ごうごう 2011年9月25日に観測された太陽嵐はスーパーソーラーストームクラスで、高さ約20万キロにもおよぶ竜巻時速30万キロの速さで太陽から舞い上がったという。NASAが観測したその記録的映像がマンチェスター国立天文会議にて公開されたそうだ。
スポンサードリンク
 
ソース:The Presurfer: Giant Solar Tornado Caught On Tape
 
 
 
関連記事: 
巨大太陽嵐(メガフレア)発生が10年以内に起こる確率は「12%」(米研究) 
 
 
強力な太陽嵐の影響で美しいオーロラが観測される(画像・動画) 
 
 
これは珍しい、太陽に現れた三角形のコロナホールが異次元へのポータルのよう 
 
 

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2012年04月04日 23:13
  • ID:AFpvFYJd0 #

ネタ元が4月1日になってるけど?フェイクじゃないの?

2

2. 匿名処理班

  • 2012年04月04日 23:18
  • ID:ijx8f.PU0 #

20万キロの風ってぶつかったらどうなるの?木っ端微塵?

3

3. 匿名処理班

  • 2012年04月04日 23:50
  • ID:TBpP1RIK0 #

サムネがピヨコちゃんだな

4

4. 匿名処理班

  • 2012年04月04日 23:55
  • ID:FnGPHIQt0 #

>>2
たかだか地球の直径の16倍の嵐が
地球の公転速度の30倍のスピードで
ぶつかってくる程度の衝撃はそこそこ痛いだろうね

5

5. K

  • 2012年04月04日 23:56
  • ID:DEjDYEYs0 #

「RussiaToday さんが 2012/03/29 にアップロード
約186,000mphの途方もない速度で渦巻いている巨大な太陽の ― 地球の直径の5倍 ― 竜巻は、NASAのSolar Dynamics Observatoryによってビデオにとらえられました。」
186 000 mi/h = 83 149.44 m / s = 299337.98 km/h
秒速83キロメートルって地球の赤道面での直径が12,756.274 kmだから、その距離を153.4135秒で通過する速さなんだよね。

6

6. K

  • 2012年04月05日 00:04
  • ID:nu1ukx700 #

地球の直径の5倍は、渦の直径ということだね。

7

7. 匿名処理班

  • 2012年04月05日 00:17
  • ID:hp1oDG3w0 #

確実に致命傷で済む大きさですね

8

8. 匿名処理班

  • 2012年04月05日 00:58
  • ID:axW58MKT0 #

光が秒速30万キロなんだから時速30万キロは光の速度の1/3600だぞ。

9

9. 匿名処理班

  • 2012年04月06日 12:33
  • ID:uzCSZPNs0 #

炎龍よ、大気に渦を巻け、
天へ昇り、全てを灰へと化せ!
フェーゲフォイアー・クロイツ!!

10

10. 匿名処理班

  • 2012年04月06日 13:36
  • ID:UHTFS2xx0 #

※9
狂乱の彼方より熱き炎よ、来たれ!
アニヒレーション!!

11

11. 匿名処理班

  • 2012年04月10日 23:23
  • ID:lfqsHntl0 #

たいしたことねぇな。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク