りある この通りをうっかり車で通りかかっちゃったら、やばい落ちる落ちちゃうって急ハンドルきりまくりの被害者続出になりそうなほど、すんごいできばえの舗装の上に描いたペイントアート。



 
スポンサードリンク

【 The amazing 3D pavement art that has pedestrians on edge】 

 これらはドイツのアーティスト、エドガー・ミューラーによって手がけられたものだそうで、アイルランドのLaoghaireという地区のイベントの出し物として、路上250平方メートル以上を使って5人のアシスタントと共にまるまる一日かけて描かれたものなんだそうだ。

0001


01


03


04
 


 アクリルペンキで描いたこの巨大3D錯視アート、ペンキが乾く前に雨が降ったらそれでもうおジャンになってしまうと、エドガー・ミューラーも心配していたようだけど、天候に恵まれ無事完成できてほっと胸をなでおろしていたんだそうだ。

 02


動画はこちら


関連記事:
お酒も顕微鏡を通してみるとこんなにも綺麗
まるでペイントされたみたいだけど実は天然もの、虹色の表皮を持つユーカリの木「Rainbow Eucalyptus」
WIRED読者が選んだ接写画像トップ10




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.  

  • 2009年02月25日 21:54
  • ID:RufeXnZF0 #

これは特定の場所から見ないとダメなんだよな?

2

2. おぢちゃん

  • 2009年02月27日 11:15
  • ID:hX5Hhcib0 #

これ、マット状にして売れば面白ょいのに…
『蓋外れたマンホールの下にマグマ流れている』とかだけの大きさでも…
レンタルの方が需要有るかな?
う〜ん…無ぇな(藁

3

3. ぴょりん

  • 2010年06月09日 11:09
  • ID:SyvnevMt0 #

3 GET〜!!

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク