ロボット

 1981年、イギリス、サウス・ロンドンのブリクストンで反政府の暴動が起きた。ブリンクストンは様々な人種が集まる治安の悪い都市として知られているが、この暴動は高い失業、低賃金、貧困、粗末な住宅に対するフラストレーションが爆発した為に起きたそうだ。

 そんな現実にあった事件とリンクする形で、時代背景を近未来に置き換え、人間でなくロボットが支配しているこの都市で、現実と同じように起きる暴動、荒廃を描いた高クオリティーのCGショートフィルムが「Robots of Brixton」。支配者が変わり次代が変わっても、ほぼその行動パターンは変わらずといったところなのだろうか。
スポンサードリンク
 
ソース:Kuriositas: Robots of Brixton
 
 
 
 
関連動画:ブリクストン暴動(1981年) 
 
 
関連記事: 
ロボットと人間の共存社会を描いたロシアのCGアニメーション「The Gift(ギフト)」 
 
 
地球滅亡のアナザーストーリー、ロボット侵攻の序曲「EXODUS Noisia & Mayhem ft. KRS one」 
 
 
地球滅亡アナザーサイド、巨大ロボットと飛行物体が街を襲うショートムービー「Panic Attack!」 
 
 

 
価格:6,825円(税込、送料込) 

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    Facebook

    コメント

    1

    1. 名無し

    • 2011年07月05日 23:25
    • ID:Mdbw21eC0 #

    1げっと

    2

    2. むじな

    • 2011年07月06日 00:59
    • ID:Evd66Nri0 #

    かっけえ

    3

    3. kan

    • 2011年07月06日 17:40
    • ID:q1GIBobz0 #

    ターミネーターのデザインににておる

    4

    4.   

    • 2011年07月06日 18:25
    • ID:mbrX88WY0 #

    途中で酔った。

    5

    5. 空缶

    • 2011年07月07日 00:07
    • ID:8fgOhBJQ0 #

    ロボットに置き換えてみる意味はなんだろ。
    空缶は「実際のデモ画像」より
    ロボが累々と倒れているCGに強いペーソスを覚えた。
    この悲しみは現実にあった事なんだぜ、考えてみろよ? みたいな
    メディア中毒者用のワンクッションなんだろうか。

    6

    6.

    • 2011年07月08日 02:48
    • ID:KLKArOSt0 #

    ※5
    単純にロボットのデザインはCGで作りやすいからだと思う
    ただのCG技術のアピールであってストーリーとか関係ない

    7

    7. !!

    • 2011年07月31日 15:25
    • ID:BqCeujt60 #

    なんか頭痛くなる

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク