建物 Apparati Effimeriと言う人がItinerarioフェスティバルに出品したショートフィルムなんだけど、幾何学的な建物の窓や柱が光に照らされながらどんどん変形、再構築されていくという、なかなか新しいタイプのトランスフォームなんだ。
スポンサードリンク

【APPARATI EFFIMERI Tetragram for Enlargment】(via Neetnik)

APPARATI EFFIMERI Tetragram for Enlargment from Apparati Effimeri on Vimeo.





この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    Facebook

    コメント

    1

    1.

    • 2009年07月10日 04:39
    • ID:MHzvDfFG0 #

    最近のプロジェクターはすごいな

    2

    2. も

    • 2009年07月10日 07:47
    • ID:Cev2d.tt0 #

    変形?形変わってる?

    3

    3.

    • 2009年07月10日 08:23
    • ID:Gu9zGUFy0 #

    光と影だけでこんな事が出来るなんてすごい!!
    昔の人に見せたら何て思うだろう?

    4

    4. い

    • 2009年07月10日 15:38
    • ID:zljrTcer0 #

    光と影だけじゃここまでは出来ないだろう…

    5

    5.  

    • 2009年07月10日 17:48
    • ID:t0IQNRj70 #

    日本に来てほしいな

    6

    6.

    • 2009年07月12日 00:16
    • ID:J6g9cBQP0 #

    WONDERFULL

    7

    7. ちょもらん

    • 2011年11月15日 22:22
    • ID:F7iIjkZx0 #

    すっげえええええええ!
    ぼこぼこした所に歪まずに映像を映し出すのは難しいのかな?機械で勝手に計算してくれるのかな?
    そもそもこれって一定の場所からじゃないとこう綺麗には見えなさそうだから一度その位置からプロジェクターで映しだす所の様子を事前に平面の画像とか立体的なモデルとかにしてその位置から見てそこに映された映像が途切れたり曲がったり歪んだり見えないような映像を造って映し出すのかな?

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク