解剖

 解剖の歴史は古く、紀元前3500年頃に古代エジプトで記述され、紀元前1700年頃に写筆されたエドウィン・スミス・パピルスには頭蓋縫合や脳表面の状態といったことが事細かに記述されており、この時代にはすでに人体解剖が行われていたと推測されている。
スポンサードリンク

 古代ギリシャの哲人であるヒポクラテスが、ヤギの頭を切り開いて脳を調べたり、アレキサンドリアの医師であったヘロフィロスが人体解剖を行ったりと、解剖学への扉が開かれつつあったが、死者崇拝や、来世のために遺体をそのままの状態で保存するという考えに押されて人体解剖は禁止され、千年以上の間、新たな知識が生まれることはなかったそうだ。

 再び解剖学が活発な動きを見せたのはルネサンス期に入ってからだそうで、1500年代に入るとボローニャ大学で体系立てた解剖学の研究が始められ、この時期、近代解剖学の基礎が築かれた。

 1400年代から1900年代にかけての歴史的に興味深い解剖図が集められているサイトがあったので見てみることにしようそうしよう。

【Dream Anatomy: Gallery】

 上記リンク先には、サムネイルをクリックするとその解剖図の描かれた年代や著者などの情報がわかるようになっているんだ。興味のある人はあとでじっくり見てみるといいと思うよ。

 ということでざっくりその画像をいくつか紹介するね。
(年の前につくca.はおよそという意味。)

Mansur ibn Muhammad ibn Ahmad ibn Yusuf ibn Ilyas(fl. ca. 1390)
X2


Jacopo Berengario da Carpi (ca.1460-ca.1530)
I-A-1-02a


Toviyah Kats(ca. 1652-1729)
I-A-2-07


Andreas Vesalius (1514-1564)
I-B-1-06


Bartolomeo Eustachi(d. 1574)
I-B-2-06


John Browne (1642-ca. 1702)
I-D-2-07


Giulio Casserio(ca. 1552-1616)
I-D-1-05


Andreas Vesalius(1514-1564)
I-B-1-03


Pietro Berrettini da Cortona (1596-1669)
I-D-3-16


Jacques Fabien Gautier D’Agoty(1717-1785)
I-E-2-08b


Govard Bidloo(1649-1713)
II-A-1


John Bell(1763-1820)
II-B-6


Wilhelm Braune(1831-1892)
II-C-08


Francesco Bertinatti(fl. mid-1800s)
III-A-12


Fritz Kahn(1888-1968)
IV-A-02


Katherine Du Tiel(b. 1961)
IV-C-8


France, Germany and Italy, ca. 1500-1700. Carved ivory
Y2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. ?

  • 2010年11月26日 01:22
  • ID:e15FH2CM0 #

昔の人って絵下手なんだね、かなり

2

2. rioka

  • 2010年11月26日 02:39
  • ID:p2BGMsN70 #

ただの解剖絵ではなく、芸術的に描くのな。昔の人って。

3

3. おはよー

  • 2010年11月26日 03:24
  • ID:jcvPzKAr0 #

解剖図と言うより
解剖画。

4

4.

  • 2010年11月26日 03:51
  • ID:4rEtoanD0 #

ポージングさせるのはいかがなものかw

5

5.  

  • 2010年11月26日 04:35
  • ID:Y.7mpwfY0 #

あれ?
この記事一昨日チラっと見た気がしたが夢じゃなかったのね

6

6. w

  • 2010年11月26日 05:29
  • ID:BEWC9HYQ0 #

>5
あれ?、と言われてもw

7

7. は

  • 2010年11月26日 05:40
  • ID:Zzh6oZd90 #

腹から赤ちゃん出てるやつって、
想像?それとも切っちゃった?

8

8. 肉屋のおとん

  • 2010年11月26日 07:17
  • ID:p4NizLRT0 #

いまさら…
解剖って学術的なことをいわれてもなぁ
ボソボソ

9

9.

  • 2010年11月26日 08:00
  • ID:gfMp5Ccw0 #

年代が降るに従って、シュールリアリズムぽい芸術になってきてる。

10

10. ∈(  ・´ー`・ )∋

  • 2010年11月26日 08:25
  • ID:mZByV1FJ0 #

こういうの見るとお腹痛くなってくる

11

11. 神

  • 2010年11月26日 08:46
  • ID:TxcipL3N0 #

写実って近代の画法なんだなー
ダビンチは別格だが

12

12. ふぁ

  • 2010年11月26日 08:58
  • ID:2Qu.mvty0 #

もっと「体の中に小人が居て、食べ物を運んでいる」みたいなドリーミング解剖図だと思ってたら
想像以上にまともだった

13

13.        

  • 2010年11月26日 09:58
  • ID:r1zkwiHb0 #

解剖図で、ポーズとってるのが不思議だなー。
ガイコツが、足の裏見てるの いいなー。

14

14.  

  • 2010年11月26日 10:46
  • ID:ucfhlhHA0 #

だいたいあってる

15

15.

  • 2010年11月26日 11:44
  • ID:UfOzKjg80 #

とげ抜き童子の骨がどう配置されるのか考えながら描いたんだろうな。
このとげを抜く少年の動きは自然だけど、像によっては骨や筋肉がどう伸びてんだって想像が難しいのもあるよな。
そういうのの骨格や筋を描くのも楽しそう。

16

16.  

  • 2010年11月26日 12:03
  • ID:sH.DOewf0 #

一番下、ブリスターケースに入ってる?

17

17. 生姜ネェ〜

  • 2010年11月26日 12:06
  • ID:cxAQJxwr0 #

どいつもこいつも

18

18.  

  • 2010年11月26日 14:26
  • ID:XHD0kFGy0 #

上から二番目みたいなセンスは一体何処からくるのかw
「素晴らしい資料です!」ってテンションなのかな。。。

19

19. 名無しさん

  • 2010年11月26日 14:59
  • ID:iven6hWl0 #

ベクシンスキーかよw
4枚目が特にこえーよ

20

20.  

  • 2010年11月26日 15:17
  • ID:xJh3F7za0 #

二番目はクリストファー・ウォーケンだよね?

21

21. あ

  • 2010年11月26日 15:58
  • ID:hGm17TYt0 #

あ、やっぱりいた・・・中の人。

22

22. ・

  • 2010年11月27日 21:36
  • ID:LkABHMIT0 #

なんかフリーザみたいのいる。

23

23.  

  • 2010年11月27日 22:34
  • ID:E3ZOtVGP0 #

なんで西欧の古い解剖図って、いちいちポーズ取ってるんだろうな。

24

24.  

  • 2010年11月28日 02:54
  • ID:O25UerWH0 #

昔の絵は図像学と言ってポーズや表情、背景の絵や小物にも全て意味が含まれている。
指の向きや首のかしげ方で神話や聖書の一説や警句を読み取るそうな。
しかし今では解読不能で意味不明になっているものも多いらしい。
と、荒俣宏が言ってた。ような気がする。うろ覚え。

25

25.  

  • 2010年12月06日 01:12
  • ID:xWlMiEqz0 #

美しい。

26

26. riki

  • 2010年12月08日 13:30
  • ID:oQGJVm5u0 #

最後の人形の等身大版がほしい。
俺の子を身ごもらせたい。

27

27. 匿名処理班

  • 2012年05月01日 21:25
  • ID:zTyex.Rr0 #

昔こういうやつ描いてた奴半分はってただのグロ好きだろ

28

28. 匿名処理班

  • 2012年05月12日 20:39
  • ID:9XNJD.2I0 #

これは・・・・下手だなぁ

29

29. 匿名処理班

  • 2013年09月23日 01:04
  • ID:DRRFmmJg0 #

ヴェサリウスの正確さはすごい
ポージングしてくれると可動領域とか筋の伸展収縮とかイメージしやすくていいよね

30

30. 匿名処理班

  • 2013年09月23日 01:06
  • ID:DRRFmmJg0 #

二枚目の大雑把さと集中線ワロタ

31

31. 匿名処理班

  • 2013年09月25日 02:26
  • ID:YSi.XG.20 #

二枚目の集中線っぽい表現がこの時代にあったとはw

32

32. 匿名処理班

  • 2014年11月28日 00:25
  • ID:7.lutMX00 #

実際の人の体を開けば内蔵入ってることは分かりそうなんだけど
なんで一枚目や二枚目みたいのが出来るんだろ?

33

33. 匿名処理班

  • 2017年03月21日 01:58
  • ID:KD.83R9k0 #

※13
トゲを抜く少年っていうテーマの美術のポーズだよ
古代ローマ時代の彫刻で有名なのがあるよ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク