こうもり

 マレーシアのボルネオ半島、熱帯雨林の森にある「ムル洞窟」は、世界遺産にも登録されている神秘の洞窟。石炭質の地質の地下には、なんと300キロメートルに渡ってムル洞窟群という巨大な鍾乳洞が広がっているんだ。

 あまりにも巨大なため、現在発見されている洞窟は100程度、そのうちの4つの洞窟が一般に公開されているそうで、その中の一番大きなスケールを誇る洞窟が「ディア・ケイブ」。天井の高さは最大で120メートル、中には数百万匹と言われるコウモリが住んでて、夕方になるとエサを求めてコウモリたちが一斉に飛び立つんだ。黒い点が巨大な線になって、空へ飛んでいく姿を実際に見ると度肝を抜くほど圧巻されるそうだ。その姿は龍が空を登って行く様に見えることから、「ドラゴン・フライ」と呼ばれているんだ。

スポンサードリンク

Mulu Caves ~ Sarawak Photo Gallery by Ben Johnston at pbase.com

no title


2


3


4


5



コウモリ達の群れ
6


8


10


9


7


動画で見る、ディアケイブ


コウモリたちのドラゴンフライ



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    Facebook

    コメント

    1

    1. はるな愛の夫

    • 2009年05月27日 16:55
    • ID:Ity2ApAY0 #

    妻と二人で探検したいな。

    2

    2. こ

    • 2009年05月27日 22:49
    • ID:qq1k1xxv0 #

    凄いスケールだなぁ。
    行ってみたいや。

    3

    3. r

    • 2009年05月29日 21:57
    • ID:WMRorB4B0 #

    3枚目の画像の横顔のかたちをした岩が気になる

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク