ドイツ・ナチス軍が南極大陸に作ったUFO秘密基地

2009年05月13日 ι コメント(-) ι 動画 ι 歴史・文化 ι #

nati  ドイツ軍がUFOを製造していたというお話は前にしたかと思うんだけれど、どうやらそのUFO軍事ベースは南極大陸にあったらしいんだ。

 ナチス軍は1938年、南極大陸を探検し、大規模な調査を行い、4000メートル級の山脈を発見。内陸部に雪の降らない地域と、温水湖を見つけた。そして南極大陸の一部を「ドイツの領土」と宣言したそうで、そこの地下にUFOの秘密基地を設置したと言われているんだ。

スポンサードリンク

ヒトラーの南極大陸


 ヒトラーがUFOを製造したきっかけとなったのは、ナチス軍が難破したUFOの乗組員達の接触し、宇宙人達は宇宙船を修理するための材料を手に入れ、ナチスは新たな知識と技術を宇宙人達から手に入れた。それ故、ドイツの科学研究の多くは地球外文明から得た知識の御陰で達成されたと考えられている。

 1976年12月、アメリカは南極探険を目的とした「ハイジャンプ作戦」をリチャード・バード少将指揮の下に実施したそうなのだが、そこでは数々の不可解な事件が起きたという。

 調査に出かけた航空機2機が、原因不明のエンジントラブルを起こし、相次いで墜落、その後、別の2機の航空機が消えたきり、戻ってこなかった。更には、バード提督自身の乗った飛行艇が、26時間ものあいだ行方不明になり、片肺エンジンのまま、命からがら逃げ戻ってきたという。

 これらの事件に加えて、バード少将の発言が不可思議なものだった。
「アメリカ合衆国は、敵対地域に対して、至急、防衛網を張る必要がある。次に起こる第三次世界大戦は、南極から北極までを信じられないスピードで飛ぶような兵器をもった相手と戦うことになるだろう。

 この言葉の意味するものは何か?噂では現在も、ナチス軍の残党によるUFO秘密基地の維持、管理が行われているという。

 もしかして、今目撃されているUFOの正体はナチス軍によるもの?
南極の他にも、UFO秘密基地は南米にもあったという。南米のUFO目撃情報が多発しているのと何か関係している、とでもいうのだろうか?

ナチスのUFO映像



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク