zetumetu 多くの科学者が、今地球は、全生物種の4分の1が絶滅の淵にあり、地球史上6回目の大量絶滅が始まっていると確信しているんだそうだ。

 とはいっても古い種が淘汰され、新しい種が芽生えていくのが自然の流れである地球の生物界においては、それほど大ダメージになることはないそうなんだけれど、もう二度と写真でしか見ることができない11の生物が紹介されていたので、見てみることにしよう。

スポンサードリンク

11 Extinct Animals That Have Been Photographed Alive



タスマニアタイガー(フクロオオカミ)
 古くはタスマニアのほかニューギニアやオーストラリア本土にも生息していた、哺乳類・フクロネコ目の大型肉食獣。1936年にホバート動物園の1頭が死んだのを最後に絶滅したものと考えられている。

 1770年にイギリスの探検家キャプテン・クックがオーストラリアに上陸して以後、移民たちが導入した家畜をフクロオオカミが襲うようになったため、フクロオオカミは”ハイエナ”と呼ばれ目の敵にされた。1888年からは政府もフクロオオカミの駆除を奨励し、1909年までの22年間懸賞金がつけられ、虐殺が行われた。

1




Quagga クアッガ
 南アフリカ共和国の草原地帯に生息していた、シマウマの一種クアッガは、体の後ろ半分は縞模様がなく茶色で、足は白いという変わった配色をしていた。クアッガの絶滅の原因は、人間による乱獲と開発に伴う生息地の減少とされている。

 野生の最後のクアッガは1861年に射殺された。その後、ヨーロッパ各地の動物園に運ばれていたものがその後も生きていたが、最後の一頭である雌のクアッガが死んだのは1883年8月12日のことである。

2




Passenger Pigeon リョコウバト
4 かつては全米の空を埋め尽くしたほどいたと言われているリョコウバトは、原住民であるネイティブ・アメリカンは「雛を育てている親鳥は殺さない」などの気遣いがあったというが、次第に数を増しはじめた白人移住者たちにより乱獲の憂き目にあった。

 リョコウバトの肉はとても美味だったので、渡りの時期がくると彼らはハンターとなり、ひしめくように頭上を通過するリョコウバトに向けて散弾銃を撃った。また繁殖期には、より効率的に殺すために営巣地を狙った。専門業者らによる銃や仕掛け網での大量捕獲はますます加速し、1860年代には毎年1000万羽にも達する規模で乱獲され、20世紀初頭に絶滅した。

1



Golden Toad オレンジヒキガエル
 コスタリカのモンテベルデに生息したオレンジヒキガエルは、1966年に発見されてから自然保護区の中で手厚く保護されていたが、1988年にはわずか11匹しか見られず、1989年には5月15日にオスが1匹見つかっただけだった。翌年以降全く発見されていないことから絶滅したとされている。

5


 絶滅した原因は、狭い生息域・地球温暖化・カエルツボカビ症・大気汚染・紫外線の増加・寄生虫・酸性雨、あるいはこれらのうちのいくつかの複合などが唱えられ世界的な両生類の減少の代表例として大いに注目された。

00




Caribbean Monk Seal カリブモンクアザラシ
カリブ海及びメキシコ湾に生息する唯一の亜熱帯性アザラシ、カリブモンクアザラシは、最後に目撃されたのは1952年。1967年には、絶滅危惧種保護法に基づき、絶滅危惧種に指定され、その後数回にわたって調査が行われたが、生息を確認できなかった。

000


 16世紀には脂肪から油を取るための乱獲され個体数が減少し、20世紀に入ってから漁業関係者が駆除を行ったことから固体数は激減していた。

6




Pyrenean Ibex ピレネーアイベックス(ブカルド)
7 スペインアイベックスというヤギの亜種、ピレネーアイベックス(ブカルド)は、狩猟の対象とされ、200年の間に個体数が激減し、最後の1頭は落下した木の枝にぶつかって2000年に死亡した。

 2000年に絶滅したブカルドの冷凍保存された皮膚を使用し、2003年にクローン技術で初めて絶滅生物の復活を果たしたが、そのクローンの命は誕生からわずか数分で終わってしまったという。

0000




Bubal Hartebeest キタハーテビースト
8 パレスチナからモロッコに至る中東・北アフリカに生息していたが、人間の進出によって生息地が減少したこと、家畜の邪魔者とみなされて駆除されたこと、肉や皮を得るために狩猟が盛んに行われたことなどにより、。エジプトや中東では19世紀末前後に絶滅した。1923年にパリの動物園に送られていたものが死んだ。この時点で絶滅したとされることもある。最終的にはモロッコに1940年代までいたらしいが、1950年頃にそれらも絶滅したとされる。



Javan Tiger ジャワトラ
javantiger インドネシアのジャワ島だけに生息していた。小型のトラで、スマトラトラと同程度の大きさという。。個体数が3〜4頭の状態が続いたが1980年代に絶滅したとされる。

 2008年11月、ムルバル山国立自然公園、ムルバル山中で半身が喪失した女性の遺体を発見、その近くでトラを目撃。遺体の半身はトラに食べられたとみられる。これがジャワトラではないかという噂もある。

0000




Tecopa Pupfish
10 1942年にアメリカ、カリフォルニア州のテコパ・ホットスプリングで発見された、Tecopa Pupfishは、温泉が発見され、ホテルやレジャー施設が増設されていき、次第にその数を減らし、1973年に保護されたものの、1981年に絶滅したという。





Syrian Wild Ass シリアノロバ
11 アラビア半島、北アフリカ、エジプトなど、砂漠地帯に生息し、遊牧民・ベドウィン人達の生きるためのパートナーであり、栄養源だったシリアノロバは、1914年に第一次世界大戦が始まると、ヨーロッパの兵士が大量に攻め込み、ベドウィン人達を次々と殺害。人間同士の争いに巻き込まれたシリアノロバは短期間で激減してしまう。

 1927年に最後の野性のシリアノロバはサウジアラビア北部のオアシスで銃で撃たれて殺された。オーストリアのウィーン動物園にいた最後の1頭も、同年に死亡。すべてのシリアノロバは地球上から永遠に消えてしまった。




Baiji River Dolphin 揚子江カワイルカ
 揚子江カワイルカは中国では「水中パンダ」、「長江女神」とも言われている、約2000万年前に太平洋から揚子江へ移動してきた種。

 もともと揚子江のみの固有種で個体数が少なかったヨウスコウカワイルカは、近年の中国の経済発展で揚子江沿岸が開発されるに伴い、急速に数を減らし続け1986年には300頭、1997年には13頭、1998年には7頭になり、2006年には1頭も確認できず2007年絶滅宣言された。

00


 ところが一昨年、2007年に安徽省銅陵市内を流れる長江で、大きな生物が何度も水面に上がって来るところを市内に住む男性が発見、撮影して専門家に見せたところ、先ごろ絶滅宣言が出されたヨウスコウカワイルカであることが判明したそうだ。

aa



絶滅危惧ビデオ大全
絶滅危惧ビデオ大全
posted with amazlet at 09.04.16
植地 毅
三才ブックス
売り上げランキング: 24491

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.  

  • 2009年04月17日 18:13
  • ID:TXnQwQRN0 #

自然淘汰による絶滅と人間の手による絶滅は別だろ。

2

2.        

  • 2009年04月17日 18:33
  • ID:5cXnHPxs0 #

人間も自然の一部だということを
忘れた愚か者↑
良いとは言わないが、
人間を捕食する何かが出てこないと
人間は数を増やし、食糧を
食べつくす。イナゴと一緒。
人間だけが食物連鎖を外れても良いと
言う、人間だけのエゴ。
いくら生産する文化を持っても
天然の物を食べている以上
私たちも食物連鎖の一端を担っている。
忘れるな。

3

3.  

  • 2009年04月17日 18:46
  • ID:it.J3pKK0 #

これは・・・
絶滅しようがどうでもいい

どうでもいいわねーだろ

自然のことだからいいじゃん
俺には関係ねー

スレが泥沼化
の流れですね、わかります

4

4.  

  • 2009年04月17日 18:55
  • ID:gW3DKbPQ0 #

まぁ地球温暖化もいれるなら、ほぼ人間の仕業だよね、残念ながら
けど新種も発見されてるのも事実だし、野生の動物は人間よりも遥に適応速度、進化速度共に高いわけだし、絶滅じゃなくて変化した種もいるんじゃないかなぁ、という淡い希望

5

5.  

  • 2009年04月17日 19:00
  • ID:T0A4ircO0 #

しかしリョコウバトに関しては凄まじい業の深さを感じるな

6

6.

  • 2009年04月17日 19:05
  • ID:oVhhGMlD0 #

俺は人間が特別だとは思わないな
同じ土俵の生き物なんだから
人間一種に滅ぼされるのは
その種が脆弱なだけだろ

7

7.  

  • 2009年04月17日 19:13
  • ID:qMZxQAPR0 #

>3
お前だけは分からなくていい
揚子江カワイルカを
ケツに入れて遊んでいろ!

8

8.   

  • 2009年04月17日 19:20
  • ID:NbseF0yP0 #

まだ生き残っている種であれば、手厚い保護が必要だろうけど、絶滅してしまったものは仕方ない。正直、佐渡のトキとか莫大な資金つぎ込んでやるべきなのか疑問。トキが戻ったといってもそれは中国からのトキだし。

9

9. g

  • 2009年04月17日 19:24
  • ID:yWS1HmAX0 #

いつの日か人間も…
リョコウバトの死骸の山の写真は絶句!
そりゃ絶滅しますよ。

10

10. エンリケ

  • 2009年04月17日 19:35
  • ID:kIw74A4m0 #

>>6
お前はアホか?核の力を手にして地球を滅ぼせる存在となった人間は
生態系から外れてしまった特異な存在。
自然のコントロールから外れてしまった人間は、
その対価として自分自身をコントロールせねばならない宿命を負わされたんだよ。
そうしなければ地球が滅ぶ。

11

11.

  • 2009年04月17日 19:40
  • ID:oVhhGMlD0 #

>>10
うん、なんか特異な存在とか宿命を負わされたとか
人間って中二病的だよね。
コメントありがと

12

12. q

  • 2009年04月17日 19:44
  • ID:otLwXvSU0 #

イルカよかった。ほっ。
リョコウバトは「オーデュボンの祈り」という小説で知ってたけど実在してるとは思わなかった。
・・・絶滅しちゃってるけど。
自然淘汰は分かるが人間の都合で絶滅とか悲しすぎる。どっかで生き延びていて欲しい。
アムールトラも絶滅しちゃうのかな・・・。

13

13.

  • 2009年04月17日 20:07
  • ID:E3cBGON70 #

うまい、美しい、金になる、邪魔、等々皆、人間のエゴ。
一部の良識有る人間がエコだ、環境問題だ騒いでも、業の深い人間には自分が良ければ関係無い。
人間による生態系破壊は異常。
ある種が増えすぎるとコントロールする為、病が流行ると言う学者がいたけど
それがエイズ、エボラ出血熱、マラリア等かは分からない。ジャングル開拓で
広がったと言う説を思い出した。

14

14. かえるさん可哀相

  • 2009年04月17日 20:08
  • ID:HqIFA6E40 #

絶滅していく反面、新種も毎年結構みつかってるみたい。
ttp://www.species.asu.edu/news
ttp://www.sciencedaily.com/releases/2008/05/080523163054.htm
環境汚染や乱獲の問題も心配だけど、
生命はそれよりも逞しいものだと時々思う。
もちろんそれを頼ってちゃだめだけどね。

15

15.  

  • 2009年04月17日 20:14
  • ID:d7Zg5PFR0 #

>>10(笑)
クアッガ凄いな

16

16. あ

  • 2009年04月17日 20:19
  • ID:UXymjnt30 #

ブルーバックっていう青い毛の鹿がアフリカに居たそうだけど是非この目で見てみたかった・・・・

17

17.   

  • 2009年04月17日 20:20
  • ID:LLj.fSHy0 #

人類は宇宙に住むべきだ

18

18.  

  • 2009年04月17日 20:21
  • ID:HUzj.tOY0 #

オーストラリアだけでもかなり滅ぼされてるよな
三十年ほど前まではアボリジニを絶滅させようって国策があったしな
(アボリジニを強制収容所に射れ、アボリジニの言葉を使ったり風習を伝えたりするのを禁止
 アボリジニの夫婦に子供ができたら、白人夫婦へ強制里子。〔「そこで白人の高度な文化を身に付ける」という建前だったが、現実には奴隷として扱われた〕
 アボリジニ同士の結婚を規制して・・・
 おぞましい話が山ほどあるわ)
人類は白人だけ、動物は自分たちの食用と愛玩用だけ あとはゴミって認識なんだろうな
 

19

19. ピレネーアイベックス

  • 2009年04月17日 20:35
  • ID:11Xd2f4e0 #

落下した木の枝にぶつかって2000年に死亡した。
落下した木の枝に…( ゚ω゚ )

20

20.  

  • 2009年04月17日 20:44
  • ID:25XZ.igs0 #

何でオーストラリアに鯨を取りに行くんだろう
小笠原にだっているのに

21

21.

  • 2009年04月17日 20:54
  • ID:XStwmUi20 #

確かタスマニアタイガーは写真だけじゃなくて動画が残されてたよね?

22

22. P

  • 2009年04月17日 21:23
  • ID:.OvX2CSH0 #

ハトの山すげぇな

23

23.

  • 2009年04月17日 22:38
  • ID:fzo4gwIl0 #

パンダばっか面倒見てないでヨウスコウカワイルカだのハシナガチョウザメだのをちゃんと保護してくれよ、と思う
オレンジヒキガエルってオスメスで全然違う色(どっちも綺麗)な魅力的な種類だったそうだねー

24

24.  

  • 2009年04月17日 22:53
  • ID:1W9.8vbQ0 #

※4
>まぁ地球温暖化もいれるなら、ほぼ人間の仕業だよね、残念ながら
温暖化の原因と言われている温暖化ガスの1〜2%が二酸化炭素でそれ以外が要因と言われています。
※23
少数民族すら保護してないのに無理無理。

25

25. N

  • 2009年04月18日 00:09
  • ID:RdHT.dCt0 #

イルカ〜よかった〜(涙)

26

26. RC

  • 2009年04月18日 00:20
  • ID:AFlgpIOX0 #

>>10とかみたいな人に言っておきたいんだけど、将来的にもし地球が滅んだとして、それがどうした?って話だと思う。
そりゃ、人間、自分主観で考えれば、滅んだらいやだって思うし、人間が他の動物を絶滅から守ろうとするのも、僕としては、とても美しい事だと思う。
けど、客観的にっていうか、もっと大きい視点で考えてみると、地球なんか、ましてや、その中の生物の種が絶滅しただのなんだの、なんてのは、どうでもいいことなんだと思う。繰り返すけど、客観的に見ると、ね。
自分も人類が環境を守るべきだと思うけど、それは人間主観な考え方だよ。
だから、その人間勝手な考え方を、人に押しつけたらダメだと思う。
もっと具体的にいうと、考え方が違う人に、「アホ」とか「愚か者」とか言うのは間違ってると思うんだ。
そういう風に、人の考えを理解してあげないと、また戦争になって、飢餓に陥ったり、核が使われたりして、また地球が滅んでいくと思うんだよ。僕は。
ホントに長文すみませんでした

27

27. curo

  • 2009年04月18日 00:33
  • ID:wj15zsxZ0 #

>人間も自然の一部だということを
>忘れた愚か者↑
今や人間だけが、自然のサイクルから外れたとしか思えないけどね
人間が宇宙へ思いを馳せるのは、
人間は地球上に居ちゃいけない存在だからだと思うよ

28

28. yut

  • 2009年04月18日 01:20
  • ID:SxWW2ycF0 #

>curo
なんか深いね
それにしても切ない。死んだ人の遺影をみてるような気分だ

29

29.   

  • 2009年04月18日 01:36
  • ID:i4MEN1fB0 #

>>10
>>自然のコントロールから外れてしまった人間
何を勘違いしてるんだか・・・
核を持とうが地球を滅ぼせるなんてとんでもない勘違い
その核を使う勇気も無いし、例え使っても地球は絶滅などしない
逆に地球は僅かな変化で人類を絶滅させる事も出来る

30

30. ma9

  • 2009年04月18日 02:21
  • ID:VIhqakMe0 #

しかし※10の言うことも、冒頭の罵倒を除いて丁寧語で言われたなら一理あるかもと思える。
たしかに人間を特別視した意見ではあるが、人間のそうした理性の働き(「環境を守ろう!」という最近のムーブメントの興り)も、自然(人間もそこに含まれる)の作用であり、※10のような意見が存在することも自然の動き……ともいえる。
逆に、「『人間は核を持ったり宇宙に行きだしたから例外的だ!』という考えは人間中心主義的であり、人間も自然の一部であることを忘れている。」という考えも、自然に備わっている『人間の理性』を敢えてoffにしている」という意味においてそれは人間主義的な<悪(故意的)>であるとも考えられる。
まぁつまり、人と話すとき枕詞に「あほ」はなかろうということです。(ぇ

31

31. 999

  • 2009年04月18日 02:55
  • ID:hZTWd4CB0 #

人間は食物連鎖から抜けてるだろ。
抜けてないとしたら、人間の捕食者って何?
絶滅動物の記事見たら「全く白人は・・・」って偏見を持っちゃうな〜。
どこも似たような問題抱えてるのにね。

32

32. えとさ

  • 2009年04月18日 02:59
  • ID:oQLekbxk0 #

人間は自然のコントロールから外れてはいないんじゃいかな〜
考えてみたら、人間も蚊に刺されたり
寄生虫の住処になったり、ウィルスに感染したりさ、人間しかならない病だってある
サバンナあたりに行くと肉食動物のえじきにだってなるわでしょ?
災害にだって見舞われる
基本的に
他の生き物が遭遇する事象を
人間ももれなく遭遇してるわけなんだから
それは
自然は人間を特別視なんかしていない証拠だと思うんです
そういう意味では
我々人類は
自然の摂理の中にちゃんと組み込まれていますよ

33

33. 名無し

  • 2009年04月18日 03:11
  • ID:54IP..gC0 #

リョコウバトをちゃんと読もうとしてもどうしてもリョウコバトになってしまう
カタカナで似た文字の羅列だから
「リョウコ」になっちゃうのかな

34

34. sa

  • 2009年04月18日 03:46
  • ID:NF0Z0WMd0 #

もっと大きい視点で考えてみると、地球なんか、ましてや、その中の生物の種が絶滅しただのなんだの、なんてのは、どうでもいいことなんだと思う。繰り返すけど、客観的に見ると、ね。
それを、客観的とはいわないのでは、その論理では、何が起きても、起こしても
、大きな視点では、しょうがないとなってしまう、それでは、始まらない。
新種が発見されている? その殆んどは、発見されていなかっただけで、新たに発生したものではない、よって相殺されはしない。

35

35. ぬ

  • 2009年04月18日 04:09
  • ID:FERPALz70 #

「地球が滅ぶ」って表現してる人がいるけど、今の人間の技術力じゃ地球を滅ぼすのは無理だと思う。
地球が滅ぶ前に人間が滅ぶね。

36

36. TX

  • 2009年04月18日 06:10
  • ID:QyRumX2c0 #

人間も自然の一部ではあるけど、人類は科学や文明といった、非常に速度の速い進化形態を取ってる。
これは淘汰などの生物進化システムに比べると非常に速い。
なので、人間の活動によって起こる環境変化は自然に発生する環境変化より著しく速く、生物進化による対応が難しい可能性がある。
人間が自然と言えるかどうかなんていうのは主観的な問題だろうが、コレはシステム的な問題だから明らかだ。
生物進化の仕組みを考えれば、一気に全生物が絶滅でもしない限りは、そこから新たな進化の歴史が始まっていくわけだし、大規模な環境変化は大進化の引き金になる場合もあるので、一概に良い悪いとはいえないが、人間が環境を変化させる速度次第では、修復不可能なほどの大絶滅を引き起こしかねない。
現存の生物が形成している環境システムは、科学的に制御が難しいため、一度壊れると対応は相当難しいし、絶滅の過程で病や一部生物の大量発生、毒性を持った生物の発生など人類にとって良くない事が起こる可能性は高い。
「良い/悪い」というのは、結局のところ人類の生存にとって有利であるか否かという話になるわけだが、生物の生存環境の変化は人類にとってあまり望ましくない。
希少生物の保護についてはまた別だがな。
滅んでも困らないかもしれないが、復活させる手立てが無い。
復活させる為のコストを考えると、保護するコストの方が現状では安いだろうな。
彼らがどんな素晴らしい構造を持っているか、どんな素晴らしいたんぱく質を合成できるか、どんな素晴らしい内臓を持っているか、未知数だ。
いざと言うときのために保存しておくのが「知恵」ってもんだ。

37

37. ほ

  • 2009年04月18日 08:46
  • ID:kP2HUA610 #

>人間は食物連鎖から抜けてるだろ。
抜けていない。農業や家畜栽培で勘違いしているだけと思われ。
農業や家畜栽培は、アリがきのこを栽培するのと同じ。
死んだら生き返れない人間が自然から抜け出ているなんて、妄想もいいところ。

38

38. curo

  • 2009年04月18日 09:16
  • ID:Eu.FXpWf0 #

抜け出てるんじゃなくて、外れてるんだよ。
自然と無関係なところにいるんじゃなくて、
自然の営みから外れてるってこと。
確かにもっと視点を引けば、人間の文明的存在も自然の一部なんだと言えるけれど。
異質であることは否めないと思う。

39

39. as

  • 2009年04月18日 10:48
  • ID:61EJnGvo0 #

人間の意図で絶滅させるのも自然現象のひとつだってんなら
人間の意図で保護するのも自然現象のひとつってことでいいんじゃないの
なんで人間の意図が絶滅方向に働くと自然の摂理で
保護の方向に働くのは別って考えになるのかわからん

40

40.  

  • 2009年04月18日 10:48
  • ID:i9GR0TgK0 #

そろそろ和解させとかんとな。
皆宇宙船地球号の仲間じゃないくぁ……
……スマン舌噛んだ。

41

41. RC

  • 2009年04月18日 11:20
  • ID:AFlgpIOX0 #

>>34
誤解してるぜ
僕はそういう考え方(大きな視点で見ると地球なんてどうでもいい理論)をする人もいるのだから、人間主観の考え方(地球や動物を守るべき理論)を押し付けて、ましてや罵倒してはいけない、と、こういうことを言いたかったんだ。
僕のいう「大きな視点理論」は一例なんだよ。
僕自身は、地球や動物は人が守るべきだと思ってる。
そこを理解して欲しい。

42

42.

  • 2009年04月18日 11:21
  • ID:1ZpFL6zx0 #

なんか、いろいろと悲しいな・・・。

43

43. ぶにぶにと一緒に

  • 2009年04月18日 12:29
  • ID:mH8mccln0 #

僕等は皆、生きている。生きてるから死ぬんだ。それだけの事。但し、生き方も死に方も其々の自由であり、不自由でもある。そんな今日この頃。ごろごろ。

44

44. 池田 犬作

  • 2009年04月18日 12:48
  • ID:THxo6O.H0 #

チョンだけでも絶滅しねぇかなー

45

45. 池田 犬作

  • 2009年04月18日 13:34
  • ID:r8BsHf1T0 #

44だけでも絶滅しねぇかなー

46

46. 池田 犬作

  • 2009年04月18日 15:07
  • ID:qxPOKJM00 #

44早く滅しねぇかなー

47

47. 池田 米作

  • 2009年04月18日 15:14
  • ID:qxPOKJM00 #

次はクジラだな。
日本人が文化だとか言って食ったのが理由で、最後の一頭は寿司屋で1貫30万円で出された、って記録になってそうだな。

48

48.   

  • 2009年04月18日 16:01
  • ID:j86jQ9ll0 #

人間の凄い所は、外敵を殲滅するために手段を選ばないということだ。
普通の動物だったら、自分たちを捕食する天敵に対して、出会ったその場でのみ逃げるなり相手を倒すなりするだけだが、人間は将来の危険を見越して相手の種を徹底的に狩り、滅ぼしてしまう。
こんな動物が他にいるだろうか。

49

49.  

  • 2009年04月18日 16:51
  • ID:LOdumKP60 #

地球が滅ぶってのは人間が満足に生活できる文化レベルの喪失ってことでしょそうでしょ
自然に起こりうる環境変化よりも人の文明が起こす環境変化のほうが変化の度合いも速度も速くて、自然の生き物はそれに適応するやつもいれば適応できずに死んでいくやつもいるわけで全緯度熱帯化でFA

50

50. みんな同じ生きているから

  • 2009年04月18日 19:04
  • ID:qPKJSS000 #

だからといって乱獲はいかんがな
付かず離れずで共存するのがええっちゃ

51

51. k

  • 2009年04月18日 19:06
  • ID:BSOZay4G0 #

クジラで思うのだが、捕鯨反対派の外人には鯨塚や鯨神社を知って欲しい。こういう文化持っているのは日本くらいじゃないだろうか。捕鯨反対の立場を翻すには至らないだろうけど、日本に対する見方が大きく変わるだろう。

52

52.  

  • 2009年04月18日 19:14
  • ID:WjwCLew00 #

隕石が落ちてきて
また進化のリセットなされれば
地球の自然は元通り。

53

53. レーヌ姫子

  • 2009年04月18日 19:23
  • ID:1a8trRoU0 #

この世にもういないってすごく切ないよね。。。。
地球が多種多様な生物であふれる
わくわくするような世界であるといいのに。

54

54. レーヌ姫子

  • 2009年04月18日 19:25
  • ID:1a8trRoU0 #

この世にもういないってすごく切ないよね。。。。
地球が多種多様な生物であふれる
わくわくするような世界であるといいのに。

55

55. いまさらだけど

  • 2009年04月18日 19:58
  • ID:8vCHrtkd0 #

長いコメはすっ飛ばして
誰も読んでないから・・・

56

56.

  • 2009年04月18日 20:02
  • ID:wUaxwOzQ0 #

ニホンアシカは?

57

57.  

  • 2009年04月18日 20:25
  • ID:R3jKqyXX0 #

新種は
ある昆虫が熱に強くなりそれにともない形体が放熱に適した形に変化した
でも新種扱いになるものもいるから一概に見つかっていなかっただけってのは違うんじゃない?

58

58. 名無し

  • 2009年04月18日 21:34
  • ID:vFKQl35P0 #

ハトの写真を見て人間の力の強さにおどろいた。
けど人間の外敵である蚊を滅ぼすことができないあたりやっぱり人間が強いなんて考えあり得ないなーとか思ったり。

59

59. オッスオラ日本人

  • 2009年04月18日 21:36
  • ID:5bZ.NZ4N0 #

地球にとっての人間って現代だと
日本にとっての在日みたいなもんなのかなとふと思ったら
恐ろしい勢いで地球は大事にして反省せなならんとものすげー思った

60

60.    

  • 2009年04月18日 22:10
  • ID:PJvTbne90 #

 環境なんて足の引っ張り合いが環になってるだけで、美しい助け合いの精神とか見出してる場合じゃねー
 もっと殺伐とした、喰うか喰われるかの世界だぜー
 しかしなんだ……人類がもう少しだけ愚かだったなら、この世に21世紀なんか訪れなかったよ、もうとっくに滅びてたはずだろー
 もうちょっと自分ら信じろよー
 地球が母だというなら、もう少しだけその愛を疑うな。
 俺らはちゃんと育ってる、脛を齧りまくって、いままさに大人になる途中。
 もうちょっとだよ。
 この地球で、たぶん俺らだけが、親離れできる種なんだから、もう少し希望をもて。
 いまはまだ無理でも。
 いつかきっと、カーネーションの花束を贈れる。
 人類は子供。
 あんまり背のびして、しょっぱいことばっかり言ってんなよ。

61

61.  

  • 2009年04月18日 23:22
  • ID:vm0w.XGl0 #

山積みになってる写真はハトの死骸じゃなくてバイソンの頭蓋骨では??

62

62.  

  • 2009年04月18日 23:58
  • ID:L2cNi.G40 #

オオウミガラスは残ってないのかなぁ。

63

63.

  • 2009年04月19日 00:20
  • ID:CfZ7EYl20 #

リョコウバト、24年間ずっとリョウコバトだと思い込んでた…
この記事で英名見てようやく間違いに気づいた。

64

64.  

  • 2009年04月19日 00:53
  • ID:jT3r.rVg0 #

他にも指摘してる人がいるが
リョコウバトの下の写真はwikiの西部開拓時代の欄のバイソンの頭骨。
こんなんで間違えんな。

65

65.

  • 2009年04月19日 01:53
  • ID:PoKOaAR40 #

捕食者いなくてもそのうちかってに自滅すんだろ、人間も
人間はきっと別の生き物にとって災害なんじゃない?
んでもって人間の暴虐(とりあえずこの表現で)のなか生き残れたヤツらが次に繁栄できるってだけのような・・

66

66.  

  • 2009年04月19日 04:24
  • ID:Z.0VjMfz0 #

家畜を襲う肉食動物を絶滅させたのは、ニッチを競合したからだし、資源として乱獲して絶滅させたのは捕食的な部分があるから、自然淘汰的の範疇と考えることはできる。
問題のレベルとしてはペット虐待と同じくらいで、直接的には差し迫った問題ではないけど、目の前にすれば本能的に悲しく思うし、社会に余力があれば解決しておきましょうとなっていく。
そういう「余裕」の部分が、人間と動物のもっとも大きな違いだと思う。

67

67.  

  • 2009年04月19日 09:21
  • ID:3xBZgXFn0 #

ジャイアントモアは生かしてほしかった。

68

68.    

  • 2009年04月19日 13:56
  • ID:5EpM18jk0 #

とりあえず、ここで云々言ってる場合があったらやれることしろっていうことはわかった

69

69.  

  • 2009年04月19日 14:15
  • ID:NK.tIEtz0 #

ニホンオオカミは現存当時の写真が残ってなかったのか・・・?

70

70.  

  • 2009年04月19日 15:52
  • ID:lyHtexaT0 #

悲しい現実。
滅びるべきは人間なのかも。
人を殺したり傷つけたりしたら、地獄行き。
でも〜、他の動物を遊びや自己利益の為に殺し滅ぼしても問題なし。
早く滅んだほうが良いな。。。

71

71. あ

  • 2009年04月19日 17:06
  • ID:.dy4skc70 #

人間なんて地球や他の生物にとっては長い歴史の中にある大規模自然災害の一つだろ。
地球の歴史の中でどれほど絶滅した生物がいたことか
10万年後には進化した生物に、人類の時代は大量絶滅の起きた時代だとか言って
隕石の衝突とか氷河期とかそんな区分にされてるんじゃね。

72

72.  

  • 2009年04月19日 18:36
  • ID:3xBZgXFn0 #

だから早く月か火星に移住して
子孫繁栄のためにリスク分散しなきゃいけない。

73

73.

  • 2009年04月19日 21:06
  • ID:o3WuUXr90 #

人間は特別!地球を守れ!
が、見当違いの自意識過剰なら、
人間だって自然の一部。仕方ないのさ。
は、悟ったふりの無責任。
人間は自然の一部であるがゆえに、地球環境に与える影響に対し、常に意識しなければならない。
だいたい人間の力で地球自体をどうこうできるはずがない。
人間が壊せるのは、生物達が生きていくための地球環境。
自分達が生きていくための・・・

74

74.

  • 2009年04月19日 21:08
  • ID:o3WuUXr90 #

それはさておき、チョン絶滅マダー?

75

75.  

  • 2009年04月19日 22:34
  • ID:SRDfSQyi0 #

だいたい21世紀なのに
居住可能な宇宙ステーションのひとつも実現してないなんて
話が違うじゃないか

76

76.

  • 2009年04月20日 03:45
  • ID:efTFnXq00 #

まって!タスマニアタイガーの家畜殺しの
真犯人は野犬だったはず!そこはしっかり書いてくれないとタスマニアタイガーに失礼だ!

77

77. こみ

  • 2009年04月20日 07:46
  • ID:JSmx58lI0 #

恐竜が栄華を誇った時代に他の動物は一種でも絶滅しなかったのだろうか? たぶんしてると思う。 今は人間がしてるのだろう。絶滅も進化って言ってた学者もいた。 信じたくないが【自然淘汰】まんざら嘘でもないかもしれない。 いつか絶滅するよ、人間もそう遠くない時期に! 

78

78. ちょっと待った

  • 2009年04月20日 13:08
  • ID:.CqRrLK70 #

リョコウバトのところに出ている何かが高く積み上げられている写真は、鳩の死体ではなくアメリカバイソンの頭だと書かれているよ。

79

79. URL貼り忘れた

  • 2009年04月20日 13:11
  • ID:.CqRrLK70 #

これ

80

80. 勝負はこれからさ

  • 2009年04月20日 14:25
  • ID:GhmFcQ2Q0 #

>>75
宇宙ステーションがまだ出来てないのは想定通りだよ。
ちなみに月に小規模な基地を作れるのようになるは、NASAの計画だと2000年後です。

81

81.  

  • 2009年04月20日 15:11
  • ID:pofV665b0 #

米10は米6へのレスってだけで、別に人間を非難してるとかではなく事実をのべてるだけだろ

82

82.  

  • 2009年04月20日 17:06
  • ID:QsTPeZzT0 #

なーんか胡散臭いんだよな。
「自然を守ろう」とか。
未来の心配をするのもいいけど自分の心配をしなきゃビンボー人はやってらんねっつーのよ。

83

83. おはようからおやすみまで

  • 2009年04月20日 17:31
  • ID:KRV9Mw9x0 #

地球上に生まれた種族の99.9%は既に絶滅している
人間も例外ではなく、いつか絶滅する
私たちが地球を守ろうなどと叫ぶこと自体が
おかしいと言うことに気がつく人は少ない
あなたにできることは、
自分がいつか死ぬことを自覚しながら
日々を生きていくことだけだ

84

84.   

  • 2009年04月20日 22:06
  • ID:c9FC4FB10 #

クジラは頭がよくて特別だから保護すべき(笑)でも牛は馬鹿だから食べていい(笑)あと家畜を襲ったフクロオオカミは最後の一頭まで虐殺すべき。
白人さまの考えることは違うなぁ!!

85

85.  

  • 2009年04月20日 22:10
  • ID:.u.tfspN0 #

最近、地球温暖化で地球がほろぶ〜!だのテレビでやってたりするけど、人間が地球を滅ぼすことなんて絶対ないと思う。(滅ぼすの解釈次第で変わるけど)
所詮人間が言う地球の崩壊は人間の絶滅とイコールだと思うし。自分は動物を人の都合で殺しまくろうが、絶滅させようが、今更騒ぐようなことじゃないと思う。それによって人間が困るんなら保護すりゃいいけど。本当に自然を守りたいんなら、それこそ人を絶滅させるしかないしね。

86

86.  

  • 2009年04月20日 23:13
  • ID:zxBmB4v00 #

人間の敵は人間

87

87.  

  • 2009年04月20日 23:47
  • ID:8ZL8uAlQ0 #

白人は何処に行っても乱獲するね・・・

88

88. 玉虫

  • 2009年04月20日 23:52
  • ID:E7cAdqZc0 #

人類全体が悪いのではない。ユーラシアの片隅でお互いに殺し合いながらヒネこびて生きてた人類のカスが、相手を殺す技術だけが長けて地球全体に拡がったのが災厄の種。科学的思考ってヤツが悪魔の剣、進歩史観が悪魔の楯。ちょっと前までは俺様以外は人類じゃねーと独尊してたしね。死ね!

89

89. 屑

  • 2009年04月21日 01:11
  • ID:.ctmu2VT0 #

自然界の動物って自分が食べる分だけしか捕食しないのに人間はなぜにそれ以上狩るのでしょうね。

90

90. 辻斬り

  • 2009年04月21日 05:12
  • ID:vWnbSfDH0 #

6
意図的にに滅ぼすことが可能なのは人間だけだろう?
また逆にその生物を利用したり、保護したりできるのも人間だけだろう?
10
核だけが脅威とは思わないが、現在最も地球上の動物をせん滅できるのは人間だけだろうね。
人間が人間を滅ぼしたタスマニア人の例や危うく絶滅させらそうになったアボリジニの例があるしね。
日本はイワシとか、USAはクジラとかetc
14
それは人類が行った環境汚染等に適応し変化したものではなくて
とても昔からいたものが最近見つかったってだけなんじゃないだろうか?
26
人間も自然の一部だから成行きに任せるべきと。なるほど。
暴言を浴びせるのは良くないと思うけど、なんだか論点がコロコロ変わってないか?
とりあえず人に自分の考えを押し付けるなと言いたいのだろうか?
でも、人の意見は理解しないといけないと?それは10に限って?
29
そうだろうか?
地球の陸地の総面積は、148,890,000km²で
世界最大の核の破壊力が約半径40km
円の面積を求めると約5,024km²
割って2万9635本の核弾頭が必要
それをアメリカとロシアの2000年推定核保有数3万と比べると…
地表を核で焼き尽くすことは可能なんじゃないか?
しかも核保有国はほかにいるし、何より核弾頭は破壊力ではなく放射能が脅威でさらに
被害範囲は広がるだろう。
核兵器廃絶の取り組みのため、核保有数は減っているけど
人間が本気出せばさらに作れるわけだろ??
たとえ使ったら数字の上では現在でも地表せん滅可能と判断できる要素があるのに
何で断言できるわけ?
まさか使わないと思うけど、どれだけのものかよくわかったつもりでコメントしてるのかい?
もちろん保有核すべてが約半径40kmの破壊力じゃないことは承知だが
作れる以上可能性はあるだろう?

91

91. 辻斬り

  • 2009年04月21日 05:13
  • ID:vWnbSfDH0 #

31
食物連鎖の頂点でしょう?
じゃあシャチの捕食者ってなんだ??いないだろう??
より底辺に位置するバクテリア等が死んだ者を分解するんだから
食物連鎖になるでしょ?
もちろん火葬が主流の日本じゃそういう意味じゃ抜けてるけど。
32
そうね、自然は人間に特別なものを与えているわけじゃないね。
人間が特別なものになろうとしてるだけだから。
34
どうでもいいことが客観的という意味じゃないと思うのだが。
人間の思考外に論点を持っていけば何でも成り行き任せが本来の姿になってしまうんじゃないか?
あと「それ」とか「その」とか使いすぎてて何を指しているのかが非常にわかりづらいんですが
それは私がバカだからですか?
何が相殺、もしくは中和されないのでしょうか?
35
前述したことと反対になるけど、核兵器で焼け野原にした後でも、何億年をかけてか地球は再生するだろうね。
地球が滅ぶという定義が一切の生命根絶であれば何億という核弾頭をかけても無理だろう。
でも前述したとおり現時点地上で生息している生物のほとんどを絶滅させることは可能だろうし
何億または何千年という時を経なければ再生しないのなら「地球が滅ぶ」という表現もあながち間違いじゃないと思うな
38
たぶん使用している言葉の意味が一般人とは違うのではないかと思う
異質である。、その点が一番わかりやすいけど
あなたに反論している人の言葉の意味を考えた方がよいよ
あなたが間違ってるとは思わないが、その言葉の使い方は誤解を生じる。
39
たしかにw
41
34の言いたいことが非常によくわかりました。
34ごめんね

92

92. 辻斬り

  • 2009年04月21日 05:14
  • ID:vWnbSfDH0 #

47
よく調べるように!
ここ宿題!アメリカの方が(ry
51
そうだね、でもあくまでも国による文化の違いから生じた問題だからね。
一概に答えは出せないけど、何かしら見方が変わるといいね。
日本もそうだけどちょっとの情報を信じないでよく調べて考えて物を言わなきゃね。
56
最終目撃例から50年が経過していないので・・・
57
それは研究などが進んだだけで
近年の環境変化などに対応したわけじゃないんじゃ?
58
それは非常に難しい問題。
確かにあの手この手でせん滅しようとしているけどね。
ある種の蠅は人間の手で滅ぼされたみたいよ?
それがどういう問題を引き起こしたか…
62
ペンギンで我慢してね。
64
まぁまぁ
記事の流れ上、誤解を与えかねないから仕方ないよ。
この写真を知ってたり調べなきゃわからないよ。
66
なんだか悲しいがその通りだと思う
71
人間は隕石と同じですか、そうですか。
10万年後に進化した生物がいたらなら区別をするでしょうね。

93

93.  

  • 2009年04月21日 10:22
  • ID:N4NDIxGN0 #

金のために乱獲しまくったあげく、数が減ったら後進国には捕獲を禁じるんですよね白人は。

94

94. サージェント

  • 2009年04月21日 17:34
  • ID:1a4zvPEb0 #

鯨に関しては誤解が多々あるような。
ヒゲクジラのなかでも数の大小があり、大型クジラであるシロナガスクジラやナガスクジラは既に絶滅寸前だ。
一方それらよりは比較的小型のヒゲクジラであるミンククジラは大量に存在し、餌の関係で前者2種や他のクジラとモロに競合している。
これを資源として利用しある程度数を減らすのは他のクジラの為でもあるのだよ。
自分で調べようともせず、クジラと言えば何でもかんでも絶滅危惧種扱いするのは現代人の思考とは言えないね。

95

95. a

  • 2009年04月21日 18:53
  • ID:Bv9UIxSa0 #

上の方でも誰かが言ってたが、ジャイアントモアが今生存していたらカッコよかっただろうな…

96

96.

  • 2009年04月21日 23:41
  • ID:eWdvun1q0 #

>>38
「異質」であるということは自然界ではなんら異質なことじゃない。
特別な部分がある動物というのはいくらでもいるものだよ。
特別な存在がたくさんいるのが自然界というもの。
>>48
外来種(人間由来にかかわらず)によって既存の種が絶滅するようなことは古来よくある話。
環境等によって特定の種が増加すれば、それに圧迫されて別の種が滅ぶなんてのも、ごく普通。

97

97.  

  • 2009年04月22日 05:30
  • ID:y7isKNxE0 #

虐殺も自然淘汰(笑)
弱い考え、楽な方に逃げすぎ。
罪の重さに耐えられないのか?
まるでアメ公だなお前ら。

98

98. curo

  • 2009年04月22日 09:07
  • ID:xKAoGYYm0 #

>>96
それは“自然”というシステム自体を見ていないから。
体質や生態的に他に類を見ない生物が多々いても、
それらは皆、自然システムの中にすっぽりと収まっているもの。
それを共通項として、人間は質が異なると言えると思う。
自然を外側から意識しているのは(たぶん)人間だけで、
だから環境を壊すことも、守ることも、変えることも、復元することも(ある程度なら)できる。
自然の変化ってのは気候や生物の活動が渾然一体となって、バランスが保たれるように動いていくもの。種の淘汰も、それ自体が自然システムなのだから。

99

99.   

  • 2009年04月22日 18:12
  • ID:DaM3IBNp0 #

絶滅っていう意味では、古生代のペルム紀末の大絶滅にかなうものはないだろうけどね。
なんせ、それまで生息していた種の90%が絶滅したわけだから。
  
人間なんて、地球自体が生物に与える影響に比べると、実にちっぽけな存在ですよ。
学の無い人間に限って、情で語るよね。

100

100.

  • 2009年04月22日 21:35
  • ID:wwZ08KHl0 #

確かに学のないやつらばかりだな。
とりあえずここに書いてある「人間だけが〜」というような表現がされているものは全て間違いだ。

101

101. curo

  • 2009年04月22日 22:08
  • ID:xKAoGYYm0 #

考えることが出来なければ、知識の価値は半減する。
人間の所業は地球規模の自然の変遷に、取るに足りない影響しか与えていないと言えるのかな?

102

102.

  • 2009年04月22日 23:22
  • ID:5hLec2wu0 #

うん。まあ、なんだ。
気を付けてないと、
気を付けてりゃ滅ばずに済んだ種がどんどん滅んでくよ?
ってことだよな。

103

103. H

  • 2009年04月23日 00:28
  • ID:9e30wRML0 #

ほとんど白人が滅ぼしてるんじゃねーか。
クジラ殺すなとか良くいうよ。自分達はどんだけ動物絶滅させて、第三世界の人たちを貧乏のどん底に叩き落としてるんだ。
白人は自分たちに不都合なことは何も言わないね。

104

104.  

  • 2009年04月23日 01:20
  • ID:4JIBew8I0 #

ここ最近だとスズメが危ないらしいな
リョコウバトも周りにこんだけいるんだから大丈夫だろうと思ってたら一気に減って絶滅だからな
まだ図鑑にも載ってない種類の生き物がどんどん減って絶滅していってるんだろうな〜
昆虫とかが図鑑に載る前に絶滅してそうだ

105

105.  

  • 2009年04月23日 03:52
  • ID:6hn3.iPK0 #

仕方ないみたいなこと言ってる奴に聞くが、例えばリョコウバトを乱獲しなければ人間が滅んでたのか?どうせ金儲けのためだろ。綺麗事を嫌うのもいいけど筋通ってなさすぎ。
それと人間は同じ種同士で殺し合うあたり、どう考えても不自然だろ。自分の家族を殺せるぐらいだもんな。しかもむかついたとか、金目当てとかどうでもいい理由で。その時点で人間は自ら自然から外れてんだから、できるだけ自然のサイクルに迷惑掛けないように、細々と暮らしてればいいんだよ。

106

106.

  • 2009年04月23日 05:35
  • ID:UpHTF9Vr0 #

なくなったもんはどんだけ議論しても無駄だろーが
そんなことより今あるものをだな、どう残していくかだろーが

107

107.  

  • 2009年04月23日 08:40
  • ID:hZGhlMrd0 #

他の生物がどれだけ死のうと構わないが
人間は不毛の地で生きられるほど進歩してはいないから
環境の変化には気をつけるべき

108

108. tincoh

  • 2009年04月23日 09:34
  • ID:Z.3tMPFb0 #

ピレネーアイベックスの最後ワロタ
最後の1頭が「落ちた木に当たって」って。
人間が自然の一部として考えたら人間が新しい菌やクローン動物を作りたいって考えは摂理に基づいたものなのかね?

109

109.  

  • 2009年04月23日 10:02
  • ID:EqLDAEnW0 #

米101
そう言えないのは自意識過剰だ

110

110.  

  • 2009年04月23日 10:15
  • ID:s7QjVGGV0 #

>>109
そんなこと言っちゃうのは無責任な言い逃れだよ

111

111.  

  • 2009年04月23日 19:32
  • ID:.ECsW3fp0 #

いままで災害だのなんだので人類に猛威をふるってきたくせに、旗色が悪くなったとたんに優しくしてくれだと!?なーにがエコだ

112

112.

  • 2009年04月23日 22:16
  • ID:MbTK6QOD0 #

所詮エゴだろ。
何で害虫みたいに滅ぼしていい種と悪い種がいるの?
地球環境がどうこうって自分たちが住むのに都合がいい環境を守りたいだけだろ。
博愛主義を気取るのも、そうしないと人間の中にも差別化が正当化されるからだろ。
誰か反論できるの?
感情論での根拠のない反論はいらないよ。

113

113.  

  • 2009年04月24日 03:13
  • ID:OF28BFB50 #

>>112
何に反論すればいいの?
害虫は人間にとって害になるってことだから、これを滅ぼそうってのは確かにエゴ。でも、良い悪いじゃないんだよね。害になるなら自衛する。それは双方が殴り合う戦いだから。
自分たちが住むのに都合が良い環境にしたいから、森林伐採も埋め立ても廃棄物投棄も砂漠化も温暖化も気にしないんでしょう。自然環境を守るのは、人間に都合がいいことばかりじゃないからねぇ。
人間の中の差別化が正当化されるってのは、よく解らないね。博愛は、そうでない人には理解できない精神でしょう。何でも階級化して、媚びる相手と蔑む相手を作っておかないと不安で仕方がない人たちもいるようだしね。
感情論で根拠のない反論をされたくないなら、明確なデータに基づいた問題提起をするべきだね。
反論にはなってないと思うけど、こんな感じでいいのかな?

114

114.  

  • 2009年04月24日 08:34
  • ID:.J3H39GL0 #

米113
どうもありがとう。
感情的な反応を見てみたかったんだけど理性的に答えてもらえたのでそれはそれでよかったです。
しかし上にある自然環境を守るというのは長期的に自分たちの利益になるということだと思うけど。
即時的な利益を求める人たちが、環境を気にせずに好き勝手やっているように見える。
だから環境を守ることはいいことであると思うけど、その口上に綺麗ごとを言うのが気持ち悪くて仕方ない。
実際、本当に博愛な人もいるのだろうけど、よく見かけるのは自分の言動に矛盾がある人ばかり。

115

115.  

  • 2009年04月25日 00:39
  • ID:zdeYj3Fo0 #

>自分の言動に矛盾がある人ばかり。
偽善的っていうのは、そういうことなんだよね。
人間至上主義なんて、利己主義でしかない。
自然環境を壊して、いちばん困るのは人間自身なんだけどねぇ。
何しろテクノロジーを除けば、最低レベルの生存能力しかないんだし。
そろそろ自惚れてる場合じゃないってことくらい、
ちょっと周りを見回せば解りそうなものだよね。

116

116.  

  • 2009年04月25日 09:36
  • ID:InANcQGU0 #

>>112
一つの種が絶滅するという事は連鎖的に別の種が滅ぶ可能性があるという事。それが現在のように短期間で多数起こればその影響は計り知れない。人間の食糧問題に繋がる可能性は十分にある。
地球環境問題は人間が「自分たちが住むのに都合がいい環境」をいかに守るかの問題で、人間にとっての脅威となる害虫を駆除するのも人間の住環境を守るためだから、その二つ行動の差は優先順位の問題であって動機は矛盾していない。
博愛主義者の動機や目標は様々だろうから「人間の差別〜」ていうくだりは、そういう人もいるだろうとしかいえないが、とりあえずそんなオシャレな動機じゃ人も金も動かないでしょ、看板に使われたり支援される事はあるだろうけどね。
全ての種で議会を開かない限り人間が何したってエゴだし、全ての生命がエゴイスティックに生きてるのだから、人間がエゴイスティックである事を卑下しても意味がないと思うよ。
君の憤りもエゴイスティックだけど、そのエゴイスティックを押し通す事が環境保護に繋がるんだから曲げずにがんばれ。
何か反論ある?

117

117.    

  • 2009年04月25日 10:15
  • ID:VcTTXPdk0 #

環境保護なんて人間のエゴで始まってエゴで終わるんだからそれこそ環境保護のためには人間が死滅すればいいとか言ってる方がわけわからんけどな
他の生物も地球も保護して欲しいなんて言ってないのに
どれだけ環境汚染が広がって人間が住みづらくなったとしても逆に繁栄する生物はいるのに

118

118.  

  • 2009年04月25日 16:37
  • ID:qOEHNhVp0 #

つまり「席を譲ってください」と言われない限り、
お年寄り等に席を譲る気持ちは無いわけだね。

119

119.  

  • 2009年04月25日 20:12
  • ID:w99wTwSu0 #

米116
世間には綺麗なお題目であふれているような気がするけど。
自分たちのために綺麗な地球を守りましょうというのであれば、いいことだと思うけど。
実際のところはわからんが、自分たちの業から目を背けて綺麗ごとを信じてしまう人が多いのではないかと思う。
それが悪いとは言わないけど、個人的には嫌いだな。
それ自体エゴであることは承知しているけど。

120

120. 116

  • 2009年04月26日 00:33
  • ID:Z3bhERR50 #

>>119
人間のしてきた事を振り返れば、残虐だし今とは矛盾している事も多い。その事に無自覚でいるのは愚かだけど、自覚する事は難しい。蝶の羽ばたきが地球の裏側で竜巻を起こす可能性すらあるらしいから、ましてや地球にとっての人間の業ともなると大きいのか小さいのかさえ俺にはわからん。でも人間が平和で安定的に暮らしていくためと考えるなら、環境を保護していく必要があると断言できる。
個人的な希望としては地球環境を大切に考える人には、他の動物と同じように人間を好きでいてほしい。極端な発想になってしまうし、何より言ってる本人が幸せになれないよ。

121

121.    

  • 2009年04月26日 09:13
  • ID:moTizCyE0 #

ていうか、クジラの数が減ったのも白人様のおかげだけどな。油欲しさに無茶苦茶に乱獲しまくった挙句、他の部分はポイ捨てだよ。しかし、何故か日本のせいにされてんだよね。ちんけな島国が食うために獲ったくらいでで減少するもんかよ。

122

122.  

  • 2009年04月26日 23:57
  • ID:hz6aBAaM0 #

>>121
ただのスケープゴート。敗戦国はツラいねw

123

123. 119

  • 2009年04月26日 23:58
  • ID:v8BZpQRg0 #

米120
人間を好きにかあ。
なかなか難しいな。
人をまとめる仕事をやってきて、本当に信じられるのは片手で数えられるぐらいだなあと思うよ。
今はもう世なおしをしようとも思わないしな。
極端なんだろうなあ。
でも幸せになる必要ってなくね?とか考えてしまうよ。

124

124.  

  • 2009年04月28日 17:41
  • ID:zJXAjyhG0 #

大事なのは狩猟を商業ベースに乗せないように規制する事なんだよな。それこそ軍を動員して厳しく取り締まるくらいしないといけない時代に入ってきてる。

125

125.

  • 2009年04月30日 11:01
  • ID:x4DYh4z90 #

こういう記録を見ても
それでも腹は減る。きっとPC切ったら大量生産のコンビニ弁当買いに行くね。
俺みたいに生まれなくてもおkだった子が生まれてこなかったら
もう少し、命のバランスは良かったかもしれんね。
何よりこんな答え無き問題に頭抱えて吐きそうにならんで済むしさ

126

126. あ

  • 2009年05月24日 12:25
  • ID:slVR.8Bd0 #

みんなで地球を大切にしたらどうかな??!^^

127

127.  

  • 2009年06月06日 17:32
  • ID:kTPeCyFY0 #

ひたすら米見てきたけど、難しい表現や言葉が多かった。
俺が思ったのは米してる人は、それぞれ価値観とか違うけれどよく考えてるなぁって思った。
俺は、何をすべきなのか考えなくちゃ…
動物に家畜食べないでね。俺たち襲わないでねって伝えれたら…
でもきっと乱獲された動物も襲われたくなかったんだろうな。

128

128. Posted by

  • 2009年10月08日 15:58
  • ID:t4Nd48wz0 #

大切なもの程見えにくいんだろうね。 全てを失って初めて存在の大切さに気づく。例えば家族とか。        今の人間レベルを表した結果だよね。

129

129. かつみ

  • 2009年12月13日 01:15
  • ID:1soq.gi.0 #

もったいないね、人間の手によって、滅ぼされた多くの貴重種。
いまや風前の灯といった動植物のなんと多いことか!
同じ道を辿るのか。

130

130. あ

  • 2010年02月22日 20:34
  • ID:3mCkeH7W0 #

弱肉少食。これがなきゃ進化が止まってしまうけど
どの道最終的には太陽の膨張やその他諸々で地球上の命は全て無くなる。
その未来から逃れられるのは宇宙への道を切り開ける者だけか、それとも逃れることは出来ないのかわからんけど
強く進化するためにまわっている命
弱いものはどの道先に適応できない。
進化の速さと適応力で見れば哺乳類は既に弱者。
この先の環境の変化に着いていけるのは植物はもちろん昆虫類がダントツ。
他の種の心配もいいけど人間は己の進化の道を心配した方がいいんでない?

131

131. 科学は進歩してない 退化してるよ

  • 2010年06月01日 00:19
  • ID:8Ba4zGU.0 #

科学は進歩してない 退化してるよ
自然災害の影響と人的災害
いよいよ人間への自滅あと4年 現実味だね うっしし
ミツバチ激減 食物連鎖でグーグル病 カスよ自滅だ

132

132. 夜更かし

  • 2010年07月08日 01:47
  • ID:Md1KTceg0 #

人間による影響も自然の流れとするなら、影響を緩和したり対策をとったりするのも自然な流れと言えるかも。
それはともかく、人類も絶滅を他人事だとは言ってられないって感じなんでしょうね。

133

133.  

  • 2010年08月17日 05:19
  • ID:FwuiQiib0 #

いつか科学が進歩して
絶滅動物を好きなときに蘇らせることができるようになったとしたら
動物が絶滅しないように頑張ろうという考えもなくなるんだろうな
どうせ絶滅したっていつでも作れるんだから別にいいだろって
絶滅させたくないという感情はしょせん二度と見れないものを保存しておきたいという
コレクター精神にすぎない なるようになればいいのさ

134

134. T^T

  • 2010年09月07日 00:19
  • ID:d36gxtbo0 #

大量虐殺されたリョコウバトは塩漬けにされて大きな樽に詰め込まれて出荷されていったそうな…1日に588樽、5万102.4kg出荷されたという記録が残ってるとか…(T^T)
オランダのライデン、フランスのパリ、スウェーデンのストックホルムとウプサラ、オーストリアのウィーンの各大学の博物館にはブルーバックの剥製が大量(←?!)に保存されているらしいです。
是非とも一度、ブルーバック殿にお逢いしたいものです。

135

135. あゆか

  • 2010年09月15日 20:09
  • ID:4IL2onOT0 #

さんこうになた4649たのしい

136

136. ファ

  • 2010年10月02日 20:12
  • ID:JsXhMlZz0 #

可哀そうです。
エコします!!

137

137. 名無し

  • 2010年11月17日 20:00
  • ID:W71KoH1d0 #

頑張って守ろう!

138

138. サンタさん

  • 2010年12月03日 16:52
  • ID:3BZeJbQn0 #

動物が危ない

139

139. サンタさん2

  • 2010年12月03日 16:53
  • ID:3BZeJbQn0 #

これ以上絶滅禁止

140

140. サンタさん3

  • 2010年12月03日 16:55
  • ID:3BZeJbQn0 #

どうすりゃいいんだ

141

141.    

  • 2010年12月09日 07:36
  • ID:yyfP9rJ40 #

金儲けと環境破壊が一番絶滅に追い込む
食用なんて食い尽くしたら終わりだから、どの文明もなんだかんだで共存しようとしてきた
土地を侵略して現地の慣例がわからないアングロサクソンくらいしか食い尽くしたりしていない
もっとも、今の日本のマグロビジネスは良くないと思う
漁師による長年の経験、知識の蓄積のある食文化でなく、漁なんてしたことのない商売人による金儲け主義が横行してるから、このままでは危険である

142

142. まっつ

  • 2011年02月02日 23:03
  • ID:YcWOYgHh0 #

リョコウバト・・・
「見ろ!はとがゴミのようだ!」ってかんじだねここまでされると。
これで滅びなかったらおかしいわな。これ国を挙げて行った狩りの実績じゃないんでしょ?
他の人もやってたんならねぇ・・・

143

143. まっつ

  • 2011年02月02日 23:27
  • ID:YcWOYgHh0 #

ごめんなさい。
あの山はバイソンの骨だったんだね。※読んでなかったよ。
で、実際読んだら結構良い意見が多かったね。
自分も綺麗事抜きで将来の自分や自分の子供たちの為にって感じでやってけばいいなぁと思うよ。
楽な方に逃げようとする人は今しか見てなさすぎな気がする。
地球人全員がちょっとづつ苦労を負担すれば言うほど厳しい苦労でもないと思うんだけどね。
人の命より動物の命(笑)とか言ってる人らは正直大袈裟じゃない?
某海の保護団体の言い分も感情的で筋も通らず大げさだとは思うけど。

144

144. くみ

  • 2011年03月02日 12:10
  • ID:gbQyaVSJ0 #

かわいそうですね・・・・・・・・・
くみは、絶滅という言葉がこわいです・・・・

145

145. 野々宮

  • 2011年03月27日 17:17
  • ID:AQvbiz.K0 #

宿題のレポート書くためにこのサイト見てたんだけど、みんな自己中すぎ。私も含めて。
写真みてかわいそうって思うなら、行動すればいいじゃん。テレビとかで絶滅の問題を取り扱ってるのはほんの一部だけ。それが少しでも増えるように努力すればいいんじゃないの?書き込みして満足したり、いいこぶってるんじゃなくて。
それに絶滅して当たり前なんて思うなんて最低。人間が我が物顔で住んでいる地球ってなんなの?

146

146. 野々宮

  • 2011年03月27日 17:18
  • ID:AQvbiz.K0 #

上のことについて意見待ってます。

147

147. ちゅうい

  • 2011年03月27日 21:15
  • ID:R2WEJ9270 #

意見文に、このこと書いた!!

148

148. いfxghg

  • 2011年06月06日 14:41
  • ID:JIUNOepu0 #

fdtdふyctふぃうytfぐえywgふうぇyghふぃう3hrthぎうtrhjg

149

149. 輪廻

  • 2011年06月11日 14:27
  • ID:at8LwjHW0 #

人は生物だけど、進化の結果自然から離れた感じ。
  「自然淘汰での絶滅」は生物全員がそれぞれ生き残りをかけて争って、絶滅したこと。まあでも、少ないけど生存競争に弱い生物の中には、追っ手の来れない環境に適応して生き続けてる生物もいるね。シ−ラカンスもその一人。
  「人による絶滅」は人だけが一方的に自らの欲を満たして来た結果。「自然」の対義語が「人工」っていう様に、人と自然はすでに別物になっちゃってる。
 これからの時代は、人と自然が一緒になる必要がある。 

150

150. おっす!

  • 2011年06月19日 15:23
  • ID:0mVLdID10 #

ほとんど(ってゆーかぜんぶ?)人間のせいで絶滅してる・・・。
数が減ったら保護して絶滅危惧種って言う位ならその前になにかできないのかな?
狩りをずっとし続けると、絶滅すること位わかるのに・・・。
人間って本当は馬鹿なのかもね・・・。

151

151. おっす!

  • 2011年06月19日 15:44
  • ID:0mVLdID10 #

上、(150)反論や意見などまっています。

152

152. 通りすがり

  • 2011年06月27日 10:46
  • ID:Fz5Bykgq0 #

>>145
子孫を増やそうとしない(できない)種は滅ぶ
生物であることの原罪だからしょうがない
>>150
人類の想像力よりも科学技術の進歩が早すぎたんだよ
まさか人類が他の種を「簡単」に絶滅できる力が得られるとは誰も思っていなかった
それでもワープ技術を開発するまでは自力でがんばるしかないw

153

153. 花泥棒

  • 2011年07月11日 10:11
  • ID:7XPTEIWJ0 #

ぜつめつは、いやだ。

154

154. 花泥棒

  • 2011年07月13日 15:20
  • ID:uKlWFzuh0 #

今日もコメント最後のコメント寂しいなでも、ぜつめつは、いやだ。

155

155. ぼく

  • 2011年07月20日 08:00
  • ID:O6MtIuAG0 #

ニホンカワウソは絶滅していませんよ
高知県には今もいます

156

156. ぼく

  • 2011年07月20日 08:07
  • ID:O6MtIuAG0 #

今でも北海道には蝦夷オオカミがいます
日本オオカミは本州に今もいます蝦夷オオカミは約50.100匹
日本オオカミは40.80匹います

157

157. 死神さん

  • 2011年07月20日 16:54
  • ID:pRBXi0D.0 #

これを見るとまるで人間が神様みたい
人間もいずれわ、絶滅動物になるかもしれない

158

158.

  • 2011年08月12日 20:39
  • ID:X6B7aBRE0 #

ただ「増えたいから増えてる」、そのための「したいこと(食う→儲ける)」をしまくった結果…
それもまた自然と言っちまえばいいのかね。
それとも、「なんのためにこんなひどい種が生じたんだ」と思えば、まあ「生命を宇宙に広げるため」という役割が考えられる。
どっちを選ぶのかな、したいことをして地球の生物種の大半を道づれに自滅するか、それとも親離れして宇宙に飛び出すか。

159

159. テン

  • 2011年08月12日 21:04
  • ID:NO3gBg5d0 #

150<
相手されてないのはちょっとかわいそうに思ったのでwww
写真が残っている近年で ある程度人間が関わってるものを挙げているだけ
少なくとも恐竜や三葉虫の絶滅は人間が原因ではないでしょ?www
狩りをずっとし続けると、絶滅すること位わかるのに・・・。<
ライオンやトラ ネイティブ達も昔から猟をするでしょ?
猟が悪いってのじゃなくて
問題なのは 金儲けなど欲にまかせて自制の効いていない行為だよw

160

160. おっす!

  • 2011年09月10日 17:03
  • ID:jXchIY9w0 #

死神さん!素晴らしいです!
尊敬しちゃいます!

161

161. るなるな

  • 2011年09月11日 19:22
  • ID:q2M4.JhG0 #

私、動物が絶滅しないように
動物がいなくならないように
がんばりたいと思います
ありがとう

162

162. 輪廻

  • 2011年09月18日 00:49
  • ID:.hQxGpVu0 #

 絶滅に賛成はの人は一々ここに書かなくてもいいと思うけど。
ひょっとして、からかって遊んでるのかい。
ここは、そういう所じゃないからね。
  

163

163. はじめまして

  • 2011年11月25日 10:15
  • ID:.fFT6obJ0 #

人間って何考えてんのか
わっかんねーな
これ以上絶滅させたくないわ
みんなでたすけよーぜ
今こそぼくらがうごく時だよ

164

164. 動物お友達

  • 2011年12月03日 22:38
  • ID:Q4.8I84z0 #

もうこれ以上
共に生きる
地球の仲間達を傷つけたくない

165

165. いつの日か…

  • 2011年12月16日 20:15
  • ID:qS7Tb9wG0 #

まさか人間も・・・
絶滅してしまうかも!!?

166

166.   

  • 2012年01月04日 02:21
  • ID:V.koFOkV0 #

人間は自然の一部だから自然に絶滅したと考えて良いんだよの理論を出す輩こそが、可笑しいことに人間は自然を逸脱しているという考えを前提としていて、そのうえ知能は獣のようなんだよね(笑)

167

167. なにここwww

  • 2012年01月19日 16:05
  • ID:ybeFFXI00 #

ワロタw生産しないで消費するだけのテメーらがwなに熱く語ってんだwタイプしてる暇あったら外出て保全活動でもしてこいよww

168

168.  

  • 2012年02月07日 18:18
  • ID:R0rRxxsA0 #

↑生産しないで消費してるだけの気持ち悪すぎる屑より醜すぎる奴。
お前ら気持ち悪すぎて頭おかしすぎるゴミ屑より酷いよな生きてる価値ないというよりむしろ邪魔だから消えろ。

169

169. ウル

  • 2012年02月24日 20:54
  • ID:Wq84mJ.A0 #

人間も、自然の仲の生物の一つなのに自分らの地球みたいな感じでさ
なんか、不平等だよ。ま、進化してこうなってるからなんも言えないけど。

170

170. ぱぱ

  • 2012年02月29日 10:48
  • ID:CK13zpXO0 #

は?

171

171. 広不可

  • 2012年03月02日 09:49
  • ID:R3NlX8mB0 #

とんfんっひにhbんbじょbじょbjんご;んbごんjごn

172

172. x

  • 2012年03月09日 11:36
  • ID:Q4wvxr1n0 #

学校の授業でしらべてます。
人間のために絶滅するのは、良いことなんでしょうか

173

173. だれか

  • 2012年03月09日 11:47
  • ID:Q4wvxr1n0 #

良くないことだと思います

174

174. ぱぱ

  • 2012年03月09日 11:50
  • ID:Q4wvxr1n0 #

は?

175

175. x

  • 2012年03月09日 18:43
  • ID:qCFClQDQ0 #

家で今は、やってます。
いろいろ意見ありがとうございます。

176

176. ミニー

  • 2012年03月12日 19:38
  • ID:FmjAXDQG0 #

私は、今絶滅危惧種について色々調べ中です
もしよかったら絶滅危惧種について教えてください
お願いします

177

177. アメリカ狼

  • 2012年03月20日 14:56
  • ID:eJ1Ebbaj0 #

人間の性でいろんな動物たちが死んでいくのは、ひどいと思う、私は将来獣医師になろうと思います、そのために今勉強をしています。皆さん私の事をどうぞ応援してください。

178

178. この世の神

  • 2012年03月25日 18:57
  • ID:EnwkRbrB0 #

ほんっと人間ってかってだよね〜〜〜
もう12月位に滅ぼしちゃおうかな〜〜

179

179. 匿名処理班

  • 2012年04月25日 15:12
  • ID:lsRUg4.N0 #

リョコウバトの山の写真は何回見てもびびる

180

180. 匿名処理班

  • 2012年04月25日 19:23
  • ID:N3jAwE4i0 #

俺が絶滅しそうです。
かわいいメスをあてがって保護してください。

181

181. 匿名処理班

  • 2012年04月26日 09:37
  • ID:gSLq.y4y0 #

乱獲は生態系の一部って?んなぁわけない。

182

182. 匿名処理班

  • 2012年05月02日 20:31
  • ID:f.pB4qgo0 #

生き物って可哀想人間に何か訴えているのか分らないけど助けてとかきずいてくれ人間とか言っているのか

183

183. 名無し

  • 2012年05月20日 23:40
  • ID:cYltNGjC0 #

※2や※22みたいな馬鹿は人間の捕食圧も環境汚染力も他の動物達とは桁違いだという事が解ってない。
生物学者達の考え方は概ね※10と同じ。
日本人自身が絶滅漁業を続けてる事も知らんで厨ニ病とか…何も解ってない奴が格好つけんなよ。

184

184. 匿名処理班

  • 2012年06月25日 08:17
  • ID:sldSUAz.0 #

※168
オメーに言ってんだよ馬鹿w

185

185. 匿名処理班

  • 2012年06月26日 21:05
  • ID:.PJRyS110 #

どうでもいいわけねえよ。
悲しすぎるだろ・・。

186

186. コメ欄まとめ

  • 2012年07月07日 09:08
  • ID:.zV.rzLD0 #

「散弾銃で毎年1000万羽ずつ殺したら絶滅しちゃった!」
自然破壊?いいえ自然淘汰ですw
人間だって自然の一部ですからねw
インディアン迫害もチベット人虐殺も客観的に見れば自然淘汰ですよw
核戦争で雑草一本生えなくなったとしても自然淘汰に過ぎませんw
なーにペルム紀末の大絶滅に比べれば大したことない(棒

187

187. 匿名処理班

  • 2012年07月17日 02:47
  • ID:NKAcKal80 #

毎年1000万羽っていうのは本当にすごいね
白人の大好きな「かわいそうな動物たちを守ろうキャンペーン」は自分たちの醜い心を覆い隠すためだけの嘘でしかないように思えてくるね

188

188. 匿名処理班

  • 2012年07月31日 11:20
  • ID:p8suFvT50 #

絶滅の98%は人間のせいらしいですよ!!
生き残れなかった方が弱いとか、しょうがないとかじゃなくて、
人間でも銃で撃たれたり、家がなくなったりしたら、そりゃしにますよ!!
  悪いのは、自分含めて全人類!!

189

189. それ以前の問題として

  • 2012年08月06日 01:23
  • ID:ush29hJP0 #

人間に限らず、全ての生き物が己の保身の為に何か行動する事自体が「エゴ」、つまり欲望であり本能であり必然の現象なんだから、他の何らかの生き物を絶滅させた人間の行動を批判する事自体が間違いだと思うが。
大体、ここのコメント欄に書き込んでる自体が己の為だろうが。エゴ丸出し。
勿論、僕自身も含めてね。

190

190. 初音ミク

  • 2012年08月25日 01:43
  • ID:Kksjt7pg0 #

私は、トラが大好きなんです。
だから、とても悲しいです。
(ジャワトラに1度だけでもいいから会いたかったぁ〜)

191

191. 虎

  • 2012年08月25日 01:45
  • ID:Kksjt7pg0 #

私は、トラが大好きなんです。
だから、とても悲しいです。
(ジャワトラに1度だけでもいいから会いたかったぁ〜)

192

192. 名無し

  • 2012年09月18日 22:21
  • ID:JmTHjKSA0 #

他の種を絶滅に追いやる人間は
自ら命を絶ち、人間同士で殺し合うような
業の深い生き物です
人間含めた全ての生物に多様性を…

193

193. 匿名希望君 

  • 2012年09月21日 14:20
  • ID:7S0ACvmK0 #

人類も、この報復として絶滅するんだろーなー

194

194. 匿名処理班

  • 2012年10月28日 08:09
  • ID:UvGBD7DC0 #

↑人類が絶滅するのは間違いないが、それが報復であるってのはありえませんね。

195

195. お

  • 2013年02月05日 11:26
  • ID:JdBE1Vcb0 #

なんでぜつめつしたのかふしぎだしかわいそう

196

196. 匿名処理班

  • 2013年05月22日 15:03
  • ID:SLl1Xgqx0 #

まあ、いろんな考え方があるよね。
できれば絶滅種はなくして、のこしていきたいし、
人間が手をかけなくても繁殖できる程度の自然の余力をまもっていきたいもんですな。

197

197. 匿名処理班

  • 2013年09月15日 09:33
  • ID:dq0.8FcB0 #

ヤックル(ToT)/~~~

198

198. 匿名処理班

  • 2013年09月15日 13:43
  • ID:i7fzvkB40 #

大体は白人の乱獲か森林開拓な件

199

199. 匿名処理班

  • 2013年09月16日 10:25
  • ID:qxzY.Ymo0 #

いるかはいるかー?
なんつって

200

200. 匿名処理班

  • 2013年12月11日 14:43
  • ID:.VyLm3Xp0 #

ハエいなくなってほしい・・・

201

201. 匿名処理班

  • 2014年05月17日 23:01
  • ID:hp68Iwpe0 #

人類も一度絶滅種になったほうがいい。
人間は自然の一部でしかない。

202

202. 匿名処理班

  • 2014年05月19日 21:47
  • ID:clOOLsN30 #

害虫ってなぜいるの

203

203. 匿名処理班

  • 2014年05月31日 23:19
  • ID:.8TXUj5C0 #

人間が絶滅すりゃ一番よくね?

204

204. 匿名処理班

  • 2015年01月18日 21:26
  • ID:ZqlD3HMj0 #

絶滅したことに感傷的になりすぎだろう。物凄いどうでもいい

205

205. 166

  • 2015年02月21日 06:14
  • ID:iH2GyBjX0 #

日本が計画的に捕鯨してることも知らないアホは帰ってどうぞ

206

206. 匿名処理班

  • 2015年03月22日 06:53
  • ID:AX7XpEgs0 #

※44
非常に評価する。

207

207. 匿名処理班

  • 2015年03月22日 07:01
  • ID:AX7XpEgs0 #

※194
自業自得である可能性大!

208

208. 匿名処理班

  • 2015年03月22日 07:05
  • ID:AX7XpEgs0 #

※180
デヴィ夫人でどうか?

209

209. 匿名処理班

  • 2015年03月26日 10:12
  • ID:5rV.6NvJ0 #

トキがいない……。
しかし自然淘汰ならともかく、人間の所為で絶滅ってのは申し訳なく思うね……

210

210. 匿名処理班

  • 2015年04月11日 23:45
  • ID:2IqKLFax0 #

現に人種をも絶滅させようとしたやつもいる。
人間は恐ろしい

211

211. 匿名処理班

  • 2015年04月13日 22:52
  • ID:Bmj.X.Ts0 #

人間は道具を使うし数も多いから、
他の生物に比べてなんかやったときの自然環境への
影響がでかいのがねぇ…。
だからなるべく環境に大きな迷惑かけないように
していこうっていう考えは必要だと思うんだけどなぁ
音のいいコンポ買ったからって常識外れの爆音流したら
近所迷惑になるなって感覚があるならなおさら。
自分の快楽のためならんなもん
しったこっちゃないって人もいるんだろうけども

212

212. 匿名処理班

  • 2015年05月04日 02:14
  • ID:XpGXh3HD0 #

※32
いやいやウイルスのことだけ見てももう自然のコントロールから外れているでしょ
人間以外の動物がウイルスにかかったりなんてしたら治すこともできずに段々弱って行って死んでしまうのがほとんどなわけだけど人間は薬なんてのを作り出してウイルスに感染してもそれをすっかり治しちゃうことができるんだから
今までの進化の結果だとしても人間だけがこんな風に進化して自然のコントロールから外れて行ってるのはすんごい不思議なことだけどさ

213

213. 匿名処理班

  • 2015年05月20日 07:33
  • ID:wLnOdzDq0 #

まるで病原体のように邪悪で無能な人間のせいで絶滅した種がいるとしても、残念ながらそれも自然の流れ。
しかしそれではいかんと心ある人々が結束し、種の保全に全力を尽くすのもまた自然の流れ。
そして神のような叡智を持つ天才の手により復活する種があるとするなら、それもまた自然の流れ。

214

214. 匿名処理班

  • 2015年09月21日 17:13
  • ID:g8GeY.1X0 #

※198
生物どころか現地民及びその文明すら破壊(虐殺)してるからなぁ・・・・、

215

215. (ノД`)

  • 2015年12月17日 22:07
  • ID:se7WCCGe0 #

動物達の命を大切にしなかったむくいだな、絶滅した動物達可哀想…

216

216. 匿名処理班

  • 2016年01月18日 19:37
  • ID:p1xNtB960 #

生物には心があってバランスが保たれているが人間はそれを無視する人達が多くなっていっている
物欲食欲色欲嫉妬怒り怠惰見栄などが人を盲にさせて本人も周りも滅ぼす
最後には自分が他人にやった事が何倍にもなって返ってくる

217

217. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 17:14
  • ID:PGrwwrnw0 #

はぁ…

218

218. 匿名処理班

  • 2016年08月28日 02:31
  • ID:VWVu8TIY0 #

この記事で紹介された絶滅動物の半分ぐらいが欧米人(特にアングロサクソン)のせいじゃん
アングロサクソンは悪口じゃなく真面目に地球の癌といっても過言ではない

219

219.  

  • 2017年01月15日 05:52
  • ID:.H5cRshd0 #

仮に人間が単なる食物連鎖の頂点だったとしたら、70億人もいることが恐ろしく奇妙奇天烈な存在だってわかってるのかな。
そもそも人が生涯に産む子どもの数を考えると、食物連鎖のカーストは二位くらいなのに、現状これといった天敵がいないし、体格にみあわない生息規模及び密度なんだからその人数を保つだけで、馬鹿みたいにたんぱく質が必要になる。結果的に動物は乱獲される。さらに人間が元々生息していたアフリカとは大分環境が違う地域に適応する為に、体構造を変化させるだけじゃなく、他の動物の毛皮を刈り取ったりしてるからな。
動物の食物連鎖は上にいけば行くほど生息の分布密度は小さくなるし、数の多い肉食種はその上に食らう動物がいる。
それに対し人間は全て真逆をいってるからな。人間特別視は間違いじゃないと思う。
ガイドストーンとか早く実行した方がいい。

220

220. 匿名処理班

  • 2017年04月13日 06:59
  • ID:ok6XW1AD0 #

もし人間が乱獲やらなにやらしなかったらこの生物達は生きてたってわけだよね…
私は何にもしてないけどなんだか申し訳ない…

221

221. 匿名処理班

  • 2017年08月22日 16:23
  • ID:2eukr2Lt0 #

他種を新たな種が絶滅させるなんて珍しくもないし
ありったけの核兵器爆発させたって生物は何かしらの形で生きてくだろうよ
人間が維持したいし、しなきゃいけないのは人間が生きていける環境だけだよ
大量絶滅の時みたいにちょっと地球環境が変動しただけであっさり他の生物と一緒に滅びるだろうがね

222

222. 匿名処理班

  • 2018年08月16日 18:27
  • ID:asiTooxt0 #

フクロオオカミには生存説があるよな

223

223. 匿名処理班

  • 2019年01月20日 16:45
  • ID:Xxk2Wa8K0 #

このまま人間が増えると食料難になって
沢山の魚なども犠牲になるだろうな
ゴキブリみたいに繁殖力には長けているからね

224

224. 匿名処理班

  • 2019年01月23日 00:40
  • ID:ssmaxb5M0 #

この手の話になると現れる「白人は〜」って人、「黄色人種」どころじゃなく「日本人」がどれだけの生物種を絶滅させたか調べると憂鬱になれるよ。今も引き続き幾つかの種を絶滅させつつありますハイ。この問題に関してはどの人種がとかどの国民がとか言ってられないのが実情です。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク