00

 人面を持つ魚として、伝説のUMA化されたのが「ジェニー・ハニヴァー」。ぶっちゃけ正体はガンギエイなんだけど、でもって日本の干物屋さんとかには普通にぶらさがっているわけなんだけど、この度、イスラエルの港町ハイファでとれとれぴちぴち水揚げされたんだそうだ。

スポンサードリンク

 エイの一種、イボガンギエイはヘブロンの店に卸された。へブロンの住民はこのエイのことを「人間の顔をもつ魚」と呼んでいるという。

人面

ジェニー・ハニヴァーとは?

   ジェニー・ハニヴァーは、「海で捕獲された未確認生物の死体」としてヨーロッパの船乗りと収集家との間で売買されていた、何らかの海洋生物の乾燥標本である。

 未知の怪物や、あるいは小型の宇宙人を連想させるような姿をしているが、その正体はエイの干物に保存処理等の加工を施したものである。

12_e0
image credit:wikimedia Creative Commons
 船員達はアントワープの船渠でこれらの「人魚」を、漁獲されたサカタザメ等のエイを加工し作り出してきた。  翼や尾を備えた悪魔や小型のドラゴン、あるいは天使などに見えるように切り込みを入れ、さらにそれを乾燥させ干物とすることで正体を判別し辛くさせ、ニスを塗って標本に仕立て上げた。

 船員らは完成した「未確認生物の標本」を旅行者らに売ることで家計の補助としていたそうだ。

11_e2
image credit:wikimedia Creative Commons
13_e0
image credit:wikimedia Creative Commons
 ジェニー・ハニヴァーで最も知られた誤解は、バジリスクであるというものだった。バジリスクはその姿を一目見ただけで死をもたらす怪物とされていたため、誰もその姿形に言及しようがなく、そのためジェニー・ハニヴァーをそのような怪物であると恐れさせるのは1500年代には容易なことであった。

10_e3
image credit:wikimedia Creative Commons

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 弾

  • 2009年06月08日 20:29
  • ID:uBl6gV8n0 #

キモい

2

2. いか。

  • 2009年06月08日 20:39
  • ID:1Yu44X900 #

てかジェニー・ハニバースってこれを干して加工してもっととてつもなくUMAなカンジにしたものであって
生だと単なるエイだよね

3

3. だじん

  • 2009年06月08日 20:46
  • ID:cMZ1uSQG0 #

この得意げなおやじの顔の方が気になる。

4

4. 774

  • 2009年06月08日 22:25
  • ID:S87zfIb.0 #

ただのカスベじゃんw
食材食材

5

5. w

  • 2009年06月09日 16:24
  • ID:d6hJdtEx0 #

後ろのおっさんのロンパリっぷりの方が
UMAっぽいw

6

6.  

  • 2009年06月10日 11:52
  • ID:6I4TmHbA0 #

ほしのあきかと思った。

7

7.

  • 2009年06月11日 17:54
  • ID:NQbj8ul30 #

売ってる売ってるw

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク