ロシア ゴルバチョフが提唱したペレストロイカが破綻した原因はこの辺に見え隠れしているんじゃないかというくらい、反革新的なロシア式穴掘り方法。3人で掘ったほうが早くない?とかいうつっこみはやめてあげて欲しいんだ。

 効率を求め生産性を上げることに疲れてしまった人類の最終形態をここに見たような気分になってきたので、たまにはゆっくり動いてみることにしようそうしよう。
スポンサードリンク
 
ソース:три таджика и лопата - YouTube 
 
 
関連記事: 
ショートコントみたいなロシアの重機救出大作戦 
 
 
なんという車でパズル!迷惑駐車で出られなくなった車の脱出方法(ロシア式) 
 
 
ヘリコプターを使ってヒゲを剃る、これがロシア流 
 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. い

  • 2011年11月24日 11:07
  • ID:OkspmTDi0 #

これって、日本でも線路の砂利を敷くときにやるよね

2

2. け

  • 2011年11月24日 11:59
  • ID:HsBWMIXk0 #

穴掘りA「穴掘るぞー、みんなスコップ持ってきたよな?」
穴掘りB「おいら、ヒモしかねぇ〜だよ」
穴掘りC「おらもだ〜。ズボンのゴム紐しかねぇ〜だよ」
穴掘りA「…。俺一人で掘るは…」
穴掘りB「ヒドイだよ、おいらたちは仲間外れだか〜」
穴掘りC「みんなで掘るって決めただ〜」
穴掘りB「このヒモはおいらたちを結ぶ友情の黄色い糸になるだ」
穴掘りC「おらたち、力を合わせるだ!」
穴掘りA「お前ら…。あ…ありがとう!」
そして、場面は冒頭の光景へ…。

3

3.

  • 2011年11月24日 12:07
  • ID:JhMLOV5V0 #

なれてないやつやらせると一日で腰逝っちまうからな

4

4. ゆ

  • 2011年11月24日 12:16
  • ID:1DcoS2UK0 #

3人でしか動かせないようなデカいスコップ使うならアリじゃまいか

5

5.  

  • 2011年11月24日 12:31
  • ID:Fni2J.yQ0 #

北斗の拳でもデカイ剣3人で持ってた気が

6

6. え?

  • 2011年11月24日 13:25
  • ID:0z0wnOUn0 #

べつにロシア限定のやり方でもないし…この記事書いている人って世間知らず?

7

7.  

  • 2011年11月24日 13:32
  • ID:qYDN2T6J0 #

旧共産圏らしくていいじゃない

8

8. .

  • 2011年11月24日 14:00
  • ID:yDol2GNL0 #

スコップが1つしかなかったからでしょ

9

9. な

  • 2011年11月24日 15:27
  • ID:1R4cX9si0 #

日本でも普通にみかけるよね

10

10.  

  • 2011年11月24日 16:01
  • ID:LOy3ER740 #

まあ使えるスコップが一つしかなかったと考えよう

11

11. (。・(エ)・。)

  • 2011年11月24日 16:06
  • ID:sWDhFw060 #

この方が疲れずに長時間掘れてイイよね

12

12.  

  • 2011年11月24日 16:09
  • ID:6PqKQb2h0 #

穴掘りの世間には疎いから知らなかったよ

13

13. ('ロ';)

  • 2011年11月24日 16:39
  • ID:deIfUZSi0 #

3人で掘れ

14

14.  

  • 2011年11月24日 16:41
  • ID:nFn3oUwD0 #

※9
とりあえず車にスコップが必需品となってる北海道では見たことないかな・・
こんなことしてたら次の雪が降って積もっちゃうし、穴掘りもこんな呑気にやらないよw

15

15.  

  • 2011年11月24日 16:43
  • ID:1H9HOEwC0 #

普通にはみかけないだろ

16

16. r

  • 2011年11月24日 18:18
  • ID:k5SC4Qlr0 #

普通は寒い地方ほど働き者なはず。
南国は冷蔵技術が生まれるまで保存食を蓄える習慣が無かったし、海や山に行けば取り敢えずその日暮らしの為の食糧が手に入る。
極寒地では収穫時期に一生懸命働いて冬に備えないと餓死と凍死が待っている。
ロシアは何故か定義に当てはまらない・・・。

17

17.  

  • 2011年11月24日 18:40
  • ID:3REaM.VV0 #

労働者が体壊そうが関係ない。短期間少人数でできるだけコスト削減とか考えてる経営者に見習って欲しい。

18

18.  

  • 2011年11月24日 18:45
  • ID:3REaM.VV0 #

それにこの方法だと、土にスコップをさして足で押し込める過程を省略&一度に多くの土を掬えるから割と効率的。

19

19.      

  • 2011年11月24日 20:28
  • ID:olbTQnvL0 #

これは日本の穴掘り選手権でも普通にやってるぞ。
まぁ、気合が入っていないのは認める。

20

20. 配管工

  • 2011年11月24日 21:02
  • ID:uFCAEWXg0 #

多分この動画見た人みんな穴掘りってゆうのを舐めてて、やわらか〜い山砂をスコップ一丁でサクサク掘る夢見てるんだきっと。
実際そこら掘ると採石どころか粘土+ガラとか手で掘ってたら死ぬし時間かかるしで、ちっこいユンボレンタルしてきた方が時間も金も節約できるんだよ。

21

21.  

  • 2011年11月24日 21:02
  • ID:bXVduUbV0 #

重い素材を掻く時や長時間行なう時に使う方法だよ
日本式の取っ手のあるスコップより海外式の一本棒スコップでやる場合が多い様だが

22

22.

  • 2011年11月24日 21:20
  • ID:XzpMeW8p0 #

これ楽だよね?
それに人情味があってよくね?

23

23. ドーピング視察

  • 2011年11月24日 22:30
  • ID:fdMWnPhc0 #

なんだあれは。注射を打ちたまえ。

24

24. r

  • 2011年11月24日 22:37
  • ID:k5SC4Qlr0 #

※20
なるほど!。そういや永久凍土だっけ、ロシアって。
こうでもしないと土が凍ってて大変なんだな。

25

25. ...

  • 2011年11月24日 22:44
  • ID:Vz1WzyUt0 #

タイトルにはロシア人じゃなくてタジキスタン人と書いてある。旧共産圏には変わりないけど。

26

26. bu

  • 2011年11月24日 22:59
  • ID:sQBiC3P70 #

昔のしRじゃこうやって路床の砂利を扱っていた。たぶん土に補助は付かないと思うが。

27

27. p

  • 2011年11月24日 23:16
  • ID:zBLHAPJE0 #

電球を交換するのに100人必要な話を思い出した
電球を掴むのに一人
家を回すのに99人ってやつ

28

28.  

  • 2011年11月25日 02:43
  • ID:7B4C6DmS0 #

初めて見る人は「なんじゃこれは?」と思うかもしれないが、土木作業では当たり前のこと。
日本では線路の道床交換や、今は被災地のがれき撤去現場で見られるよ。

29

29.  

  • 2011年11月25日 04:37
  • ID:u4meIq5b0 #

土が凍りついてて掘れないなら、ツルハシ使うだろうしな…

30

30.  

  • 2011年11月25日 08:10
  • ID:M.A9BEc20 #

土や雪と違って、重い石や砂利などはバカ重い、鉄道では常識の方法で一人じゃとても大変なんだよ。      
でも、この動画は土だなやる気も感じないし、テキトーww

31

31. w

  • 2011年11月25日 08:20
  • ID:MGN4o3CF0 #

ロシア人のやりそうなこった
あいつら集団で力合わせるってこと苦手だから
日本人なら一人+一人=2人以上の力なんだが
ロシア人
一人+一人=0,7人の力くらいだな
 人が集まれば集まるほど総合力が落ちる、
んで面倒くさいからヤッテマエ! 理論が発動して滅茶苦茶なことになる
で失敗したやつはロシア流でゴミ箱行き、、国土広いんだから、ちょっといけばすぐゴミ捨て場
モノだろうと生きてる人間だろうと ゴミ捨て場行き

32

32.  

  • 2011年11月25日 08:30
  • ID:6morDUBI0 #

土建技術をネットの住人がわからないのは当然だし仕方がないけど、
このスコップの使い方は日本でも普通にある方法だよ。
スコップ使う人の負担が少なくて長時間の作業に向いているんだ。
まぁ・・この記事はミス記事だよ

33

33. 視察

  • 2011年11月25日 22:05
  • ID:HfZft7p00 #

今回ばかりは君達が正しい。
君達の意見を尊重した上で私は言おう。
ここに注射を用意した。
君達には寝ないで働いてもらう。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク