mure

 動物たちの大移動は、自然界の中でもドラマティックな光景のうちのひとつなんだ。仲間同士助け合いながら、長い道のりを目的地に向けて大行進していく様に感動を覚えたことがあるおともだちも多いはずなんだ。
スポンサードリンク

Have Friends, Will Travel: 10 Amazing Animal Migrations | WebEcoist


オオカバマダラ
おもに北アメリカのカナダ南部から南アメリカ北部にかけて分布。日本では小笠原諸島や南西諸島で発見された記録があるが、これらは定着しておらず、季節風や台風などに乗って日本へやってきた「迷蝶」とみられる。北アメリカでは渡り鳥のように渡りをするチョウとして有名なんだそうだ。
animal_migrations_1a

animal_migrations_1b

animal_migrations_1x

animal_migrations_1y

映像



ワイルドビースト(ヌー)
アフリカに住む草食動物で、食料である草や水を求めて大群でサバンナを移動する。1年で3000キロをも大群で旅をするという。
animal_migrations_2a

animal_migrations_2b

animal_migrations_2x



キョクアジサシ
大西洋から南アフリカまでの海岸に生息、な名前の通り北極で繁殖し、冬には南極まで渡る世界最も長距離の渡りをする鳥なんだ。
animal_migrations_4a

animal_migrations_4b

animal_migrations_4x



カリブー
北アメリカ北部におよそ300万頭が生息しており、春と秋に食べ物を求め長い距離を大群で移動するんだ。時には川の中をも横断するという。特に冬になる前は北から南への移動となり、大集団が同じ方向へ進むその光景は圧巻。
animal_migrations_5a1

animal_migrations_5a

animal_migrations_5x



コウテイペンギン
 現生のペンギンでは最大種で、もっとも南に分布するコウテイペンギンは、繁殖後、海から120〜200キロの距離をペタペタと歩いて、昔から使用してきたルッカリー(繁殖地)へ移動する。
animal_migrations_6a

animal_migrations_6b

animal_migrations_6c

映像



ツバメの聖地 サン・フアン・カピストラーノ
毎年3月中旬になると南半球からのツバメが飛来し一斉に巣をつくるという。ツバメが来る日が聖ヨセフの日に近いことで、「ツバメの聖地」として知られるカリフォルニア州にある町。
animal_migrations_7a

animal_migrations_7b

映像



コククジラ
コククジラの生息域は北米大陸沿岸部と東アジアのみである。しかし、移動距離は哺乳類の中で一番長く、往復16000kmから23000kmを移動すると言われているんだ。
animal_migrations_8a

animal_migrations_8b

映像



レミング
レミングはネズミの仲間の小型哺乳類。レミングは、何年かおきに大発生することで知られている。とくに北欧では、レミングが大発生して森林から移動し、一部は川や海に突入したり、谷から飛び込んだりする様子が、集団自殺の例として伝説になっている。「集団自殺」というのが適当かどうかは疑わしいが、大発生した個体が集団で移動し、大量の個体が死亡するというのは事実である。
animal_migrations_9a

animal_migrations_9x

映像



リョコウバト
北アメリカ大陸東岸に棲息していたハト目ハト科の渡り鳥。鳥類史上最も多くの数がいたと言われたが、人間の乱獲によって20世紀初頭に絶滅した。
の名の通り渡りを行う鳩で、夏の営巣地はニューヨークから五大湖周辺にかけて、越冬地はメキシコ湾岸が主だった。移動速度は時速約60マイル(約96km)にも及んだという。巨大な群れをつくるのが特徴で、ウィスコンシン州の営巣地で850平方マイル(約2200km?)に1億3600万羽が確認された例もある。
animal_migrations_10a

animal_migrations_10b



アカガニ
インド洋にあるオーストラリア連邦領の島、クリスマス島は、多数のアカガニが産卵期に島を埋め尽くすことで有名な島。雨季に入るとアカガニが繁殖期を迎え、一斉に交尾と産卵繰り返すのだそうだ。そのため、海岸に向かっていくカニや生まれた子ガニで地面は埋め尽くされ、道路や壁は真っ赤に染まると言う。その数は1億を軽く超えるのだとか。

animal_migrations_3a

animal_migrations_3b

animal_migrations_3x

映像
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2010年04月30日 19:20
  • ID:ncrE5xj2O #

蝶もこれだけ集まると気持ち悪いな

2

2. かんたむ

  • 2010年04月30日 19:34
  • ID:EkimXl880 #

昔、どっかの女優さんがヌーを「またいち」と読んだの思い出した。
ペンギンは凄いな、あんなよちよち歩きで120〜200キロの距離を移動か。
もしもお前が歩けって言われたら絶対断る。

3

3. .

  • 2010年04月30日 20:22
  • ID:WOcnwCKSO #

カニ、いいお出汁がいっぱいとれそう。

4

4.  

  • 2010年04月30日 20:25
  • ID:VZeIyBOW0 #

レミングスってそこからなのか。

5

5.    

  • 2010年04月30日 21:15
  • ID:q53ihw8N0 #

リョコウバトの話を聞くと、白人だけは生かしておけない気分になる。

6

6.     

  • 2010年04月30日 21:16
  • ID:q53ihw8N0 #

まあ、日本人にもたった一人でアホウドリを絶滅させかけたアホがいるわけだが…。

7

7. q

  • 2010年04月30日 21:41
  • ID:lmwcehiJ0 #

生き物の力強さを感じますね
人間の群れはなんだかな〜って感じです

8

8.  

  • 2010年04月30日 21:41
  • ID:Wu3G6ATe0 #

キョクアジサシさん
気が向いたら太平洋ルートで日本にもお立ち寄り下さい。
精一杯おもてなし致します。

9

9. .

  • 2010年05月01日 00:08
  • ID:W37qCvZx0 #

>1
逆のパターン聞いたことがあります。とある銀行で、受付の人が「又一(またいち)」さんを「ヌー」様って呼び出してしまったらしいです。

10

10. ななし

  • 2010年05月01日 01:30
  • ID:0rKafx1v0 #

テキー綺麗。

ピンガめっちゃかわゆす。

11

11.

  • 2010年05月01日 02:32
  • ID:odWfELOU0 #

幼稚園の頃、日本人の生物学者(?)さんがオオカバマダラを探す
ドキュメンタリーッタッチの絵本を図書館で読んで
この蝶の事を知ったんだけど…あれはなんて絵本だったか…。

12

12.  

  • 2010年05月01日 03:14
  • ID:FPotqy.h0 #

自然の壮大さを感じる

13

13.  

  • 2010年05月01日 15:42
  • ID:EZK.6jcY0 #

カニすげー

14

14. ロシナンテ

  • 2010年05月01日 21:18
  • ID:RoefvWCb0 #

ヤスデとかダンゴムシが大発生したみたいで蟹キモイ。

15

15. ミチョマン

  • 2010年05月02日 03:59
  • ID:O23b5r.k0 #

レミングスってこんなにちっこかったんやなー

16

16. コチュジャンいやあっちじゃん、あそか

  • 2010年05月02日 10:42
  • ID:.B.lmhTo0 #

レミングスハは飼っても死ぬんだろうか・・

17

17. ななし

  • 2011年11月06日 13:43
  • ID:DrLva7Tx0 #

白人マジで絶滅させた生物多すぎだろ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク