5千円)から26000ドル(204万円)と売買価格に大きな開きがあるのはやはり嗜好の問題なのだろう。 
 
 彼の作品は、スイスのヘビーメタルバンド「Triptykon」のデビューアルバム "Eparistera daimon"や、映画Savage Countyなどにも使用されているそうだ。 
 
Painting with blood: Artist Vincent Castiglia uses his blood for his masterworks 
 
 
▼あわせて読みたい 
自分の血液を使ってポスターを作る、ザ・フレーミング・リップスのウェイン・コイン 
 
 
恐怖、血を流すマリア像や人形(動画あり 閲覧注意) 
 
 
自らの血液で描いた赤い色彩がセンセーショナルな絵画「Blood Piss Blues」 
 
 
超常現象がつきまとう、血で描かれた呪いの絵「The Anguished Man(もだえ苦しむ男)」 
 
 
 
 
 

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2012年10月10日 15:41
  • ID:z5icqIXO0 #

かっこいいけど作者の死後に呪われそう

2

2. あ

  • 2012年10月10日 15:52
  • ID:8HyceLzc0 #

作者、ハイネック着てるのかと思ったら刺青だった

3

3. 匿名処理班

  • 2012年10月10日 17:08
  • ID:8PDbI0350 #

保存場所によっては速攻でカビ生えそう

4

4. 匿名処理班

  • 2012年10月10日 18:34
  • ID:lhWDKRXh0 #

10年間で5.6リットルってこたあ一年で500CCぐらいか、献血好きの人は一年で1.2ℓだすからそう大した量ではないか
機会があれば俺もやってみたいな

5

5. 匿名処理班

  • 2012年10月11日 00:29
  • ID:4yuJh63p0 #

画家の生き血引
ヘビィメタルに合いそうだな
と思ったらもう使われてた

6

6. 匿名処理班

  • 2012年10月11日 01:04
  • ID:vJ3CtOnc0 #

画材として使いやすいのだろうか?

7

7. 匿名処理班

  • 2012年10月11日 01:43
  • ID:6UtZfxrc0 #

なんで不気味な絵になっちゃうんだろう。
血液を絵の具に不気味な絵を描くんじゃ工夫も独創性もあったもんじゃない。
さわやかな感動を与える絵を描ける人はおらんのか

8

8. 匿名処理班

  • 2012年10月11日 05:50
  • ID:mAd8gdTX0 #

以前、どこかの国の女性が自分の生理の血を使って絵を描いているというのを本で見たが、どっちにせよグロいことに変わりはない。

9

9. 匿名処理班

  • 2012年10月11日 13:05
  • ID:OPZX2c350 #

血で描く行為より絵がダサイのが気になる。

10

10.

  • 2018年09月13日 21:26
  • ID:r33E.lZ50 #
11

11. 匿名処理班

  • 2019年05月21日 21:06
  • ID:LvqRZ11Q0 #

臭そう・・・

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク