ダビンチ レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年4月15日〜1519年5月2日)は、万能の天才という異名で知られるイタリアのルネサンス期を代表する芸術家。

 絵画、彫刻、建築、土木、人体、その他科学技術に通じ、極めて広い分野に足跡を残しているんだ。有名なのは、盛期ルネサンスを代表する作品『最後の晩餐』や『モナ・リザ』など。また、レオナルドの多岐に渡る研究は、13,000ページに及ぶノートに、芸術的な図と共に記録されていて、その中には飛行機についてのアイデアも含まれていたという。
 
スポンサードリンク

 「自分の芸術を真に理解できるのは数学者だけである
とは、ダビンチ自身が残した有名な言葉。

 ダビンチは絵を描く前に、被写体となりうる生物の内面・内部をより知ることによって、絵を美しく真実に近づけようとする目的から、自身でも動物解剖を行ったという。後に人体の解剖に立ち会い、自分自身でも人体解剖を行い、極めて詳細に書きこんだ解剖図を多数作成している。

 これらの画像は、ダビンチが実際に自分の目で見た生体の内部構造を美しいデッサン画と共に描き現した手稿(ノート)の一部なんだそうだ。

【Leonardo Da Vinci anatomy studies (95 pc 75 mb) - mdolla】

大量に紹介されているデッサン画の中から、
その一部を見てみることにしようそうしよう。
1

162am7

163py1

164nt7

180lo1

armsqc6


 ダビンチの記録した人体及び解剖学に関する成果は、時に工学的に表現され、最古のロボットの設計との評価も受けているという。

artillerylx5

blueheadfi2

brainphysiologyep2

coitionfi5

eddywj6


 ダビンチは一時期、「飛ぶ」ということに興味を持った時期があり、鳥の飛行する様子について詳細な研究を行い、それを元にいくつかの飛行用装置を試作したと言われているんだ。

 その中には、実際に動かすことはできなかったが、4人の人力で飛ぶヘリコプターの他、オーニソプターやハンググライダーに酷似したものも含まれているのだそうで、19〜20世紀になって、科学技術の分野での先駆的な研究として注目を集めるようになったのだという。

fly3dn7

Design_for_a_Flying_Machine


headkc7

neckrk0

oldmanwaterfl2

shoulderandneck1ry8

shoulderandneck2hv5

shoulderandneck3gl8


skeletonsre7

skull1mo3

skull2tm6

uglycoupleur6

これは有名なウィトルウィウス的人体図
vitruvianlg6


ダ・ヴィンチ・コード [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-04-16)
売り上げランキング: 964

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2009年07月15日 00:06
  • ID:TgQTaA9B0 #

ダビンチって文字を反対に書くって聞いてたけど、本当なのねぇ。

2

2.  

  • 2009年07月15日 00:39
  • ID:D4GXTCvE0 #

左利きだからね

3

3.

  • 2009年07月15日 01:25
  • ID:qAyB3viy0 #

まさかエロマンガの断面表現の始祖はダビンチだったとは…

4

4.

  • 2009年07月15日 05:39
  • ID:3I6C24rh0 #

絵だけ見てもバカと天才は紙一重だとわかるな

5

5. 狂豚

  • 2009年07月15日 09:36
  • ID:dvCpEiyc0 #

※2
自分のアイデアを他人に盗まれないようにするためと聞いたことある

6

6.  

  • 2009年07月15日 11:13
  • ID:zF31zGfP0 #

プラスティネーション公開してる例のイベントで売られてるアイテムだな。持ってるからわかる。

7

7.  

  • 2009年07月15日 11:41
  • ID:r8aQd9X50 #

ぬこ可愛いw

8

8. jd

  • 2009年07月15日 11:41
  • ID:1LX7I9hy0 #

裏から透かしたり鏡使えば読めるよなあ。脳味噌鍛える方法かもね。

9

9. o

  • 2009年07月15日 12:17
  • ID:5oh...Gs0 #

実際に解剖して描いたんだっけ
凄い細かく描かれてるねぇ

10

10. a

  • 2009年07月15日 13:26
  • ID:QPFxnD4Q0 #

人類史上最高の天才といわれることに納得できるわ・・・

11

11.

  • 2009年07月15日 15:07
  • ID:.ipZeBHa0 #

断面図描いてたとは知らなかった

12

12. k

  • 2009年07月15日 15:10
  • ID:AncW3GHy0 #

鏡文字かく病気があったような。。?

13

13. s

  • 2009年07月15日 18:29
  • ID:LLYpRPD60 #

左手で字を書くと、なんとなく鏡文字にしたほうが書きやすいことがわかる。

14

14. あ

  • 2009年07月15日 18:37
  • ID:VWyOeoRp0 #

鏡文字を使ったのは印刷するときに効率がいいからだと聞いたが

15

15. P

  • 2009年07月15日 23:42
  • ID:nr.nJ62H0 #

解剖図すごいなぁ
解剖するための死体集めとかしてたんだろうな

16

16.

  • 2009年07月16日 23:26
  • ID:7PxV4IMc0 #

当時は、
「死人の体を解剖するなんて、おまいは悪魔か!」
とか言われてた時代だったような。
それでも探究心には勝てなかったんだろうなぁ

17

17.    

  • 2009年07月17日 01:28
  • ID:Qvu.we0.0 #

おい、挿入中の画像があるぞ

18

18.  

  • 2009年07月17日 02:12
  • ID:gxvr5fpw0 #

当時、諸葛亮孔明は実はそんなにすごくないだろと思ってたが、こういう万能の天才の存在があると本当にすごかったのかと思ってしまう

19

19. クロネコ

  • 2009年07月17日 18:07
  • ID:.YPcyjYH0 #

鏡文字=サヴァン
こういう人達が人類の色々な水準を
上げて来たと勝手に思っている。

20

20.  

  • 2009年07月17日 18:21
  • ID:hq.VXWdV0 #

ヴィンチ才能がチートすぎだろwww

21

21. ま゛

  • 2009年07月17日 23:04
  • ID:vajHdxKt0 #

…ふぅ
すごいなダヴィンチ

22

22.  

  • 2009年07月17日 23:10
  • ID:UF6.viu70 #

デッサンのうまさは頭の良さがかなり重要だ。
東大生は藝大生にもなれる。

23

23.  

  • 2009年07月18日 01:19
  • ID:llEaGvsw0 #

上一行には同意だが、勉強が出来るのと絵が上手いのとは全く別だぞ

24

24. a

  • 2009年07月18日 01:37
  • ID:T33AF11Q0 #

23に同意
頭の使い方が違う

25

25.  

  • 2009年07月18日 15:34
  • ID:yjzfsvdk0 #

>>22
そういう言い方は語弊があるだろう。
中には確かにそういう人も居るんだろうが。

26

26.  

  • 2009年07月18日 20:07
  • ID:wLItl9Ls0 #

この時代、芸術と科学は同じものだったんだな
そして自然法則を知る方法はひとえにデッサンにあった
ダビンチの絵を見るとつくづくそう感じてしまう

27

27.

  • 2009年07月18日 22:09
  • ID:bbWmjDfX0 #

この時代でこの画力
そしてこの発想
まるで化け物だ

28

28. cas

  • 2009年07月19日 01:53
  • ID:mdnrl7cQ0 #

不世出の大天才と呼ぶにふさわしい人物だよな〜
これほどの人物が近代、あるいは現代に生まれていたらどうなっていたことやら…

29

29. Posted by

  • 2009年07月19日 03:08
  • ID:0Rt1.DMU0 #

その上若い頃は美少年・美青年だったんでしょ?

30

30.

  • 2009年07月23日 23:55
  • ID:Gp4vvL7C0 #

左利きだけど、鏡文字の書きやすさは異常
てか文字ってやっぱり右利き用なんだよな…
カリグラフィやろうとしてどうしてもできなくて実感したわ

31

31. X

  • 2009年08月16日 12:18
  • ID:8yvDnkcy0 #

一言(?)言わせて貰いますと
確かにデッサンや絵画といった物は
それなりの上手さに描くには
それなりの頭脳が必要です。
(上手さに比例)
しかし、だからといって、頭のすこぶる良い
東大生が、日本一実技レベルの高い
藝大生に成れるとは限りません。
芸術学科なら入れるかも知れませんが。
(絵を観る目があれば、)
頭良い=実技レベルが高い、
なんてコトは有り得ません。
実技レベルが高い=頭良い
は有り得ます。
(勉強がどうのの頭良いではナイです)
絵を描く、というのは技術の向上と共に
観る、目そのものを養うことでもあります。
絵に接して、経験を積んでいる人と
活字ばかり相手にしているのとでは
見えている、モノが全然違います。
東大生の頭が幾ら良かろうと
実技で藝大に入り込めるなんてのは
無理が有りますね。

32

32.  

  • 2009年09月03日 11:47
  • ID:Zjq1vgfs0 #

どんな事でも、創造性が認められるような仕事には、ひとつの才能だけではなくて、経験や知識の幅広さが求められるのかもね。
絵については知識は無いけど、一瞬を切り取った平面が、実物や写真に勝るとしたら、そのものの本質が何かを理解したり想像して、デフォルメして込めて描くしかなさそうだもん。
だとしたら絵描きは凄く大変な仕事だね。一生勉強してもどれくらいのものをかけるかわかんなさそう(遠)

33

33. k

  • 2009年11月20日 17:08
  • ID:cKMb7s8E0 #

すげえ才能だよな…IQめっちゃ高そう

34

34. なあ

  • 2010年05月13日 12:22
  • ID:z5ZDVXrs0 #

いくら創造・想像がすごくても基礎が欠けて期待外れると思う。

35

35. 株式会社化学同人 川場直美

  • 2010年11月17日 11:46
  • ID:JTMjjppS0 #

はじめまして.出版社化学同人編集部の川場と申します.
管理人様にこの記事で掲載されている図の一つを小社が発行しております月刊『化学』に転載させていただきたく,書き込みさせてもらいました.
転載希望の図は,上から4番目のものです.
どうぞよろしくお願いいたします.

36

36. N

  • 2011年01月04日 11:33
  • ID:yPnYrpqy0 #

すごぉぉぉ〜!!ダビンチどんだけぇ〜

37

37. ゆゆ

  • 2011年03月13日 11:10
  • ID:.lSSRmME0 #

謎めいててなんかドキドキする!!
まだまだ、だれも知らないことがありそう・・・
LDVの墓は、いったいどこにあるのかな?
あ、LDV=レオナルドダ・ヴィンチ  です♪

38

38. あ

  • 2011年03月31日 00:08
  • ID:kddlXc3E0 #

流石です!!
一体どうなってるんダ・ヴィンチ!!!

39

39. かまえる

  • 2011年04月28日 15:58
  • ID:WV.5MbyV0 #

やっぱりというか、モナリザだけでなくヨハネの絵も気持ち悪いな~~~~~~~~~~~~
今この段階で私の話を理解できる人間は皆無であろうが、言っておく。
やはり人ではなかったようだな 人々は単純だな頭がいいと取り込まれるのか 納得してしまうのか。よほど大物だったのだろうか? 痒くて痒くて仕方が無い。

40

40. a

  • 2011年06月23日 11:30
  • ID:x.RCIWis0 #

この時代は文明開化しなきゃいけなかったから、天の配剤で
そういう「チップ」を持って生まれた俗に言う天才がけっこういたんだよ
今そういうのがめっきり少なくなったのも予定調和といえる
単に頭がキレるやつなら現代にもごまんといるけど
それ以上の要素があるんだよ

41

41. ぬ

  • 2011年11月21日 09:26
  • ID:MOdNQv.v0 #

日本のお勉強っていうのはほとんど左脳だけで東大までいけます
それに対して、芸術、デッサンてのは右脳が超重要
そして本当の天才っていうのはこの右脳の働きがぴか一なんです
だから東大生→デッサン描かしても上手いってのはありえないですね
一般人と同じ比率で絵の上手い人、下手な人がいる程度でしょう

42

42. じえんど。

  • 2011年11月23日 04:29
  • ID:lzJxrH230 #

解剖・・・
解剖・・・・・・

43

43.  

  • 2011年12月08日 23:57
  • ID:ivb1yYKB0 #

絵が描かれていない文字だけのノートだったら、
こんなにもてはやされなかっただろうな。

44

44. 匿名処理班

  • 2012年08月05日 00:54
  • ID:0Tj0Qkon0 #

線描は知能を表すってのは有名な話だろ

45

45. 匿名処理班

  • 2012年10月10日 07:15
  • ID:mCSzHHGx0 #

すごく勉強になりました!!

46

46. 匿名処理班

  • 2012年10月18日 03:11
  • ID:xczSYebi0 #

線うますぎ すごい

47

47. 匿名処理班

  • 2012年12月07日 12:01
  • ID:fq7j5saE0 #

いっぱい情報ありがとう ぷりてぃーだね

48

48. 巨匠

  • 2013年05月18日 16:20
  • ID:BMSoUeU70 #

医学者が抜けてます

49

49. 匿名処理班

  • 2013年05月29日 07:45
  • ID:yMDqHptS0 #

皆さん馬鹿みたいに天才天才いってるけど、この時代の有名芸術科達は皆隠れて解剖しまくってたし、設計した発明品は拷問器具以外実用化されてないし、そもそも完成品自体ほぼ現存してない人が天才なのですか??そんな世間で踊ってないで、もーちょい冷静な目で物事を観ろよ。

50

50. 匿名処理班

  • 2013年05月31日 14:13
  • ID:3hWU16HX0 #

※50
考え付くだけでも、大したモノだろ。その時代の材料や技術では、できないモノも多いだろうからな。絵は、描けばいいだけだから、現物が残せたんだよ。

51

51. 匿名処理班

  • 2013年06月01日 19:00
  • ID:..Voj4A40 #

あくまで自分の作品のためのスケッチって印象
画家がなんとなく肌、筋肉の下の世界に興味持つのはなんとなくわかるけど
これより後の時代の解剖図版とか見ると当時の西洋人の悪魔的な知識欲に背筋がゾクゾクして楽しい

52

52. 匿名処理班

  • 2013年07月28日 11:39
  • ID:DGjSvH7w0 #

当時のイタリアって人体解剖なんかは違法だったんじゃないだろうか?

53

53. 匿名処理班

  • 2013年08月08日 21:03
  • ID:no1j0tPR0 #

米50
鏡文字を書ける器用さ(俺は無理)
解剖図の整理された正確な描写
「水の流れ」のようなあいまいな物を計算と観察でこの時代に線として描くデッサン力
この解剖図以外にも空気遠近法の開発やら色々
なによりモナリザを描いた彼が天才で無いんだとしたら誰を天才と呼べるのか聞きたい

54

54. 匿名処理班

  • 2014年08月28日 14:32
  • ID:QRXsDMx60 #

常識に囚われない発想、物事を徹底的に突き詰める探究心を持つ人が天才って呼ばれる人達なんだろうなぁ

55

55. 匿名処理班

  • 2014年09月20日 21:27
  • ID:ZSYr4.sM0 #

ところで、すごい「なで肩」の人を描いてあったけど、本当に実在すんのかなぁ・・・・?
実在してるからスケッチなんだけどさ・・・
なんかそっちを気にしてしまう

56

56. 匿名処理班

  • 2015年02月07日 05:24
  • ID:logA3vx00 #

ああ、それはワザと崩して描く絵があってだな...(名前忘れた
レオナルド グロテスクな頭部の素描
て感じで調べれば分かるよ

57

57. 匿名処理班

  • 2015年02月25日 11:01
  • ID:f5pIoArK0 #

二枚ほど謎のデッサンがあるね。
なで肩の骨格ってかなり変よね。

58

58. 人体病理医ですが

  • 2015年03月19日 12:31
  • ID:cvuQ6C9e0 #

かなり詳細に書かれている割に、頸椎の数や形が実際と違っていたり、不思議なところがたくさんあるんだよね。
胸鎖乳突筋も非常に発達し、大胸筋の付着部もヒトとはかなり異なっている。
細長い首を支えるためだと考えると、納得がいくけど。
詳細に書かれすぎているから、実際にそういう人たちがいたのかもしれないね。

59

59. 匿名処理班

  • 2015年04月25日 18:41
  • ID:NSjbtVIw0 #

はやしさんをきっかけにダビンチに興味をもったのだけど、、
やっぱヒトではない何かを書いてるよね。人間の首じゃない

60

60. 匿名処理班

  • 2016年01月01日 21:18
  • ID:mkfhmnaW0 #

※60
久しぶりにこのトピに来たけど、16枚目の画像が
ttp://livedoor.4.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/c/d/cdc86b7b.jpg
どう見ても人間の解剖図には見えないという点ね。人間にも腱は有るけど、こんなに骨格を腱で補強している構造じゃない。人間の場合には骨格と骨格をつなぎ止めているのは筋肉だけど、これは腱がその役目を担っている。じゃあ何なのこれ?って事だよね。

61

61. 匿名処理班

  • 2016年09月04日 22:43
  • ID:sWesuBUX0 #

レオナルド・ラファエロ・ミケランジェロは天才だったんですね。文豪ゲーテも、地質学・博物学等に通じる天才だったような?

62

62. 匿名処理班

  • 2016年09月04日 22:59
  • ID:sWesuBUX0 #

平賀源内が、一番レオナルド的で、でも杉田玄白と平賀源内と前野良沢に二宮忠八を足したのがレオナルド?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク