kaiga

 鵜飼(うかい)は鵜という鳥を使ってアユなどを獲る中国、日本などで行われている漁法のひとつ。その歴史は古く、、『日本書紀』や『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っているそうだ。

 現在日本では、漁による直接的な生計の維持というよりは観光客が屋形船からその様子を見て楽しむという観光事業として細々と行われているそうだ。ということでこれらの画像は中国で行われている鵜飼の様子を撮影したもの。まるで古典絵巻を見ているかのような錯覚を起こしてしまうほど、その光景は牧歌的で、いにしえの時代へとタイムスリップした気分に浸れる。
スポンサードリンク
 
ソース:The Ancient Tradition of Fishing With Cormorants on China's River Li | Environmental Graffiti
 
 鵜飼漁をする人を鵜使いまたは鵜匠(うしょう・うじょう)と呼ぶ。風折烏帽子、漁服、胸あて、腰蓑が標準装備品(装束)だ。 
1 
 
2 
 
 平底の小船の舳先で焚かれるかがり火が、照明のほかにアユを驚かせる役割を担っている。かがり火の光に驚き、動きが活発になったアユは、鱗(ウロコ)がかがり火の光に反射することで鵜に捕えられる。鵜ののどには紐が巻かれており、ある大きさ以上のアユは完全に飲み込むことができなくなっており、鵜匠はそれを吐き出させて漁獲とする。紐の巻き加減によって漁獲するアユの大きさを決め、それより小さいアユは鵜の胃に入る。 
 
 しかし、鵜飼いの鵜の喉にいつも紐をまいて漁をしていると鵜はだんだんやる気をなくしていってしまう。そのため、鵜匠は鵜にも休暇を与えることがあるそうだ。(wikipedia) 
 
3 
 
4 
 
5 
 
6 
 
7 
 
8 
 
9 
 
10 
 
HD映像 岐阜の夏の風物詩 長良川鵜飼 
 
 
関連記事: 
凍った海の割れ目から命がけでムール貝を採集する、世界で最も危険な漁をするイヌイット族(エスキモー) 
 
 
棒を刺してよじ登りながら釣りをする、スリランカ南部の伝統的釣法「ストルトフィッシング」 
 
 
ドゴン族の年に一度の神聖な漁の儀式がもの凄い!!(アフリカ、マリ共和国) 
 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.  

  • 2011年10月27日 20:28
  • ID:6Hd8Ixwq0 #

効率悪いだろうな

2

2.  

  • 2011年10月27日 21:07
  • ID:aTkg.UvC0 #

悠久が感じられる良い中国だな

3

3.  

  • 2011年10月27日 21:08
  • ID:Ldvt3ZWW0 #

鵜飼RPGとは新機軸だなw
FF14より面白そうだ

4

4.  

  • 2011年10月28日 00:35
  • ID:Z7c27wB80 #

まんま漢詩の世界だな

5

5. mmm

  • 2011年10月28日 00:53
  • ID:ogyBVjpb0 #

やっぱりこゆうのが残っていると訳もなく嬉しくなるよ。
問題は、この先いつまで残していけるかだろうね。

6

6.  

  • 2011年10月28日 03:39
  • ID:.eIDQNgp0 #

西洋発の冒険物の映画に出てて来そうだな。

7

7.  

  • 2011年10月28日 03:56
  • ID:daUsEeT50 #

中国には水墨画の仙人の絵にあるような山が、ホントにあるんだよね

8

8.    

  • 2011年10月28日 07:18
  • ID:66pShtGQ0 #

知ってるか?
日本の鵜飼いって国家公務員なんだぜ

9

9.

  • 2011年10月28日 13:28
  • ID:bG5uujbp0 #

カンフー映画なら間違いなく師匠のレベル。

10

10. 10

  • 2011年10月28日 18:40
  • ID:xweWZ.Yp0 #

宮内庁式部職

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク