トロント

 1951年から2011年にかけて、アメリカで発生した竜巻の発生地域とその数を視覚化し、年別、月別で表示させた映像。アメリカ海洋大気庁NOAAが作成した。西海岸に比べ東側、中央に竜巻が多く発生していることがわかるね。それと2011年は相当数の竜巻が発生したことがわかる。
スポンサードリンク
 
ソース:IDV User Experience: Tornado Tracks
 
 
Tornado Tracks 1950-2011 年別表示 
 
 
Tornado Tracks 1950-2011 月別表示 
 
 
サンプル画像 
000 
 
 
関連記事: 
米国の竜巻を追い続け撮影しているフォトグラファーの竜巻画像 
 
 
上空を覆う巨大な嵐雲、アメリカを同時多発的に襲った竜巻凄さがわかる画像+動画 
 
 
戦慄の巨大アーチ雲、背筋が凍る巨大竜巻がアメリカ上空に発生 
 
 
 

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. あらま!

  • 2012年07月06日 23:09
  • ID:4GTtOMJx0 #

天気は予想できないものね。
台風くる度にドキドキしちゃうのって子供の頃に戻った気分でいいものよね!
今外でカミナリ鳴ってるからこちらに釣られちゃったわ!

2

2. 匿名処理班

  • 2012年07月07日 00:36
  • ID:HGZi7iGo0 #

日本にとっての地震と同じように、北米にとっては竜巻が警戒すべき災害の上位に来るってことなんだろうな。日本も最近竜巻と思しき災害が増えてきたけれど。

3

3. 匿名処理班

  • 2012年07月07日 10:33
  • ID:0E9dWB5.0 #

西海岸は割りと大丈夫そうだね。台風来るけど。

4

4. K

  • 2012年07月07日 13:04
  • ID:fTyqa8Z80 #

東半分は、すごいな。
竜巻は、狭い範囲にしか被害を出さないけれど、これだけ頻繁に発生すると、被害を受けずに一生を終える人の方が珍しいだろうね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク