邪気眼 永遠の中二なお友だちの場合にはこれを「邪気眼」というのかもしれないが、トカゲ類や魚類・両生類などには、頭蓋の頂点に「第3の目」を持つものがあり、これは「頭頂眼」と呼ばれているんだけども、ワイアードビジョンの伝えたところによると、この「頭頂眼」の役割が判明したのだそうだ。
スポンサードリンク

太陽の位置を測る「第3の目」:トカゲで実証、人にも痕跡

 頭頂眼は、本来の眼とよく似た構造を備えており、若い時しか頭頂眼を確認できない種もあるが、成体でも明らかな頭頂眼が確認できる種もあるそうで、本来の眼とよく似た構造を備えており、自前の水晶体、角膜、桿状体に似た構造を持つ網膜、脳に繋がった神経などを(退化してはいるが)備えているという。

00


 このほど、一連の巧みな実験から、トカゲの仲間がこの光感性細胞群を、太陽の位置を測る羅針盤として使っていることが実証されたという。

 イタリアのフェラーラ大学の生物学者たちが、第3の目が彼らの行動にどのように役立っているのかを見極めるため、トカゲの一種であるシクラカベ・カナヘビに協力してもらい、戸外に設置した小さなプールの中央から、隅にある隠れた棲み処へと戻るように教え込んだ。プールの周りにはフェンスをめぐらせたので、視覚的な基準となるのは太陽の位置だけだった。カナヘビたちはちゃんと棲み処へ着けるようになった。

 次に研究者たちは、カナヘビをグループ分けして、人工照明を施した3つの部屋に1週間入れた。正しい管理の部屋では、日の出と日の入りにあわせて毎日照明を明るくしたり暗くしたりした。ほかの部屋では太陽の動きから外れるように光をあて、体内時計を人為的に6時間早くする、あるいは遅くするようにした。

 プールで実験すると、正しく管理されていたグループのカナヘビだけが棲み処を見いだすことができた。ほかのグループのカナヘビたちは、体内時計の状態によって、右に行きすぎたり左に行きすぎたりした。これは、「カナヘビが太陽を道案内に利用している場合は、太陽の実際の位置と、カナヘビの体内時計が予測する位置が違っていると混乱するだろう」という予測を裏付けるものだった。

 最後に、カナヘビの第3の目を塗りつぶしたり、さらにはかわいそうに、第3の目をそっくり切除してしまった。どちらの場合でも、カナヘビたちはでたらめな方向に向かって泳ぎ、方向を見定めることはまったくできなかったという。

若いウシガエルの頭頂眼。両目の中間にある灰色のもの。Frog_parietal_eye

成長したグリーンアノールに見られる頭頂眼
Anolis_carolinensis_parietal_eye


 このような第3の目は、両生類や魚類の一部にも見られる。魚でも同じように働くなら、目を見張るようなその回遊能力の一端が解明されるかもしれない。

 人間にも第3の目システムの一形態「松果体」がある。ただし、山歩きをする人やドライバーには残念なことだが、人間の場合は頭蓋骨のなかにおさまっており、道に迷ったときに役に立つわけではない。

 人間の松果体は 8ミリほどの大きさで概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌することで知られる。脊椎動物の中には、松果体細胞が目の光受容器細胞に似ている動物があり、松果体細胞は進化において網膜の細胞と起源を同じくすると考える進化生物学者もいる。こういった「第3の目」は、最初「一つ目」だった動物が「二つ目」に進化するときに残ったオリジナルな目の痕跡だという説もある。

 ともあれ、実は「邪気眼持ち」と自負しているおともだちの場合には、松果体が何かの作用をもたらしていると可能性もあるわけなので、ある意味特殊能力を持っていてもおかしくはないかもしれないんだ。

関連動画、若い種に頭頂眼を持つニュージーランド固有種、中生代前期から存在する「ムカシトカゲ」


中二病取扱説明書
中二病取扱説明書
posted with amazlet at 09.09.06
塞神 雹夜
コトブキヤ
売り上げランキング: 20959

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    Facebook

    コメント

    1

    1.

    • 2009年09月06日 12:20
    • ID:F6Hglb7a0 #

    つまり頭蓋骨に穴を開けて松果体を出してやれば
    太陽がよく見えるのでくしゃみが止まらないというわけだな

    2

    2. Moon

    • 2009年09月06日 13:28
    • ID:.BdLQWoW0 #

    フォントがboldなのは邪気眼のなせる技。
    そういえば人類も鼻の付け根辺りに北を知覚する組織があったらしいね。今でもまれにその機能を備えている人がいるらしいけど。それと似たようなものなのかな。

    3

    3. かんたむ

    • 2009年09月06日 13:39
    • ID:kxhc0ICq0 #

    ヒンドゥー教の神みたいに第3の目を持った者というのも、あながち宗教上の話だけじゃなくて、そのあたりの能力が特に発達した人がいたのかもね。

    4

    4. 餃子

    • 2009年09月06日 17:06
    • ID:g4qrb5KL0 #

    つまり天さんは迷子にならない訳だな。

    5

    5. aaa

    • 2009年09月06日 17:17
    • ID:TbMNBpb30 #

    天さんて爬虫類だったのか

    6

    6.

    • 2009年09月06日 21:39
    • ID:.azicxen0 #

    天さんのことを書こうと思ったら書いてあった

    7

    7.  

    • 2009年09月06日 22:29
    • ID:wAP6pGTk0 #

    俺の邪気眼は闇しか見ない

    8

    8.  

    • 2009年09月06日 22:57
    • ID:KhYFbwkd0 #

    自分の専門分野の記事でうれしくなったので書き込み。
    魚でこの分野の研究をしております。
    目といっても眼球のような視覚をそなえてるわけではないですよ。
    通常の視覚は色を感知する細胞とと光の強さを感知する細胞のコンビネーションでなりったってますが、松果体の光受容は基本的に光の強さを感知する細胞だけで構成されてます。よって眼球と同じ感覚で考えないほうがいいです。ってことで※7はあながち間違いではないけど、人では松果体に光受容体発現してません。
    ちなみに、脳の視床下部にも光受容細胞の集団があって、今こっちのトピックの方がホットな話題ですね。

    9

    9. t

    • 2009年09月06日 23:12
    • ID:W4NKLw5.0 #

    建物の外に出ると自然と北がどの方角か分かる人がいるけど、何か関係あるのかな。うらやましい。

    10

    10. zzz

    • 2009年09月07日 02:56
    • ID:adtnlq4t0 #

    人生に迷ってしまった。

    11

    11. え

    • 2009年09月07日 09:16
    • ID:oIlQhOuI0 #

    ああ、明るいところってまぶしいな

    12

    12. s

    • 2009年09月07日 11:42
    • ID:CQCVhqDP0 #

    どんどんコメントが暗くなっている・・・
    そう、人類の未来を映し出すかのように・・・

    13

    13.

    • 2009年09月07日 13:59
    • ID:d0hjqJwn0 #

    第3の目いらないや。Googleマップあれば迷子にならないし

    14

    14. イ

    • 2009年09月07日 17:01
    • ID:QX2m6Ksw0 #

    『3つ目がとおる』がなぜ出ない?

    15

    15.  

    • 2009年09月08日 00:01
    • ID:bjm6Jddv0 #

    飛影はそんなこと言わない

    16

    16.

    • 2009年09月08日 02:33
    • ID:oWU0uwD80 #

    この気配・・・
    近くに俺と同じ「頭頂眼」をもった奴が・・・!

    17

    17. 匿名処理班

    • 2012年07月14日 20:33
    • ID:DxVhKDmJ0 #

    中二病は死語だ。というツッコミをしないお前らの紳士ぶりに感動した。

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク