ごんどわな

 数億年前の南半球に存在していた超大陸ゴンドワナ。この一部だったとみられる二つの「沈没した島」を深海で発見したと、インド洋一帯を調査していたオーストラリアの研究チームが今月17日発表した。現在の世界の大陸が形成された過程を知る上でのヒントとなりそうだ。
スポンサードリンク
 
ソース:超大陸ゴンドワナの一部か、インド洋海底に「沈没島」発見 国際ニュース : AFPBB News
 
 二つの「沈没島」は、同研究チームが行った10月の調査の際、オーストラリア沖西方1600キロ、深さ約2000メートルの海底で発見された。「島」の岩石には、浅水域でみられる生物の化石が含まれていた。 
 
 これについて、研究チームの1人、豪シドニー大学の地球物理学者ジョー・ホイッテカー氏は、二つの島は元は大陸の一部だったか、海面上にあったことを意味するもので、海底火山の活動によってできた可能性は低いという。 
 
 過去に存在したと考えられている超大陸 ゴンドワナ  
no title 
 
 ホイッテカー氏は、二つの島の発見を、約1億3000万〜8000万年前にゴンドワナ大陸が現在のオーストラリア大陸、南極大陸、インド亜大陸へと分かれた過程の解明に役立つものだと述べている。同氏が特に関心を寄せるのは、元はオーストラリア大陸とつながっていたインド亜大陸が、最初は北西へ漂流し、その後、急角度で北上。そこで北東部沿岸がユーラシア大陸と衝突し、ヒマラヤ山脈を形成することになるプレート運動の過程だ。 
 
 研究チームは現在、海底2000メートルにある島の一方の断崖から採取した砂岩と花こう岩の標本について年代測定を行っている最中だが、同チームでは最大で10億年前のものだろうとみている。 
 
 また、この島が本当にオーストラリア大陸から分離したものか究明するために、これらの岩石標本と豪州西部沿岸の標本とを比較する予定だ。 
 
 だが、ホイッテカー氏によれば、同様の比較はインド大陸については不可能だ。比較対象となるべきインド大陸の「沿岸」は、今ではヒマラヤ山脈の一部となっているからだ。 
 
 一方、インド大陸の東部沿岸は、かつては南極大陸とつながっていたと考えられている。 
 
25A 
 
 ホイッテカー氏は当時の大陸分裂を、「粘着質の物体」を引っ張った場合にたとえる。今回、見つかった「沈没島」は、引っ張られたときに尾を引いて間に落ちるようにして残った薄い大陸地殻のかけらで、二つ合わせるとスコットランドと同程度の面積になると説明している。 
 
 同氏によると、プレート・テクトニクス理論は1950年代に認められたばかりの比較的、新しい科学で、研究者たちは今も、地球上の大陸が何によって動かされ、移動方向を変えるのかを究明しようと励んでいる。 
 
 オーストラリア大陸は年間7センチの速さで北へ向かって移動している。これは、インド亜大陸の海岸線沿いで二つのプレートが接触する沈み込み帯の影響によるものとみられる。2004年のスマトラ島沖地震も、この沈み込み帯と関連したものだった。 
 
 その一方で、南極大陸はまったく移動していない。だからこそ、ホイッテカー氏いわく、ゴンドワナ大陸の一部だった可能性がある二つの「沈没島」の発見の意義が、いっそう深いものとなるのだ。 
 
関連動画:6億5千万年の地球上の大陸の動きを2分間で 
 
 
関連記事: 
 江戸時代から明治時代にかけて、日本が作った世界地図 
 
 
終わりのない洞窟:30年調査しても出口の見えない世界最大のネバーエンディングダンジョン 
 
 
地球内で味わえる極限、世界10の最果ての地 
 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 醜草

  • 2011年11月21日 08:19
  • ID:ImV.m15.0 #

ほほぉ、おもしろいな
こういうの発見したときに未発見だった生物の残骸とか一緒に見つかったりしないのかな

2

2. あ

  • 2011年11月21日 08:32
  • ID:e86hTP.30 #

パンゲアの一部なのか?

3

3.  

  • 2011年11月21日 08:57
  • ID:ssMYlAut0 #

大陸が移動するのは知っていたけどメッチャ動いてるんですね^^;

4

4.  

  • 2011年11月21日 10:37
  • ID:mcax530s0 #

※2
パンゲアは「分裂する前にひとつだった大陸」のことなんだからそりゃそうだろ
パンゲア分裂
 ├→ローラシア→ユーラシア、北アメリカ
 └→ゴンドワナ→アフリカ、南アメリカ...→この島
プレート・テクトニクスもパンゲア説も間違ってなければって前提だけど

5

5.  

  • 2011年11月21日 11:22
  • ID:dp5PGuYn0 #

最後にはくっつくんだな
その時に本当の地球一の支配者が生まれるのか

6

6. u

  • 2011年11月21日 13:09
  • ID:BW3hJqYz0 #

>その一方で、南極大陸はまったく移動していない。
こっちの方が驚きだわ

7

7. a

  • 2011年11月21日 13:13
  • ID:MfERy4mY0 #

>5
最後と言っても2億5000万年後だな。その頃には太陽の大きさは現在の少なくとも二倍。人類は既にいないか、生きていたとしてもごく僅かだ。そもそも、今の人類の歴史自体、せいぜい300万年くらいしかないからね。地球の歴史からすると、人間の存在はごく短い期間だけの存在なのかも。

8

8. w

  • 2011年11月21日 13:42
  • ID:nhWKov6T0 #

世界はいずれまた一つの大陸となる

9

9.

  • 2011年11月21日 14:04
  • ID:tks9CAEE0 #

いや、今ある大陸もゴンドワナの一部だから、クッキー割った時の欠片を見つけたのと同じだし。欠片を発見したことで、クッキーがどのように割れたか、かつてどのように存在したかの手がかりになるから大発見だってことで。てかアトランティスは伝説上の島であって大陸ではないし、ムー云々もすでに科学的に無理があると否定されているから。
イースター島のロンゴロンゴが解読されたというニュースをカラパイアで読むのを待ち焦がれているんだけどその日が来るのはまだっぽいな。

10

10. GoN

  • 2011年11月21日 14:52
  • ID:h4.ndb6H0 #

そしたらもうずっと離さないぞ。今度はな。コンドワナ。ゴンドワナ。

11

11.

  • 2011年11月21日 15:33
  • ID:6EdIUUYJ0 #

地動説って無理ありすぎだなw

12

12. o

  • 2011年11月21日 18:06
  • ID:6yF5S8p00 #

大陸移動説ね

13

13. a

  • 2011年11月21日 18:16
  • ID:MfERy4mY0 #

>10
大陸移動説と混同してない? …って書こうとしたら11に先越された。

14

14. 空缶

  • 2011年11月21日 18:22
  • ID:LDdvPO2t0 #

>>10
然り。神の摂理に反しておろうよのう。

15

15. トニー力がでないよグレイト君もタイガーだ

  • 2011年11月21日 18:40
  • ID:Th51MP1U0 #

大陸で思い浮かぶと言えばだなおれ自身はやっぱ有名なところではアトランティス、ムーを連想するわけだ。1億3000万から8000万年前だからはるか太古の大昔だ。超大陸ゴンドワナがあったのがな。それから比較すれば人類なんてまだまだ大したことはないわな。今昔の大陸発見されるって事はだもしかして大異変を暗示、予告するものかも知れないぞ。警告サインでは。

16

16. あ

  • 2011年11月21日 19:25
  • ID:RTOlL72K0 #

>>7
宇宙好きなものですが、2.5億年後には太陽が現在の2倍になるというのはどこの仮説ですか?初めて見ました。

17

17. G

  • 2011年11月22日 09:23
  • ID:y8v06DP.0 #

次の超大陸ってアメイジアとか云ったっけ?
ユーラシアがユーロ+アジアだって始めて知った時は
よくわからんが、なんか興奮したな。

18

18. あなたの街のバロー

  • 2011年11月28日 21:48
  • ID:WpcowgCS0 #

大陸が動くなんてすごすぎる(-_-;)

19

19.  

  • 2011年12月16日 20:41
  • ID:LtsLi5KV0 #

滝沢キーック! 国電パーンチ!

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク