切り首

 トルコ東部の標高2,134 m の山、、ネムルト山の山頂には、巨大神像の頭部が地面に落下している不思議な遺跡がある。これは、紀元前69年に即位した、コンマゲネ王朝アンティオコス1世が山頂に築いた巨大墳墓なのだそうだ。

 人工的に作られた、直径152 m、高さ49mの頂上部には、王の座像のほか、2羽の鷲、2頭のライオン、様々なギリシャ神話やペルシャ神話の神々の像の頭部が並んでいる。その不思議な光景は、1987年、ユネスコ世界遺産に登録され、多くの旅行者が訪れるトルコ東部の有名遺跡となった。
スポンサードリンク
 
ソース:Mount Nemrut – Home to Gods Beheaded ~ Kuriositas
 
 ネムルト山は19世紀後半にオスマン帝国軍が偶然山頂付近を行軍した際に、山頂部が人工的な建造物であったことが発見され、1881年にドイツ出身の技師カール・ゼシュター)によって本格的な発掘調査が行われた。(wikipedia) 
1 
 
2 
 
王や神々の像は座して並んでおり、それぞれの像に名前が刻まれているが、いずれの坐像も首から上がない。それらの頭部は、像の足元に散在し、一部は鼻が損壊されている。このことから、地震のために頭部が転げ落ちたとする説と、イスラム教徒による偶像破壊運動の一環とする説が挙がっている。 
3 
 
4 
 
5 
 
6 
 
7 
 
8 
 
9 
 
神像はいたるところに見られるが、多くは東側と西側に集中している。西側のテラスには、木星、水星、火星などの星の配列を眺める獅子のレリーフが刻まれた石版があり、紀元前62年6月7日を示している。この日付は建造が始まった時を表している可能性がある。東部の保存状態は良く、東西のテラスを結んでいた壁付きの廊下の痕跡なども残っている。 
10 
 
11 
 
12 
 
13 
 
14 
 
15 
 
16 
 
17 
 
ネムルト山の山頂部分にアンティオコス1世の墓があり、玄室も存在するという説は現在も考古学界に支持されているが、小石を人工的に積み上げて造られているため、崩落の危険性が非常に高く、発掘後の復元の可能性が低いことから、発掘調査ができないという結論に達している。玄室自体も小石を積み上げて造られていると推定されており、盗掘防止のための措置と見られている。このような建造技術は現代には伝わっていないため、復元は不可能という意見が大半を占める(それ以前に、崩落の危険性から発掘ができないとされる)。 
18 
 
19 
 
20 
 
動画:Nemrut Dağı ve Mezarın Sırrı 
 
 
グーグルマップ位置情報: 
 
大きな地図で見る 
 
関連記事: 
リアルファンタジーの世界、トルコの世界遺産「カッバドキア」の奇石 
 
 
天に向かって突き出した無数の石剣、マダガスカルの世界遺産、「ツィンギ・デ・ベマラ」 
 
 
伝説の巨人が作った六角柱の石階段、世界屈指の奇景「Giant’s Causeway(ジャイアンツコーズウェイ)」北アイルランドの北端付近のアントリム海岸線には、六角形の奇妙な岩の柱が、まるで地中から生えてきたかのように無数にニョキニョキと立ち並び、壮大なる石階段になっているという。 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.  

  • 2011年10月09日 20:17
  • ID:R.mvPH6e0 #

観たわー
これ世界ふれあい街歩きで観たわー

2

2. 名無しさん

  • 2011年10月09日 20:24
  • ID:t4rEzr7a0 #

後のギガンティック・フォーミュラである(何

3

3.  

  • 2011年10月09日 20:25
  • ID:SGlS5.St0 #

凄いなー、世界は広いわー

4

4.    

  • 2011年10月09日 20:53
  • ID:FEYUGTDf0 #

過去に行われた種族の根絶やし虐殺 文明の破壊、略奪
時は流れて 俺がいる 
自分が死んだあとに自分が生きていた証が消えてしまうかもしれないが
死ぬまで とりあえず一生懸命生きていくか

5

5. K

  • 2011年10月09日 21:48
  • ID:rxJC9Sde0 #

Nemrut Dağı Millî Parkı
ネムルト山国立公園
ここに小石の山があります。
ずいぶんと狭い国立公園です。

6

6.  

  • 2011年10月09日 22:03
  • ID:A0JICq2M0 #

首無し地蔵

7

7.

  • 2011年10月09日 22:18
  • ID:imoHxdx90 #

根絶やしにしなくても地震などで水源が変わったらその町は放棄されるだろ
これも放棄された町のひとつだろ

8

8. ちょもらん

  • 2011年10月10日 03:48
  • ID:8ts8AkFe0 #

なかなかシュールやね

9

9.

  • 2011年10月10日 12:38
  • ID:oXK7v7690 #

シュメール系のイケメン

10

10. あたしゃ電波ババア

  • 2011年10月10日 16:01
  • ID:bnZ.K3qH0 #

地図がずれてるべ
本物のネムルトダジはこのフラッグから
北西に1kmだ
南無阿弥陀仏

11

11.

  • 2011年10月11日 03:35
  • ID:rezgoNGn0 #

首落としても、ちゃんと立てておくあたり律儀なムスリムだな。

12

12. つくつくほうし

  • 2011年10月21日 18:11
  • ID:.Fn63J.V0 #

偶像とは欺瞞で愚かな人間のことだよ。
「あなたは塵に還る」
聖画や彫像は偶像ではない!

13

13. aamen345

  • 2012年12月09日 16:28
  • ID:HBfP8cC00 #

 坐像の復元図を見たら日本の将棋の並びを思い出した(わらい)王将、金、銀と来て桂馬に鷲の像、香車のところがライオンと言う按配。
この近くのイラクのアッシリアのニムロドには顔が人、体が獅子翼があって足はヒズメと言う有名な像があるが、エジプトのスフィンクスもそうだが、獅子とか鷲とか人の顔とか牛のヒズメとかあると連想が膨らみます。
占星術ではこの四つの生き物で東西南北方向を表していて、四神玄武、青竜、朱雀、白虎も一つのバリエーションかも。
大相撲は房の色で四方を示しますが、将棋とも関係があるのだろうか、面白い。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク