niho

 トイレは亜空間の入り口という噂すらあるわけだし、花子さんだって住んでいるわけだし、ただでさえ夜中に行くのは怖いのに、あのクローズドスペースの恐怖度を更にアップされる商品が販売化されちゃうみたいなんだ。

 ハリウッドでもリメイクされている映画『リング』や『仄暗い水の底から』などの原作者・鈴木光司氏の書き下ろし小説が、書き記されているトイレットペーパーが、林製紙より6月6日に発売されることが判明しちゃったみたいなんだ。

スポンサードリンク

鈴木光司氏のホラー小説がプリントされた、日本一怖いトイレットペーパー

 この商品は“日本一怖いトイレットペーパー”というキャッチコピーが付いており、林製紙はプリントされている鈴木氏の小説について「トイレに入って読んだとき、想像力を働かせ“心理的な怖さ”が助長されるような内容になっている」と自信満々なんだとか。

1


 「鈴木氏がこれまで発表してきた数ある作品のモチーフのひとつである“水”と、もともと日本人が怖いイメージを持っているトイレがテーマ」(同社)という書き下ろし小説『ドロップ』の舞台は公衆トイレ。1章10行前後、全9章で構成されており、“トイレ滞在時間”に手軽に読める点が特長となんだそうだ。

 2


 お値段1巻210円。トイレに活字媒体を持ち込むタイプの人の場合には、確実に読んでしまうであろう一品。はたして無事にトイレから生還することができるのか、ちょっと試してみたいと思うんだ。

関連動画 The ring




【トイレットペーパー 景品 ギフト】遊べるトレペー 恐怖伝説
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. メフィスト

  • 2009年05月23日 15:33
  • ID:y4pIEQtW0 #

やべぇ欲しいw

2

2.  

  • 2009年05月23日 17:52
  • ID:FnPj1CuJ0 #

認可は得てるのだろうけど、人の書いた作品で尻をふくというのは、どうも抵抗あるんだが。

3

3. GoN

  • 2009年05月24日 20:53
  • ID:QFNwu.dJ0 #

遊びに来たツレにまだ読んでないとこでケツを拭かれた日にゃ・・・orz

4

4. うにゃ

  • 2009年06月04日 01:51
  • ID:3Gs1uW5K0 #

↑おもしろいww

5

5.

  • 2009年06月04日 16:54
  • ID:52hVZzZ50 #

血が青い上に切れ痔の人が使ったトイレットペーパーみたい。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク