ahurika アフリカのカメルーンには、自らの足を布でぐるぐる巻きにし、それを餌に見立てて巨大ニシキヘビの棲む穴に足を挿入、ヘビが食いつくのをじっと待ち捕獲するという脅威のハンターが存在するそうなんだ。

スポンサードリンク

自分の足を餌に大蛇を捕まえるカメルーンの男達:すなあじ



 古来よりこの地方に伝わっていたのであろうこのヘビ狩り、今も脈々と受け継がれているところがアフリカのすごいところだね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. jd

  • 2009年05月13日 15:39
  • ID:xuOUc8Vl0 #

布切れ一枚…これは食料なんのか?売るため?

2

2.  

  • 2009年05月13日 17:54
  • ID:g9bmcckI0 #

足は大丈夫だったの?

3

3.  

  • 2009年05月13日 21:04
  • ID:vvsyQ2V10 #

あんなにのみ込まれるのか・・・

4

4.  

  • 2009年05月14日 09:49
  • ID:ovgAhMcG0 #

世界まる見え三大ハンターの1つ

5

5. あ

  • 2009年05月14日 17:08
  • ID:WvHjT4FY0 #

ご馳走ではないけど不味くはないらしい。
狩猟の定番ではないけど、他の食料が少ないときに取るらしいよ。

6

6. え

  • 2009年05月15日 03:07
  • ID:FAcgJtIk0 #

食いついても、じっとしてるわけか・・・。

7

7. スネークハンター

  • 2010年07月31日 12:37
  • ID:MoruOqqj0 #

ワレワレハ地球人だ?で木伏ディレクターが同じやりかたで蛇狩りしていましたね。
最後はアマゾンの川で自分の体をエサにしてヘビ釣りをしていました…(笑)

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク