SF

 全米科学財団主催により、毎年開催されている「Science Visualizations(科学視覚化)」の受賞作品が公開されている。これは科学の芸術的側面をクローズアップすることで、科学に興味を持ってもらおうという趣旨で行われているものだそうで、優秀作品は壮大なるスペースファンタジーを感じさせるものばかりだ。
スポンサードリンク
 
ソース:The Best Science Visualizations of the Year | Science & Nature | Smithsonian Magazine
 
 
SFスペクタクルな乳がん細胞の触手を攻撃する緑色の抗体 
Best-Science-Visualizations-1_e 
 
 
細胞の有糸分裂 
2_e 
 
 
ユタ州の砂岩の崖のようなMXeneのレイヤーであるTi2ALc2と呼ばれる層状化合物 
3_e 
 
 
まるで野菜のような皮膚の発疹 
4_e 
 
 
ダイヤモンドナイフでスライスしたマウスの目を代謝活性に応じて様々な細胞を染色しデジタル編集したもの 
5_e 
 
 
複素数を色で表現 
6_e 
 
 
ナノファイバー 
7_e 
 
 
マイナス10の累乗 
8_e 
 
 
エボラウイルス 
10_e 
 
 
関連記事: 
画像でびっくり、正体を知って2度びっくりの走査型電子顕微鏡(SEM)で見たミクロの世界 
 
 
オタマジャクシのスマイル!!電子顕微鏡がとらえた、オタマジャクシの笑顔 
 
 
電子顕微鏡で見る、花粉のツブツブな世界 
 
 
 
 

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 鳥

  • 2012年02月20日 21:06
  • ID:3shpQJgt0 #

>まるで野菜のような皮膚の発疹
マジ鳥肌
この鳥肌もこんな感じになってんのかとおもたら
マジ鳥肌 バサッバサッ

2

2. ぷー

  • 2012年02月20日 21:06
  • ID:urovJBQ00 #

複素数とかどうやってるんだww

3

3.  

  • 2012年02月20日 21:21
  • ID:aouBt51T0 #

昔NHKの人体って番組を思い出すなあ。
マクロファージとかT細胞とかがウイルスを攻撃するシーンが大好きだった。

4

4. ああああ

  • 2012年02月20日 22:54
  • ID:rRQUP6V10 #

複素数はニュートン法を収束判定したやつだ。
プログラム組めるならやってみ。

5

5. K

  • 2012年02月21日 16:01
  • ID:mW72KboB0 #

まるで野菜のような皮膚の発疹
若いキュウリだね。
これならトゲが刺さるわけだ。

6

6. K

  • 2012年02月21日 16:17
  • ID:mW72KboB0 #

マイナス10の累乗
Powers of Minus Tenというインタラクティブゲームの画像です。
エフェクトが入っていなければ、ゲームだとは思えないできです。
http://www.youtube.com/watch?v=D2cfP49KOno
学校の教材に使えます。

7

7.  

  • 2012年02月22日 10:49
  • ID:4Z9.taYZ0 #

科学者に視覚芸術は任せられないね、という事で。

8

8. あ

  • 2012年02月22日 20:19
  • ID:1Wormh1U0 #

わざとらしい視覚化は不要だし
そもそも視覚芸術が目的ではない。
ゆとりは何でもお膳立てが必要だな。
分からなければ分からないと素直に言え。

9

9. 匿名処理班

  • 2012年05月19日 05:12
  • ID:ycXcpGAn0 #

>まるで野菜のような皮膚の発疹
きもすぎだろwwww

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク