tizu

 主に18〜19世紀にかけて作られ、使用されていたという日本の作った世界地図の図版が公開されていたよ。昔の日本人目線で、世界の位置を見てみることにしようそうしよう。
スポンサードリンク


【Japanese Historical World Maps】

(クリックで拡大表示。漢字はローマ字の当字なので、間違っていたらご指摘いただければ訂正いたします。)

1.万国津梁 /石川市俊之 宝永5 [ 1708 ]
1


2.阿蘭陀新約地球全図 /橋本直昌 寛政8 [ 1796 ]
2


3.大日本予知便覧 / 山崎 天保5 [ 1834 ]
3


4.阿蘭陀地球全図 /田島 [1868年]
4


5.地球万国津梁山海予知全図 /積水趙晴[1850年代]
5


6.書中万国津梁図 /工藤、嘉永6 [1853年]
6


7.新訂地球万国津梁図 嘉永6 [1853年]
7


8.万国津梁地球図 :禅/峯田風子町、橋本 村上御油証[1853年]
8


9.万国津梁球分図:禅/橋本玉欄 [1856〜1868年]
9


10.世界の図 製作者不明 [1860年代]
10


11.新国書中特世界全図 /縮図画 明治6 [1873年]
11


12.暗射世界智頭: /石福勢 福富 明治7年[1874年]
12


13.神泉万国津梁全図 :禅/酒井 明治18 [1885年]
13


14.開成信販万国津梁明細全図:前田 明治19[1886年]
14


15.万国津梁全図:吉村 明治21 [1888年]
15


出展:カリフォルニア大学バークレー校[大学東アジア図書館]
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2010年09月26日 12:05
  • ID:JYT1.MDc0 #

だんだん地図が良くなってきているね

2

2. s

  • 2010年09月26日 12:12
  • ID:.5ZeunZB0 #

1700年色々細かすぎワロタ

3

3.  

  • 2010年09月26日 12:13
  • ID:Anm7g60V0 #

飛ばしてコメントだけ見に来たのは俺だけじゃないはず

4

4.  

  • 2010年09月26日 12:23
  • ID:HtfHssaC0 #

むしろ日本適当だなw

5

5.

  • 2010年09月26日 12:41
  • ID:spGoM5IF0 #

昔のは日本が異様に大きいな

6

6.  

  • 2010年09月26日 12:58
  • ID:O2Ma.OGR0 #

意外と正確でびっくりした

7

7.

  • 2010年09月26日 13:38
  • ID:njO3asjH0 #

欲しいな…1点どんくらいだろ? カリフォルニア島があるやつはやっぱ高いんだろうな

8

8.  

  • 2010年09月26日 14:39
  • ID:DDD..IPW0 #

ヨーロッパの地図とかはもっと遊び心があるのに・・・
変な顔の風がふいていたり、変な海獣が船を襲ってたり

9

9.

  • 2010年09月26日 15:19
  • ID:5kKf1MqH0 #

オーストラリアって存在感薄いんだな・・・

10

10. 人質返せw

  • 2010年09月26日 15:36
  • ID:SBpHFzuW0 #

お!
尖閣諸島は、この時点で既に日本の領土になってらぁ!
チュゴクジン ウソツク ヨクナイ

11

11.

  • 2010年09月26日 16:22
  • ID:criYtMGA0 #

>>8
あっちは自分達が航海して開拓したからな
太陽や星、風ってのは重要な要素なんだよ
いい風が吹きますように、天候が荒れませんようにって願いが込められている
いや今思いついた妄想なんだがな

12

12.

  • 2010年09月26日 19:35
  • ID:RHSHoI4z0 #

すごい、300年前ですでに大体あってる
でも、地球が丸いっていう知識は日本では
いつぐらいに知れ渡ったんだろう、どなたか教えて下さい

13

13.  

  • 2010年09月26日 19:40
  • ID:sf8E9VuV0 #

鯨を変な化け物みたいに描くヨーロッパ人の目は歪んでると思ってた。
そしてナウシカの欧米版ポスター見た時、その想いは確信に変わり、ロックマンのパッケージを見た時は、当たり前の事として認識したw

14

14.  

  • 2010年09月26日 19:42
  • ID:sf8E9VuV0 #

江戸時代には既に地球儀が有ったらしい。
ソースは”聖徳太子の地球儀”でググってくれ。

15

15.  

  • 2010年09月26日 19:47
  • ID:naKm5AMz0 #

>>12
伊能忠敬が地図作ってた時にも、平面の地図にすると、どうやっても海岸線が合わないので気づいた(そのくらい精密に測量した)らしいが、あれは「実際にそうであることを実感した」って感じだったか。ちなみにその過程で、地球周囲の長さを約4万キロと見積もったとのことだ。

16

16.  

  • 2010年09月26日 21:23
  • ID:7Md.lEWe0 #

江戸時代末期位のオランダ?かなんかが作った地図をプリントアウトしたバンダナ持ってるけど、超大雑把で地図にすらならないような見た目だった
まさに"ぼくの もうそう した にっぽん"って感じ

17

17.  

  • 2010年09月26日 21:48
  • ID:NVndnVgg0 #

信長が地球儀持ってたよな

18

18.    

  • 2010年09月26日 21:57
  • ID:slo3OF870 #

1853年以前は、オーストラリアが謎の大陸もしくは南極と繋がってるんだ。

19

19.  

  • 2010年09月26日 22:34
  • ID:RHSHoI4z0 #

12です回答ありがとうございました^^
こうしてチズミルクができたんですね

20

20. シリカ

  • 2010年09月26日 22:56
  • ID:W5H1vFIq0 #

信長は、イエズス会から地球儀もらってたよね。
世界が丸い事を理解してただろうね、
普通の人々は知らなかっただろうけど。

21

21. 1

  • 2010年09月26日 23:18
  • ID:EkTXQnOH0 #

聖徳太子は確か地球儀を作ってたはず。
んで、不思議なことに江戸時代までは世界地図にはオーストラリア大陸がなく変わりに南極のでかいバージョンが日本以外の地図にも書いてあるとのこと。

22

22.  

  • 2010年09月27日 01:22
  • ID:m19FXYm50 #

この時代までに培われた人類の叡智と歴史の結晶、
宇宙から見たわけでもなく、人が歩いて図って作られた地図
ロマンだねぇ

23

23.  

  • 2010年09月27日 02:02
  • ID:XFyTCnbY0 #

面白い
もう少しでかい画像で見たいな

24

24. hk_05_29

  • 2010年09月27日 09:04
  • ID:Mi1xHrAE0 #

1は大陸が細かく分かれていて、島国らしい感覚でいいね

25

25. d

  • 2010年09月27日 09:32
  • ID:MCCll34j0 #

>>24
日本の河は幅が狭いから、
当時の人々は世界の大河を内海と解釈したもかもしれん。

26

26.

  • 2010年09月27日 17:40
  • ID:34STtnJ00 #

>>21
まあ普通に考えたら江戸時代に作られたのが
聖徳太子の作だってことにされたんだろうね。

27

27.  

  • 2010年09月27日 19:53
  • ID:DAmEAhBK0 #

最近までオーストラリアは南極と繋がってたのか

28

28. l

  • 2010年09月27日 22:09
  • ID:OcnC5Zk20 #

しかし日本の資料がアメリカにあるのか。GHQに持ってかれたのかな

29

29. dai

  • 2011年08月16日 14:14
  • ID:4ADoRe1.0 #

1と5は1602年に中国で作られた坤與万国全図の和訳図の流れをくむ地図。
(二百数十年後の日本でほぼ同形の地図が出版されてるのはある意味驚き)
この元の地図はマテオリッチというイエズス会士が当時のヨーロッパの最新地理情報を
中国の皇帝に提供して、それと中国が持っていた東アジアの地理情報を合わせて作ったもの。
だから中国の皇帝の事業とはいえほぼ西欧の知識。
ちなみにこの坤與万国全図には地球が球体であることも書かれているので
これが日本に伝わったときに地球球体説が広まったというのが一つのルート。
オーストラリアとつながっているのは南極ではなくて
西洋人の伝説に伝えられていた想像の南方大陸テラ・アウストラリス。
オーストラリアは最初に北辺が、次に西辺が発見されたので
オーストラリアが大きい島だと分かる前は、南方大陸の一部だと思われていた。
南極が発見されたのは、この地図のずっとあとの1820年頃。
1と5以外はヨーロッパから直接伝わったほぼ同時代の世界地図の和訳。
17世紀くらいからヨーロッパの地図には科学性が求められるようになって
その影響で中世以来の海獣などの絵的な装飾は地図からは消えていたんだ。>>8

30

30. dai

  • 2011年08月16日 14:15
  • ID:4ADoRe1.0 #

「津梁」て字が題にやたら入ってるのが疑問。
実際の地図に描いてある題は違うのに。
この記事ソースはなんだろう?
>>15
言葉が足りないと思うので補足する。
伊能忠敬が日本地図を作り始めた目的がそもそも
緯度一度の距離を正確に測定するため。
つまり忠敬は世界が球という前提で地図を作っている。
忠敬が天文学を習っていた高橋至時が緯度一度の距離を必要としたのは
当時使っていた中国の暦を
日本の緯度経度に合わせて作り替える事業を行っていたから。

31

31. んんー

  • 2011年11月09日 23:47
  • ID:puw6tF3g0 #

※30
なんでしょうね?<津梁
「積水趙晴」とか「暗射世界智頭」にはちょっと悩みました。なんのこっちゃ、と。
自動翻訳でも出ないでしょこれ。
1.万国総界図 石川流宣 貞享5年 1688年
2.喎蘭新訳地球全図 橋本伯敏(直政)
3.大日本輿地便覧(五界万国地球全図) 山崎義故
4.和蘭地球全図 田島柳卿
5.地球萬國山海輿地全圖説 長久保赤水
6.掌中万国図 工藤東平
7.地球萬國方図(新訂?) 中島翠堂
8.元ソースが謎 嶺田楓江 橋本玉蘭 村上吾雄
9.万国津梁球分図 橋本玉欄
10.世界図
11.新刻掌中航海世界全図(と地図に書いてあるので…読めるでしょ)
12.暗射世界地図 東半球の部・西半球の部  黒田行元 福富正水
13-15は誰か任せた。

32

32. んんー

  • 2011年11月09日 23:50
  • ID:puw6tF3g0 #

あ、間違えた。
9.万国地球分図 橋本玉欄
「開成信販」とかもおかしいよ。
漢字のない国か、と。

33

33.

  • 2012年01月10日 17:52
  • ID:x76ksAOv0 #

伊能忠敬が大天才だということを改めて実感した

34

34. (-_-;)

  • 2012年10月23日 10:43
  • ID:Sbv8BKon0 #

丸の中に描かれた地図って、
まさに衛星軌道からみた世界地図だよな。

35

35. 匿名処理班

  • 2013年06月18日 18:01
  • ID:G0h5RwQp0 #

正確杉。
どうやって知ったんだよw

36

36. 匿名処理班

  • 2014年11月26日 21:06
  • ID:3tFgEKnc0 #

開成信販→開成所版
それにしても本当に名称、作者名がズボラだね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク