00

 世界で最も古い古代湖として知られ、アジア最大の湖と言われているロシア、シベリアにある三日月型の湖「バイカル湖」。標高456m地点にあるバイカル湖の面積は、31,494 km2と、琵琶湖の46倍もあり、また、標高最大水深が1,634 - 1,643mと世界で最も深い。

 透明度が高く、その美しい景観から「シベリアの真珠」とも呼ばれているが、人類史上最悪の25万人の大量凍死者が眠る湖としての都市伝説が知られている
スポンサードリンク
 
ソース:A Piece of Beauty on Lake Baikal - TutzTutz.com
 
  
 その都市伝説はこのように語り継がれている。   
  
 1917年2月、帝政ロシアに、革命が起きロマノフ王朝は崩壊した。新政権を握ったソビエト政府の革命軍(赤軍))と、ロシア国内で帝政ロシアの復活を目指す白軍との激しい戦いが始まった。ドイツをも味方につけた赤軍が有利となり、1919年11月、白軍の拠点であった東ウラルのオムスクが陥落。再起をはかるために、白軍は赤軍の追手のかからぬシベリアの奥地へと移動していった。 
 
1_e 
 
2_e 
 
 白軍50万人と、帝政時代の貴族、僧侶などの女性や子どもを含む亡命者75万人が加わり、軍民合わせて総勢125万人が、東へ東へと大移動。8000キロもある広大なシベリア横断が始まった。 
 
4_e 
 
6_e 
 
7_e 
 
 季節は冬。気温は毎日氷点下20度を下回り、激しい吹雪などで凍死者が続出。20万の人間が一晩で凍死した日もあった。それでも、「死の行進」は休むことなく続けられ、3ヵ月後には125万人がたった25万人となってしまった。燃料、食料も底をつき、運搬用の馬も次々と倒れた。 
 
 残った25万の人々は、それでもなんとか2000キロ離れたイルクーツクまでたどり着いた。しかし、人々の前には凍った巨大なバイカル湖がたちふさがっていたのだ。 
 
8_e 
 
9_e 
 
10_e 
 
11_e 
 
 湖の向こう側にいけば、赤軍の手から完全に逃れられる。最後の力を振り絞って人々は厚い氷に覆われた、巨大なバイカル湖を横断しはじめた。ところが自然はそれを許してはくれなかった。 
 
 前代稀に見る激しい寒波が彼らを襲った。猛吹雪により気温は氷点下70度まで下がり、一瞬にして意識を失うほどの強烈な寒さで、人々は歩きながら次々と凍っていき、そして死んでいった。もはや湖面上に生きているものは存在しなくなった。 
 
 バイカル湖の湖面にて、白軍は全滅した。 
 
13_e 
 
14_e 
 
15_e 
 
16_e 
 
17_e 
 
 春が来て雪解けの季節となり、バイカル湖の湖面の氷が溶け出した。25万の凍死者の屍は、ゆっくりとバイカル湖の水底深くに飲み込まれていった。バイカル湖の暗い湖底には今でもここで死に絶えていった数十万の魂が眠っているのだ。(ソース) 
 
18_e 
 
19_e 
 
23_e 
 
24_e 
 
20_e 
 
25_e 
 
 
 
 
関連記事: 
世界の巨大淡水魚:淡水にいる巨大な魚たち 
 
 
ロシア海軍、冷戦時代のUFO目撃記録を機密解除。水中での未確認潜水物体(USO)の目撃情報が多発していた!? 
 
 
シベリアの美しい古い時代の木造建築の家々(ロシア) 
 
 
 
 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年04月04日 13:49
  • ID:IQadoJRz0 #

不謹慎かもしれないけど、なんかロマンを感じるな

2

2. 匿名処理班

  • 2015年04月04日 14:25
  • ID:Wydb.Tj20 #

尚、吹雪や寒波が『ジンミンノナニオイテ』『カクメイバンザイ』としゃべっていた可能性も有り…

3

3. 匿名処理班

  • 2015年04月04日 14:37
  • ID:N2XrRzAk0 #

とんでもない数でパッと想像つかないが…地獄絵図か

4

4. 匿名処理班

  • 2015年04月04日 15:36
  • ID:rSyzoMVp0 #

ロシア革命後の内戦で、こんな事があったとは初めて知った。

5

5. 匿名処理班

  • 2015年04月04日 19:38
  • ID:YXA87hGJ0 #

彼らの持っていた財宝は引き上げられたのか?!

6

6. 匿名処理班

  • 2015年04月05日 08:22
  • ID:929KM1Ky0 #

本当なら遺品が少しくらい周辺に残ってるでしょ、、、
というのは野暮か

7

7. 匿名処理班

  • 2015年04月05日 12:06
  • ID:fIMOkxuw0 #

全滅したのに誰がこの話を伝えたんだ

8

8. 匿名処理班

  • 2015年04月10日 03:24
  • ID:4f78rcQh0 #

※126
倫理抜きに言えば殺してもお咎めなしの金持ち達だし、でも軍人も随伴しているから凍死者から金品を奪う輩が付いていった、とか?

9

9. 匿名処理班

  • 2015年04月14日 18:05
  • ID:4GOev8JT0 #

−70℃の世界でどうやって追いかけて生き残るんだよ
燃料や食い物持ってて肉壁あってもこれなのに、追いかける連中はどれだけなんだよw
普通に考えればこんだけの人間が移動したら、足跡だけじゃなく捨てていったものや落としたものそれこそ歩いている最中に死んだ凍死者とかいくらでも予想付くわ。
それが湖でぷっつり消えていたとしたら、対岸に痕跡残ってなければ打ち揚げられたものからとか察して予想付くわ。

10

10. 匿名処理班

  • 2015年09月23日 01:08
  • ID:UbBfANFp0 #

↑-70度の風雪吹き荒ぶ猛吹雪の中でなんぼ人数多いとはいえ人間程度の小さな足跡が残って後から発見されるに違いないと決めつけている辺り、誤った先入観がないか?
人間が移動して必ず痕跡が残るのなら、そもそも地球上で行方不明事件なんか発生しないんだよ

11

11. 匿名処理班

  • 2015年09月23日 01:55
  • ID:bbZS.RCo0 #

おそロシア
お金持ち、宝探しも兼ねて捜索してみない?

12

12. 匿名処理班

  • 2015年09月23日 02:18
  • ID:LTVLGnWy0 #

なんかもう、おとぎ話みたい

13

13. 匿名処理班

  • 2015年09月23日 20:05
  • ID:Ctxbr3aF0 #

いろんな意味でスケールがでかいな
さすがおそロシア

14

14. 匿名処理班

  • 2015年09月23日 20:08
  • ID:Ctxbr3aF0 #

※126
全滅というのは部隊の何割かが損耗した状態のこと…とかそういうあれで、まったく誰もかも死んだわけじゃない、とか?
または、さすがにそれだけ大量の人間がいなくなったらおかしいと思った誰かしらが調査した…とか

15

15. 匿名処理班

  • 2015年09月28日 17:40
  • ID:Bpumf9EN0 #

残された遺体や遺品がバイカル湖の辺りで途絶えたから、こういう話が出来たんではないかと推測する。

16

16. 匿名処理班

  • 2016年12月22日 19:21
  • ID:bWUJFDQK0 #

※123
1932年から始まったホロドモールではソ連が計画的に餓死させられたり、中絶させられおよそ2千万人以上が死にました。

17

17. ツルッぱげ

  • 2017年06月13日 14:56
  • ID:hV6yflYa0 #

「都市伝説」だと思うよ。
モスクワで革命が相次ぎ、ヨーロッパ方面に逃れてヨーロッパ諸国から支援を受けて立ち上がったのが白軍。
白軍って言っても沢山存在し、各々連携していなかった・・・・・で、善戦する白軍もあったが結局は各個撃破される!
なんで破れて逃げる先が赤軍拠点を越えた先を目指すの!?ヨーロッパ諸国に亡命が無難じゃないかな?
一晩で20万人凍死して、更に厳寒なシベリアに向かうなんて相当な馬鹿としか思えないよ。
赤軍が残忍になるのはスターリンが指導者になって以降の事!
赤軍vs白軍の内戦時は失敗ばかりしてトハチェフスキー元帥を敗走させる原因を作っていた。
※逆恨みしてスターリンが赤軍大粛清w

18

18. 匿名処理班

  • 2017年07月13日 23:05
  • ID:kATz1j5f0 #

神秘的

19

19. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 22:22
  • ID:r4xhPj.M0 #

これ庄司浅水の「世界の奇譚」に収められてる一話ですよね。
氷上で出産とか書いてありますが、全滅して湖底に沈んだはずなのになぜ詳細が…!?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク