八フル 研究チームが米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡を使い、ブラックホールを取り囲む渦を直接観測することに初めて成功した。

 超巨大ブラックホールの周辺には強い光を放つクエーサーと呼ばれる天体が存在する。物質がブラックホールにのみこまれる際に大量のエネルギーが放出されて、クエーサーが形成されるとの説が有力。ブラックホールを取り囲む渦は「降着円板」と呼ばれ、高密度天体の周りに形成する円盤状のものでちりやガスでできている。
スポンサードリンク
 
ソース:CNN.co.jp:ブラックホールを囲む渦、初の直接観測に成功 ハッブル望遠鏡
 
 クエーサーは平均的なもので幅1000億キロにも及ぶ。しかし地球から遠く離れているため望遠鏡ではその構造を直接観察できず、多くの謎に包まれていた。 
 
 観測された降着円盤とクエーサー(クリックで拡大表示) 
heic1116a 
 
 研究チームはハッブル望遠鏡を使ってクエーサーを観察する新しい方法を考案した。銀河にある恒星を走査型顕微鏡として利用し、恒星の重力レンズ効果でクエーサーが放つ光を増幅させて、降着円盤の精細な色彩情報を取得。この技術で生成した画像を組み合わせてかすかな色の違いを判別し、ブラックホールを取り囲む降着円盤の色彩を表現した。円盤の大きさは幅1000億〜3000億キロと推定されている。 
 
Quasar Accretion Discs Probed Via Gravitational Lensing 
 
 
関連記事: 
まるで巨大生命体 “共食い”するブラックホール 
 
 
極小のブラックホールが地球を毎日通過している!?(米研究) 
 
 
ブラックホールに星が吸い込まれる瞬間が初めて観測される(宇宙ステーション) 
 
 
宇宙の広さと宇宙のはじっこがわかる映像 
 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 1

  • 2011年11月12日 08:13
  • ID:xcu.hCYA0 #

よくわかんねーわ。
すげーんだろうけれどw

2

2.

  • 2011年11月12日 10:02
  • ID:7kh7CSnt0 #

動画の意味が全く分からない・・・

3

3.  

  • 2011年11月12日 11:18
  • ID:kcyP25jo0 #

死んでゆくものたちの最後の足掻きに見える・・・

4

4.  

  • 2011年11月12日 11:41
  • ID:OBe.r0zO0 #

そんなに光ってるならもっと早く見つけられなかったの?
よくわかんないけど

5

5. 名無しさん

  • 2011年11月12日 12:39
  • ID:ZQiU2cRQ0 #

宇宙ヤバイ

>2
CNNのリンク読むとわかるが、重力レンズでクエーサーを調べた、その手法の解説

6

6.  

  • 2011年11月12日 13:37
  • ID:IwO7Pi6u0 #

>4
どうしてこういう意見が出てくるのか不思議でしょうがない^^;

7

7.  

  • 2011年11月12日 15:01
  • ID:0NDhp5RY0 #

クエーサーというのは基本的に遠い。
数億光年より更に向こう、と言ったものが大半。
クエーサー銀河そのものは捉えられても、その肝心な中心核付近の構造を、今回
重力レンズを利用して解析してみました。と言う記事。

銀河というものは細かく観察しようとするとかなり観察外の「ノイズ」に満ちあふれているのと
単純に距離が遠く、細かい観測が難しいこと、飛び込んでくる「光」が目に見えるとは限らない
と言うこととで望遠鏡みれば判るって程簡単じゃないんだよ。

8

8.  

  • 2011年11月12日 16:28
  • ID:ZDF2oIrH0 #

>重力レンズ
地球とクエーサーの間にある天体の重力による、光の屈折を利用してるわけか

重力レンズ効果ってアインシュタインが発見した現象らしいけど、
彼は勿論のこと、それを実用化してるNASAもヤバイな

9

9. ちょもらん

  • 2011年11月12日 17:06
  • ID:tPQNA7TF0 #

何が何だか??動画の説明ほしい。

10

10. トニー力がでないよグレイト君もタイガーだ

  • 2011年11月12日 18:13
  • ID:krbRcGdf0 #

今の世の中非常にカオスじみている。この様子だと大災害が起きてもおかしくはない。この広大な宇宙の事だ宇宙人、異星人、未来人が存在していてもおかしくはなかろう。世も末、今人間界は世紀末真っ只中実に北斗の拳状態だ。こいつは何かの警告サインだな。人類お掃除計画も目前だわな。

11

11.  

  • 2011年11月12日 21:11
  • ID:uGQIwhiT0 #

>>9
クエーサーとハッブルの間にある恒星(光る星)の重力がクエーサーの光の波長を変化させる事を利用
各波長単体(色分け)で観測して、集めたデータから恒星の光を排除する事で降着円盤の色分布を調べた
こんな感じじゃね?
動画の並んだ線が各スペクトルで、何度も恒星に向けて観測したと
遠距離観測は一日数時間目標を固定して数日から数十日かけて光を集める
手間が掛かるもんだ

12

12. スカリー捜査官

  • 2011年11月12日 21:14
  • ID:Kd8PirL10 #

要するに
「新しい補正技術を確立しました」
って事で良いのかな?

13

13.  

  • 2011年11月13日 08:14
  • ID:yJsKnA8G0 #

予想の上の予想って感じで最近の宇宙ネタはワクワクしないわ
事実を発見してくれたら嬉しいけど、生きてる間は無理かなー

14

14.

  • 2011年11月13日 16:00
  • ID:lARBIvqq0 #

きれいだね。

15

15.

  • 2011年11月13日 17:38
  • ID:Fdsq5K2c0 #

宇宙知識の基礎も無いのに最新ネタにはワクワクしないとな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク